E1doupepburdrve5osku

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

ふくらはぎのブツブツが気になる…「サメ肌」の原因と治し方

2018.03.06

ふと気づくとふくらはぎのブツブツができてたって事、一度はあるのではないでしょうか?見た目もブツブツで気になりますよね。そんなふくらはぎにできてしまったサメ肌の原因から治し方までご紹介して行きたいと思います!原因から見直してしっかり治しちゃいましょう!

  1. ふくらはぎにブツブツ!?サメ肌になった!?
  2. ふくらはぎがブツブツになるサメ肌ってどんな状態?
  3. ふくらはぎのブツブツサメ肌の原因とは?
  4. ふくらはぎのブツブツサメ肌の原因と言われているもの「乾燥」
  5. ふくらはぎのブツブツサメ肌の原因と言われているもの「紫外線」
  6. ふくらはぎのブツブツサメ肌の原因と言われているもの「摩擦」
  7. ふくらはぎのブツブツサメ肌の原因と言われているもの「遺伝」
  8. ふくらはぎのブツブツサメ肌の予防方法とは?
  9. サメ肌の予防・改善方法!「保湿」
  10. サメ肌の予防・改善方法!「入浴」
  11. サメ肌の予防・改善方法!「紫外線ケア」
  12. サメ肌の予防・改善方法!「適度な運動」
  13. まとめ
Zba2tqbhbwzvnzyrxbb2
サメ肌ってご存知でしょうか?皮膚病にもありますが、一般的に言われているサメ肌とは皮膚がブツブツになってしまって痛みなどは伴わない状態の事を言いますよね。そんなザラザラになってしまうサメ肌ですが、放置してしまう事が多いそう。ですがしっかり改善方法もあるんですよ!このページではサメ肌の原因から、改善方法などを解説して行きたいと思います!ツルスベお肌を取り戻しちゃいましょう!
Iywccig39qkqbieo8pkn
サメ肌の状態とは、鳥肌が立っているようにお肌がブツブツしてしまって、表面はザラザラしている状態です。そして痛みやかゆみなどは無く、できやすい箇所はふくらはぎ、太もも、二の腕、お尻などですが全身にできます。あまり知られていないので、放置されてしまっている場合もありますが、実はホームケアでも改善が期待できる方法があるんです!
ですが、その一方でサメ肌かと思っていたら、皮膚病だったと言う事もあります。違和感を感じたり、痛みやかゆみがある場合にはすぐに専門医を受診して下さいね!症状が長く改善されなかったりしたら、すぐに病院へ行きましょう!
Xqfyy4m58vefav9pdavq
サメ肌とは、剥がれて落ちて行くはずだった角質がお肌に残ってしまい、それが硬くなってしまって毛穴を押し広げてしまっている状態ですが、まだはっきりとした原因は特定されていません。ですがそんな状態にしやすくしてしまう原因については分かっているんです。せっかく一度改善しても、原因が解決されていなければ、また繰り返してしまいますよね。そんな事のないように原因をばっちりチェックしちゃいましょう!
Admgnjlraiy3pu7pr2zv
乾燥を繰り返してしまうと、お肌のバリア機能が弱まってしまい細胞の間に隙間ができてしまい更にそこから水分が出て行ってしまう悪循環となってしまいます。乾燥を繰り返してしまうと、角質は硬くなって行ってしまいます。お肌が硬くなってしまっているのに、より硬くしてしまって行きます。
Hvratjnnymxxges2qylz
紫外線からのダメージも、サメ肌の原因となってしまいやすいと言われています。紫外線がお肌に当たってしまうと、お肌のエラスチンやコラーゲンを減少させてしまい、乾燥を助けてしまうのはもちろんですが、紫外線が刺激となってしまう事もあります。
Dxrql3rfhhlruxff8x7n
衣服の摩擦も、お肌への刺激となってしまう事もあります。毛羽立っていたり、化繊の物は余計にお肌を乾燥させてしまう原因となってしまいます。なるべく綿のチクチクしたりしない物を選び、どうしても着たい場合にはインナーに柔らかい物を着るなど工夫しましょう!
Xo5jiga8thp9fwqaypql
サメ肌は遺伝によって起こる事もあります。赤ちゃんでもサメ肌になる可能性があります。もし自分がサメ肌になったら、ご両親に状況や対策などを聞いてみるのも良いかもしれませんね。
Mxs5vo8fy3gfryizz1et
ではここからはサメ肌の予防・改善方法をご紹介して行きたいと思います!ザラザラしたお肌は気になってしまいますし、隠そうとしてオシャレが楽しめなかったり、いろんな悩みがくっついて来てしまいますよね。ぜひ参考にしていただいて、ツルスベお肌を取り戻しましょう!
Hxss5ko9afowgyq5ofwz
基本的な改善方法として保湿ケアをするのはかなりオススメです。硬くなってしまった角質を、保湿しながら柔らかくして落としやすくしてくれます。保湿成分として良いものはセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などが、高保湿成分となりますので、それらが含まれている物で保湿して行きましょう!
お顔の場合には普段のスキンケアにプラスしてクリームなどを使っても良いでしょう。もしくは乳液を保湿に特化した物を選ぶのもオススメです。体の場合には尿素などが配合されているものも良いです。お風呂上がりになるべく早めに全身用のクリームを使用し、もちろんこの時にもぐっぐっと塗り込むのではなく、優しく伸ばして行きます。また乾燥が気になった時には何度でも塗り直して行くようにすると良いです。

洗顔後5分以内のケア

お肌は入浴後や洗顔後からどんどん水分が出て行ってしまうので、なるべく早めにケアに取り掛かるようにしましょう。10分たってしまうと、元に戻ってしまうそうなのでなるべく早めにケアに取り掛かるようにしましょう!
Pfhjbep0jwuwqmnsu5ve
入浴はお肌を柔らかくする事もできますし、デトックス、リラックスもできる絶好の場所でもあります。シャワーだけで済ませてしまう事が多い場合には、ぜひ入浴に切り替えてみて下さい!その時に、入浴剤を入れる事をお忘れなく!入浴剤でお肌の保湿などができるタイプで、刺激の少ないものを選びましょう。熱すぎる湯温もしげきとなりますので、少しぬるめの39から40度ほどに15分を目安に入浴すると良いです。
また、体を洗う時にもゴシゴシとナイロンタオルで洗ってしまうと、刺激となってしまう可能性がありますので、柔らかいスポンジや手などで優しく洗います。また皮脂腺の少ない箇所は毎日洗うのでは無く一日置きでも良いそう。洗う頻度自体を少なくするのも手ですね。

入浴中のスマホは・・・

ちなみに最近入浴中にスマホを見ながら入る方も増えています。お恥ずかしながら私筆者もそんな1人でもありますが入浴中にスマホをいじっているのは美肌の大敵になってしまうという記事を発見しました・・・
本来はリラックスして副交感神経の活動が優位になる入浴タイムにスマホを見ると、交感神経が活発に働き、自律神経が乱れやすくなる。  「自律神経が乱れると血流が悪化し、肌荒れやくすみの原因につながる」

ということにも繋がってしまうそうです。リラックスもできないし、肌荒れやくすみの原因となってしまうくらいなら數十分ほどスマホをいじらない方が良いですよね。習慣化しているとつい見たくなってしまいますが、美肌のことを思うと控えた方が良いですね。私も気をつけます。
Hxnp4iojm5rhnmgum3ii
紫外線のケアも重要ですね!特にサメ肌になってしまっている部分には、お肌の刺激となりにくい日焼け止めを使用した方が良いでしょう。日焼け止めに入っている事が多いのは紫外線吸収剤、合成界面活性剤、パラベン、エタノール、香料などが挙げられます。それらがなるべく入っていない物を選び、2から3時間ごとに塗り直すのが理想です。
日焼け止めがお肌に合わなかったり、サメ肌が悪化してしまうような事があれば手袋や日傘を利用するようにしましょう。ちょっと手間に思ったり面倒かもしれませんが、悪化するより良いかと思います。ぜひ検討して下さいね!
P1gljigdhwjqgjtamc4i
運動を行なっていないと、新陳代謝が悪くなってしまいます。するとお肌のターンオーバーも乱れてしまうので、適度に運動を行うのはとっても重要です!ですがいきなりは体にとってもあまり良くないですので、お風呂上がりに動画サイトなどを参考にしながら、ストレッチやヨガなどを行うのも良いですね!少しずつ体を動かす事を増やすと良いでしょう。
Jyloavtkzsi8znm8c8rw
最後まで読んでいただいてありがとうございます!ここまで、できてしまったサメ肌の原因から治し方までをご紹介させていただきました。気づいたらできてしまっていて、放置してしまいがちなサメ肌ですが、しっかり対処すれば改善する事ができるんですね。誰にでも起こりうる事がありますので、今はなくても改善方法を知っていると良いですね!ぜひ参考にしてみてくださいね!