Bdv9frgdouwi5hmgal7k

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

美白クリームはどれが良い?|効果を高める使い方&選び方のポイント

2018.03.22

美白成分が配合されたクリームには各ブランドやメーカーによって開発されており、 種類も多く販売されております。 実際本当に美白効果があっても使用方法が間違っており、逆に美白効果を発揮できないという状況もあります。 効果を高める使い方や選び方の注意点を軸に美白クリームについてをご紹介致します。

  1. 美白クリームの選び方のポイント
  2. 医薬部外品の表示の美白クリーム
  3. 美白クリームの効果の効能の差
  4. 美白クリームの効果を高める使い方
  5. 頬に馴染ませる ~美白クリームの効果を高める使い方~
  6. 厚生労働省が認可している美白成分の種類
  7. ビタミンC誘導体  ~美白クリームの成分~
  8. アルブチン  ~美白クリームの成分~
  9. エラグ酸   ~美白クリームの成分~
  10. まとめ
Usisc0a1nli1avz9nlgj
引用: https://www.livescience.com/36720-anti-aging-products-lotions-supplements.html
化粧品のパッケージの表記に「美白になれる」「ホワイト○○」など書かれている商品があります。 しかし、それらのすべてに美白成分が含まれているとは限らず、美白効果のイメージがあるだけで、実際には美白成分が含まれていない商品もあります。そのため、美白化粧品を選ぶ際には注意が必要で、必ず美白成分が含まれているかどうか確認しましょう。医薬部外品に使用されている美白成分には、ビタミンC誘導体、アルブチン、コウジ酸、エラグ酸、ルシノール、リノール酸、カモミラET、m-トラネキサム酸、4MSK、エナジーシグナルAMP、マグノリグナン、プラセンタエキス、D-メラノ、ロドテノール、TXC、ハイドロキノンが主に挙げられます。
Pkzqvvzxwcdkien2jdie
引用: https://www.google.co.jp/search?biw=1304&bih=628&tbm=isch&sa=1&ei=cKmhWtPDL4PS0ATeu5fgDw&q=whitening+crem&oq=whitening+crem&gs_l=psy-ab.3..0i13k1j0i13i30k1l7.394677.406711.0.407088.25.19.4.2.2.0.228.1811.12j4j1.19.0....0...1c.1j4.64.psy-ab..0.23.1876.0..0j0i4k1j0i10i19k1j0i30k1.108.EsjNUQrmujE#imgrc=EkeGAgGU8LRkZM:
Dhicfsyxhyjtl3r5hz1y
引用: https://www.kazokunohi23.jp/column/yukouseibun/
上記で幾つかの美白成分をご紹介致しましたが、成分が分かりにくいという方もいるでしょう。 化粧品の成分表示で美白成分を確認するのが面倒、成分表示を見ても分からない、それでもどんな美白効果のある化粧品を選んで良いのか分からない方には、医薬部外品という表示がなされている商品を選択する方法が確実でしょう。医薬品部外の意味は、医薬品と化粧品の間に位置する、厚生労働省の有効性が認可された成分を配合した製品のことです。美白専門の医薬部外品の表記がなされている商品ならば、美白成分の量は製品によって違いはありますが、必ず美白成分は含まれていますので安心です。その医薬部外品の商品には日焼けによるシミやそばかすを防ぐ効果があることを効能として、表示されることが認可されております。
Efkzz0rz0ahuypioizoq
引用: https://www.kazokunohi23.jp/column/iyakubugaihin/
けれども、医薬品部外品と表示されていない美白化粧品でもきちんと美白成分をふくんでいる商品はありますので、必ずしも医薬品部外品の表示のある製品の方が美白効果には優れているとは限りません。製品によって、美白の効果には差がありますし、ブランド・ノンブランド・プチプラの違いで美白の効果に差が出るわけでもありません。 また、美白成分は年々開発されており技術もすすんでおりますが、新しい美白成分の開発技術の方が優れているとも 限りません。化粧品には病院などで処方される医薬品の「過去の医薬品の効能<新しい医薬品の効能」の様な新薬としての認可の基準がありません。ですので、新しい製品だから、過去の製品に比べると美白の効果が高いとは言えないのです。
Efg3lry2r5ci4sdlczxz
引用: https://paraquesirve.info/la-manzanilla-usos-y-para-que-sirve/
Q1m7tuzhcxyic1xstzzt
引用: https://xn--pck4e3a2e2507bqxbgw0a5ql.com/daiso/
クリームの効果的な塗り方は、シミの部分にだけ塗るのではなく顔の皮膚全体に塗るようにして下さい。肌の上に優しくのせるように付けるのがポイントです。美白クリームをしっかりとお肌に品等させたいからと、強く刷り込むように塗布した場合、その刺激によりかえってシミやシワを発生させてしまう要因になりますので、注意が必要です。また、マッサージを兼ねて美白クリームを使用することは避けましょう。理由として、美白化粧品は全般的に刺激の強い傾向がありますので、美白クリームでのマッサージは控えてください。マッサージを行う場合は、通常の保湿成分が含まれた化粧品のクリームで行いましょう。
A9lojqumcc1vpocrw7uj
引用: https://woman.excite.co.jp/article/beauty/rid_Hair_33103/
手のひらに適量の美白クリームを取ります。量が少なすぎると美白効果が適切に発揮できなくなります。使用量は使用方法や取扱説明書を確認して、適正使用量を守りましょう。また、美白クリームには朝用・夜用などの表示がされておりますので、「夜だけ使用」と使用の限定がなさている美白クリーム以外は朝晩の両方に使用が可能です。抗酸化力の高い成分が配合された美白クリームを朝の時間に使用すると紫外線対策にもなり、効果的です。次に、両手で頬に優しく馴染ませるように塗布します。肌の皮膚層が薄い目元や口元は指の腹を使用し、軽く優しくのせる感じでクリームをまんべんなく付けてゆき、肌に馴染ませます。顔全体に美白クリームを塗布しましょう。
ビタミンC誘導体が美白成分として日本の国内で本格的に使用され始めたのは1980年代の半ば頃からとなります。美白成分としての歴史は比較的長く、それだけその美白効果が認可されている成分です。美白効果 ビタミンC誘導体は、チロシナーゼという酵素の働きを阻害することにより、メラニン色素発生の抑制作用が働きます。また、既に肌へ沈着しているメラニン色素を排出する作用もあり、この作用によりシミやそばかす、くすみの予防、色素沈着を改善してゆきます。なお、厚生労働省に認可されている美白有効成分の中で、メラニン還元作用を担ってくれるのはビタミンC誘導体のみです。
Th3yn3dgh7euwhh3zwoq
引用: http://oliveskinbeauty.com/olive-skin-care/5-topical-vitamin-c-benefits/
Sajsbpdfrgfbvsffyera
引用: http://herbalsoap.com.ph/product/arbutin-soap/
コケモモや梨、ウワウルシなどの植物に含まれる天然型フェノール性配糖体がアルブチンです。アルブチンには、メラニン色素生成に欠かせない酵素のチロシナーゼの働きにアプローチして、その働きを阻害する作用があります。この作用によって、お肌のメラニン色素の発生そのものは抑制されて、シミの元を減らすという、シミ予防による美白効果を実感できます。 アルブチンの持つチロシナーゼへの抑制は、ハイドロキノンの成分においても見られる美白作用です。紫外線を浴びた直後、メラニンが黒色化する以前ならばアルブチンの効果は存在すると考えられていますが、あくまでも予防に対する効果です。 シミ部分にアルブチンを塗布した場合、今以上にシミが濃くなるのを予防することは可能ですが、既に肌に沈着したシミに対してはその他の美白成分のスキン美白ケアが必要でしょう。
エラグ酸は天然のポリフェノールの一種で幅広い高等植物に含まれており、ナッツ類やベリー類、イチゴやザクロに多く含まれています。とりわけその中でも生鮮食品においてはブラックベリーに最も多く含まれているとされています。 エラグ酸は糖尿病を予防する効果や美白効果、抗菌・抗ウイルス効果、抗酸化作用などの研究データが発表されています。そのため化粧品、食品添加物、サプリメントなど幅広い分野の商品開発で利用され、世に出回っています。また、美白成分として厚生労働省に認可を受けている成分となります。
K6aerdqabb9md2tjhadc
引用: https://www.emaxhealth.com/1/why-you-should-eat-bear-benefits-ellagic-acid
エラグ酸の歴史として、エラグ酸は1831年にフランスの化学者であるアンリ・ブラコノーによって発見されました。エラグ酸は1996年に厚生労働省により医薬部外品として認可された後、2003年の3月には厚生労働省により食品添加物として認可されて利用されました。エラグ酸の安全性を確認され、多くの方々にその効果を実感して頂く機会が増えました。エラグ酸の利用法として、エラグ酸は「肌の漂白剤」と呼ばれる程、ハイドロキノンと同レベルの美白効果があると言われています。エラグ酸の生成方法は様々ありますが、コストの問題により化粧品として利用されるエラグ酸はタラというマメ科の植物から抽出されたタラタンニンという水溶性化合物を酸化し、生成するケースは多くあります。
Gxqulkwvcalrmf8moqbe
引用: https://www.newbeauty.com/blog/dailybeauty/2875-is-ellagic-acid-the-anti-aging-answer/
Gn0qpnradgu8msctwh7l
引用: http://www.raspex.com/
美白クリームの効果が高まる使い方や選び方についてお届けしました。 一眼にクリームに含まれる美白成分は商品によって異なります。成分表示に表示されている美白成分をチェックしてみることが確実です。細かい確認作業になりますが、自身の美肌の為にぜひ、頑張ってみて下さい。