Es9zpwctyko4tqdd0e6u

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

クマを解消したい方必見!時間がなくてもできる簡単解消法まとめ

2020.07.27

美容の大敵クマ。しっかり寝たつもりなのに解消されないクマに悩まされた事のある方も多いのではないでしょうか。実はクマの解消法は睡眠だけではない事をご存知でしたか?忙しい朝やおやすみ前でも簡単に出来る解消法でスッキリした1日を迎えましょう。

  1. クマとは
  2. 黒クマと青クマの解消には目元マッサージを
  3. 青クマ解消にはリンパマッサージも効果的
  4. クマが解消できる顔のツボ
  5. クマが解消出来る身体のツボ
  6. 即解消したいクマにはおしぼりを
  7. スプーンを使った解消方が話題
  8. マッサージを行う際の注意点
  9. どうしても消えないクマ、コンシーラーの使用にも注意
  10. 簡単ケアでクマを解消して明るいお肌へ
Dbcwa6i9dt74betlk8ky
疲れた印象や老けた印象を与えてしまうクマ。しっかり休んで出来ないように心がけいたはずなのに、なぜかクマが出来てしまうなんて人はいませんか?しかも1度出来るとなかなか消えなくて厄介な存在です。よく寝不足になるとクマが出来るなんて言いますが、クマの原因は寝不足だけに限るものではないという事は知っていましたか?
Y62nhvnvrnjqi453erec
睡眠不足や目の疲れた状態の時に出来るクマは青みのある色のクマになります。その方にも月経時のホルモンバランスの乱れからもクマになる場合がありますが、これらの根本的な原因は血行不良です。
茶色くくすんだようなクマは、紫外線によるダメージや、化粧品等によるメラニン色素の沈着です。
W4gmmpzcdido5xvrefpq
黒っぽいクマは、皮膚のたるみが原因です。目の下の皮膚がたるんでくる事で影が出来てクマとなりますが、正確にはクマのように見えてくるのです。
Ojhfhx1ju0wsqzy6gmqu
たるみや血行不良によって出来る黒クマや青クマにはマッサージが効果的です。マッサージの方法は、まず両手の人差し指から薬指までの3本の指で額の真ん中からこめかみにかけて気持良いと思う程度の指圧を加えながら滑らせていきます。
今度はそこから、中指のはらを目尻に当て目の下を通り目頭、目の上を通り目尻へと円を描くように骨の縁をなぞるように滑らせます。
最後に中指と薬指2本の指の腹を使って目頭から目尻、こめかみへと圧力をかけ、移動します。これを3セット程行うと良いでしょう。目元がスッキリした感じもしてリフレッシュにもなりますよ。
リンパの流れが悪くなると顔がむくみクマが目立ちやすくなります。また、血行不良が原因で起こる青クマにもリンパの流れを良くして血行促進効果のあるマッサージはオススメです。コロコロ等と呼ばれている小顔ローラーや美顔ローラーでリンパの流れを改善する事も良いでしょう。今回は道具のいらないリンパマッサージをご紹介します。
耳の裏の骨の部分にある耳介後(じかいこう)というリンパ節をゆっくりと刺激します。次に耳たぶをつまんで揉むように下から上へと移動しつつ、真横に引っ張り気持ちがいいと感じるところでしばらくキープします。
S8rwpammwymbalm4aftl
フェイスラインに指の腹を当てて頭頂部に向かって側頭部の頭皮をゆっくり持ち上げるように滑らせていきます。額の生え際からも同様に今度は前頭部ととうひを持ち上げるようし移動します。
Q2vvtegsdfyq6fbmgmin
最後に首筋から鎖骨に向かってリンパを流すように手のひらでなでて脇に付け根のリンパ節をゆっくり刺激します。少しずつで良いので毎日続けるようにしましょう。クマが消えるだけでなく予防にもなり、顔もスッキリとします。

クマ解消のツボ①睛明(せいめい)

M4qmk2ticvkvscjzrehb
鼻の付け根と目頭の先端にあるくぼみの部分です。目に直接働きかけ、眼精疲労に効果的です。両手の人差し指で押し挟むようにして押してください。

クマ解消のツボ②四白(しはく)

Jguammprgnxddnlqmjnu
瞳の中心あたりから1センチ程下にあるわずかなくぼみのツボです。眼精疲労やたるみ、むくみに効果的なツボです。目元のトラブルに対して万能なツボで直接的にクマに効くツボと言われることもあります。指の腹で優しく押してマッサージしましょう。

クマ解消のツボ③瞳子廖(どうしりょう)

Lzhdnjeokz3gpv5hbxha
目尻のほんの少し外側にあるくぼみのツボです。眼精疲労や目尻のシワ改善にも良いとされています。

クマ解消のツボ④太陽(たいよう)

Wk44yr7w0a6f5d337sws
瞳子廖のさらに外側のこめかみあたりにある骨のくぼんだ部分にあるツボです。血行を促進しクマの改善や目の疲れからくる頭痛に効果的です。こちらも指の腹で適度に指圧しましょう。
目の下にクマができる原因は、東洋医学的な考え方では、血液がドロドロになって巡りが悪くなることが原因であると考えられ、その根元は肝臓の機能が弱まっているからだと言われています。肝臓に関係するツボをマッサージでする事で、低下していた肝臓機能の働きを助けます。
Gietpnffbu0xibigekyw
肝臓の機能を高めることで、体の疲れやすさ、生理痛やシミ等、その他の肝臓に関わる体の不調を改善することにもつながります。
H3dagbgzvn7moonexblj
P8c7ykxc1k8e00bg8mf4
右手と右足のそれぞれ小指の付け根から親指1本分くらい下にあるくぼみが肝臓のツボです。左手の親指の腹を使ってじんじんと程よい痛みを感じるまでゆっくり指圧してください。
日頃からツボやマッサージでクマをケアしていても、朝起きたらクマが出来ていてがっかり…なんて事もあると思います。どうにもならないしとりあえずコンシーラーで…となっていませんか?おしぼりを使った解消法ならとっても簡単で忙しい朝でも5分で完了するんですよ。
タオル二枚を用意し、1枚は蒸しタオル、1枚は冷たいおしぼりにしましょう。蒸しタオルは軽く水気を絞ったタオルをレンジで1〜2分チンするだけでOKです。
蒸しタオルと冷たいおしぼり交互に目の上に乗せるだけ。 しばらく繰り返すだけで改善効果があります。根本的に解消しつつもとりあえず今すぐなんとかしたいという時には是非試してみてください。日頃のケアにはマッサージ前に取り入れると目元の血行が良くなるのでマッサージも効果的なものになります。
同じような方法で行うスプーンを使った解消法が効果抜群だとネット上で話題になっています。
コップに40度ぐらいのお湯と、冷たい水を入れたものの2つを用意します。カレースプーンのような大きめのスプーン2本をそれぞれのコップに入れてしばらく置いておきます。余分な水気を取って温かいスプーンを目の下の青クマに30秒程当てます。スプーンをお湯に戻し、次に冷たいスプーンも同様に当てます。
3、4回繰り返しましょう。スプーンのカーブを目のくぼみにフィットさせながら使います。おしぼりを使った解消法と同じ効果を得る方法ですが、スプーンの熱伝導率を利用する事で血行促進により効果的に働きかけます。
顔をマッサージする際には必ずクリームや美容液を使って滑りの良い状態で行ってください。肌の擦れがダメージとなり色素の沈着でクマが出来やすくなってしまいます。また、目元付近はとてもデリケートな部分です。強い力をかけたり過度なマッサージは行わないようにしましょう。
色々試してみてもやはり消えなかった頑固なクマにはコンシーラーで一時的に隠すのが一般的です。しかしコンシーラーに頼り続けたケアが続くとコンシーラーの色素が沈着し始めさらなるクマの悪化を招きます。また、クマは様々な身体の不調からも出来るものです。睡眠を意識した生活を送ったり解消法を試してみてもなかなかクマが消えないという方は一度ご自身の体調を見直してみてください。
Vknxgzzrstn67arv8r85
長い間の疲れやダメージによって出来てしまったクマは一瞬で解消する事は出来ません。マッサージやツボの効果も一時的に解消されるもので完治するわけではありません。簡単でお休み前やメイク前に数分で出来るマッサージばかりなので継続して続けて、クマの出来ない体質を目指しましょう。
クマの解消で明るくなった顔色は、マイナス5歳肌なんていうのも夢じゃありませんよ。