Jhqcrtwwedtq8kra9jlp

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

毛穴詰まりのお手入れ方法決定版|自分に合った方法でつるつる肌に

2020.07.24

化粧をするとき、鏡を見た時、毛穴詰まりが気になる女性、多いですよね。あなたが正しいと思っているそのお手入れ、毛穴詰まりを増やしているのかおしれませんよ。毛穴詰まりの原因と自宅でできる正しいお手入れ方法、改善方法をご紹介します。

  1. 毛穴の詰まり、黒ずみの原因はずばりこれ。
  2. 毛穴詰まりができてしまう原因 3つのポイント
  3. 毛穴詰まりは日頃の生活習慣が原因?
  4. 毛穴詰まりの角栓、自然には取れないんです!
  5. 毛穴洗浄をするとどんないいことがあるの?
  6. 毛穴詰まり、ケアをしないでそのまま放置したら・・・?
  7. 【毛穴詰まりのセルフケア】綿棒とオイルを使った洗浄
  8. 【毛穴詰まりのセルフケア】蒸しタオル・スチーマー
  9. 毛穴詰まりのケアの後にはかならず○○を。
  10. 自分に合った毛穴洗浄、見つかりましたか?
Bimmxhzwkywqgdu2j19p
小鼻やほほの毛穴の汚れや黒ずみ、気になりますよね。30代、40代になってくるとますます気になってくるのではないでしょうか?。毛穴の汚れや黒ずみのの原因は角栓が毛穴に詰まっている状態から起こります。角栓は古いたんぱく質が約7割を占めています。このたんぱく質が、古い角質や、お肌に残ったメイクの油、過剰な皮脂と混ざって毛穴に詰まってしまったものが角栓です。この角栓によって、毛穴が黒ずんだり汚れたりして見えるのです。この角栓ができやすいのは、Tゾーンと呼ばれる皮脂が出やすいおでこと、小鼻の脇、口の周りはほほの部分にできやすくなっています。
B73i8btpjggtyvwfolun
Rgy7tu9uvmacwzzjp9hg
毛穴詰まりはどうして起きるのでしょうか。その原因は、メイクの落とし残しや汚れ、古い角質、肌の乾燥、皮脂分泌の過剰によるものです。 *メイクの落とし残し、古い角質の堆積 肌に残ったメイク汚れは毛穴に詰まって角栓のもととなります。またとり切れなかった古い角質も角栓のもととなります。角質は加齢に伴うターンオーバーの乱れや、ストレス、体調などによっても自然に剥がれ落ちることなく、肌にそのまま残ってしまうことがあるのです。 *肌の乾燥 最近では乾燥対策のために手元に加湿器を置く人も増えてきましたね。冬は特に暖房などによる乾燥が気になりますが、この乾燥も毛穴詰まりの原因になります。お肌は乾いてくると潤いがなくなり、硬くなります。硬くなった肌には、古い角質や皮脂が詰まりやすくなってしまい、角栓ができやすい状態を作ってしまうのです。 *皮脂分泌の過剰 Tゾーンがいつも脂っぽくて、脂取り紙で抑えている、という人はここに当てはまるかもしれませんね。余分な皮脂は毛穴に詰まりやすくなります。肌の乾燥によっても肌を守ろうとする自浄作用がおこり、皮脂分泌が活発になり、角栓のつまりがさらにできやすくなってしまいます。脂性肌だけでなく乾燥肌の人にも、皮脂の過剰分泌は起こる可能性があります。
Iw4iewgrsqm9akckvnmq
Txwp9m4a4eu4es34fdes
100%生活習慣が原因・・・というわけではなさそうですが、正しい洗顔や保湿ケア、生活スタイルの改善、ストレスをためないなどの生活習慣を改善していくことで、毛穴の詰まりも改善していくことができます。 日々の一つひとつを少しづつ見直していってみましょう。
Mcidza3wu6ykf2m4eue5
Ji6y8xwscmjttxz6j7ps
古い角質や肌の汚れは自然に剥がれおちるもの。と思っていませんか?時間がないからメイク落としシートでささっと拭いただけという日もあるのかもしれません。メイクの汚れは主に油性のものになります。油性の汚れはメイク落としシートだけではなかなか落ちず、洗顔料だけでの洗顔には限界があります。クレンジングも洗顔も用法、用量を正しく守って、やさしく肌を洗うことで、汚れが落ちやすくなり角栓の予防に効果があります。 ですが、頑固な角栓はクレンジング、洗顔だけではなかなか改善しないものもあるのです。
Zlsf3ggf4wgcbbxhzumi
Xndtdykx7wlhymlajkkl
毛穴の詰まりによって、毛穴が黒ずんで見えたり、毛穴が開いたりします。 毛穴洗浄によって黒ずみが取り除かれるので、肌も明るくなって印象が良くなります。ファンデーションのカラーがワントーン上がった、という声も聞こえてきます。また毛穴の開きを改善することで、肌のたるみや凹凸を改善でき、滑らかな肌になっていくことができます。
Xxcn0ilcqzp7s6wspsqs
Cisdhhuekhjs5jcwk3xa
できてしまった毛穴のつまり、そのまま放置しておいたら、どうなるのでしょうか?お化粧のノリは悪くなりますよね。肌の色も悪くなって、なんだか顔色が悪そうに見えてしまうかもしれません。角栓のつまりから、過剰な皮脂が外に出られなくなり、角栓の下でさらにつまりを起こしてしまう可能性もあります。そしてこの角栓が大きくなることで、毛穴の開きも大きくなって、肌の弾力が失われ、たるみの原因となったり、角栓が取れた後でも毛穴が開きっぱなしになってしまったりもします。 この毛穴が開きっぱなしの中にさらにメイクを上乗せしたり、汚れが堆積していくとまた角栓ができてしまいますね。開きっぱなしの毛穴は黒ずんで見え、肌の印象を暗くしてしまいます。 角栓を見つけたら早めに改善できるようにしたほうが良いですね。
Uykdlefbyi3fp8zxhhkz
Jatbtiwodftuvdwkxjer
TWITTER上でも話題になった綿棒とオイルを使った角栓除去の方法です。簡単に、家にあるものでお肌の改善ができたとの口コミも多く上がっています。 用意するものは綿棒とオイルだけ。オイルはベビーオイル、ホホバオイル、オリーブオイルがおすすめです。間違ってもサラダ油は使わないようにしてください。(サラダ油は油分が多いので、毛穴のお手入れには向いていません)毛穴ケアの方法も簡単。綿棒にたっぷりとオイルをしみこませて、気になる毛穴の周りをくるくるとやさしくマッサージするだけです。毛穴が気になるから、角栓がたくさんあるからといってぐるぐると強くマッサージしたり、こすったりするのはやめてくださいね。これだけでかなりの角栓が落ちますが、どうしても落ちない頑固な各線については、まずは角栓の横をオイルのついた綿棒でゆっくり押してみてください。それでも取れない場合は、オイルのついた綿棒をもう1本用意して、角栓の両側から挟むようにゆっくりと押し出してみてください。 角栓が取れたら、洗顔料でオイルをしっかり落として、化粧水、乳液、クリームなどで保湿をしっかりしてください。最後のケアまでしっかりすると毛穴の詰まりの改善と予防までができます。
Kbtnxadgpy4kh4fwfnu5
Rl1j14dbevajnnjixry1
蒸しタオルやスチーマーを使ったお手入れも自宅で簡単にできるのでおすすめです。スチーマーがある人はスチーマーを使用してください。蒸しタオルの作り方は濡らしたタオルをビニール袋に入れて(電子レンジ対応であることを確認してください)チンします。 やけどしないように温度を確認しながら、蒸しタオルをお顔に乗せていきます。肌がしっとりして、柔らかくなってきたら蒸しタオルを外して毛穴洗浄用の洗顔を使っていきます。効果を早く実感したいなら、酵素洗顔もオススメです(酵素洗顔は使用頻度を守って使ってくださいね)。 洗顔後は、化粧水、乳液、クリームなどで保湿を行ってください。肌の血行もよくなり、毛穴の汚れも改善できる方法です。
Oj71kc1uroxiwtsqewro
Vcgqblnegi29wcawem9s
毛穴の汚れを取り除いた、改善できたとしても、角栓ができやすい環境をそのままにしておくと、すぐに元どおり毛穴の汚れや詰まりが起こってしまいます。毛穴の詰まりを取り除いた後は、必ず保湿を丁寧にしていきましょう。化粧水でお肌を引き締め、水分を補給し、乳液やクリームで潤いを閉じ込めていき、毛穴が開きにくく、汚れが詰まりにくい環境を作っていきましょう。
Lquutxi36d1teq4lfydz
Woswy4treq767fevhmjs
洗顔方法の見直しや、保湿ケアでも毛穴詰まりを予防できます。また紫外線も角栓の出来る原因となります。日頃から、乾燥を防ぐ、洗顔を正しくする、洗顔後の保湿ケアに力を入れる、ストレスをためない、生活習慣の改善などでも、毛穴詰まりを改善できます。できてしまった毛穴詰まりはやさしくケアを、その後は毛穴詰まりができないケアを心がけて、毛穴の目立たない、美しい肌を目指していきましょう。
Rn5m5ybu3ewzq3cxbjac