Thwh72gz1afqitvywlqz

マッサージ

CATEGORY | マッサージ

ぷっくり涙袋の作り方が知りたい|効果があると話題のトレーニング法

2018.03.12

涙袋がない人でも目元のトレーニングを行うことで、ぷっくりとした涙袋を作ることができます。この記事では、簡単にできて実践しやすい涙袋の作り方を5種類ご紹介します。自分に合った涙袋の作り方を見つけて、ぜひ参考にしてみてください。

  1. 涙袋とは
  2. 涙袋の作り方
  3. 涙袋の作り方①基本のトレーニング
  4. 涙袋の作り方②隙間時間でトレーニング
  5. 涙袋の作り方③いつでも出来るトレーニング
  6. 涙袋の作り方④ワセリンで作る
  7. 涙袋の作り方⑤オロナインで作る
  8. マッサージも忘れずに
  9. トレーニングのメリット
  10. 涙袋はメイクでも作れる
  11. まとめ
Gmmoctnynticuxiw4ncg
涙袋とは、まつげの生え際にあるぷっくりとした膨らみのことで、眼輪筋(がんりんきん)と呼ばれる目を囲む筋肉の一部です。涙袋がある人とない人がいるのは、眼輪筋の発達具合が個人で異なるからです。この筋肉が発達するほど、ぷっくりとした涙袋になります。また、涙袋は美人の象徴とも言われており、涙袋があるだけで顔の印象が大きく変わります。
Bopfa5cr7austm1hbuut
涙袋があると美人に見えるのは、ぷっくりとした涙袋が目の縦幅を広く見せ、目全体を大きく見せてくれるからです。涙袋の幅が強調されることで、小顔効果もあります。また、涙袋があると笑ったときに涙袋が強調されるため、愛らしさのある魅力的な笑顔になります。このように、涙袋ががあると女性らしさがより引き立ち、魅力的な表情に見せることができます。
Afbnfjpnxwrqclo9yx4v
涙袋は筋肉の一部のため、トレーニングを行うことでよりぷっくりさせたり、作ったりすることが可能です。眼輪筋は目の瞬きにも使われている筋肉で、瞬きを意識的に行うだけでもトレーニングにつながります。最近では、パソコンやスマートフォンの長時間の使用により、瞬きをする回数が減少しがちです。気づいたときに、瞬きを行うように心がけましょう。
Svqkls8rx3hoga6d4lu3
涙袋のトレーニングは、どれも簡単にできて実践しやすいものばかりです、中には、隙間時間でできるような短時間でできるトレーニングもあります。涙袋を作るためのトレーニングを5つご紹介します。
Liauycoivp7ad6nbjtl7
基本のトレーニングは、手でピースサインを作って行います。涙袋の作り方で、一番ポピュラーな方法です。目の周りを触るため、なるべく清潔な手で行うように心がけましょう。

トレーニング方法

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAKUIMGL9466_TP_V.jpg
まず、左右の手のひらが顔に向くようにして、ピースサインを作りましょう。次に、目を開いた状態で中指を目頭に、人差し指を目尻に置きます。肌が張る状態まで少しずつ力を加えていき、そのまま上目遣いを3秒キープします。最後に、視線を正面に戻し、目を細めるように下まぶたを上に上げます。

ポイント・回数の目安

Csmwthms9thx1xhktp9d
このトレーニングを続けて10回行いましょう。10回を1セットとして、1日5セットを目安に行うのがおすすめです。トレーニングを行うときは、下まぶたや周りのまぶたの筋肉が動いているのを意識しながら行うと、より効果的です。
Ylo4xshxczb7q3okoajq
隙間時間でのトレーニングには、ウィンクがおすすめです。ウィンクをすることは、涙袋の筋肉である眼輪筋を鍛えることにつながります。いつも通りのウィンクではなく、筋肉を意識しながら行いましょう。

トレーニング方法

Qvndayitovrwordvlrjn
下まぶたに力を入れながら、力強くウィンクします。行動はこれだけですが、できるだけ頬の筋肉を使わないように意識しながら行いましょう。

ポイント・回数の目安

Afslegri7vumjlhqqvab
このトレーニングは、両目ともに1日100回を目安として行うのがおすすめです。最初は少ない回数から始め、慣れてきたら徐々に回数を増やしていきましょう。トレーニングを行うときは、下まぶたや周りのまぶたの筋肉が動いているのを意識しながら行うと、より効果的です。
Smagh0h2rgmgu1uikc5u
いつでも出来るトレーニングには、目を細めるのがおすすめです。目を細めるという動きもウィンクと同じように、眼輪筋を鍛えることにつながります。気づいた時に、行ってみてください。

トレーニング方法

Bj5xj37uky3ihfw1qweo
両方の目を細めて、少しだけ目が開いた状態をキープさせます。そのまま下まぶたを意識しながら、20秒程度続けましょう。

ポイント・回数の目安

Zge185ktxhukmidmture
このトレーニングは、両目ともに1日5回を目安として行うのがおすすめです。いつでもできるトレーニングのため、気づいた時に行ってみましょう。トレーニングの最中に下まぶたが震えてきたら、眼輪筋をしっかり使えている証拠です。
Bh9qnmvv1vinz2xtdycm
ワセリンとは、薬局などで購入できる肌の保湿や保護をしてくれるアイテムです。筋肉トレーニングは行いませんが、ワセリンを使って涙袋を作ることができます。使用するワセリンは純度の高いものがおすすめです。

涙袋の作り方

E9md5xyxwno8gvilcqxt
まず、下まぶたにワセリンを適量塗ります。この時、ワセリンが目に入らないように注意しましょう。次に、人差し指と中指で目の下にある骨の部分の肉を上に押し上げます。ぷっくりとした膨らみができたら、そのまま3秒キープします。これを目尻から目頭へ向かって行います。

ポイント

Clqcmgilunlbtua40n63
目の周りを触るため、なるべく清潔な手で行うように心がけましょう。ワセリンで肌を保護していますが、強い力加減だと肌にダメージを与えてしまうことがあります。適度な力加減で行うようにしましょう。
X9ic0hoebi6lcu7kg718
オロナインを目の下に塗ると、涙袋ができることがあります。これは、オロナインを塗ることで肌が刺激され、マッサージ効果があるからです。ただし、オロナイン本来の使い方とは異なるため、肌トラブルが起きないように様子を見ながら慎重に行いましょう。

涙袋の作り方&ポイント

Xeyilocjkdmpohrtuxfb
涙袋を作りたい場所にオロナインを指や綿棒でやさしく塗ります。涙袋ができるまでは、約1ヶ月かかるようです。オロナインを塗るとき、目に入らないように慎重に行いましょう。
Ms2ewsjgubdevr5gjhdv
トレーニングの後にマッサージを行うと、より効果的です。オイルやクリームを指につけて、涙袋の位置を揉みほぐしましょう。また、マッサージを行うことで、むくみが取れて涙袋を目立たせることができます。

マッサージの方法

Rkbs058ndzdmic6pdece
まずは、オイルもしくはクリームを目の下に塗ります。次に、人差し指と中指で目尻から目頭にかけて3秒ずつ押し上げます。指の滑りが悪いとマッサージが行いにくく、肌にもダメージを与えてしまうので注意しましょう。

ポイント

Emsv7qtdbrzw7gch8p75
マッサージはやさしい力加減で行うことが大切です。強い力加減で行ってしまうと、シワやたるみの原因にもなります。また、涙袋そのものをあまり刺激しないように注意しましょう。
Zo1ydk7xewghtca8psqe
目の周りの皮ふはとてもデリケートなため、皮ふを守るためにも眼輪筋のトレーニングは大切です。眼輪筋を鍛えることで涙袋を作れる他、様々なメリットがあります。上まぶたのたるみがすっきりすることで、肌にハリが出たり、目の下のたるみが改善されます。また、おでこのしわの改善にもつながります。眼輪筋をトレーニングすると、目の周りの皮ふにも効果が出るため、目元の悩みを改善することができます。眼輪筋トレーニングで、魅力的な目元を手に入れましょう。
Ouzorq1b3jrff2g8lkmj
涙袋はトレーニングで作ることもできますが、一時的なものであればメイクで作ることもできます。時間をかけずに理想の涙袋を作ることができるため、短時間でさっと作りたい人におすすめです。

涙袋メイクの方法

Iqofpds3gmeldpo5f5jc
まずは、下まぶたの油分をティッシュなどで軽く拭き取ります。次に、メイクブラシを使って涙袋の影になる部分にベージュのシャドウを塗ります。最後に涙袋の部分にピンクやパールなどのクリームシャドウを塗って完成です。
Wv9cpjoyxsbrhqxrrpmr
涙袋がない方でも、トレーニングを行うことで涙袋を作ることができます。簡単にできるものもあるので、スキマ時間を見つけて、ぜひ涙袋トレーニングを試してみてください。また、一時的な涙袋ならメイクで作ることができます。こちらもぜひ参考にしてみてください。自分に合った方法で、素敵な涙袋を手に入れましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRioyai669k1Se2SGVYIjF-yjAsqBH8cCkUi1Gsuep4838c2_Wb_Q