Lpuq0de24ntbi0tnfyqa

スキンケア

CATEGORY | カテゴリー

無印良品の乳液はどれがおすすめ?【シリーズ別】特徴を徹底分析

2018.03.07

無印良品の乳液には様々な種類があるため、自分の肌や悩みに合わせた乳液を探すことが出来ます。しかし中には乳液の種類がありすぎて何を選べばいいのか…と悩んでいる人も多いはず。そこで今回は無印良品の乳液の中でもおすすめの乳液やシリーズ別の特徴を徹底分析していきます!

目次

  1. 乳液の役割とは?
  2. 無印良品の乳液は8種類
  3. バランスを意識したスキンケアならばバランス肌用シリーズ
  4. 【無印良品】 バランス肌用乳液
  5. 敏感肌の人には敏感肌用シリーズがおすすめ
  6. 【無印良品】乳液・敏感肌用・さっぱりタイプ
  7. 【無印良品】乳液・敏感肌用・しっとりタイプ
  8. 【無印良品】乳液・敏感肌用・高保湿タイプ
  9. 【無印良品】敏感肌用薬用美白乳液
  10. エイジングケアも同時に出来るエイジングケアシリーズ
  11. 【無印良品】エイジングケア乳液
  12. 素材に拘りたい場合はオーガニックシリーズがおすすめ
  13. 【無印良品】オーガニック保湿乳液
  14. 【無印良品】オーガニック薬用美白乳液
  15. まとめ
Xwn0kxbs5y5ntrewf5r9

そもそも乳液ってどんな効果があるの?と日々のスキンケアから疑問を感じている人もいるでしょう。そこでまずは無印良品の乳液を紹介していく前に、乳液の基本的な効果についておさらいしていきましょう!

お肌に水分や美容液成分を閉じ込めてくれる役割

基本的に乳液は化粧水や美容液を肌につけた最後につけるものです。というのも、乳液はいわば蓋のような役割をしており、化粧水で肌に与えた水分や美容液が肌に与えた美容成分をしっかりと肌に浸透させ外に逃げないように、閉じ込めてくれるのです。実は化粧水や美容液だけでは水分が肌に乗っただけの状態なので、余計に乾燥が酷くなるって知っていましたか?水分や美容成分を閉じ込めるだけでなく、肌を乾燥させないためにも乳液を付けることはとても重要なことなのです。

乳液にも保湿や美容成分などが含まれている

乳液は基本的に蓋のような役割を持っていますが、乳液自体にも保湿成分や美容成分が含まれています。乳液によってどんな成分が含まれているかは異なるため、乳液を選ぶ際には乳液自体が肌に与えてくれるプラス効果は何か?を意識して選んでみると、自分にとってぴったりの乳液が見つけられるはずです。

無印良品にある乳液は大きく分けて全部で8種類あります(リニューアル前のものも合わせると店舗によって種類が多い場合もあります)。肌タイプや保湿の度合い、また美容液が含まれているかどうかなど、かなりたくさんの種類が用意されているので、自分の肌にはどんな乳液がいいのか悩んでみると、必ずぴったりの乳液に出会えるはずです。今回はその9種類の乳液について特徴やおすすめの人についてなどを紹介していくので、是非参考にしてみてくださいね。

肌への水分量や油分をバランスを考えてスキンケアしていきたい人には、バランス肌用シリーズがオススメ。スッキリとしすぎていなく、しっとりともし過ぎていないので、丁度良い付け心地でスキンケアすることが出来ます。乳液の他にもバランス肌用の化粧水なども販売されているので、シリーズで揃えてみるとよりスキンケア効率が上がるのでオススメです。

無印良品のバランス肌用乳液は、水分バランスを保ちたい人におすすめの乳液です。乾燥しない程度、そしてベタつかない程度の保湿が十分に出来るので、普通にスキンケアをしていきたい人にぴったりの乳液になります。割とさっぱりしたテクスチャと付け心地なので、オイリー肌だけど他のさっぱりタイプの乳液だと少し物足りない…という人にはバランス肌用の乳液が合うと思うので、是非試してみてください。

1 / 5