J8bbpgzzmzgtjtiyecud

美容

CATEGORY | 美容

歯が白い事の注意点は?ホワイトニングケアによるデメリットを紹介!

2018.07.31

憧れの白い歯になって、素敵な笑顔になりたい方必見です。白い歯になるために、ホワイトニングケアをし過ぎてしまうと、綺麗になるつもりが、逆に斑点が目立つなどの注意点や歯が悪くなったということがあります。これから、過剰なケアのデメリットと、歯に良いケアについてご紹介します。

  1. 白い歯は笑顔を魅力的にできる大切なポイント
  2. 歯には生まれつきの色がある
  3. 日本人にふさわしい白い歯の色
  4. 白い歯になる方法①オフィスホワイトニングで白い歯へ
  5. 白い歯になる方法②歯医者で歯のクリーニングをして白い歯へ
  6. 白い歯になる方法➂ホームホワイトニングで白い歯へ
  7. 白い歯にすることのデメリットと注意点
  8. デメリットと注意点①白い斑点が目立つようになる
  9. デメリットと注意点②歯や歯茎を傷めてしまう危険性がある
  10. 白い歯になれる注意点を守ってナチュラルビューティを目指そう
笑顔になったとき、唇の隙間から見える白くて美しい歯は、見る人に清潔感と、美しさを感じさせてくれます。笑顔がとても魅力的に見えますし、さわやかで気持ちが良いものです。白い歯になると、美人度がアップしますよ!憧れの白い歯になって、笑顔美人になりましょう。!
歯には生まれつきの色があります。VITAシェードガイドを使うと、歯の色味を確認することが出来ます。VITAシェードガイドとは、歯がどれくらい白いのかをはかることが出来る色見本です。16段階あり、自分の歯の白さを確認できます。芸能人のような、綺麗で真っ白な歯は、W1に当てはまります。一方で、日本人の平均的な色は、A3か、A3.5の位置にあり、W1からみると相当暗くて下の方です。決して白い歯とは言えず、黄みや斑点がかった色で、人が見たときに白い歯とは思ってもらえない色なのです。もしも、日本人特有の生まれつき白くない歯の色や斑点を、白くしたいと願うのであれば、白さが不自然にならないように気を付けなければなりません。
日本人の歯の平均的な色は、A3か、A3.5あたりですが、これを人が見たときに白い歯だと思ってもらえるようにするためには、A1までランクアップすると良いでしょう。明るさで言うと、およそ6段階から9段階、明るさがアップしたことになりますが、歯が白く見えて、魅力的な歯に見せることが出来ますので、白い歯を目指すのならこの色を目標にすると良いでしょう。いざ、歯を明るくしようと思っても、歯には本来の色がありますので、自己流ではなかなか明るくすることは難しいことがあります。これから、歯を明るく白くするために出来る方法についてご紹介します。
オフィスホワイトニングは、歯医者さんで行っている施術です。歯医者さんで配合された過酸化水素の濃度が高いホワイトニング液を使って、歯をまるで漂白されたように白くすることが出来ます。歯の白さを際立たせるために、専用のライトを当てることによって、短時間で白い歯を手に入れることが出来るのも特徴の一つです。施術後は、人によりますが、8段階まで明るさが上がることもあります。回数を重ねていくことで、ますます明るくなっていくことも期待できます。平均的な相場は、20,000円から150,000万円と幅広いのが注意点ですが、歯を白くしたい方にとっては、歯の表面にかぶせたり、削るなどの特別な処置が必要ないので、最も手軽に行える、歯の美白効果の高い方法の一つといえるでしょう。
日本人の歯の色は、もともとA3からA3.5が平均的なので、白くしたくても生まれつきの色が大きく影響しますが、もしも、A3.5よりも暗かったりするならば、歯に歯石や、ステインなどの着色汚れが付いている可能性がある注意点があります。ナチュラルな白い歯になりたいのであれば、A3に近づくように、一度歯医者で歯のクリーニングをすることをおすすめします。お茶や、コーヒー、野菜などを毎日摂取し続けるうちに、歯に着色がしやすくなり、毎日だんだんと色がついてしまいます。歯医者で、歯のクリーニング、できればPMTCを受けることにより、着色汚れを除去し、歯の明るさの段階を各段に上げることが出来ます。歯の状態をよくすることにつながりますし、虫歯や歯周病などを防ぐきっかけにもなりますので、是非おすすめの方法です。
歯医者に通うことが難しい場合は、市販のホワイトニング剤を使って、歯をホワイトニングケアすることが出来ます。専用の液剤と、専用のマウスピースを利用して、回数を重ねて、歯を徐々に白くしていく方法です。値段も手ごろですし、自宅で簡単に行うことが出来るので、忙しい方にはとても便利な方法でしょう。歯の白さを実感する効果がありますので、綺麗を手に入れることが出来ます。とても手軽に利用できる反面、自宅で行うため、使用方法には注意をすることが必要です。歯医者でホワイトニングする時は、専門の方がしてくれますが、自宅だと、自分で用意しなければなりません。まず、マウスピースが歯に合わないで使ってしまうと、液漏れをしてしまい、歯茎や口腔内を傷めてしまう危険性があります。歯がしみたり、痛みが走ることもあり、ホームホワイトニングする際には、商品の取扱い説明書をよく読んで、使用方法を確認しておくことが必要でしょう。
歯を白くしたいという願いで、白くできる方法を試してみた結果、希望通り、白くはなったけれど、こんなはずじゃなかったという驚きのデメリットもあることをご存知でしょうか。生まれつき持っている、本来の歯の色を白くするには、それなりのデメリットもあるということを注意点として知っておくと良いでしょう。これから、よくありがちなデメリットについてご紹介します。歯の美白ケアをする時の参考にすると良いでしょう。
ホワイトニングは、歯の明るさを数段階確実に上げてくれる方法ですが、明るくなった途端、今まで気にならなかった、歯の斑点が目立つようになったというデメリットが出ることがあります。歯の斑点とは、別名ホワイトスポットとも呼ばれ、もともと歯にあった白い部分のことです。この斑点は、歯のエナメル質形成不全や、遺伝、フッ素症などの影響から、歯に白い斑点ができてしまったのですが、ホワイトニングケアすることにより、色味が合わなくなり、ホワイトスポットの色味が目立ち、歯の表面が均一に白く見えないことがあります。こうならないためには、白くなり過ぎないように、徐々に白さの段階を上げるホワイトニングをすることが必要でしょう。特に、自宅で行うホームホワイトニングは、急激に明るさが上がってしまうこともありますので、歯医者でホワイトニングをすると不自然な明るさになることを防ぐことが出来ますから、よく相談してホワイトニングをすることをおすすめします。徐々に明るくすることで、施術後、白くて、綺麗な歯になることが出来るでしょう。
自己流で、早く歯を白くしたいからという理由で何度も歯をホワイトニングしたり、削ったりしてしまうと、歯の表面のエナメル質が損なわれ、歯がもろく、弱くなり、大切な歯茎を傷める原因になってしまいます。歯をホワイトニングケアする方法は沢山ありますが、ホワイトニングをするために、大切な歯を傷める事が無いように、方法には注意していきましょう。歯の健康は、病気になりにくい体を作り、栄養のある食事がとれるというメリットがありますので、健康が損なわれないように、ホワイトニングをしていきましょう。
シェードガイドの明るさ色見本を見て、肌の色に合わせて、最も自然に見える色味を目指してホワイトニングをしていきましょう。白い歯はとても魅力的ですが、ホワイトニングで過剰に白くし過ぎてしまうと、見た目がとても不自然になってしまいます。歯の色は白ければ良いということではありません。見た目自然な色味で、ナチュラルビューティーな歯の色を目標にして、ホワイトニングをしていきましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/36/36b1d39091c1049b0010e49dc5c663b5_t.jpeg