Emqtubllgrcnga8wi5xr

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

ダイソーのコンシーラーの口コミとは?タイプ、カラー別に紹介!

2018.08.01

昨年の末頃からダイソーのコンシーラーに新しい新商品が販売され始めました。 実際、ダイソーのコンシーラーを使用した口コミの評価は一人一人のお好みやお肌に合う、合わないの個人差がありますので、評価は様々です。 そんなダイソーのコンシーラーの実力をリキッドタイプなどタイプやカラー別検証してゆきます。

  1. ダイソーのコンシーラーの種類
  2. 〇エルファー プロフェッショナル コンシーラー ~ダイソーのコンシーラーの種類~
  3. リキッドタイプのコンシーラーの特徴 ~ダイソーのコンシーラーの種類~
  4. リキッドファンデーションのカバーの実力 ~エルファー プロフェッショナル コンシーラー編~
  5. ダイソーのコンシーラーの種類 その2
  6. 〇エスポルール コンシーラー&ハイライト  ~ダイソーのコンシーラーの種類~
  7. エスポルール コンシーラー&ハイライトを使用してクマを上手にカバー ~ダイソーのコンシーラーの実力を検証~
  8. エスポルール コンシーラー&ハイライトのカバー力の実力は? ~ダイソーのコンシーラーの実力を検証~
  9. エルファー プロフェッショナル コンシーラーとエスポルール コンシーラー&ハイライトの比較 ~ダイソーのコンシーラーの実力を検証~
  10. まとめ ~ダイソーのコンシーラーの実力を検証~
Ubmbpvowfwghmuqvgxtx
引用: https://ameblo.jp/buru2ko/entry-12347802250.html
ダイソーのエルファー プロフェッショナル コンシーラーカラー展開はベージュとオークルの2種類となっています。日本人のお肌の色に馴染む定番の色のコンシーラーです。製造国は台湾製で、内容量は9gとなります。 口コミの反響が大きい商品です。
Fvlduktxqq2gwlhpukmk
Gmn0cwny9svcfa0pmh34
引用: https://saita-puls.com/7849
リキッドタイプコンシーラーの特徴の一つである、毛の太いチップタイプで柔らかい液状のリキッドタイプのコンシーラーとなります。リキッドファンデーションにとても近いテクスチャーなので、水分と油分のバランスが良く、とろみのある液状です。柔らかいテクスチャーですので、コンシーラーのタイプのクリームタイプやスティックタイプと比較すると、リキッドタイプは最も伸ばしやすく肌馴染みが良い点が特徴です。塗布後の感触は肌との密着度が高く、サラッとした肌さわりになります。重量感のあるリキッドタイプコンシーラーに見られる、べたつきは無く、心地よい付け心地です。ベージュやオークル系の色ですが、明るめの色合いなので、肌の色が暗めの時に色調を明るくしてくれる効果がありそうです。目の下のクマやシミ・小じわ・ニキビ跡などしっかりとカバーする力を発揮してくれます。明るめの色調なので、隠したい箇所のカバーとして使用しても良いですが、ハイライトとしてお肌の色調をワントーン上げてみても良いでしょう。
Fkiv4fmfpk59pgphtizm
引用: https://saita-puls.com/7849
スティックタイプのコンシーラーとは違うタイプの形なので、もちろん塗り心地も異なります。スティックタイプのですと、直線がしっかりとはっきり描ける点が特徴となりますが、フロッキーチップの場合は直線はスティックタイプのコンシーラーと同様に上手に描くことは難しそうです。部分的に使用するならば、数量のコンシーラーの液体をカバーしたい箇所の肌にのせ、指の腹で円形状にぼかしながら色を優しく馴染ませる方法をおすすめします。リキッドタイプは、コンシーラーの種類の中でも、最もお肌に馴染みやすく使い易いので、コンシーラー初心者の方にも安心して使用可能です。そのままお肌にのせて、簡単に馴染ませられる手軽さや伸ばしやすさ、広範囲の使用が可能な点は、リキッドタイプコンシーラーの魅力となります。
O74qrk7oajzqmsbaf3tt
引用: https://ameblo.jp/buru2ko/entry-12347802250.html
Lxzxss16oggmgw4sg18g
シミやくすみ、目の下のくまの部分的に使用したい場合は、付け過ぎるのを防ぐため、量の配分や優しく塗布することを考えて使用した方が良さそうです。けれども、リキッドタイプはクリームの様な液状の状態のコンシーラーなので、水分が他のタイプよりも含まれている分、他のコンシーラー(クリームタイプ・スティックタイプ)と比べるとカバー力が劣るという傾向が多くあります。 また、最近では、肌のしみやしわ、くすみ、ニキビの傷跡を隠すというよりも、ハイライト効果を活かして明るさをコントロールする目的で利用する方も多くいます。ハイライトの効果を謳ったリキッドタイプコンシーラーも出回ってきています。薄いシミやクマのカバーをするならば効果はありますが、濃いシミやクマのカバーをする場合、他の種類のコンシーラーを使用した方が良いでしょう。エルファー プロフェッショナル コンシーラーの使用の場合、カラーが明るめの色合いですので、ハイライトとして使用するのもおすすめです。 薄づきがお好みの方の場合、カバー力に物足りなさを感じるとの口コミもあります。
Ltffkbu6u0qxesessfws
引用: https://ameblo.jp/buru2ko/entry-12347802250.html
E8luzrfxp4o5wpz32men
全5色の展開のコンシーラーです。パールピンク、ライトベージュ、パールホワイト、オークルベージュ、ナチュラルベージュのカラーとなり、みずみずしい緩めの質感。コンシーラーのチップのタイプは斜めにカットされた太めの毛のタイプで、硬めの質感のスティックタイプとは違い、より水分力のある付け心地です。 内容量は7g配合。原産国は安心の日本製となります。こちらも、口コミで高い評価と、使用後のコメントの多い商品です。
V6u6crma2b452j4ybep5
引用: https://ameblo.jp/buru2ko/entry-12347802250.html
コンシーラーのカラーは全部で3色あり、ライトベージュ(明るい肌色)、ナチュラルベージュ(自然な肌色)、オークルベージュ(健康的な明るすぎない落ち着いた肌色)となります。シミやシワ、くすみや目の下のクマなど、お肌の色に問題があり、カバーしたい時に使用できます。ハイライトのカラーは2色あり、パールホワイト、パールピンクの展開です。お肌に透明感の印象を与えたい時は、パールホワイトの色を。お肌に女性らしい柔らかい印象を与えたい時はパールピンクの色を。シーンとその時のイメージするメイクに合わせて、工夫をして色を使い分けると良いでしょう。こちらのコンシーラーには美容液成分も含まれており、スキンケア効果とメイクアップ効果を同時に満たしてくれる優れたアイテムです。100円というコストパフォーマンスの高さとその費用に対する効果が高いことがうかがえます。 口コミでも高評価が多いのも、コスト面→効果のギャップに皆さん驚かれているようです。
Pbaruesfnkdkaaswbabk
引用: https://ameblo.jp/buru2ko/entry-12347802250.html
上記でご紹介したエルファー プロフェッショナル コンシーラーと比較すると、サラサラとした質感のあるコンシーラーで、薄付け好みの方向けのコンシーラーの傾向があります。毛の太いチップタイプのリキッドコンシーラーという点では共通していますが、エルファーの方がお肌への密着度とマット感が強い感じです。一方、エスポルールの方はみずみずしく肌へ潤いを持たせながら仕上げる軽量感の付け心地を実感できます。 付け心地や塗布後の仕上がりの感触は自身のお好みや用途に合わせて選ぶと良いでしょう。 しっかり濃いメイクをしたい場合は、エルファーで、軽めのナチュラルメイクに仕上げたい場合はエスポールのコンシーラーを、という感じで賢く使い分けができそうです。口コミでも、みなさん自由にメイクを楽しみながら、自身にあるメイク法やカラーを試しているようです。
X932pw2iamim2ixrphmq
引用: https://ameblo.jp/buru2ko/entry-12347802250.html
Bwtogxmk3xftutvjwzms
目の下のクマ隠しのためにコンシーラーを使用している方は多いともいますが、目の下のクマにも身体の症状によって色が変化しています。主に、青い色のクマ、黒い色のクマ、茶色の色のクマの3種類があります。 血行不良による青い色のクマには、ナチュラルベージュ(自然な肌色)を。たるみによる黒い色のクマには、オークルベージュ(健康的な明るすぎない落ち着いた肌色)を。シミなど色素沈着茶色のクマには、ライトベージュ(明るい肌色)を。それぞれの色をカバーしたい時には、カバーするのに最適な色を知ると便利でしょう。5色の展開なので、色を混ぜ合わせて組み合わせることにより、カバー力がよりアップしますよ。
Z5elv7itpdhcut212tpn
引用: https://saita-puls.com/7593
パールホワイトとパールピンクのハイライト用のコンシーラーはお肌の色調を明るくしてくれる効果があります。 5色の種類の色を混ぜ合わせるテクニックは一人ひとり肌の色が異なりますので、自身の肌との合う合わないを一つ一つ確認しながら、試し付けをする必要がありそうです。口コミでもこちらのハイライトの使用方法が紹介されています。
Ii7kwr07gorilzmuby6p
引用: https://saita-puls.com/7593
Vsx8kqxwgkmi9eesmmqg
液体状のコンシーラーは軽めのテクスチャーなので、薄い付け感をお好きな方には最適なコンシーラーですが、長時間の使用を考えた場合、コンシーラーとしてお肌へのせた色が崩れてきてしまうリスクもありそうです。 拠れてしまう原因を考慮した上で、それをカバーするお化粧が崩れない・よれないメイクテクニックが必要の様です。口コミからコンシーラーの使用感・実力を検証してみると、より詳細なメリット、デメリットの内容が分かってきます。
Ien160v56ke2uppesbat
引用: http://www.keananikki.com/entry/2018/02/12/182602
正直ベージュだけでは消えなかったのですが、 ホワイトを重ねることによってハイライト効果で消えました。 ピンクも重ねたのですが消えなく、 ホワイトが1番消えました。 すごい… 持ちも良く、半日過ごしても全然崩れませんでした。 伸びもよかったです。 ファンデのおかげか、馴染ませたスポンジのおかげかもしれませんが コスパ良すぎる… これは買うべきです! 鼻筋、眉下、頬骨にも使いましたが とっっっても立体感が出ます。 ただ頬にはピンクの方がいいと思います! 白いのが悪目立ちする気がします。 これはもう毎日使う… ぜひ買ってみてください💸

エスポルール ハイライトの明るい色を使用して、お肌の色をカバーすることも可能なケースもあります。お肌の中でも、光の当たる額や鼻筋にはもちろん、部分的に使用することで明るい色味でもカバーする際に利用できますので、ぜひ自身のお肌に試してみてはいかがでしょうか。コスメは自身のお肌に合う・合わないがありますので、最後は実際に使用してみなければ効果は分からいという部分もあります。しかし、軽めの質感で適度なカバー力をお求めの方にエスポール コンシーラー&ハイライトは最適です。使用後の口コミには肌質タイプにより、付け心地やお肌の仕上がりの質感が異なる傾向にあります。自分の肌タイプも考慮してコンシーラーを選ぶ視点も大切です。
Dqggr8pt5kksfwgj3z6i
ダイソーから2つのコンシーラーを比較したいと思います。 どちらが良いのかは、自身のお肌の色やお好みのコンシーラーが一人ひとり異なりますので、どちらが良さそうかを考えて使用した方がいいでしょう。 写真の見方:左側のコンシーラー:エスポルール コンシーラー&ハイライト ライトベージュ 右側のコンシーラー:エルファー プロフェッショナル コンシーラー ベージュ
Blzigf9qsriigdkpd1fn
引用: https://saita-puls.com/7849
エルファープロフェッショナルコンシーラーとエスポルールのコンシーラー&ハイライトを比較した際、最初のエルファーの方が重量感のある質感と付け心地でしっかりとしたカバーする力があります。一方、後者のエスポールールの方は軽めの薄い付け心地がお好みの方向けの、コンシーラーとなっているようです。 付け心地や塗布後の仕上がりの肌の質感は個人差やお好みもありますので、自分はどの様な付け心地や肌の質感が好きなのか、その部分を知ることからスタートし、次の段階で自身の肌の色に馴染むカラーは何色か知ることが、自身に合ったコンシーラーを選ぶことに繋がります。
Szpimbgxr3fk5n6fymqa
引用: https://saita-puls.com/7849
Axirjhlpa2roqlayrid1
引用: https://www.linkedin.com/pulse/question-1-nonprofit-founders-do-you-want-baby-todd-mckee
ダイソーのコンシーラーにカバー力はあるの?実力を徹底リサーチのテーマで送りしてきましたが、 どちらのコンシーラーがお好みでしたか? 自身のお肌に合ったタイプを選択して、コストもお安いので試してみてください。