V3yyangz3wegwieyghts

美容

CATEGORY | 美容

口周り・鼻下の脱毛方法って?医療やうぶ毛の処理の仕方もご紹介!

2018.07.30

女性はメイクをする時に化粧のりをよくするために、顔そりをしたりしますよね。特に気になる場所が口周りの鼻の下。今では当たり前になっている脱毛でも、顔となると不安もありますよね。口周りのうぶ毛の処理方法や、顔脱毛のことについてお話しします。

  1. 口周りのうぶ毛処理方法
  2. 脱毛について
  3. 顔脱毛 口周り
  4. 口周り 医療脱毛レーザー
  5. 口周り フラッシュ脱毛
  6. 口周り フォトフェイシャル脱毛
  7. 口周り脱毛のメリット
  8. 口周り脱毛のデメリット
  9. 口周り脱毛とカミソリ・シェイバー処理の比較
  10. 口周りの脱毛とワックスの比較
  11. まとめ
Bgc81gpfywhtncq9xaec
気になる口周り、鼻下のうぶ毛。定期的に処理をしている方がほとんどだと思います。処理方法はいろいろあり、顔脱毛・カミソリ・フェイス用のシェイバー・ワックスと処理方法があります。自己処理をしている方は、主にカミソリやシェイバーを使用している方が多いでしょう。今では当たり前になっている脱毛ですが、顔脱毛もあるのです。顔脱毛にも種類がありますので、脱毛についてと口周り鼻下のうぶ毛処理方法を紹介します。
Lhtu4nonrddoza7pn0wq
Mtxyb9xmj8r8zpmbwwbt
脱毛とは、毛根を消滅させ毛が生えてこないようにすることです。医療脱毛とサロン脱毛で、効果や料金、脱毛回数が変わります。永久脱毛という言葉がよく使用されていますが、決められた回数の施術を受けたからといって、これから先永遠に毛が生えてこないというわけではありません。永久脱毛に限りなく近くするには、施術回数が必要になり定期的に通うことが必要です。ですので、永久脱毛できます!とうたっているお店でも、永久脱毛に限りなく近ずけるには回数が必要ですので、料金をしっかり確認するようにしましょう。
L3w8onqowcnb28oefonm
Uq8sz2hw6hggpachcdbx
脱毛といえば、脇や手足やVIOという身体の毛の処理というイメージが多いと思いますが、顔も脱毛できます。顔は身体より皮膚が薄くダメージを受けやすい部分ですし、もし失敗した時に足や手と違い隠せる場所ではないので、顔脱毛をする時には慎重にお店を選ぶことが重要です。顔脱毛は脱毛したい顔のパーツを額・頬・鼻下・もみ上げ・顎・顎下などと選ぶこともでき、全パーツを脱毛することもできます。パーツによって料金も変わってきますので、気になることの多い口周りの鼻下の脱毛をしている方が多いようです。顔のうぶ毛を処理するだけで、肌荒れが減ったり化粧のりがよくなったりしますので、今は顔脱毛ができるお店も増え、人気もありますね。
Xyxrgarwrgmfq6fq4h2b
Cc6g9tegjtrnro5tp9zi
医療脱毛はサロン脱毛より脱毛回数が少なく効果を得ることができますが、顔は色素の薄いうぶ毛が多く医療脱毛のレーザーが反応しづらいため、脱毛完了までに時間がかかる部位です。医療脱毛で顔の脱毛をする場合は大体8回で自己処理をしなくてもいい程度になります。ですので脱毛の効果を得るためには、施術回数は最低でも8回は必要ということです。完全にツルツルの肌にしたい場合は10回ほどの施術が必要です。医療脱毛のレーザーによる顔脱毛は、肌トラブルのリスクを下げることができます。サロン脱毛などに比べ、脱毛回数が少ないことや効果の実感性が高いですが、サロン脱毛に比べ痛みが強いことや施術料金が高くなります。
Oww11yunigek8krpc0ye
Uxpbl89miccxvblvgw6l
フラッシュ脱毛はメラニンだけに反応する光をつかって脱毛します。ですので黒い毛にはしっかり反応し脱毛ができるのですが、うぶ毛などには反応しずらくなっています。ですのでうぶ毛の多い顔の脱毛の効果を得るには、多くの施術回数が必要になります。自己処理をしなくていいくらいにするには、平均で18回ほどは必要とされています。施術回数は多くなりますが、料金が安いことや、レーザー脱毛に比べ痛みも少ないと言われています。顔もそうですが、鼻下の脱毛をするなら痛みが少ない方が嬉しいですね。
Q1xh10nqclhf0epomxx2
V3naydiu9shxitibcfob
フォトフェイシャルは、IPLという光を使う美容医療です。IPLという光を肌に照射することで、シミや肌の奥にあるメラニン色素をなくし、肌のターンオーバーを活性化させます。施術回数を重ねてくと、シミやくすみ・ニキビ跡などの色素沈着を少しずつ薄くしていくことができ、毛穴が小さくなり引き締まり、肌のキメが整うことで肌トラブルの改善を期待できます。フォトフェイシャルは美肌効果が主で、シミや肌トラブルの改善には高い効果がありますが、顔脱毛の効果が少なからずある程度で、すべての毛を脱毛しツルツルにすることはできません。ですが痛みも少なくシミなどには効果的ですので、美肌目的でフォトフェイシャルを受け、脱毛はついでというくらいの感覚になります。
Ad05ocfykrogqtczl1i9
Wwjdsrpbq8wlrjiit6q4
口周りや鼻下の毛は目立つことが多いので、処理をする回数が多くなります。自己処理の場合、処理の際に肌を傷つけてしまいます。ですので自己処理に比べ脱毛は、肌を傷つけることがない。処理の面倒くささがなくなる。うぶ毛がなくなることで、肌のトーンが明るくなる。肌が引き締まり毛穴も目立たなくなる。化粧乗りがよくなる。というメリットがあります。顔のうぶ毛がなくなることで、美肌効果も実感できるのは嬉しいですね。
Nw40f6azbibfib8ebb0p
顔脱毛のデメリットをいうとすれば、顔という身体に比べ小さなエリアの割に、費用が高いことが多くことです。医療脱毛だと平均でも30万ほどはすると言われています。そして顔はデリケートな場所で隠すことができないので、失敗しやけどのようになってしまった時など。施術に痛みを伴うことが多い。脱毛中は紫外線に当たってはいけない。などです。先ほども言ったように、身体と違い顔は完全に隠すことのできる場所ではないので、紫外線対策をするのは大変ですね。
Hwl1evnsxuipqb175kip
自己処理で一番多いのが、カミソリでの処理やシェイバーでの処理ですよね。自己処理のいいところは気になった時に簡単に処理ができるところですが、カミソリやシェイバーで毛を剃る際に、健康な肌も一緒に剥ぎ取ってしまっているのです。健康な肌を剥ぎ取ることは傷つけているということで、肌のバリアをなくしてしまっています。そのためヒリヒリしたり、肌が荒れたりしやすくなります。そして特に目元や口周りは皮膚が薄くなっているので、元々ダメージに弱い部分です。気になりやすい鼻下の毛の処理をすることが多いと思いますが、ダメージに弱い部分に更にダメージを与えていることになるのです。処理後に肌トラブルを起こさないためにスキンケアに気を使う必要があります。
Ehqpnhgrfggf3mvooq22
Esc4vsgpnvgqek3cx85c
ブラジリアンワックスというのでワックス脱毛という施術方法が広まり、今ではブラジリアンワックス専門のお店がたくさん増えましたね。ワックス脱毛は脱毛という言葉が入っていますが、医療脱毛やフラッシュ脱毛のような効果はありません。ワックス脱毛の場合は、一時的な処理やそのときだけムダ毛を処理したいという時に行われることが多いです。ワックス脱毛専用のお店でプロの方に施術をしてもらうのがいいですが、ワックス脱毛キットなども販売されているので家で自己処理をすることもできます。コツをつかめみ、使用後のケアがしっかりできていれば、自己処理をしても問題ありません。ワックスの使用箇所によって異なりますが、ある程度の毛の長さがないとできません。それにワックスを塗りそれを剥がすことで毛を抜く仕組みになっているので、ある程度の痛みを伴うことと肌に刺激を与えることになります。一時的な処理方法なので、定期的に施術をする必要がありますが、価格的には脱毛に比べ安く自己処理になるともっと安く済ますことができます。一時的な効果ですが、ワックスを使用することで、毛のサイクルがゆっくりになるので1ヶ月ほどは効果を維持できると言われています。
U29co3b6txs1bbnkbqwb
O1eqh7fonzuortbctghn
口周りや気になる鼻下のうぶ毛処理についてお話しましたが、脱毛にも種類があり効果や価格なども違いましたね。自己処理も上手くできれば、デメリットを減らすこともできます。脱毛をするか悩んでいる方は、いろいろな自己処理の方法を試してみるものいいでしょう。
W3ypjfacmbci7q4xiub2