Jlggdar9ynfrcdif1ga3

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

肌のターンオーバーの機能や周期を知ろう!正しいケアで内側から美肌に

2018.05.12

お肌の新陳代謝であるターンオーバーは、美肌のためには欠かせない皮膚生成サイクルです。そのターンオーバーの機能や周期について学ぶことで、正しいケアが行いやすくなります。肌荒れなどをしている人は、ぜひ参考にしてみてください!

  1. 肌体力のターンオーバーの機能
  2. 表皮と真皮 ~お肌のターンオーバーの機能~
  3. 表皮層と真皮層の働きの違い
  4. 表皮層の肌組織の生成  ~お肌のターンオーバーの機能~
  5. 真皮層の3つの組織 
  6. お肌のターンオーバーで肌体力を
  7. 肌のターンオーバーの周期
  8. お肌を内側から育てる
  9. 健康的な基底膜がターンオーバーの鍵
  10. まとめ
Afkggunv1lviwlcff547
引用: http://antiaging-love.com/?p=3550
お肌は常に新しい皮膚組織が生成され、古い皮膚組織が剥離してゆき、日々そのサイクルによって生まれ変わっています。その皮膚組織が定期的に入れ替わることにより、お肌の美肌が作られてゆきます。 私たちの皮膚は一枚の膜で構成されているように見えますが、実際は表皮層、真皮層、皮下組織の3つの組織で構成されています。その中でターンオーバーやスキンケアと関係してくる層が、表皮層と真皮層です。この2つの組織の構造を知ることが、肌荒れや乾燥肌を防ぎ美肌に近づく第一歩となります。
Mzgdzvhr2ug3iemltdwt
引用: http://www.toikomama.biz/baby/babyhadakea/
皮膚の組織の表皮層の働きはお肌を保護する作用です。肌に浸透して外的環境からの刺激などが体内に侵入しないように保護したり、異物が侵入してきた際にはその情報を私たちの脳の神経に伝達するとても重要な働きを担っています。一方、表皮層の下の真皮層には、お肌のクッションの様な肌の弾力性を維持したり、お肌のハリやつやを保つ作用があります。お肌のふっくらとした立体的な肌を構成するために必要な層です。年齢を重ねてくるとこの真皮層の働きが低下してきます。お肌を支えることができなくなり、お肌の弾力性が失われて、たるみやシワの原因となります。表皮と真皮の層には役割の違いがあります。
表皮細胞は次第に角質層に移る準備をしています。それぞれの細胞組織はしっかりと密着しており、角層も表皮層も伸縮しても破れない構造になっています。外的刺激からお肌を守る免疫細胞や紫外線から表皮細胞を守ろうと作用するメラニン色素の生成機能のメラノサイトが含まれています。摩擦などの物理的刺激や科学的刺激、紫外線などの光学的刺激を防ぐ、身体にとってとても重要な組織です。潤いを保持しながら、健康的な肌の生成と美肌を保つ組織が表皮層です。

1.コラーゲン ~お肌のターンオーバーの機能~

Mupdl6pbyp8qslqe0oe4
引用: https://matome.naver.jp/odai/2140965618268950401/2140973618344059303
基底層を挟み表皮層の下にある真皮層はふっくらとしたお肌の土台となります。真皮層の毛細血管がお肌に栄養を供給し、酸素を肌へ届けます。その中でも、最近よく聞く機会の多いコラーゲンは肌の主な成分です。丈夫なたんぱく質で構成された繊維で、水分を除いた真皮層の約70%を構成する主な成分です。真皮層の中に網目状の組織を生成することでお肌のふっくらとした弾力性を維持してゆきます。年齢を重ねたお肌のたるみやシワは、このコラーゲンの減少による肌組織の変化によるものです。誰しも年齢の加齢は避けて通れないので、この現象が起きることを知ることで、スキンケアの重要性を感じて頂けたらと思います。

2.エラスチン  ~お肌のターンオーバーの機能~

Qbzxtyx6o14pymilzx3a
引用: https://www.hayashikane.co.jp/shohin/ela/ela_02.html
エラスチンは真皮層の組織の中にあり、ゴムの様な弾力性の繊維成分です。コラーゲンの成分ををつなぐ役割がありあす。水分を除くと、真皮層では5%ほどを占めておりますが、コラーゲンと同様に年齢とともに減少してゆき、シワやたるみの原因になります。真皮中のエラスチンは常に伸縮・弛緩を繰り返しており、年齢を重ねるとともにその伸縮性が低下し、その能力が失われます。このようなエラスチンの変化は長年の紫外線ダメージによる弾性線維(エラスチン)の変性・沈着が、弾力性のない硬化した光老化皮膚へとなってしまいます。

3.ヒアルロン酸 ~お肌のターンオーバーの機能~

Db0wb1eeimiqzorqr8jt
引用: http://www.oolone.com/functions-of-growth-factor
コラーゲンやエラスチンで生成された網目状の組織の隙間を埋める役割のあるゼリー状の物質となります。ゼリー状の組織なので、弾力性も備えており真皮層の弾力性のあるお肌の維持には欠かせない成分です。このヒアルロン酸は真皮層に水分を維持する能力が高く、近年の化粧品においては保湿成分として配合された商品が多く出回っています。肌に含まれる水分が低下すると乾燥肌や肌荒れを引き起こしますので、ヒアルロン酸の水分保持能力は美肌を目指すためには、マストの成分となりなります。
Xkdmxuiyjctoht2wtnv6
引用: https://maico.maihada.jp/skincare-bodycare/20160928/
角質層の下の表皮層には、肌の新しい皮膚細胞を生成し、古い皮膚細胞と入れかわる役割があります。この作用がターンオーバーと呼ばれています。表皮の最も下にある肌組織の基底層において新しい細胞が生成され、年齢差はありますが約28日程で角層へと上がり、最後は古い皮膚組織である角質(垢)として剥離してゆく周期がターンオーバーです。皮膚は外部からの刺激により傷ついたり、乾燥したり、日焼けをしたりします。しかし、ターンオーバーの周期により、細胞の新陳代謝が行われているため、健康的なお肌に戻るような仕組みになっています。
Qkzz6tn7lrg4f99vvyjl
引用: https://www.biyougeka.com/column/antiaging/column-skin-turnover/
Osvj5yk34hc5zomrrzlo
引用: https://plaza.rakuten.co.jp/reotanman/diary/201709010000/
年齢を重ねるに従い、ターンオーバーの周期の日数には違いが生じてきます。20代には約20日ほどの周期でしたが、60代に入ると、100日ほどのターンオーバーの周期がかかります。例えば、傷の治りが遅くなったり、シミができやすく消えにくい、肌荒れの改善が進まないなど、色々なお肌のトラブルが生じます。 その一方、病気やその治療の影響でお肌のターンオーバーが早すぎるのも問題となります。皮膚が剥けることもあり、皮膚の健やかな機能が失われてしまいます。ターンオーバーが遅すぎても、早すぎても、肌荒れを改善したり、美肌へ導くことは難しいでしょう。健康的な角質細胞を生成できるように、一定のターンオーバーの周期を維持していくことが、美肌への近道です。
表皮層の中で最も役割をになっているのが、表皮層の一番下の組織の「基底層」です。薄いシート状の組織となりますが、ともて大切な働きをしています。ターンオーバーに欠かせない表皮層の細胞を生成する機能が最も重要となります。その機能とは、毛細血管から栄養と酸素が補給されて、基底層にある基底細胞が、その作用により細胞分裂を始めてゆきます。その細胞分裂が肌のターンオーバーの始発点となります。そひて、真皮層を保護するという大切な役割を担っています。表皮層へのダメージはターンオーバーのサイクル機能があるためお肌の再生は可能ですが、真皮層へダメージを受けてしまうと、完全な元の健康的な状態の肌へは戻ることは難しくなります。よって、基底層は基底膜と密着し、強度の高い膜となり、真皮層の繊維に結合して真皮層をしっかりと守る役割を日々担っています。
Bsrf5xbvc7fpq4rub0vg
引用: https://www.newbeauty.com/blog/dailybeauty/5988-easy-ways-to-boost-cell-turnover/
加齢に伴い、真皮層を守る役割の基底膜の能力の低下が起こります。紫外線を浴びることにより生成されるメラニン色素が基底層の下の真皮層に及んでしまうこともあります。真皮層に落ちたメラニン色素は、強固なシミとなりお肌に残り続けます。また、基底膜がターンオーバーの始発点となる、組織の生成の機能が正常に機能しないと、肌荒れにも繋がりますし、すでに肌荒れの方にとっては肌荒れの改善の促進に繋がらないでしょう。若い女性に多い過度なダイエットにより、お肌の栄養素となる「たんぱく質」が不足したり、ビタミン・ミネラルなどの美肌には欠かせない栄養成分も不足します。また、冷え性による血行不良は、お肌の基底層の細胞に十分な栄養素と酸素を供給することを難しくさせます。身体の内側からターンオーバーの機能を正常にさせる為には、冷えは大敵です。身体の新陳代謝を高めて、体温を上げる必要があり、そのためには適度な運動やエクササイズが必要です。規則正しい生活と、バランスの取れた食事、正しいスキンケアでお肌の正常なターンオーバーを内側から作る基本となります。肌荒れも予防できますし、すでに肌荒れでお悩みの方も改善することができます。
Y8wmsp2sp7dyrkewyhzu
引用: https://www.livestrong.com/article/86175-pros-cons-exercising/
Yjuuzj6pk4zv3rspensm
引用: https://www.pastiche-training.com/flosaid/burn-time-decreases-as-skin-ages
肌のターンオーバーを正常化するには?正しいケアで内側から美肌にのテーマにお届けしてまいりました。 ターンオーバーの周期機能は誰もが年齢と共に低下します。しかし、予防や対策をする、しないの判断により、お肌の健康状態にも影響を与えます。 じっくり、長期的に取り組むことで、50代・60代でも美肌を維持することが可能です。