Y3yt522qidtdvsiipljg

アンチエイジング

CATEGORY | アンチエイジング

目の下のふくらみは老け顔の原因に!たるみの理由と解消法まとめ

2018.03.12

あるとき鏡を見たら、目の下にふくらみができていること発見したことありませんか?目の下のたるみやふくらみは老けて見られる原因となるため、早めに対処する必要があります。今回は、たるみの原因と解消法をご紹介したいと思います。

  1. 目の下のふくらみは眼窩脂肪
  2. 目の下のふくらみの原因1【眼窩脂肪を包む膜が損傷している】
  3. 目の下のふくらみの原因2【遺伝的要因】
  4. 目の下のふくらみの原因3【加齢による目の下のたるみ】
  5. 目の下のふくらみの解消法
  6. 自分で改善する方法【眼輪筋を鍛える】
  7. 目の下のふくらみに効果的な化粧品の成分
  8. 目の下のふくらみにおすすめ化粧品【ランコム ジェニフィック アドバンスト】
  9. 目の下のふくらみにおすすめ化粧品【アテニア アイ エクストラセラム】
  10. 目の下のふくらみにおすすめ化粧品【POLA B.A ザ アイクリーム】
  11. 目の下のふくらみにおすすめ化粧品【プラセホワイター 薬用美白アイクリーム】
  12. まとめ
Xzt4qj8uvgfao9lmqecx
引用: https://wakamie-lab.com/orbital-fat-herniation-5759#2-1
目の下にはふくらみがある人とない人とがいます。目の下のふくらみは眼球を包んでいる「眼窩脂肪」(がんかしぼう)という脂肪になります。目の下のふくらみは眼窩脂肪が飛び出してできたものになります。

眼窩脂肪を包む膜が損傷している

外傷や眼科手術、注射で眼窩脂肪を包む眼窩隔膜が損傷した場合、眼窩脂肪が飛び出して、目の下にふくらみができる可能性があります。

遺伝的要因

眼窩脂肪の量は人によって違い、顔の骨格によって、目の下にふくらみができやすい人とできにくい人とがいます。特に目が大きい人は眼窩脂肪ができやすいと言われています。目が大きい人は、目が小さい人より目の皮膚の面積が狭いため、眼窩脂肪ができやすいです。

加齢による目の下のたるみ

目の下のふくらみは、加齢によるものがほとんどと言われています。 眼球はロックウッド靱帯という、ハンモックのような靭帯に支えられています。 ロックウッド靭帯が加齢によって緩むと眼窩脂肪が飛び出してきます。 だいたい30代後半から40代前半くらいの頃に目の下のふくらみの症状が出てきます。
目の下のふくらみを解消する方法には、自分で改善する方法と美容医療で改善する方法とがあります。

自分で改善する

眼輪筋を鍛えることで自力で眼窩脂肪を燃焼させることもできます。すぐに効果は出ないですが、日々眼輪筋を鍛えるトレーニングをすることで少しずつ改善していきます。毎日アイクリームを塗ることと合わせるとさらに効果的です。

美容医療で改善する

美容整形では、メスを入れたり、穴を開けたりして、眼窩脂肪を除去する手術をします。他に切らない目の下のたるみとり(結膜側から脂肪をとる方法)、PRP血小板療法、ヒアルロン酸(ファインライン)注入などもあります。美容整形の良いところは、即効性があることです。デメリットは費用がかかることと、メスを使う手術はリスクが伴うことです。実際に手術を受けられた方で成功した口コミと失敗した口コミとがあります。手術を受ける際には、リスクを把握した上で受けるようにしましょう。
Rlba4mpzxdu3hougqs5n
引用: http://xn--68j7az17whiwwwj.com/entry17.html
目の下のたるみを自力で改善する場合には、表情筋、肌表面、体の中からのアプローチが必要となってきます。目の下のたるみの改善はすぐには効果が出ません。改善が見られるようになるのに、表情筋のトレーニングで3ヶ月、肌表面へのアプローチで6ヶ月、体の中からのアプローチに半年くらい必要となります。毎日続けることで少しずつ効果が見られるようになっていくので、毎日続けることが大切です。

眼輪筋を鍛える

眼輪筋はまぶたを閉じる時に使う筋肉です。眼輪筋は目の周りを取り囲んでいるため、目の下と目の側面とを分けてトレーニングする必要があります。

目ワイパー

目元のたるみには目ワイパーが効果的です。目をワイパーのように右、上、左、下と移動して往復します。目の筋肉が気持ち良く伸びているのを意識しながら5秒間右方向を見つめます。終わったら、上、左、下の順で移動して往復します。

ムンクの顔

ムンクの顔は目のクマやたるみに効果的です。口を「お」の形にして顔を上下に伸ばします。鼻の下をしっかり伸ばして口を大きく開けすぎないようにするのがポイントです。その後、目線だけを上にして、目の下が伸びるのを意識します。

保湿する

Zbfrt8fffqsc0i5euljd
Eui6sqlq9ilxrlzqh4g3
引用: http://morinoinuneko.com/nishihara/?p=2259
肌にとって乾燥は大敵です。肌は乾燥すると角質層の水分が減少します。乾燥すると目の下の皮膚は薄くなり、眼窩脂肪の内側の圧力に負けて、目のふくらみが出来やすくなります。
Fnap8qx06ht8gxlhykpl
肌の正常なターンオーバーには、肌の水分量を保つことが日頃から大切です。普段のスキンケアで保湿をしっかりするようにしましょう。肌の保水力を保つためには、保水力が高い保湿成分であるセラミドやヒアルロン酸が入った乳液や美容液を使うのがおすすめです。特に目の周りはアイクリームを使い、重点的に保湿するようにしましょう。

体の中からアプローチする

Xxw5otxaerz0k0gvbv8x
Cn3ll3dqda7wh1ud2ddg
引用: https://ameblo.jp/ulalayukiina00/entry-12346496554.html
肌に弾力を与える栄養素を取ることで、目の下のたるみの改善に繋がります。弾力のある肌を保つには真皮にあるコラーゲンが重要となってきます。コラーゲンは年齢と共に減少します。コラーゲンを食品やサプリメントで摂取することで肌の弾力の改善に効果的です。コラーゲンが多く含まれる食品としては、鶏皮・軟骨・うなぎ・カレイ・さざえ・ふかひれ・ゼリーなどがあります。コラーゲンを作る材料となるのが、タンパク質、鉄、ビタミンCになります。タンパク質、鉄、ビタミンCも食品やサプリメントで摂取すると良いでしょう。
目の下のふくらみを化粧品で治す方法について紹介します。

保湿成分

目の下のふくらみの改善には、保湿が大事です。アイクリームに保湿成分が配合してある化粧品を使いましょう。目の下のふくらみに効果的な成分は、濃グリセリン、ヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸、プロピレングリコール、ブチレングリコール、ソルビット、プラセンターエキス、アスタキサンチン、セラミド、コラーゲン、リコピン、コエンザイムQ10になります。特に、コラーゲン、ヒアルロン酸、プラセンタ等が配合されたアイクリームがおすすめです。これらの成分が入ってある化粧品を使いましょう。

ランコム ジェニフィック アドバンスト

ランコムのジェニフィックアドバンストは、ランコムが日本人向けに開発した美容液となります。ビフィズス菌発酵エキスとサリチロイルフィトスフィンゴシンから成り立っている複合成分により肌の調子をトータルで改善します。

アテニア アイ エクストラセラム

アテニアのアイエクストラセラムは「まぶた」「目の下」「目尻」にアプローチするアイクリームになります。保湿成分である、アロエエキス、シトルリンが配合してあります。アロエエキス、シトルリンが目の下の溜まった老廃物や脂肪の排出にアプローチし、よどまない目もとにします。たるみやクマに効くと評判です。

POLA B.A ザ アイクリーム

ポーラ BA ザ アイクリーム 18g
価格 ¥ 18,580
POLAのB.Aザアイクリームは、目もとの乾燥とたるみに効果的なアイクリームになります。濃厚なクリームが肌にすっと馴染みます。エイジングケアを本格的に始めたい人におすすめです。ブーケフローラル調の香りも良いと評判です。チューブタイプのため、日中の持ち歩きにも便利で、夕方にクリームを付けることもできます。

プラセホワイター 薬用美白アイクリーム

プラセホワイター 薬用美白アイクリーム 30g (医薬部外品)
価格 ¥ 745
プラセホワイター 薬用美白アイクリームは、美白とエイジングケアを同時にしてくれるアイクリームになります。保湿成分である、プラセンタ、コラーゲン、ハトムギが配合してあります。価格もリーズナブルです。
いかがでしたでしょうか?ここまで、目の下のふくらみの原因、目の下のふくらみの解消法、目の下のふくらみにおすすめの化粧品を紹介しました。眼輪筋を鍛えるトレーニングは今日からすぐに取り入れることができるトレーニングとなりますので、目の下のふくらみが気になる方はぜひ試してみましょう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bc0n3OAlq7p/?hl=ja&tagged=%E3%82%A2%E3%83%86%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%BB%E3%83%A9%E3%83%A0