Uh7ylacognfjzfskm1za

市販

CATEGORY | 市販

ホルモンバランスを整えたい!市販で買える薬と選び方のポイント

2018.03.05

ホルモンバランスが乱れてしまうと、とっても辛い症状が襲ってきますよね。のぼせ・肩こり・頭痛・イライラなど人によって症状は様々ですが、薬で解決できる物もありますが、どのような対処法が良いのでしょうか?ホルモンバランスの対処方法、薬などについてご紹介します!

  1. ホルモンバランスが乱れてる?
  2. 女性ホルモンの役割って?
  3. 自律神経も女性ホルモンと関係が・・・
  4. ホルモンバランスが乱れるとどうなるの?
  5. ホルモンバランスを乱してしまいやすい原因とは?
  6. ホルモンバランスを乱してしまいやすい原因「生活リズム」
  7. ホルモンバランスを乱してしまいやすい原因「食事」
  8. ホルモンバランスを乱してしまいやすい原因「ストレス」
  9. ホルモンバランスを整える市販薬?
  10. まとめ
Einnt9j8wy8czhvuks4b
ホルモンバランスが乱れていると言っても、目に見えないのでよく分かりませんよね。月経などの周期に合わせて体が不調を起こしていたりしたら、ホルモンバランスが乱れてしまっているかも知れません。このページではそんなホルモンバランスについてのあれこれや、市販薬などについてご紹介して行きたいと思います。周りの人に聞きづらかったりするホルモンバランスについてご紹介して行きたいと思います!
Afai48kuhuqhiq1akptq
ではまず女性ホルモンの役割から見て行きたいと思います。女性ホルモンは20〜30代にかけてピークを迎えると言われていて、40〜50代ごろには減少し閉経を迎えるようになっています。そんな女性ホルモンですが大きく分けて2つに種類が分かれます。それぞれをご紹介して行きますね。

女性ホルモン「エストロゲン」

卵胞ホルモンとも言われて、主に卵巣から分泌されます。
エストロゲンは「美のホルモン」とも言われ、肌や髪の新陳代謝を促してハリやツヤを保ったり、豊かなバストやウエストのくびれをつくったりなど美容に嬉しい効果のほか、骨や血管を丈夫にするなどの作用があります。

女性ホルモン「プロゲステロン」

黄体ホルモンとも言われて排卵から2週間前後の間存在します。
プロゲステロンは「母のホルモン」とも言われ、妊娠に備えて体温を上げたり、赤ちゃんのベッドとなる子宮内膜をふかふかにしたりするなどの作用がありますが、作用が強くなると便秘やニキビの原因になるなど、美容には嬉しくない働きもあります。

この2つの女性ホルモンがバランスよく、多くも少なくもなく分泌される事によって不調のない健康な状態になります。エストロゲンが多すぎると乳がんなどのリスクを上げるとも、またプロゲステロンが多すぎると月経前症候群をひどくしてしまうとも言われています。適度な分泌が重要となります。
S6wou1grfxvrgexgao8v
そもそも自律神経とはよく聞きますが、どんな物なのでしょうか?
自律神経は、循環器、消化器、呼吸器などの活動を調整するために、24時間働き続けている神経です。体の活動時や昼間に活発になる交感神経と、安静時や夜に活発になる副交感神経があります。その2つのバランスをそこなうのが「自律神経の乱れ」です。

なるほど。24時間生命維持のために働いているのが自律神経なんですね。エストロゲンは自律神経を安定させる働きもあるので、自律神経とのバランスも崩れてしまうと大きく体調に影響してしまいます。では次の項目で詳しく見て行きたいと思います。
Mpcphqnpqgi3umydmmtl
では上で触れて来たホルモンバランス、自律神経が乱れるとどんな症状が出るのか主な物をご紹介して行きたいと思います。ですが症状は人によって様々だったりしますので、必ずしもこうなると言うのは難しいです。深く意識していなかったけど、ホルモンバランスが原因の事もあるかも知れません。では見て行きましょう!

頭痛・肩こり

冷え・むくみ

不安

イライラ

便秘・軟便

生理の周期が乱れる

肌荒れが起こる

などが主な症状です。複数同時に発生する場合もありますし、何となく疲れやすくなると言う方もいます。ではこのバランスを乱してしまう原因とはどんな物があるのでしょうか?
Y3rjstuxwdivu0ofbq0v
ではここからはホルモンバランスを乱してしまいやすい原因についてご紹介して行きたいと思います。まず原因から知って日常の生活で乱さないように心がけたいですね!では見て行きましょう!
Jqwzrkt0tqmhzfhoigyx
生活リズムが乱れてしまうと、すぐにホルモンバランスも乱れてしまいがちです。睡眠など生活リズムを乱さないようにする事が重要です。とは言っても、漠然としていて難しいですよね。朝起きた時に日光をしっかり浴びるようにしたり、ゆったりとお風呂に入ったりが良いでしょう。

ホルモンバランスを乱してしまいやすい原因「睡眠」

眠る時間と起きる時間が大きくずれないようにするだけでも、眠りに入りやすくなったりして睡眠の質を上げる事ができます。起きた時に朝日を浴びるだけでもしっかり朝リセットする事ができるのでオススメです。

ホルモンバランスを乱してしまいやすい原因「入浴」

入浴によってリラックスすると、副交感神経を活発にできて、デトックスもできてとっても良いですよ。少しぬるめの39〜40度ほどの湯温で15分程度の入浴がオススメです。
Tpvjq1gwp0a6jqa0hmbx
食事もバランス良く摂る事が重要になります。どうしても家事や仕事が忙しいと外食で済ませたりしがちですが、外食は脂質や炭水化物に偏ってしまう事もあります。一気に食事を変えることは難しいかも知れませんが、野菜を摂るようにしたり、偏りなくたくさんの食材を口にするようにしましょう。
Wjshjm5awulhiglnfotr
何かと忙しく、ストレスが多いと言われている現代人ですがストレスとは切っても切り離せない事の方が多いと思います。原因を無くすことはできないかも知れませんが、ストレスと向き合うことも重要かも知れません。大変かも知れませんが、自分の考えを変えてストレスを感じにくくすると言うのが良い方もいます。無自覚にストレスが溜まる方もいますので、一度自分のストレスを考えてみるのも良いきっかけになるかも知れません。
Kxkxfwe0pehivdckpqgd
ではここからはホルモンバランスを整えるための市販薬についてご紹介して行きたいと思います!ですが、市販薬とは言ってもホルモンバランスを整える薬には副作用があったりします。ですので購入を希望される前には必ず医師に相談の上処方してもらって下さいね。

ホルモンバランスを整えるのは市販薬?「ピルとは」

ピルには女性ホルモンが含まれていて、元々は避妊薬でもありますがホルモンバランスを整えるために使用する方も多いです。ですが正しく使用するには飲む時間を守らなくてはならなかったり、吐き気や頭痛などの副作用に悩まされる方もいます。種類を変えれば収まる方もいますが様々です。低容量ピルなどが市販されていますが、婦人科で処方してもらう方法が良いでしょう。

ホルモンバランスを整えるのは市販薬?「漢方とは」

漢方の場合には、その人の状態に合ったものを使用しないと、力を発揮する事ができない事が多いです。「気(き)」「血(けつ)」「水(すい)」の考え方に沿って選ぶ事がポイントです。始めて漢方を使用する時には、漢方外来、漢方内科などを受診して自分の状態に合ったものを選んでもらう必要があります。市販されている女性特有の悩みに使われやすい漢方は以下の通りです。

女性の悩みに使われやすい漢方薬「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」

【第2類医薬品】クラシエ当帰芍薬散錠 180錠
価格 ¥ 2,210

女性の悩みに使われやすい漢方薬「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」

【第2類医薬品】「クラシエ」漢方桂枝茯苓丸料エキス錠 90錠
価格 ¥ 2,443

女性の悩みに使われやすい漢方薬「桃核承気湯(とうかくじょうきとう)」

【第2類医薬品】「クラシエ」漢方桃核承気湯エキス顆粒 45包
価格 ¥ 1,600

女性の悩みに使われやすい漢方薬「加味逍遙散((かみしょうようさん)」

【第2類医薬品】加味逍遙散料エキス錠クラシエ 180錠
価格 ¥ 2,860

漢方薬を気軽に選びたい方は・・・

漢方薬はやはり専門家に合ったものを選んでもらうのが一番ですが、どうしても気軽に選びたい場合には、以下のサイトで探してもらうのも良いです!
Bzron1eobftiqhy2exrh
最後まで読んでいただいてありがとうございます!ここまでホルモンバランスについてや、市販薬などについてご紹介して来ました!ホルモンバランスって目に見えないのでとっても難しいですよね。それでいて辛い症状が多いので厄介です。ですが、もしかしたら日常の事に気をつけたり、或いは市販薬などで改善する事もできるかもしれません。然るべきところへ相談に行ってみると、突破口が見つかる手がかりとなる事もあります。ぜひ参考にして見て下さいね。