2018年10月06日 UPDATE

毛穴対策決定版|黒ずみ・ニキビ・クレータータイプ別にご紹介

多くの女性のお悩みに毛穴というのがあると思います。毛穴と一口にいってもそのタイプは様々です。ここではそんな毛穴のタイプに合わせた対策をご紹介していきます。自分がどの毛穴かを知り、どういう対策が必要か知るきっかけになればと思います。

目次

  1. はじめに
  2. 毛穴:黒ずみとは
  3. 毛穴:ニキビとは
  4. 毛穴:クレータータイプとは
  5. それぞれの毛穴対策
  6. まとめ

はじめに

B40c87efc8a9c63d624c068734e4d407
引用: https://i.pinimg.com/564x/b4/0c/87/b40c87efc8a9c63d624c068734e4d407.jpg
皆さんが自分がどのタイプの毛穴なのかご存知でしょうか。毛穴のタイプによって、原因が違うのでその対策もことなります。今回は、黒ずみ、ニキビ、クレーターというタイプの対策をご紹介していきます。

毛穴:黒ずみとは

39efae445d0c4410371537b7346588f2
引用: https://i.pinimg.com/564x/39/ef/ae/39efae445d0c4410371537b7346588f2.jpg
黒ずみの原因は乾燥にあります。毛穴が開いているように見えるのは、肌が乾燥して肌が縮みすきまができることにあります。また、角質もはがれやすくなり、それが開いた毛穴にたまり、それが酸化することで黒っぽく見えます。これが黒ずみです。

毛穴:ニキビとは

A86191cd2f74d7d2f15e28dd50a7c1f0
引用: https://i.pinimg.com/564x/a8/61/91/a86191cd2f74d7d2f15e28dd50a7c1f0.jpg
ニキビは、毛穴のつまりと、過剰な皮脂、アクネ菌が原因で起こります。特に過剰な皮脂とアクネ菌がニキビの原因として大きいです。汗をかきやすい人はニキビができやすい人が多いです。

毛穴:クレータータイプとは

382b9bface7e720f6b2cde23d7556bcb
引用: https://i.pinimg.com/564x/38/2b/9b/382b9bface7e720f6b2cde23d7556bcb.jpg
クレーター毛穴の原因は、ニキビ跡にも関係がある場合があります。ですので、皮脂の過剰分泌や肌への刺激には注意が必要です。

それぞれの毛穴対策

D7f566331a9c86ba92331693a68901c6
引用: https://i.pinimg.com/564x/d7/f5/66/d7f566331a9c86ba92331693a68901c6.jpg

黒ずみ対策

Bfc487d95f1d2cdae1266be8e6368c0e
引用: https://i.pinimg.com/564x/bf/c4/87/bfc487d95f1d2cdae1266be8e6368c0e.jpg
黒ずみは無理に汚れだけを取ろうとしても解決にはなりません。取ってもまた黒ずみは繰り返します。保湿をしっかり行いながら、汚れをためこまないように自分に合った洗顔料でケアを行っていき、ターンオーバーで黒ずみを改善していく必要があります。得に保湿はとても大切です。保湿力の高い化粧品を使ったりしてケアしていくことが大切です。

ニキビ対策

536cd7478e9afc2d199b57faae5e94ff
引用: https://i.pinimg.com/564x/53/6c/d7/536cd7478e9afc2d199b57faae5e94ff.jpg
B91d603b78c401544ad9ba37b8cfa34a
引用: https://i.pinimg.com/564x/b9/1d/60/b91d603b78c401544ad9ba37b8cfa34a.jpg
ニキビの原因のアクネ菌と、過剰な皮脂の分泌への対策が必要です。アクネ菌の対策としては、肌をできるだけ清潔な状態に保つことが大切です。そのために、できることならこまめに洗顔を行ったり、自分に合った洗顔料やクレンジングを使用し、汚れをきちんと落とすことなどがあります。落とすだけでなくその後の保湿などのケアも必要です。これは皮脂の分泌にも関わります。乾燥している肌の人が、油分を増やそうと無理に肌が油分を出そうとして、結果過剰分泌になっている人もいます。ですので、肌の水分量を適切にコントロールすることも油分コントロールには大切なことです。また、食事も大きく関わります。油物や、刺激物は肌の油分のコントロールに大きく影響しますので、食生活も見直していく必要があります。

クレーター対策

Dfb5093100278d21a21c0325f334825c
引用: https://i.pinimg.com/564x/df/b5/09/dfb5093100278d21a21c0325f334825c.jpg
クレータータイプでは、ニキビ跡が原因でクレーターになるケースがあるので、ニキビ対策のところの対策と同じ部分もあります。皮脂のコントロールや保湿のあたりはここでも必要なものです。また、肌が炎症を起こしており、それに刺激が加わることにより起こることもあるので、肌への刺激は避けなければなりません。毛穴が気になるからと、洗浄力の強い洗顔料を使用したり、毛穴パックなどで無理やり角栓を除去するというのはとても肌へ負担をかけます。洗顔などは、洗浄力が強いものは、肌に必要な油分や水分も落としてしまう可能性があり、そうすることで更に肌が乾燥することもあります。そうなると悪循環にも繋がります。ですので、自分に合ったものでケアをしていく必要があります。

まとめ

Bfe031a43b521d6b117298fd39141b3b
引用: https://i.pinimg.com/236x/bf/e0/31/bfe031a43b521d6b117298fd39141b3b.jpg
自分がどの毛穴タイプか分かり、どんな対策が必要か、ヒントになれば幸いです。私は、中学生の頃ニキビがすごくて、でもその時はきちんとケアしなかったことでその後ニキビ跡に悩みました。今でもまだニキビ跡があり、なかなか治ることはないです。ですが、色々対策を調べ、自分が乾燥肌だからこそのオイリー肌だと分かり、保湿に重点をおいたケアに切り替えたことでかなり改善はしました。友達からも、メイクをすると特に以前より目立ちにくくなったよねと言われるようになりました。これはケアもそうですが、メイクにもこだわっているからでもあると思います。ですがやはりメイクでは根本解決にはならないので、根本からの改善、ケアが大切です。これをきっかけに、自分に合ったケアをしていくことで、気になる毛穴の対策になればと思います。

関連記事

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/564x/1b/b8/30/1bb8303fa2b260c0f4dcdd86daf1a88d.jpg