Qjxadsrpbu8vs0xhslss

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

クレンジングはどう使う?マスカラメイクの落とし方を紹介!

2018.08.01

目の印象を決めるのになくてはならないマスカラ。 でも、落ちないためにキレイに塗ると、落とす時に一苦労するのも事実。 間違ったクレンジングはその箇所を傷めてしまっているかも。 そこで今回は、そんなマスカラのクレンジングに注目してみました。

  1. 間違ったマスカラの落とし方!
  2. まつ毛や目元をこする
  3. ベースもポイントも関係なくまとめて全部落とす
  4. クレンジング剤を少量にケチる
  5. 顔がぬれた状態でのクレンジング
  6. マスカラの落とし方
  7. 定番!専用リムーバー
  8. クレンジング後も油断は禁物!
  9. クレンジング後は麺棒で念入りオフ!
  10. 要注意!マツエクをしている時!
  11. 最後に
Hfyzlaif5kbtudhhljxn
マスカラはベースメイクのように肌に直接塗っているわけではありません。 細かく、立体的なまつ毛の一本一本に絡めるようにして塗っています。 そのため、落とし方はクレンジングでも苦労しますよね。 ちゃんと落としたはずなのに、気づいたら残っていたなんてことも少なくないでしょう。 まずはついやってしまう落とし方、間違ったマスカラの落とし方をいくつかチェックしていきましょう。
Epvnh8uvignxqayoebws
Qmqtbtwdr9w29mecz8ye
シートタイプのクレンジングを使ってる方によくありがちなのですが、メイク落としの時間を早く終わらせたくてゴシゴシこすってしまうことありませんか? これは、お肌を痛めてしまうだけでなく、まつげにも強い刺激を与えてしまっているので、まつげも痛んでしまいます。 目元は皮も薄く、とてもデリケートな部分。 いくら早く落としたいと言っても強く擦ってしまうのはNG!
Nz0bauhb9cvjk27pjbsw
Qgovoy4qdkdgxa3abdjx
ファンデーションやチークなど、ベースメイクを落とすのと一緒にアイメイクやリップのメイクも一気にクレンジング、というのもよくやりがちですが、これもやめてあげてください。 ポイントメイクのコスメは非常に落ちにくくなっています。 それは、よく動かすことが多くて落ちやすい箇所だから、落ちないようになっているのです。 まつげに塗っているマスカラもポイントメイクの一つ。 だからこそ、落ちにくさにこだわって作られています。 ベースメイクと同じように落としても、ポイントメイクの箇所だけが残ってしまうことも少なくありません。 なので、全部まとめて落とそうとしてもついつい見逃してしまうことも。 お肌のことを思えばやめるべきでしょう。
Jukbtfnzw6x79uunubuc
Zkzqowwjkblf3ow2idbm
お肌のことを思って少し高価なクレンジング剤を使用してる方もいるかと思いますが、高価な分、少しでも長持ちさせようとなるべく少量で済まそうとしていませんか? もったいないから…そんな気持ちはわかりますが、クレンジング剤が足りずメイクが顔に残っていてしまっては元も子もありません。 特にアイメイク等のポイントメイクは落ちにくいので、まつげや目元の細かい部分に残ったマスカラ汚れが、目に負担をかけてしまっていないか心配です。 クレンジング剤は高価だからとケチることなく、適量を使用するか、少し多めに使って、目元や肌の負担を軽くしてあげましょう。
T7dxowqq1btaarbqth1h
Hanhxqv8xcm9chvhhuq2
お風呂に入る際に一緒にクレンジングを行っている方も多いと思いますが、その時に汗や水で顔がぬれた状態でクレンジングをしていませんか? 顔に余計な水分や油分があると、クレンジング剤とうまく馴染まず、メイクが落ちにくくなっているかもしれません。 また、その状態で落とそうとした結果、顔を余計擦ってしまったり、お肌への刺激をたくさん与えてしまっているかも。 なるべく水分が残っていない状態でのクレンジングを心がけましょう。
W0jijxxmoubtzonr8w53
Odblt9aohxsxlvfvk6yi
ここまでは、マスカラやメイク全体のダメな落とし方を説明してきましたが、結局あれこれダメといいながらどれがいいの?となりますよね。 ここからは、マスカラの上手な落とし方をチェックしていきましょう。
Awsqdxulffu0ygvr7gnv
V5ni5kyeuy0bcp5rae12
マスカラのクレンジングには、通常のクレンジング剤だとうまく落ちない可能性があります。 なので、専用のリムーバーを使用することがオススメです。アイメイクリムーバーやポイントメイクリムーバー、マスカラリムーバーと書いてあるものを使用しましょう。 ここで、オススメのリムーバーを紹介します。

Bifesta うる落ち水クレンジング アイメイクアップリムーバー

Bifesta (ビフェスタ) うる落ち水クレンジング アイメイクアップリムーバー 145mL
価格 ¥ 700
このアイメイククレンジングは、化粧水由来の成分でメイクを浮かして落とすクレンジングになっています。 肌ダメージも少なく、サラっとした使い心地で肌の保湿にも効果を発揮してくれる、肌ケアしながらメイクを落とせる優れものです。 アイメイクなどでダメージを受けやすい目元をしっかり念入りにケアしてくれるため、メイクをした次の日からその潤いを体感してもらえることでしょう。アイメイクリムーバーに迷った際はぜひこちらを使ってみてください。
ブロウラッシュEX ジェルオイル アイメイクアップリムーバー 100g
価格
お風呂でメイクを落とす方は少なくないのではないでしょうか? そんな方にオススメしたいのがこちらです。 ジェルタイプなのでコットンもいらない上、塗れた手でも使えるため、お風呂でメイクを落とされる方は重宝すること間違いありません。 また、コットンを買ったり、余計なゴミが出るからあまり好きじゃないという方にもオススメです。 100%植物性洗浄成分を使用していて、コラーゲンやセラミドなどまつげや目元を保護してくれる成分も含まれているので、目元にもまつげにも優しいアイテムになっています。
Hueqanj1sc1ca9kjxxd9
Snwg5ip57vcf3gdqqnbl
ポイントクレンジングが終わったら全て終わりというわけには行きません。 先ほど書いたとおり、ポイントメイクはなるべく落ちないように作られているため、これだけで確実に終わるわけではありません。 しっかり見直してみると、実はマスカラやアイメイクが少しだけ残っているかも。
Ij9q7o0lwcecnfkujmoz
Kv5l9c1viwpuvqzmvtdw
少しだけ残ったアイメイクは、専用のポイントメイクリムーバーを麺棒にしみこませて、擦らずまつげの流れに沿って、ゆっくり落としてあげてください。 このときに、目頭や目じり等の残りやすいアイメイクも一緒に落としてあげるといいでしょう。 擦らずゆっくり丁寧にがポイントです。
Aw2r2q3ato36rgwkauhd
Kgg1hlmqbup0hfhhcojq
まつげエクステをしている方は少なくないと思いますが、クレンジングの際にせっかくのマツエクがとれてしまっては元も子もないですよね。 なので、普段以上に気をつけて、負担をかけないようにクレンジングすることが必要です。 マツエクをしている際は、マスカラやクレンジング剤といったアイテム選びから重要になってきます。

マツエク用マスカラの選び方

マスカラの場合は、お湯でオフできるもの、マツエク向けと書いてあるアイテムを選びましょう。 上で紹介したようなポイントメイクリムーバーはオイルインのものがとても多いです。 それは、油分で落ちにくい化粧を浮かせて落とすため。 ですが、そのオイル成分がマツエクの接着部分をとかしてしまうのです。 なので、マスカラから、なるべくお湯でオフできるものを使用しておきましょう。

マツエク用リムーバーの選び方

クレンジング剤は、先ほどマスカラの項目でも書いたとおり、オイル成分がマツエクの接着部分を溶かしてしまう可能性があります。なので、オイルフリーの水溶性クレンジングがオススメです。 もしもどんなものを選べばいいか迷ってしまった際は、サロン等で販売されているクレンジング剤を選ぶのもいいでしょう。 お値段は少し高めですが、施術したその日から使えることや、個人のまつげの状態にあったものが使えること、クレンジングのアドバイスを受けることもできるので、クレンジングの際の失敗をなるべく防ぐことができます。
いかがだったでしょうか? 目元を印象付けるために必要なアイテムのマスカラ。 でも、まちがったクレンジングを続けていると、そのマスカラをつけるまつげがボロボロになってしまい、抜けたり切れたりなんて悲惨なことになる可能性も少なくありません。 きちんと正しいケアをして、ぜひ素敵なメイクをこれからも続けていってください。
Qxuuob8ut0g8g41pa00w