Ixaefxtvema0cplxn1yx

暮らし

CATEGORY | 暮らし

お風呂でリラックス!効果的な入浴法と注意点、おすすめグッズ紹介!

2018.10.08

一日の疲れを癒すお風呂!もっとリラックスしたいと思いますよね!お風呂でもっとリラックスするにはどんな入浴方法などがいいんでしょうか?今回は、効果的な入浴方法や注意点と、お風呂の香りの良いリラックスおすすめグッズをご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

  1. お風呂でリラックスする入浴方法 半身浴
  2. お風呂でリラックスする入浴方法 湯舟の温度
  3. お風呂でリラックスする入浴方法 入浴前の水分補給
  4. お風呂でリラックスする入浴方法 入浴時間
  5. お風呂でリラックスする入浴方法 マッサージ
  6. お風呂のリラックス方法おすすめグッズ お風呂用マクラ
  7. お風呂のリラックス方法おすすめグッズ プラネタリウムやライト
  8. お風呂のリラックス方法おすすめグッズ アロマキャンドル
  9. お風呂のリラックス方法おすすめグッズ バスボム
  10. お風呂でリラックスまとめ
Y7lhdxypgzasyowcyatz
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1519886818/y7lhdxypgzasyowcyatz.jpg
肩までつかる入浴はもちろん気持ちがよく、カロリー消費は高いですが、長時間入浴すると水圧で心臓に負担がかかるなどの注意点もあります。その点、負担の少ない半身浴ですが、半身浴は一見体が温まらないんじゃないかと思われがちですが、血液循環が活発になることにより、全身が温まり、発汗作用があります。注意点は、よくおしゃれに半身浴をしながらお酒を飲んだりしているのをテレビや映画で見るかもしれませんが、やらないようにしましょう。
Gzjsxdqx7miq2emhd31c
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1519887109/gzjsxdqx7miq2emhd31c.jpg
「半身浴」の一番のメリットは、やはり肺や心臓への水圧という負荷が少ないということです。肺や心臓が弱い方には「半身浴」がオススメです。しかし、「むくみの緩和」には血液循環が大切で、それにはある程度長くお湯に浸かっていることが必要です。暑い夏などは同じ湯温でも、湯温を熱く感じやすい 「全身浴」より、熱く感じにくい「半身浴」の方が長い時間入浴できますので有効ですね。 夏場の冷房の効いた室内では、冷気は足もとに溜まり、いや~な「足のむくみ」の原因にもなります。また、外の暑さと室内との激しい温度差が自律神経の乱れの原因にもなります。こうした夏場の嫌な症状の緩和には、お風呂がとても役立ちます。

Tbcyph0r2qiurqfs4nui
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1519885798/tbcyph0r2qiurqfs4nui.jpg
湯船の温度は40℃以下がリラックス効果的でオススメなんです。夏は「38℃」、冬は「40℃」を目安にするといいです。一般的には、日本人が気持ちがいいと感じる湯舟の温度は41~42℃なんですが、40℃以下は副交感神経を刺激するリラックス効果があるのでとてもいいんです。注意点は、熱くして汗を流すのが美容につながるというわけでもないので熱すぎる湯につかるのはやめましょう。
Dew1uatmv7q7lxrtkv54
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1519886672/dew1uatmv7q7lxrtkv54.jpg
体に対する負荷が少ない? 入浴には「水圧の効果」というものがあります。お湯に浸かっていない箇所へは水圧がかかりませんので、肺や心臓への水圧という負荷はありません。 では、心拍数はどうでしょう?お湯の温度が39℃のときには、「全身浴」でも「半身浴」でもさほど心拍数は上がりません。しかし43℃の高温のお湯に入っ た場合は、「全身浴」だけでなく「半身浴」でも同じように心拍数が上がってしまいます。心拍数は、入浴法ではなく、お湯の温度が影響してくるのです。

Uvjy68seybk6ito5kgiv
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1519888060/uvjy68seybk6ito5kgiv.jpg
入浴すると発汗により血液粘度が高まり、血液がドロドロの状態になり、血管が詰まりやすくなるので入浴15~30分前までに、最低でもコップ1杯分の水分補給が大切です。入浴後は、のどが渇くので、自然に飲むと思いますが、注意点は入浴前にも意識して飲んでみてください。また、注意点は冷たいものではなくあたたかい飲み物を飲むことで、さらに発汗作用が高まるので美容にもリラックスにも効果的です。
Tu7ddzipnwvzsls9o1u3
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1519888679/tu7ddzipnwvzsls9o1u3.jpg
長風呂をすると発汗量が多くなり、血液の粘度が高まります。また、水圧による利尿作用で血中の水分が尿となり、さらに血液がドロドロになります。お湯の中での発汗は気づきにくく、40度のお風呂に10分間入ると約500ccの水分が失われるといわれています

Mtku6dh8n14smhyeu3yh
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1519887353/mtku6dh8n14smhyeu3yh.jpg
体の負担を押えた入浴は、分割するのがいいです。5分入浴→休憩→8分入浴→休憩→3分入浴というように入浴すると心拍数の急上昇を防ぐことが出来るのです。注意点ですが、この時間は目安なので、時間を気にしながら正確に守ろうとしなくていいんです。だいたいこのくらいの時間で分割することに意味があり、気持ちのいいと思う時間入浴するのが一番効果的です。ここでいう休憩とは頭を洗ったりする時間にあてるといいです。
Azrtiffdvv0yhbklee0j
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1519887753/azrtiffdvv0yhbklee0j.jpg
どのような流れでお風呂タイムを過ごせばいいのかをご紹介します。 入浴前に水分補給 熱いシャワーを3分、冷たいシャワーを1分 38℃~40℃の湯船に5分間(1回目の入浴) メイクを落とし、頭を洗う(休憩) 38℃~40℃の湯船に8分間(2回目の入浴) 顔と体を洗う(休憩) 体の表と裏に水シャワーとお湯シャワーを交互に 38℃~40℃の湯船に3分間(3回目の入浴) 入浴後は全身に化粧水や保湿クリーム、そして水分補給

Ggmfaqmtwhlxe8cklstt
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1519888908/ggmfaqmtwhlxe8cklstt.jpg
入浴の際に、マッサージを行うとより血流がよくなりリラックス効果にもなります。首や顔、脚や腕などを優しくリンパの流れに沿ってマッサージをしてあげましょう。血流が良くなるだけでなく、顔のくすみがとれたりなど、嬉しいことがいっぱいです。湯の中だと、負担が少ないので軽い力でマッサージが出来るのでとてもやりやすいです。
Zotb8vgyremfq8n4mnjj
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1519889773/zotb8vgyremfq8n4mnjj.jpg
Fzb5yzaz7tzizznxbfyk
引用: https://i2.wp.com/evememory.jp/wp-content/uploads/2015/04/ce6bf45e6e3e10c8b550dff349e79c17.png?resize=616%2C271
やはり、リラックスは全身の力を抜いたほうが効果的で、このお風呂用枕があるととても便利です。タイプもいろいろあり、折りたためるもの、高さが変えられるものなど好みに合わせて選んでみてください。本などを読みたいときにも使えるアイテムです。思わず寝てしまいそうになってしまうと思いますが、危険ですので寝ないでくださいね。注意点です。
引用: https://i.pinimg.com/564x/17/92/7d/17927daa049d7b363366e31114a03fdb.jpg
前から欲しかった#お風呂枕 #バスタイム#ピンク#入浴剤#にごり湯#relaxタイム#まったり#癒される#長湯になるパターン#お風呂で音楽

Iazv4ilcieiyxqobw61o
引用: https://i1.wp.com/evememory.jp/wp-content/uploads/2015/04/c05ec2c81fff194bf077e9c714c740dd.png?w=563
お風呂で使えるライトグッズもとても癒されるのでリラックスに効果的です。幻想的なライトで癒されるのもいいですが、特におすすめはこのプラネタリウム!あたたかいお風呂に浸かりながら星が見れるなんてロマンチックで日常を忘れさせてくれます。置いておくタイプや、場所がないという方は、湯舟に浮かべて投影できる小型の物まであります。
Od2xhyirjxslvcz1njbs
引用: https://i1.wp.com/evememory.jp/wp-content/uploads/2015/04/4ebe851f178c3758e2299d51aaeee6ab.png?w=589
ついに買ってしまいました #浴室プラネタリウム #プラネタリウム #お風呂プラネタリウム #癒しの空間 #癒し求めてる

Xeflwbdqzlpj87uyeaam
引用: https://i1.wp.com/evememory.jp/wp-content/uploads/2015/04/aa1dd57909e1d0e36e49ee7a837e4047.png?w=746
ゆらゆら揺れるキャンドルの火と、いい香りが最高に効果的です。香りの良いキャンドルは置いておくタイプでもいいですし、おすすめは香りよく湯舟に浮かべられるもの!香りが湯舟に揺られてさらに癒されますし、キャンドルに囲まれているのがリッチな気分になります。器はそのまま使えるので、毎日、気分に合わせて香りを選ぶのも楽しいですね。
仕事が早く終わって予定もなく 今日はすごく寒かったから ゆっくりお風呂に浸かって 疲れを癒した🛀💭💗

引用: https://i.pinimg.com/564x/88/b9/69/88b96987a4ce69d16802dea849334c3d.jpg
バスボムは、見た目の可愛さや、溶け方、香りなどが普通の入浴剤とは違ういいところですね。バスボムといえば若い女性を中心に大人気のLUSHがいいですね。カラフルなものは、溶けた時も幻想的な色になりとてもリラックスします。そして、意外と簡単なことからバスボムを手作りするのも流行っていますね!自分の好みの香りや見た目にすることができることや、プレゼントにもとても喜ばれます。
引用: https://i.pinimg.com/564x/d4/e9/e4/d4e9e421c901bddd2e396555344f674a.jpg
お風呂でリラックスする入浴方法や、おすすめグッズをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?もし忙しいという方でもポイントを押えて入浴するだけで効果は高くなりますし、たまにの入浴でもリラックスグッズなどを使うことにより癒し効果があります。リラックス効果のあるお風呂ですので、逆にいろいろ考えすぎて毎日の入浴が苦になってはよくありません。ぜひ、無理をせずできそうなことから試してみてくださいね!
Nysi1szhjonuhuwzv4z7
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1519944141/nysi1szhjonuhuwzv4z7.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1519886323/dzfazabd55umkbghk1vm.jpg