D63oadrbalq8vwfr7tc8

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

混合肌用のスキンケアとは?乾燥肌の水分に注意して洗顔しよう!

2020.07.24

乾燥肌と脂質肌が入り混じった混合肌のスキンケアには特に注意が必要です。特にスキンケアに神経質になっている人ほど肌荒れに悩んでしまうものです。正しい方法で水分に注意して行えばそんなに神経質にならなくても肌を綺麗に保つことができます。そのための洗顔などの混合肌対策について解説していきます。

  1. 混合肌とは?
  2. 混合肌になる原因!
  3. ホルモンバランスが乱れる原因について
  4. スキンケアのためにも生活習慣は大事!
  5. 混合肌のスキンケア方法は?洗顔など
  6. 混合肌のスキンケアについて、化粧水など
  7. 混合肌は肌荒れしやすい!
  8. 混合肌の人はスキンケアに紫外線対策も考えよう!
  9. 混合肌のスキンケアにオススメのスーパーフード!それは
  10. 混合肌のスキンケアは正しく行いましょう
Xpkljjbdj3lcwsdatram
主に乾燥肌と脂性肌が混じった状態のことを言います。肌質には主に「普通肌」、「脂性肌」、「乾燥肌」の3種類があり、混合肌とは顔の部位によってこれらのコンディションが異なることを言います。だからほかにもたとえば普通肌と脂性肌が混じった状態の混合肌などもあります。
Vsnowfmb5vf093llvewz
しかしそのなかでも特に問題とされているのが脂性肌と乾燥肌が混じった混合肌と言えます。そのため、このタイプの混合肌のかたは特にスキンケアについて正しい方法で行うべきということが言えます。
Zjjxek17lsuuavsbj5ot

アラサーに多い!

Vwpiyrakn1bks7epwxe1
ティーンズや20代前半の時期には皮脂の分泌が多くなるため脂性肌に悩まされることが多くなります。しかし20代中ごろからホルモンバランスが変化する時期に入り、肌質が変わり始めることが多くなります。この時期になると肌の水分が少なくなり乾燥しやすくなり、脂性肌に悩まされていた人が混合肌になる傾向が強くなるので注意です。

混合肌の原因は水分不足!

A3zdislvrsuppexysukv
脂性肌と乾燥肌のそれぞれの原因に共通する注意することとして肌の水分が不足していることが挙げられます。そのためスキンケアの際には保湿に注意することが大事ということになります。乾燥肌になる原因が水分不足ということはすぐ納得できると思いますが、脂性肌も原因は水分不足です。
実は肌は通常水分と皮脂が適量に分泌されることでバリアーが張られています。これにより、感染症や紫外線などからも肌を守るため、健康が保たれています。しかし水分が不足するとそれを補おうとして余計に皮脂が分泌されるようになります。
これが脂性肌の原因です。そして皮脂が過剰分泌されることによって毛穴が炎症を起こし、ニキビなどの原因になります。そのため、皮脂の過剰分泌を抑えるためにも水気が必要ということになります。

ホルモンバランスの乱れに注意!

Tptylpppk7xt56r344qk
肌荒れの原因はホルモンバランスの乱れによるものでもあります。やはり働き盛りのアラサーですので、ホルモンバランスが乱れがちになります。特に注意したいことは女性ホルモンであり、美肌効果のあるエストロゲンの分泌量が下がり、ストレスホルモンであり過剰分泌されると細胞を傷つけるコルチゾールの分泌量が増えることです。
Uk5mkwgn1hnq3epoaex1

不規則な生活

Ybn8ooqwyni0ujmm3hk3
残業や深夜の飲み、そして休日は昼まで寝てしまうなど不規則な生活をしていると当然ホルモンバランスがおかしくなります。スキンケアをしていてもホルモンバランスを変えることはできないのでこれでは状況が良くなるわけがありません。
特に夜型生活の難点は早朝に朝日を落ち着いて浴びることができないところにあります。実は朝日を浴びることによってセロトニン(幸福ホルモン)が分泌されるため、希望を持って1日を始めることができます。感情とホルモンは密接に関わっていますので、精神状態が良好だと良質のホルモンが分泌されるようになります。だから美容や健康のためにも朝型生活は必須と言えます。
ちなみにこのセロトニンは日没を感知すると脳の松果体でメラトニンという睡眠の質を高めるホルモンに変換されるため、良質な睡眠をすることができます。

人間関係の悩み

Echczabtnbt9zxntv4vt
仕事のストレスや人間関係の悩みなどもホルモンバランスの乱れにつながります。また過度の緊張によりコルチゾールが過剰に分泌されることを「脅威反応」と言いますが、これにより血管が拘束され血行が悪くなることで代謝が激減し、生活習慣病を引き起こしたり、動脈硬化・心筋梗塞のリスクも高くなることがわかっています。
さらに脳に血液が回らないため、まともな判断ができなくなり、常に疲労も感じるため、ネガティブになるため、人間関係でもトラブルを抱えたり、悪い事にばかり気付くようになり不幸になる傾向が強いこともわかっています。

無理なダイエットや乱れた食事

T5xzv6ukz6sh1gmcucsa
乱れた食事や無理なダイエットもストレスになるため、ホルモンバランスが乱れる原因になります。ちなみに無理にダイエットすると1.5倍食欲が増すことがわかっています。だから食事制限してもそれを解禁すると爆発的に食べるようになってしまうのでダイエット前より太ってしまうことはよくある話です。
Jfqe20tra4pveask5eh4

朝はバナナを食べて朝日を浴びるべし!

Kpbxvx8xvildw4poibgr
バナナにはセロトニンやドーパミン、メラトニンの原料となるトリプトファンが豊富に含まれています。だからこそ朝から食べると良いでしょう。そして少し早起きして出勤前に朝日を浴びながら散歩することをお勧めしています。そうすることで最高の1日が始まることでしょう。ちなみにドーパミンにはやる気をみなぎらせる効果や行動自体に快感を感じさせる効果があるため、分泌されることで仕事の成果が上がりやすくなることでしょう。

ストレスはポジティブに吸収する

Zh8ytljhg5nvbzgfnhco
実はストレスをポジティブに受け止めることによってコルチゾールの分泌量を適量にコントロールできることがわかっています。それによって血管に刺激を与えて血行を促進させて脅威反応とは正反対の「チャレンジ反応」に変えることができます。
ちなみにストレスは良いものだと捉えることによって若返りホルモンであるDHEAが分泌されることもわかっており、アンチエイジングが免疫力向上の効果があることもわかっています。だからストレスや緊張を感じたときにはポジティブなラベルを貼ると良いでしょう。

夜はしっかり寝るべし!

N7isqhcyzrom56n6zylm
なるべく夜はちゃんと寝るようにしましょう。本当は毎日7時間くらい寝たいものです。特にストレスが多いならばなおさら睡眠は必要でしょう。もし夜にパソコンやスマホで作業するならば睡眠の質を下げるブルーライトをカットするためにサングラスをするくらいでもいいかもしれません。
Fpsgfbagnhxxquq0ezda

洗顔料は弱酸性のものを!

洗顔料には本来の肌質と同じ弱酸性のものを使いましょう。弱酸性の状態のときが最も感染症などに強いと言われています。汗は弱アルカリ性のため、過度に汗をかくと肌が中性に近づいていきます。そのため洗顔により本来の肌質に戻すべきということです。

洗顔に石鹸はNG!

Nuoeqnlniun46xhxig03
石鹸はアルカリ性のため、洗顔には不向きです。実は肌を守る常在菌がおり、それらの菌が皮膚の表面にある脂肪を分解して肌質を弱酸性に保っています。そのため、石鹸で洗顔をしてしまうとこの常在菌を殺してしまうため、肌の免疫力が落ちてしまいます。

過度の洗顔も注意!

Nmg6lsmnl3d02e42hwia
過度の洗顔も常在菌を殺してしまうことと、肌の乾燥の原因になってしまうので注意したいところです。実はスキンケアに関心があって念入りに洗顔している人ほど肌荒れを起こしやすい原因はここにあります。
Vqdud1loqchgyany3m2r

スキンケアには保湿が大事!

Tkapytwzgvdgumu8f2js
混合肌対策には何と言っても保湿は外せません。洗顔と保湿は必ずセットにしましょう。もし脂性肌が気になるかたは皮脂吸収パウダー配合の化粧水を使用しても良いかもしれません。

混合肌が気になる人には

Uggnmabvqkfqx6mjordt
セラミドやアミノ酸が豊富な化粧水を選ぶと角質層が潤いで満たされるため、乾燥を防ぎ、また過度な皮脂の分泌も抑制します。
混合肌に悩む人の特徴は頬などはかさついているのに、Tゾーンは脂っこいことだと思います。そんな悩みを解決する化粧水にたとえばこんなものがあります。
リンクはこちらです!よろしければどうぞ!
Svwbiuwtaxyrgg1wof5j
Hpkx48blwgdiwhpfobbd

スキンケアにはニキビ対策も!

混合肌の場合は皮脂が多い部分、乾燥している部分などいずれもコンディションが整いづらい状況にあることが多いです。そしてだからこそニキビなどのトラブルもつきものです。そんな場合にはこんな化粧水もあります。ニキビ対策にも考慮されているものです。
リンクはこちらです!よろしければどうぞ!
Hy4mh2nddumzvrosanhu

混合肌のスキンケアにはUVカットを!

Akjg9pccyrnujnvks99z
紫外線のダメージによって肌が乾燥してしまったり、コラーゲンが破壊されてしまって角質層が崩れてしわやたるみの原因にもなります。またメラニンが過剰に分泌されてシミやそばかすになることもあります。
出かける前にはUVカット、おやすみ前にはホワイトニング効果のある化粧水やクリームを使うと良いでしょう。たとえばこんなものがあります。
Tzntzcj6el1y6ugbfx7d
R7lcbcekwh0sablbht6n
大豆のもやしです。大豆には女性ホルモンと酷似しているイソフラボンが豊富に含まれています。このイソフラボンにはアンチエイジングや美肌効果があります。そしてこのイソフラボンが最も豊富な状態は実はもやしのときです。だから大豆もやしを食べましょう!
Mjxld6mx6v5l1iwsergc
混合肌は特にアラサーになればつきものです。これの対策にはあまり神経質にならないことと適切な処置を行うことが大切です。またこれに兼ねてエイジングケアも考えていくと良いでしょう。