Enagjxjpqimkr91ddv4u

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

ポイントリムーバーは使ってる?正しいメイク落としが肌質を変える

2018.03.07

ポイントリムーバーを使ってポイントメイクを落としていますか?実際に全てのメイクをメイク落としに頼っている人も多いはずですが、ポイントリムーバーにはメイク落としとは違った機能が備わっているのです。今回はポイントリムーバーについての知識をまとめました。

  1. ポイントリムーバってなに??
  2. ポイントメイクは「 ポイントリムーバー」を使う
  3. アイメイクの場合ポイントムーバーをおすすめしたいわけ
  4. ポイントメイクをメイク落としで洗い流さずポイントリムーバーを使う
  5. メイク落としでは摩擦で肌が傷つく!ポイントリムーバーが活躍
  6. 正しくメイク落としを使って肌質を変えましょう
  7. 正しいメイク落としとは?ポイントリムーバーの使い方は?
  8. メイク落としのこと、真面目に考えたらポイントリムーバー
  9. ポイントリムーバーを使うメリットは?
  10. まとめ
Bifesta (ビフェスタ) うる落ち水クレンジング アイメイクアップリムーバー 145mL
価格 ¥ 700
普段のメイクは毎晩のメイク落としで大丈夫だから!と思ってお風呂でゴシゴシとアイメイクなどを落としていませんか?実はそれは間違いだということを知っていますか?理想的にはポイントメイクは専用リムーバーで落とすことが理想的なのです。最近のメイク落としは濃いアイメイクでもすっきりと落としてくれるのでそれで安心してしまいがちです。ポイントメイク落としも高性能ですので、どんなメイクもどんどん落としてくれます。でも、そこには心配要素もあるのです。
色の濃いアイメイクや口紅は、それぞれ塗るパーツがとってもデリケート。少しでも残っていると、肌トラブルの原因になりかねません。

濃いメイクが落ちるまでゴシゴシ洗った方がきっと、毛穴も綺麗になるという勘違いをして長い時間皮膚を摩擦に晒している人が多いのです。これでは本末転倒ですので皮膚の薄い部分は特にデリケートであることを改めて再確認をしておきましょう。ポイントリムーバーはとにかく効果的に使うことでメイク落としも時短になります。

強い洗浄力があるということは肌への負担が心配!という気持ちにもなりますがポイントメイクはこすらうに落とせるほうが大事なのです。目元も口元もごしごしとメイクをおとしているといつの間にか荒れてしまいます。ポイントリムーバーをアイメイクなどには使うことを徹底しておくと肌が痛むことを避けられます。
落ちにくいために、通常のクレンジングで落とそうとするとゴシゴシこすって、肌に強い刺激を与えてしまったり、まつげが抜けてしまったりする場合もあります。

マスカラを選ぶときには水に強いものを選んでいます。ですので落とすときにはなかなか落ちないというわけです。それを忘れてタオルなどをついつい使ってしまうと、目元の薄い皮膚はすぐに炎症を起こしてしまいます。そうならないためにも、アイメイク専用のポイントリムーバーを使う必要性があるのです。

真っ黒にアイメイクを浮かせたクレンジング剤で、さらにおでこや頬のファンデーションをクレンジングすることは、汚れた色素を顔に塗り広げているようなもの。

考えてみれば汚れたアイメイクが肌に流れ落ちてくるわけです。それが肌に良いわけがありません。そこを考えてみるとやはり、専用のポイントリムーバーが必要になることが容易にわかるのです。肌を痛めつけてはいけないとそこで気がつくわけです。

目の周りは特別に皮膚が薄くなっています。だからこそ、擦ることは避けたいのです。頑固なアイメイクの場合にはメイク落としでは厳しい部分もあります。だからこそ、専用のポイントムーバーを使うことに利点があるのです。
ポイントメイクを落とすと、その後のファンデーションのクレンジングもとってもスムーズに行うことができます。肌の汚れをしっかりと落とすことができれば、より肌がクリアになり、その後のスキンケアも効果が高まる可能性が大きいのです。

そうすることで肌に余計な負担を掛けずに済みます。そこを考えてみてください。せっかくトラブルのない肌の上にポイントメイクを落とした汚れた部分が触れるだけで、ダメージは深刻なのです。よく考えてメイク落としに臨まないと、思わぬ肌トラブルに見舞われる可能性も高くなるのです。ポイントリムーバーをデイリーに使うことで目の周りの薄い皮膚も擦らずに済みます。

例えばラメのアイシャドーを使っている人の場合メイク落としを使うと、そのマスカラ繊維やラメという細かな物質が頬にまで流れてきます。これは肌を余計に傷つけてしまう結果になりかねないのです。これは何としても避けたいですよね。そこで出番になるのが、アイメイクリムーバーなのです。やはり専用のポイントリムーバーを使ってアイメイクを落とすと驚く程すぐに全部が気持ちよく落ちていきます。
化粧水やファンデーションなどについては、自分の肌質を見極めたものを選ぶのにメイク落としを選ぶときにはあまり自分の肌質を考えずに選んでいませんか?もしかしたらメイク落としをきちんと行わあいことで肌を痛めていませんか?濃い目のアイメイクなども専用のポイントリムーバーを使うことで肌に余計な成分が流れ出ることを防ぐことができるのです。そこをおこたってしまうと良い結果に、つながらないのです。
頬はしっかり洗えても、額、鼻、あごのTゾーンを忘れる方も多いので注意しましょう。オイルクレンジングなど落ちの良いタイプでは1分以内、洗浄力の弱いミルクタイプでも1分半程を目安に洗い流します。 長すぎるとお肌にダメージを与え、逆に短すぎると洗浄が不十分になります。徹底的な見直しにはキッチンタイマーなどを使用して、時間をチェックすることをオススメします。

長い時間、メイク落としを肌に乗せていること自体も害になる場合もあるのです。だからこそ、短い時間でメイクを落とす必要がそこにあるのです。そしてメイク落としでは対応出来ない部分はメイクリムーバーを使うほうが時間をもっと短縮できるのです。

ここで知ってほしいのは、自分のメイクに合う正しいメイク落としの方法次第で肌質が変わることです。どんなメイク落としをすることで、肌を傷めずに素早く落とせるのでしょうか?それはまずメイク落としのタイプから考えることが重要なのです。適当にお安いメイク落としを使っている人ときちんと肌質に合うメイク落としを使っている人とでは差がつくのも当然です。
メイクを落とす=クレンジングとはメイクを肌の上に浮かせることです。そこが基本です。手のひらでごしごしと擦ってはいけないのです。撫でるように馴染ませてメイクを落とす方法を考えてみてください。時間を掛けたくないと思い、ついつい適当に落としていませんか?それだけは却下してください。そこはポイントリムーバーを使うほうが肌のためなのです。
本当いアイシャドウーを乗せる程度のナチュラルメイクの人にとってはポイントリムーバーを使うメリットは感じづらいと思いますが、実際のところポイントメイクリムーバーを使うことで、ゴシゴシと洗う手間が省けて肌への負担を減らすことに役立つのです。その時だけではなく毎日のことですので、摩擦の積み重ねから肌をまもることが出来るのです。これが最大のメリットです。
将来シミやしわ、くすみが気になる目元を作る原因になっているかもしれません。

そう考えると恐ろしいことです。綺麗になろうと思ってゴシゴシ洗うことが帰って逆効果となると、将来的に肌を痛めつけていることになり、老化を早めるきっかけにもなるのです。これは美肌のためには避けなければいけあいことです。

マスカラは手ごわい

実際にマスカラはなかなか手ごわいものです。簡単には落ちませんので長時間かけて洗い流すことやメイク落としを使って擦ってしまいます。ここだけは避けたいものです。それもすべて肌のためなのです。ポイントリムーバーにしか綺麗に落とせないメイクもあるのです。
メイクを落とす時には2段階で考えましょう。まずはポイントメイクを落とすこと、そしてメイク落としでそれ以外のメイクを落とすようにするのです。これですべてがスムーズになります。メイク落としで肌質も変わりますし、余計な摩擦を減らすこともできるのです。ポイントリムーバーを効率よく使いましょう