Lyjf2ioe0lkef9b0xsgk

アンチエイジング

CATEGORY | アンチエイジング

身近にある食べ物でアンチエイジングが叶う!無理せずできるエイジングケア

2020.07.13

身近にある食べ物の中にはアンチエイジング効果をもたらす食材があります。 身体の内側から老化防止へアプローチしてくれる食べ物は日常生活でぜひ取り入れたいですね。 お手軽に取り入れられるアンチエイジング食材をご紹介しますので、ぜひ参考になさってみてください。

  1. 食べ物からアンチエイジングを
  2. 1.バナナ ~食べ物からアンチエイジングを~
  3. 2.ブロッコリー ~食べ物からアンチエイジングを~
  4. 3.ゴマ ~食べ物からアンチエイジングを~
  5. 4.アボカド ~食べ物からアンチエイジングを~
  6. 5.大豆 ~食べ物からアンチエイジングを~
  7. 6.トマト ~食べ物からアンチエイジングを~
  8. 7.オクラ ~食べ物からアンチエイジングを~
  9. 8.サーモン 鮭 ~食べ物からアンチエイジングを~
  10. 9.ニンジン ~食べ物からアンチエイジングを~
  11. 日々の食事に気を付けて、内側から若々しい体を手に入れて!
アンチエイジングは何もスキンケアや顔のエクササイズ等、外側だけの話ではありません!人間の体を構成する日々の食事こそ、実は最も重要であると言っても過言ではありません。今回は栄養価の面からアンチエイジングに効果が期待できる食材を紹介していきたいと思います!
Fmvb0byphjh8qeqeyevo
引用: http://7beautytips.com/5-natural-anti-aging-ingredients-that-actually-work/
バナナは人気があり、最も消費される果物です。 スーパーで1年を通して容易に入手でき、調理が必要ないのでお手軽に摂取できるのが特徴です。 ビタミンやミネラルがたくさん入っているバナナはアンチエイジングの宝庫でもあります。 また、老化の兆候を軽減し、アンチエイジングに効果的な抗酸化物質がすべて含まれています。
Zrwmh2aaculkdhilitae
引用: https://greatperformersacademy.com/health/here-s-why-sulforaphane-in-broccoli-sprouts-has-the-best-anti-cancer-benefits
一個のブロッコリーには57.3mcgの葉酸が含まれています。 これは、なんと毎日の必要なビタミンの14%を満たしています!また、ブロッコリーにはビタミンAとKが豊富です。 ビタミンAというのは、皮膚と歯の健康を維持するために不可欠な栄養素です。また、眼の網膜に色素を生成する役割も果たします。ブロッコリーには抗酸化物質として作用するカロテノイドという成分も含まれています。そして、ビタミンAと並んで特徴的なビタミンKですが、聞きなれない方も多いのではないでしょうか。実はビタミンKというのは、骨粗鬆症や炎症の予防に役立ち、いつまでも若々しい体でいるのに非常に役立つ栄養なんです!スーパー等でお手軽に購入できる野菜、ブロッコリーを食卓に取り入れてアンチエイジングケアをしてみましょう。
Abrbcqxh59ht5ll0im0u
引用: https://www.grapetree.co.uk/product/sesame-seeds-375g/
ゴマは必須アミノ酸をバランス良く含むタンパク質、そして不飽和脂肪酸を豊富に含んでいます。さらに、カルシウム、マグネシウム、鉄、リン、亜鉛等のミネラル、食物繊維、ナイアシン、ビタミンA、ビタミンB1、B2、B6、ビタミン E、葉酸など、非常に幅広い栄養素が含まれています。どの成分も体の若さを保つのにとっても重要な栄養素です。しかも気軽に日々の食事に取り入れることができるので、日々の生活の中で手軽にアンチエイジングに取り組むには非常に適している食べ物なんですね。 また、ご存じでない方も多いかもしれませんが、ゴマに含まれるセサミンは、強い抗酸化作用があり、活性酸素による酸化ダメージを予防し、老化や生活習慣病の予防に効果が期待できます! また黒ゴマの場合は、ポリフェノール類が含まれていますから、相乗してより高い抗酸化作用の発揮が期待されています。ポリフェノールには美しい肌に導いてくれる効果もあり、さらに嬉しいことに女性ホルモンのエストロゲン様作用があると言われています。他にも、角質層の水分保持に関わるセラミドの増加、コラーゲンの生成促進作用があると言われています。ゴマを摂取することでエストロゲンの働きをサポートし、肌の潤いを高めませんか? また、セサミンは抗酸化物質なので、肌細胞の酸化を抑える働きが期待できます。メラニン色素生成を抑制し、美白へと導いてくれるんですね。オレイン酸も肌を柔らかくして、乾燥や小じわを予防する働きが期待できるといわれています。こんなにも書ききれないほどの効果が期待できるゴマですが、一年を通してお手軽に購入できますし、レシピも大変豊富です。スーパーでも比較的購入しやすい価格で、価格の変動も少ない食材なので日々の食事に気軽に摂取できそうですね。
Fx0glntzfxx7ryov2kjp
引用: https://yurielkaim.com/7-anti-aging-foods/
ボカドはフルーツの一回分の摂取量の約122mcgの葉酸を含んでいます。アボカドには、特に喫煙者や肥満者や体重過多の人に対して心臓保護機能を発揮するビタミンCが豊富に含まれています。 そして、オリーブオイルでも見つかる脂肪一種、不飽和脂肪酸の種類に分類され、この不飽和脂肪は、コレステロール値を低下させ、心臓病および脳卒中のリスクを減少させ、また腹部脂肪を減少させるのに役立ちます。
H5rmkeubynnstxdb9k6j
引用: https://farmbizafrica.com/market/easy-ticks-of-selling-the-much-demanded-soy-beans
大豆、大豆食品は日本で古くから親しまれてきた食品です。 お味噌や豆腐、納豆など毎日の食事で自然に摂ることが出来た大豆製品ですが、近年は食事の欧米化によって十分に摂取出来ていない人も増えています。 大豆イソフラボンの最大の魅力はホルモンバランスの改善で身体を若々しく保てる効果です。老化と共に減少する女性ホルモンのエストロゲン、大豆イソフラボンを摂取することでエストロゲンと同様の働きが得られるため、更年期障害の症状の改善に効果があります。 アンチエイジング対策は女性ホルモンのバランスを維持することも大切です。味噌や納豆の大豆製品は一年を通して食することができ、スーパーでの購入の際、安い価格で手に入ります。日々の食事に手軽に摂取できますので、日本食のエイジング効果を見直す機会になりそうですね。
Fd4l6c940abinljri4ny
引用: https://www.sciencedaily.com/releases/2017/07/170713153023.htm
1個のトマトには約22mcgの葉酸が含まれています。 また、飽和脂肪、ナトリウム、およびコレステロール値が低く、抗酸化物質および抗腫瘍特性を示すベータカロテンおよびリコペンのようなカロチノイドの優れた栄養素が豊富に含まれた食材です。最も強力な抗酸化物質と広く見なされているリコペンは、強力な抗酸化物質であり、UVによる皮膚の損傷から保護する効果があるだけでなく、皮膚細胞の再生にもつながります。 リコペンはまた、皮膚のコラーゲンの分解に関与する酵素であるコラゲナーゼの活性を阻害することにより、皮膚を強化します。コラーゲンは、あなたの肌のしなやかさと弾力を確保し、しわを防ぐ栄養素です。 トマトはミニトマトやフルーツトマト等、種類も豊富でそのままでもお手軽に食べられます。スーパーにも一年を通してありますので、毎日サラダの具材として摂取するのもおすすめです。
P4jmeu4nn6m8bqz0oiws
引用: http://www.bestchinanews.com/Health/13581.html
地味な野菜だと思って油断してはいけません。オクラの1サービング(100gあたり)にはなんと88mcgの葉酸が含まれています!さらに、繊維、ビタミンCが豊富で、カリウムとカルシウムの栄養素を豊富に含む食材です。身体の老化防止=アンチエイジングを促進する抗酸化物質が非常に豊富なんです。野菜としては意外化もしれませんが、良質なタンパク質源として使用することもでき、エクササイズで程よく筋肉をつけて基礎代謝を高めたい方にもピッタリですね。美容効果、胃粘膜の保護、コレステロール値の低下など、アンチエイジングケアにはとても効果的です。オクラの美味しい時期は初夏から盛夏にかけてですが、スーパーで一年を通してお手軽に購入することができますから、積極的に食事に取り入れていきましょう。
Rlvlbbo4sbphtqwmtyd9
引用: http://www.goodwholefood.com/anti-aging-foods/
サケはオメガ3の重要な供給源です。オメガ6とオメガ3の比は、最適な健康状態のためにできるだけ近づけておく必要があります。残念ながら、オメガ6の摂取はオメガ3よりもずっと簡単です。ほとんどの食品には、驚くほど高いオメガ6の栄養素が含まれています。脂肪酸の不均衡は炎症を引き起こす可能性があり、これはほとんどの主要な疾患と関連しています。サケは、この比率と炎症を和らげる良い方法です。サケは、マグネシウムとカリウムの重要な供給源でもあり、一緒に働く2つの重要なミネラルです。マグネシウムは、老化に伴う筋肉の低下や骨のカルシウムの減少を補うことができます。 サケも一年を通してスーパーでお手軽に購入できますので、朝食や夕食の一品に加えてみてはいかがでしょうか。
Lnh8azscfwxasa2ksz6u
引用: https://www.isabellasclearly.com/shop/isabellas-clearly-lift
ニンジンのオレンジの色素はβカロテンです。ニンジンにはβカロテンが豊富に含まれ、体内に入ると状況に応じてビタミンAに変化します。ニンジンに含まれる栄養素のビタミンAは、目や鼻、喉などの粘膜を保護し、風邪や感染症、ドライアイなどを防いでくれる成分です。肌に対しては乾燥肌になるのを防いでくれるため、乾燥によるシワやたるみ、肌トラブルが気になる人にはぜひ摂取していただきたい成分です。 ニンジンの食べ方として、ニンジンに含まれるカロテンがニンジンの皮のすぐ下に含まれているため、できるだけ皮を剥かずに食べる食べ方がおすすめです。食事に取り入れる食材としてニンジンを選び、炒め物などで油と一緒に食べれば、吸収率がアップして抗酸化作用も高まります。血圧を下げるカリウムや、整腸作用のある食物繊維も多く含まれるので、血管から、腸から、美肌へと導いてくれます。スーパーでも安く購入できるお手軽食材ですので、身体の内側からアンチエイジング対策を行ってみて下さい。
いかがでしたでしょうか。今はサプリメントの種類が大変豊富に、また安価に手に入るようになってきましたが、やはり栄養素は食事から摂取するのが一番です。今回おすすめした食材はいずれも手軽さとアンチエイジング効果を兼ね備えたものばかりですので、ぜひ今日から食生活の中に取り入れる機会を増やしてみてくださいね。