Ckvsgakjy5ifgkqsg0ws

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

肌荒れしないファンデーションはどれ?肌負担の少ないベースメイク法

2018.05.02

肌荒れの原因は、角質層の機能の低下が考えられます。 敏感肌など、個人差により現れる肌荒れの現象。 自分のお肌の状態や原因を確認し、正しく改善することが基本となりますが、 その後のメイクにおいて、肌荒れを悪化させないファンデーションを使用することも必要です。 肌荒れしにくいファンデーションのご紹介をしてゆきます。

  1. 肌荒れとは ~肌荒れしないファンデーション~
  2. 肌荒れの症状を改善しよう ~肌荒れしないファンデーション~
  3. ファンデーションによる肌荒れとは
  4. 肌荒れを引き起こすファンデーションの成分
  5. ファンデーションの種類と肌荒れの関係
  6. リキッドファンデーション ~肌荒れしないファンデーションとは~
  7. クリームファンデーション  ~肌荒れしないファンデーションとは~
  8. パウダーファンデーション  ~肌荒れしないファンデーションとは~
  9. 肌荒れしにくいファンデーション
  10. ベースメイクとは
  11. まとめ
肌荒れの一般的な認識は、お肌のキメが整い潤いのある状態から、肌表面よりな滑らかさが低下し、カサつきや乾燥などの問題が症状として出てくる状態です。肌のかさつきやかぶれなどの荒れた感覚や炎症性の症状としての赤み、ニキビやかゆみを伴う症状もあります。敏感肌の方はとくに肌荒れの傾向が他の肌質の方よりも多く出ます。肌荒れと一言で言っても、一人一人の症状の出方や状態は異なり、原因も様々です。乾燥によるカサつきを正しいスキンケアを怠ると、若々しい印象が失われてしまうだけでなく、深刻な症状に悪化することもあります。症状や原因を見極めたお手入れが大切となります。スキンケアやメイク方法の改善や適切な化粧品の選択と同時に、生活習慣の改善、栄養バランスに富んだ食事の摂取に取り組むことも重要です。
Fpu6sryknckz0kxnkloe
引用: https://www.livescience.com/36720-anti-aging-products-lotions-supplements.html
Lnepcjdxhswu3cy0ludq
引用: http://www.laneige.com/sg/en/product/makeup/face/view.water-glow-gel-foundation.all.html
肌荒れの初期の段階の症状は、カサつきです。カサカサとした肌さわりでキメの荒さが目立ち、毛穴の開きが気になり始め、手触りにザラっとした硬化状態のお肌になります。さらに、乾燥の進行により、過剰な皮脂の分泌が起こり、ニキビや吹き出物に繋がります。肌荒れの主な症状として、カサつき、毛穴の開き、ニキビ・吹き出物、湿疹・皮膚炎が挙げられます。顔の赤みや湿疹、ピリピリとしたかゆみの伴う症状は、進行すると皮膚炎や敏感肌タイプへの肌質の変化をもたらします。肌荒れは軽い認識で受け止めてしまうと肌の状態のさらなる悪化に繋がります。早めの対処と肌の状態に合わせたスキンケアを心掛けましょう。
O4yt6sq4jjevwj6pf7dq
引用: http://blog.luminessair.com/how-to-conceal-trouble-skin-with-airbrush-foundation/
ファンデーションにより肌荒れしやすくなってしまう原因は「シリコン」という物質の成分が含まれていることに関係しています。シリコンは肌との密着により毛穴を詰まった状態にしてしまいます。その結果、毛穴の黒ずみ、毛穴の開きの原因となり、毛穴からの正常な汗の分泌や皮脂の分泌が出来ない状態となりお肌は様々なトラブルを引き起こしてしまいます。ニキビ、シミ、シワ、乾燥、皮脂バランスの崩れなど、様々な種類の肌トラブルは症状としてお肌に現れています。その場合は、ファンデーションの使用を控えましょう。特にお肌へ負担を大きいのはオイルの成分が多く配合されたクリームタイプのファンデーションやリキッドファンデーションです。原因として、肌の吸着率が高いため、メイク時の肌への負担はパウダーに比べて高くなります。
Azdmjwbdy0ygt1p1pkrg
引用: https://www.crueltyfreekitty.com/makeup/best-cruelty-free-foundation/
基本的なファンデーションの役割として、お肌の色を綺麗な印象に仕上げてくれます。色ムラの補正、シミやニキビ跡・毛穴をカバーし、水や汗による化粧崩れを防ぐなどの役割もあります。  その働きを担うため、多く含まれる『シリコン・合成界面活性剤・タール系色素』などは肌荒れの原因となる可能性があるでしょう。その成分のお肌への影響は個人差があり、元々お肌は強い方、バリア機能が高い方はトラブルとになりにくいです。逆に、肌の保湿維持機能が低下した敏感肌タイプのお肌になるますと、その刺激は大きな負担となり、悪化すると症状が慢性化し、お肌の状態が正常なターンオーバーを失う恐れがあります。 肌荒れを予防する方法として、現在使用しているファンデーションの成分表示を確認すると良いでしょう。
N53dxwmdvsjydq1mld0z
引用: https://www.umithastanesi.com.tr/bulletin/2543-obsesif-kompulsif-bozukluk-takinti-bozuklugu
ファンデーションの種類の特性を知ることで、肌荒れを防ぐことができます。 一般的なファンデーションの種類は、大きく3つに分けられます。リキッドファンデーション・クリームファンデーション・パウダーファンデーションです。それぞれの仕上がりの特徴と、肌荒れに影響のないファンデーションのタイプを知っておきましょう。
Wntwmykubxjsahinezgo
引用: http://www.independent.co.uk/extras/indybest/fashion-beauty/make-up/best-foundation-for-acne-scars-coverage-prone-dry-skin-a7506976.html
リキッドファンデーションの特性は、 〇 高いカバー力 〇 透明感がある自然なツヤ肌の仕上がり 〇 高い保湿力 〇 乾燥肌向けのタイプ の4つが挙げられます。しかし、デメリットもあり  × 合成界面活性剤の配合 × 洗顔の際、強いクレンジング力の必要性 リキッドファンデーションは、シミやシワなどを隠す高いカバー力があり、透明感のある自然なツヤ肌を印象付けたい方向けのファンデーションです。保湿力は高いので、肌質は乾燥肌タイプ向きです。実際に高いカバー力と、乾燥予防に効果的となりますが、カバー力が高い反面、敏感肌には刺激となる可能性があります。  リキッドファンデーションは水分と多めのオイルを配合されています。本来は分離する性質の、この二つの成分を乳化させる作用の合成界面活性剤など(添加物)が必要となります。それは、お肌に大きな負担を強いります。 また、高いカバー力のリキッドファンデーションは、クレンジング力も強いものを使用します。大きな肌への負担が増します。 敏感肌タイプの方にはおすすめしないタイプのファンデーションです。
Iwm3ti0qifhgvahqmhxz
引用: http://makeupjunkie2020.blogspot.jp/2014/09/how-to-choose-correct-foundation-finish.html
R8qzle8bnhd75lvhpluq
引用: https://beautyeditor.ca/2010/11/22/no-offense-but-youre-probably-making-one-of-these-7-mistakes-with-your-foundation
クリームファンデーションの特性は 〇 リキッドタイプより高いカバー能力がある 〇 リキッドよりも固めのテクスチャーである 〇 オイル量の多さ が挙げられます。デメリットとして  ・ 脂性肌タイプのお肌には相性が悪い ・合成界面活性剤の配合 ・ 強力なクレンジングの必要性 ファンデーションの種類の中で最もカバー能力がクリームファンデーションにはあります。リキッドより固めのテクスチャーで、お肌の悩みを解決してくれます。  クリームファンデーションは、リキッドファンデーションと同様、水分と多めのオイル量で製品化されてますので、必然的に添加物は多くなります。クレンジングはとてもしにくいタイプです。リキッドタイプよりもオイル量は多くなるので、ニキビ・脂性肌の方は避けたいファンデーションです。 また、強力なクレンジングが必要となりますので、敏感肌の方にもおすすめはしません。
Khwxu9fyfutimhtskd3c
引用: https://www.cosmopolitan.com/style-beauty/beauty/g5081/best-face-foundation/
Sw3g6jtua6eoc8nujro5
引用: https://www.elle.sg/beauty/makeup/change-up-your-two-way-cake-foundation-application-8528470
パウダーファンデーションの特性は  〇 自然な仕上がり 〇 短時間で仕上がる 〇 肌への負担は少ない 〇 肌に負担の少ないクレンジング が挙げられます。その反面としてのデメリットは  ・低いカバー力 パウダーファンデーションは、ナチュラルな印象の仕上がりで最も弱いカバー力です。手軽にメイクできるので、短時間でメイクできるのも特性です。ブラシやパフ・スポンジなど使う道具で仕上がりのタイプを調整できるメリットがあります。 3つの中で最もお肌への負担が少なく、パウダーファンデーションはクレンジングもしやすいのが特徴としてあります。お肌に優しいクレンジングでも問題なく落とせるので、敏感肌や脂性肌タイプの方には相性の良いファンデーションとなります。現在のリキッドやクリームファンデーションで肌荒れの症状が見られるお肌の方は、パウダーファンデーションへ切り替えましょう。  パウダーファンデーションでの乾燥が見られる方は、メイク前のスキンケアの段階でしっかりとした保湿と薄付けのファンデーションで解決できるでしょう。
Kbhvfnhuvpmdrpgtsczf
引用: http://www.stylepresso.com/top-10-best-maybelline-compact-powders/
1.ミネラルファンデ 天然の鉱物が配合され、しっとりとしたテクスチャーのミネラルファンデーション。やけど跡や手術後などの肌にも使用可能なファンデーションとしても利用されています。毛穴の詰まりを解決し、化学物質由来の成分を使使用していないので、お肌正常な機能を失いません。また、石鹸でも落とすことは可能ですので、お肌にも負担は少なくて済みます。しかし、一般的なファンデーションと比較すると、使用のコツが必要で、綺麗な仕上がりや色むらがおきるので適切なカバー力が期待できない、という声もあります。 2.パウダーファンデ ブラシで使用することでお肌への刺激が少なく安心です。リキッドタイプやクリームタイプのファンデーションは成分に界面活性剤が含まれています。パウダータイプのファンデ―ションの場合は、基本的に肌の内部へ浸透する作用は無く、肌の表面に覆うタイプ、アレルギーの症状も出にくいタイプとなります。 低刺激なので、肌が弱い人、乾燥によりお肌が敏感なケースには、パウダータイプのファンデがおすすめです。
E3ufctj07iuudlswjcmv
引用: https://www.rd.com/health/beauty/makeup-for-dry-skin/
基本的にはベースメイクは、化粧下地、ファンデーション、フェイスパウダーの3つの種類を指します。 その中の、化粧下地の選択によって、肌荒れの症状を軽減できる可能性があります。化粧下地はお肌の凹凸や目立つ毛穴をカバーしお肌をなめらかに整え、長時間ファンデーションを使用しても化粧のよれや崩れを少なくしてくれる優れた性質をもっています。肌色の補正の効果や、紫外線を防ぐUVケア機能を持った化粧下地あります。肌荒れが少ない化粧下地は、オイルが少なく添加物やお肌への刺激をもたらす成分が含まれていない商品を選ぶことがポイントになります。化粧下地はファンデーションやパウダーよりも、お肌への密着度が高くなります。敏感肌の方は、化粧下地を使用して、ファンデーションからのお肌への刺激や負担を防ぐよう心がけましょう。
Cfhp3z5hybj9ztowvcpz
引用: http://foundation-trouble.com/smart/foundation.php
肌荒れの症状の出方は季節によっても異なります。季節ごとに変化するお肌の状態の変化にも気を配る必要があります。季節の変わり目には、ファンデーションの種類や商品を変えても効果的です。 その際、肌荒れされている方は自身で商品を選ぶ方が多いとは思いますが、化粧品売り場の専門の美容員の方に相談して、アドバイスをいただいても良いでしょう。肌荒れ改善に役立つはずです!
Kcjbjbfphoj80zx9h4ak
引用: http://makeup.lovetoknow.com/best-foundation-makeup-hyperpigmentation