Qnlcainz6dkpd0jnslw3

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

顔の保湿ケアにはマスク!乾燥しない美容・美肌効果を解説!

2018.08.01

「風邪をひかないため」「花粉症対策に」という理由でマスクをつけることが一般的ですが、近年ではマスクの美容効果も注目されています。マスクをつけるだけ肌に潤いを与えることができますよ!このページでは、マスクの保湿ケアや美容効果についてご紹介します。

  1. 保湿ケアにはマスクを!美容・美肌効果①
  2. 保湿ケアにはマスクを!美容・美肌効果②
  3. 保湿ケアにはマスクを!美容・美肌効果③
  4. 【保湿ケア・美容編】正しいマスクの選び方①
  5. 【保湿ケア・美容編】正しいマスクの選び方②
  6. 【保湿ケア・美容編】正しいマスクの選び方③
  7. 【保湿ケア・美容編】正しいマスクの選び方④
  8. 【保湿ケア・美容編】正しいマスクの選び方⑤
  9. 【保湿ケア・美容編】正しいマスクの選び方⑥
  10. 【保湿ケア・美容編】正しいマスクの選び方⑦
  11. マスク使用しないで保湿ケアをするためには?
  12. 顔の保湿ケア・美容には正しいマスクの選び方を知ろう!
Onyk7nzjv3hjj8sur4hp
シーズンによっては空気がとても乾燥していますよね。また、室内が冷暖房などで乾燥していることもあります。そうした湿度の変化で肌に影響のある人は、マスクによって保湿ケアできるでしょう。
Gy7m0vngq2xuvsgxalrn
マスクで保湿・美容効果を期待できるのは、室内外の湿度に影響される人限定かもしれませんね。外的要因以外では、別の方法が良いでしょう。いずれにせよ、乾燥した空気によって肌がカサつく人や乾燥しがちなシーズンでシワなどが目につく人、乾燥した肌によって少し老けた感じになる人は、マスクで効果が出る可能性がありますよ!
Wugwkxtxew4wll8wbhia
マスクによっては加湿効果のあるタイプもありますが、そうではないタイプでも問題ありません。花粉症用のマスクでも保湿ケアをすることが可能です。なぜそうなのかといえば、マスクをしているとき、息を吐きますよね。それがマスクの内側にとどまることにより、乾燥対策になるのです!
Wrudewcxeitvsttpc6ph
寒い時期などは、マスクの中が湿っていることがあります。それは自分の息ですよね。自分では気づくことがないかもしれませんが、息にはたくさんの水分がふくまれているものです。
Fcngbkb2gavwv1fuipws
保湿ケアや美容効果を期待するのであれば、小さいマスクを選ばない方が良いかもしれませんね。マスクをしていないところでは効果がありませんので、大きなタイプをがおすすめです。額などはマスクでおおえない部分なので、別の対策が必要でしょう。
Fkyballgwm4w4jszb1dm
自分の息がもれてしまうため、あまりにも大きいサイズは避けるようにしましょう。プリーツを広げることにより、縦に覆うことも可能ですよね。
My4pmscacpbgqt4iecwv
保湿マスクには、さまざまなタイプがあります。マスクの中に保水液を浸したシートを入れる保湿シートタイプもありますので、便利ですよね。この種類では使い捨ての可能性が高く、不衛生ではありませんが、コスパ的にもよくないデメリットもあるでしょう。
A1k18ns4pgtz9qrojoq8
繰り返し使用できるタイプもあります。シートを湿らすのも洗うのも自分でやる必要がありますが、コスパ的には良好ですよね。1枚自体の価格は若干高めですが、何度も使用できますので割高とは言えません。
Wnfsoxoydzfndgnygdib
素材に対して気を配ることも大切です。肌触りのわるいものであれば、お肌を傷つけてしまう可能性も否定できません。それでは美容的によくないでしょう。なので、素材は柔らかいタイプのもので刺激が低いマスクを選んでください。
U16appmouolviuopmbfp
マスクの種類によって、かたさなどは異なります。見た目でもわかりづらいので、事前に確認しておく必要がありますよね。
Tn67rzzf0byrhc7mzzgd
マスクを選ぶ際のポイントは、快適さと言えます。苦しくてずっとつけることが不可能であったり、耳が痛くなってしまう場合は、保湿・美容効果以前の話ではないでしょうか。苦しさから逃れることのできるタイプは、花粉症対策などには適しているとは言えません。風邪予防なども同様でしょう。とは言え、保湿ケア的には問題ないと言えます。
Utpvrtaiyxiedtc3zx0q
人によって異なるかもしれませんが、お肌に密着しないように調整すれば、美容的にも問題ありません。自分のお肌や用途によって使い分けるようにしましょう!
Jqwutl0zb0secogkhkqh
寝ている時に使用するマスク選びにもコツがあります。人によっては、「就寝している時にいつもマスクがはずれてしまう…」というケースも考えられるでしょう。マスクがはずれてなくしてしまうのもイヤですが、美容的にNGなのは、摩擦でお肌を傷めてしまうことですよね。
Tthkarkjyrx5qkxd2ikk
抗菌加工しているタイプのものなど、肌触りがわるいかもしれません。そうしたマスクであれば、寝ている時に擦れてしまい、お肌にダメージを与えてしまうかもしれませんよね。いずれにせよ、シルク素材など寝ている時に適したマスクはありますので、是非チェックしてみてください!
Lxrsugj70svyoyiw7mi5
保湿マスクを選ぶ際は、厚手のタイプが良いです。薄手だと垂れることや見た目が気になりますよね。厚手であればそうした心配はありませんので、安心です!
Jzs3yfli2iybsozrtdhh
保湿効果があるだけではなく、香り付きのマスクも販売されていますので、においが気になる人におすすめです。香りが良いタイプであれば、リラックス効果もありますので、寝る前につけるのも良いでしょう。さまざまな香りがありますので、自分の好きな匂いを選んでください!
Assmyhzvlkesawkr6prs
マスクをする際、メガネをしている人はくもってしまうことを懸念していることがあります。保湿ケアも大切ですが、曇り防止機能のあるマスクも販売されていますので、是非調べてみてください。もちろんメガネをかけてないない人は、曇り防止機能を気にすることはありません。
Npi1ecutfu9svvjesifc
人によってはマスクによる保湿ケアは効果的ではない可能性があります。そこで、マスクではない他の方法による乾燥肌対策をご紹介します!

スキンケアの方法を間違えない

洗顔する際、ゴシゴシと強く洗ってはいけません。皮脂を取り除くことは大切ですが、取り過ぎてしまうと逆効果ですね。乾燥肌の人であれば、洗顔料の調節も無視できません。洗顔後は、すぐに保湿するようにしましょう。クルームなどを少しづつ塗るようにしてください。もし自宅に加湿器があれば乾燥を防げますよね。濡れている洗濯物を部屋で干しても乾燥対策になります。
Dkaaygogeu3hzp7tek4m
保湿効果のあるクリームや美容液を選択することもわるくありません。ココナッツオイル・ライスパワーNo.11・サクラエキス・セラミドなどの美容成分は保湿効果があります。また、ヒアルロン酸・コラーゲン・ホホバオイル・アルニカ花エキスなども同様に保湿効果がありますので、チェックしてみてください!

食事に注意しよう

自分の食生活を見直すことにより、乾燥対策することができます。乳製品、レバー、イワシにはビタミンAが含まれており、お肌に水分をキープする効果がありますのでおすすめですね。卵や納豆にビタミンBが含まれています。ビタミンBも保湿に効果的ですね。赤ピーマンやレモンにはビタミンCが含まれており、乾燥予防になります。
Ss6l3rxee077igtqjiwk
アボカドやナッツ類に含まれているのは、ビタミンEです。これは、新陳代謝をよくすると言われていますので、乾燥予防になるでしょう。他にも、セラミドや亜鉛などもお肌に良いとされています。
マスクによる保湿ケアや美容・美肌効果についてご紹介してきましたが、マスクすることで乾燥してしまうという説もあります。肌質によってはニキビなどができてしまう恐れがあるのは事実ですので、十分ご注意ください。いずれにせよ、ポイントになってくるのはマスク選びですよね。自分にマッチしたマスクを選ばなければ、保湿・美容効果を望むことは難しいかもしれません。もちろん、マスクなしでも保湿することは可能ですでの、上記でご紹介した内容を参考にしてみてください。