Vhwqvdzq3sqmf9p7mq5c

美容

CATEGORY | 美容

歯が茶色くなる原因は?着色を予防するケア方法と避けたい食材一覧!

2018.07.31

歯が茶色いと、笑顔がパッと明るく見えなくて残念な印象になりがちです。そうならないように、着色を予防するケアをこまめにすると良いでしょう。歯が茶色くなってしまうのはいくつかの原因があります。いつまでも美しい白い歯でいるために、ケアし、気を付ける食材を一挙にご紹介します。

  1. 日本人特有の歯の色があることを知ろう
  2. 歯が茶色くなる原因
  3. 歯に茶色いステインを付けやすい食材
  4. 歯に着色しないようにするポイント
  5. 茶色になった歯はケアすることで本来の歯の色を取り戻せる
  6. 茶色のステインが付いてしまった歯を歯科医院で綺麗にする方法
  7. 自宅で簡単に茶色い歯の汚れを取る方法
  8. もともとの歯の色をさらに白くできる方法
  9. 着色を予防する歯のケアで気を付ける注意点
  10. 綺麗な歯になって憧れの白い歯美人になろう
白い歯は憧れの的ですが、人種によって、歯の色が違うことをご存知でしょうか。日本人の歯の色は、黄色みがかって見える特徴があります。それは、もともと黄色人種の歯の構造上、エナメル質が厚くないので、エナメル質の下にあるクリーム色の象牙質の色の影響を受けやすいからです。健康な人の歯の色は黄色みがかって見えます。肌の色にあった綺麗な歯の色ですが、歯を毎日歯磨きしていても、少しずつ、もともとの歯の色がくすんできて白い歯から離れてしまう事があります。
もともとの歯の色は、生まれ持った肌色にあう、綺麗な色をしていますが、残念なことに、毎日の食事の中で、少しずつ、うっすらと、歯が着色していってしまいます。よく聞くステインという言葉は、食材の色素が歯に着色して汚れがつくことを示していますが、毎日しっかりと歯磨きをしていても、なかなか落とすことが出来ません。特に、歯が茶色くなる原因になる食材を多く食べていると、歯はどんどん着色して、歯の色はくすみ、笑顔もパッと映えず、暗い印象になってしまいます。綺麗な歯を目指すなら、歯を茶色くする原因になっている食材を知って、ステイン防止対策をすることが必要です。
歯に着色をすると厄介な、ステインになりやすい食材について、これからご紹介しいます。歯が茶色くなりやすく、すぐに汚れてしまうという悩みを持っている方の中には、これからお伝えする食材を多く取っているかもしれません。「これも着色の原因になるの!?」と驚かれるかもしれませんが、白い歯をキープするためには、着色しやすい食材を把握することが大切です。是非、毎日の食生活の参考にされて、上手にステイン防止対策をしていきましょう。

歯を茶色くする避けたほうが良い食材①ポリフェノールやタンニン

よく、ポリフェノールは、歯のステインの原因になりやすいと聞きます。確かに、ポリフェノールで思い出される赤ワインや、チョコレート、ブドウ、ブルーベリーなどは、色が濃く、歯に着色しやすい印象があります。色が濃い食材は、歯に着色汚れを付けやすいので注意が必要です。気を付けている方も多いかと思いますが、実は、豆腐や豆乳もポリフェノールが入っているので、歯に着色しやすいことをご存知でしょうか。豆腐自体の色が白いので、歯には着色しないから大丈夫と思いがちですが、大豆には、イソフラボンが入っていて、これもポリフェノールの一種です。摂取することで色素沈着しやすくなり、歯がどんどん黄ばみやすくなるので、注意が必要です。タンニンもポリフェノールの一種なので、コーヒーや、紅茶、緑茶、ほうじ茶などは、歯に茶色い着色をしやすい飲み物です。茶渋が食器についてしまうように、歯にも着色をしてしまいます。

歯を茶色くする避けたほうが良い食材②色が濃い野菜と調味料

色味が濃い食材は、歯に着色をしやすいので注意しましょう。色味が強い、ソース、しょうゆ、味噌、焼き肉のたれなどは、唾液に色がついてしまいますので、歯を白い歯から離し、茶色くしてしまいやすい食材です。

歯を茶色くする避けたほうが良い食材➂酸性の強い食材

トマトケチャップ、カレー、マスタード、レモンなどの酸性の強い食材は、歯に刺激を与えてしまいますので、着色しやすくなってしまいます。酸味が強い、炭酸飲料や、柑橘系のドレッシング、ビタミンCが配合されたドリンクなどは、歯を酸性に傾けて、脱灰を促し、着色しやすいので、歯が強くあるために取りすぎないようにしましょう。
歯に着色しやすい原因となる食材についてご紹介してきましたが、どれも、毎日の食生活を楽しく彩る食材ばかりで、それらを食生活から外したら、とても毎日の食事を楽しむことが難しくなるという方必見です。もしも、着色しやすい食材を食べたくなりましたら、食べる前に、一口、水を飲むなどして口腔内を水で薄めておきましょう。口腔内を水で薄めないで、直接食べてしまうと、ダイレクトに歯に着色してしまいますので、事前に口腔内をうるおしておくことで、不必要な着色を防ぐことが出来ます。着色の強い食材を食べ終わった後は、歯磨きをすぐにして、歯の表面にステインがしっかりと着色しないように落としましょう。毎日の積み重ねですが、歯の着色汚れを防止する効果がありますので、是非お試しください♪
毎日の歯磨きでは、どうしても取り切れない歯の着色汚れですが、困ったステインは、ケアすることで綺麗に取り除くことが出来ます。歯の本来の色を取り戻すことが出来ますので、歯のステインが目立ってきたら、こまめにケアをして、取り除いていきましょう。歯に着色したステインは、歯医者や、自宅で簡単に落とすことが出来ます。これから、その方法についてご紹介します。
歯医者さんで、歯のステイン汚れを取り除くことが出来ます。歯のクリーニングを受けると、歯の表面の着色汚れや、歯石除去、歯の健康状態を診ていただけるので、歯にとてもよいですからおすすめです。保険適用なので、一回の費用が3,000円前後でしてくれます。もっと、歯を綺麗に磨いて、ツヤも出してほしい、つるつるにしてほしいという方には、自費で、PMTCを受けることをおすすめします。費用は、上下の歯を合わせて10,000円前後でしてくれますが、専用のブラシで磨いてくれて、艶出しもしてくれます。頑固なステインも強力に除去してくれますので、歯がつるつるになります。定期的にPMTCを受けることで、虫歯になりにくくなり、歯の表面にも汚れが付きにくくなりますので、綺麗な歯を長期間キープすることが出来ておすすめの方法です。
歯医者に行く時間がない、通わないで、出来れば自宅で簡単にステインをとりたいという方におすすめの方法は、市販のステイン除去歯磨き粉や、ステインクリーナーを使うことです。研磨剤が配合されているので、歯の表面に付いた着色汚れを効果的に落とします。歯磨き粉は、使いやすい味で、ステインクリーナーは歯を磨きやすい形をしているので、毎日の歯磨きケアのついでに、使うと効果的でしょう。値段も500円前後からあり、プチプラでも歯の着色汚れを落としてくれる優秀なステイン除去グッズが売られていますので、気軽に歯を綺麗にすることが出来ますよ♪
日本人の歯の色には、もともとの色があり、歯の色見本で見ると、黄みがかった色をしています。それを白くしたいのであれば、ホワイトニングという方法が効果的でしょう。歯医者さんや自宅でもホワイトニングをすることが出来ます。料金は、それぞれ歯医者さんによって違いますので、よく確認して施術を受けましょう。
着色汚れを落とそうとして、研磨剤でゴシゴシこすったり、自宅でのホワイトニングをやりすぎたりしないようにしましょう。歯に着色するからと、栄養のある食材を食べないでいると体の健康が損なわれますので、栄養はしっかりととりながら、着色してしまったらステイン除去をして上手に付き合っていきましょう。
美しく手入れされた白い歯は、美人の証です。着色汚れの無い歯で、笑顔を輝かせましょう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/8a/8aa649f41de6b2a24d20516b669c81dc_t.jpeg