Ykx8tu0vnzaozcdzus2z

アンチエイジング

CATEGORY | アンチエイジング

【アンチエイジングが叶う食事法】老化を防ぐ効果のある食材とポイント

2020.07.13

アンチエイジングの方法にはスキンケアの様な外部からアプローチする方法と食事から取り入れる内側からのアプローチの方法があります。 年齢を重ねて実感する老化の予防の為に、食事からアンチエイジング効果を取り入れたいですね。 アンチエイジングに効果的な食材や食べ方をご紹介しますので、ぜひ日常の生活に取り入れてアンチエイジングを実感し、 老化の予防に繋げてみて下さい。

  1. アンチエイジングを食事から               
  2. 1.緑茶  ~アンチエイジング効果のある食事で老化を予防~
  3. 2.昆布 ~アンチエイジング効果のある食事で老化を予防~
  4. 3.ブルーベリー ~アンチエイジング効果のある食事で老化を予防~
  5. 4.レモン ~アンチエイジング効果のある食事で老化を予防~
  6. 5.黒豆 ~アンチエイジング効果のある食事で老化を予防~
  7. 6.人参 ~アンチエイジング効果のある食事で老化を予防~
  8. 7.ブロッコリー  ~アンチエイジング効果のある食事で老化を予防~
Nwwn0zzdohtstob6kvsi
引用: http://www.besthealthmag.ca/best-eats/healthy-eating/the-top-5-anti-aging-foods/view-all/
Bz0ng2fozs4sei5o5jlg
引用: http://www.sxgreenfine.com/news/how-many-benefits-in-matcha-green-tea-5419652.html
緑茶には、カテキンやビタミンCをはじめさまざまな成分が含まれているため、それがお肌や健康によい効果をもたらしてくれます。老化は細胞がある場所すべてで発生するので、顔のしみやしわ、肌のたるみ、脳の老化、血管の老化、内臓器官の老化など、身体全体に老化現象を引き起こします。食事中に緑茶を摂る習慣を付けるだけで、アンチエイジング効果が期待できます。 緑茶の効果的な飲み方は、熱めのお湯でじっくり抽出すること。このほうが緑茶のアンチエイジング成分であるカテキンをしっかり出て行きます。2番煎じのお茶も良いそうです。 お茶は1日に2杯以上飲むと認知症予防にも効果的です。しかし、摂取しすぎるとカフェインの刺激が強いので、5杯くらいまでに抑えておきましょう。 また、緑茶もおすすめですが、茶葉を粉末状にした抹茶は茶葉をまるごと摂取できるので、特におすすめです。粉末状の抹茶をお湯に溶いて飲むのですが、茶葉の栄養素をすべて摂取できるので、緑茶よりもエイジング効果が高いです。
M2hupnjx1qyhg2901vfm
引用: https://allabout.co.jp/gm/gc/443991/
昆布はアンチエイジングにも効果的な日本の代表的な主要食材の一つです。 昆布には、骨が作られるカルシウムだけでなく、腫れや高血圧を予防するカリウムやビタミンが含まれています。 また、老化と共に落ちてくる基礎代謝を活性化する甲状腺ホルモンも生成します。 昆布にはタンパク質、脂肪、炭水化物の代謝を促進する豊富なヨウ素が含まれ、さらに、昆布の水溶性食物繊維には、動脈硬化および癌を予防する効果があります。昆布はカロリーが低く、健康的にアンチエイジングを食事から始めるには理想的です。昆布の食べ方はいろいろありますが、お味噌汁を作る際に使用する煮汁にしても良いですし、食事の食材として醤油やみりんで煮込むことで昆布を食べ易くさせます。
Mfvidy9yz4rfzfm0xhx2
引用: http://greatriverchiro.com/category/seasonal-tips/
ブルーベリーは強力な抗酸化物質としても機能する栄養素であるビタミンEおよびCの豊富な供給源です。 コレステロールの減少や骨粗鬆症を予防し、ブルーベリーに含まれるアントシアニンによって、眼の保護する効果があります。ブルーベリーはカルシウムの栄養素の様な骨の形成を生成するのではなく、骨密度を失うのを防ぐ効果があります。これは、骨の健康状態の改善に繋がり、身体の中からアンチエイジング対策をするには摂取しやすい食材といえます。ブルーベーリーの食べ方として、ブルーベリージュースを飲む方法や冷凍されているブルーベリーを購入し、ヨーグルト、スムージー、フルーツサラダに加えたり、解凍後、そのまま食べても大丈夫です。
H9ii9wpqmlj0ztykka8k
引用: http://www.antiagingyoung.com/home-remedies-for-anti-aging-and-glowing-skin/
果物の中でも多くのビタミンCの含有量のあるレモン。優れた抗酸化作用があり、活性酸素の除去、アンチエイジング対策の一つのメラニンの色素沈着を防ぐ働きがあります。鉄と一緒に摂取すると鉄の吸収量が高まるため、貧血予防にも繋がります。貧血予防はくすみ解消にも役立つため、魚介類や肉などの鉄分を含む食材にかけて食べたり、付け合せにするなど、一緒に摂るとさらに美容効果が期待できるでしょう。 食事の中でのレモンの食べ方としては、熱を通すよりも、そのままの果汁を摂取する方がビタミンCの栄養素をそのまま取り入れることができるので、紅茶などの飲み物に加えてレモンティーにすると、無理なく毎日の食事の中で続けられそうですね。
Cddhfggczgz4yjriw8kz
引用: https://www.livestrong.com/article/315958-refried-black-beans-nutrition/
ビタミンB群、鉄、カルシウム、食物繊維など、不足しがちな栄養素が多く含まれていて、アンチエイジング効果が期待できます。さらに、黒豆に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンと同様の働きをするため、適量摂取ではダイエットや美容効果に様々な好影響を与えてくれるのですが、過剰摂取になるとホルモンバランスの崩れにより身体トラブルを引き起こす要因となってしまいます。また、過剰の摂取により肌荒れのトラブルも発生させてしまうので、注意が必要です。 黒豆を食事の中で一日どのくらいの量をどのような食べ方で摂取すればよいのか、知る必要があります。 黒豆の一日あたりの摂取量は40g~70g程度が適量であり、摂取時間の間隔が朝・昼・晩・間食、出来るだけ均一になるよう意識を持って摂取することがポイントです。 黒豆は一年を通して購入することが可能であり、身近な食材ですのでぜひ食べ方と量に気を付けて摂取してみて下さい。
Ba6io3bd1mhffhoconeh
引用: https://www.isabellasclearly.com/shop/isabellas-clearly-lift
ニンジンのオレンジの色素はβカロテンです。ニンジンにはβカロテンが豊富に含まれ、体内に入ると状況に応じてビタミンAに変化します。ニンジンに含まれる栄養素のビタミンAは、目や鼻、喉などの粘膜を保護し、風邪や感染症、ドライアイなどを防いでくれる成分です。肌に対しては乾燥肌になるのを防いでくれるため、乾燥によるシワやたるみ、肌トラブルが気になる人にはぜひ摂取していただきたい成分です。 ニンジンの食べ方として、ニンジンに含まれるカロテンがニンジンの皮のすぐ下に含まれているため、できるだけ皮を剥かずに食べる食べ方がおすすめです。食事に取り入れる食材としてニンジンを選び、炒め物などで油と一緒に食べれば、吸収率がアップして抗酸化作用も高まります。朝食のスムージーの中にニンジンを取り入れる食べ方も手軽に摂取できるので、おすすめします。血圧を下げるカリウムや、整腸作用のある食物繊維も多く含まれるので、血管から、腸から、美肌へと導いてくれます。
Kai3sgx6ltqess13llj5
引用: https://greatperformersacademy.com/health/here-s-why-sulforaphane-in-broccoli-sprouts-has-the-best-anti-cancer-benefits
ブロッコリーは抗酸化作用のあるビタミンエース(ACE)が全て揃っているのでエイジングケアに最適な野菜と言えます。老化に伴って通常起こる細胞性免疫の低下を防ぐのにも役立ち、インフルエンザや風邪などのウィルスにも免疫機能が働きます。ブロッコリーにはβ-カロテン、スルフォラファンが豊富に含まれています。 β-カロテンから変換されたビタミンAには皮膚や粘膜を丈夫に保ってくれる働きがあるため肌のカサつきや肌荒れを改善する効果があると期待されています。肌のくすみやシミの原因となるメラニンは、体内でチロシナーゼという酵素の働きによって生成されます。スルフォラファンは、チロシナーゼの活性を抑制することによりメラニンの生成を防ぎます。β-カロテンには紫外線によって発生した活性酸素を無効化する働きがあり、メラニン色素の発生を抑制する効果があります。豊富に含まれるビタミンCがコラーゲンの生成を促進し肌のハリが保たれることにより、シワの予防や改善にも役立ちます。 様々な栄養素の相乗効果により、ブロッコリーには美肌に導く効果があるとされています。 ブロッコリーは食事の際に摂取するのがおすすめで、その食べ方として、ブロッコリーはビタミンA・Eは油に溶ける(脂溶性)ビタミンなので、油と一緒に摂ることで吸収率が高くなります。炒め物やドレッシングで和えたサラダなどがおすすめです。