Offmkwdfakoctsryukxy

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

お肌の透明感をあげるケア方法大特集!憧れのすっぴん美人に

2018.05.12

お肌の透明感を上げるにはどのようなケアが必要なのでしょうか?肌のスキンケアというと基礎化粧品による対策をイメージしますが、食事での栄養素の摂取で身体の内側からアプローチする方法も必要です。今回はそんな方法を紹介していきます!

  1. 肌体力を上げる5つの機能 ~透明感のある肌へ~
  2. お肌のターンオーバーの力で透明感を上げる
  3. お肌のバリア機能で潤いを守る ~透明感のある肌へ~
  4. お肌を内側から育む ~透明感のある肌へ~
  5. お肌へ酸素と栄養素を運ぶ ~透明感のある肌へ~
  6. お肌の老廃物は透明感のある肌の大敵
  7. 食事で内側からきれいに!

お肌の生まれ変わりのサイクル ~透明感のある肌へ~

Th8bjryelwt522xt1ym1
引用: https://www.biyougeka.com/column/antiaging/column-skin-turnover/
角質層の下の表皮層には、肌の新しい皮膚細胞を生成し、古い皮膚細胞と入れかわる役割があります。この作用がターンオーバーと呼ばれています。表皮の最も下にある肌組織の基底層において新しい細胞が生成され、年齢差はありますが約28日程で角層へと上がり、最後は古い皮膚組織である角質(垢)として剥離してゆくサイクルがターンオーバーです。皮膚は外部からの刺激により傷ついたり、乾燥したり、日焼けをしたりします。しかし、ターンオーバーのサイクルにより、細胞の新陳代謝が行われているため、健康的なお肌に戻るような仕組みになっています。
Facuzowgcpkdia762mfj
引用: https://maico.maihada.jp/skincare-bodycare/20160928/
表皮層の中で最も役割をになっているのが、表皮層の一番下の組織の「基底層」です。薄いシート状の組織となりますが、ともて大切な働きをしています。ターンオーバーに欠かせない表皮層の細胞を生成する機能が最も重要となります。その機能とは、毛細血管から栄養と酸素が補給されて、基底層にある基底細胞が、その作用により細胞分裂を始めてゆきます。その細胞分裂が肌のターンオーバーの始発点となります。そひて、真皮層を保護するという大切な役割を担っています。表皮層へのダメージはターンオーバーのサイクル機能があるためお肌の再生は可能ですが、真皮層へダメージを受けてしまうと、完全な元の健康的な状態の肌へは戻ることは難しくなります。よって、基底層は基底膜と密着し、強度の高い膜となり、真皮層の繊維に結合して真皮層をしっかりと守る役割を日々担っています。
X4moi2bdm1ajhdediddm
引用: https://www.rd.com/health/beauty/large-pores/
透明感のあるお肌に欠かせないのが保湿ケアです。その保湿ケアの機能を担っているのが、0.02mmの角層と呼ばれる皮膚組織です。お肌を乾燥や肌荒れから守り、肌の皮膚細胞の生成サイクルには欠かせない組織です。 毎日の日常生活で入る入浴の際に、お肌にお湯が浸透しないのも肌表面の角層によるバリア機能が働いているからです。顔の皮膚組織の場合、20層の細胞が蓄積して構成されており、その層の隙間をセラミドの成分である角質細胞間脂質が埋めています。その構造により、肌のバリア機能が働き水分が保持され、保湿ケアに繋がっています。バリア機能が低下すると、スキンケアをしたとしても外部刺激により肌荒れが引き起こされやすくなり、透明感のあるお肌を作ることが難しくなります。

お肌の潤いを守るバリア機能  ~透明感のある肌へ~

Kxt0vi4ozov8oxni00zn
引用: http://www.atacamadry.com/
お肌の角層のバリア機能には、お肌の内部から組織へ浸透しているの水分を保持する役割があります。角層に含まれる水分を保持する機能が正常に働くことにより、角層のより内部の皮膚組織の表皮層、真皮層の水分を維持することにも関係してきます。真皮層の水分はお肌の弾力性やふっくらとした透明感のあるお肌の土台です。 健康的な角層の水分は20~30%程度の含有量と言われており、主にお肌の組織が自身で水分を生成するセラミドの保湿成分により、水分量が維持されています。けれども、保湿成分であるセラミドを生成する力が肌自身で低下してしまうと、角層に含まれている水分は蒸発してしまい、乾燥肌や肌荒れを引き起こす要因となり、透明感のあるお肌を生成するどころではありません。肌内部の表皮層や真皮層の水分量までもが低下し、新しい皮膚組織を生成する力が失われてしまいます。正常な肌のバリア機能を維持し、セラミドを自らの肌自身で生成することが透明感のある肌を作るためには必要です。
Xhc79bkshcxgm8eozhoo
加齢に伴い、真皮層を守る役割の基底膜の能力の低下が起こります。紫外線を浴びることにより生成されるメラニン色素が基底層の下の真皮層に及んでしまうこともあります。真皮層に落ちたメラニン色素は、強固なシミとなりお肌に残り続け、透明感のあるお肌を作るためには、シミを防ぎ、新しい皮膚組織を生成する力を高めることが大切です。
Mfg0yr4mam1v06c6nl9j
引用: http://thehealthwise.org/avoid-these-food-items-if-you-want-healthy-skin/
若い女性に多い過度なダイエットにより、お肌の栄養素となる「たんぱく質」が不足したり、ビタミン・ミネラルなどの美肌には欠かせない栄養成分も不足します。また、冷え性による血行不 良は、お肌の基底層の細胞に十分な栄養素と酸素を供給することを難しくさせます。身体の内側から肌の生成機能を正常にさせ高める為には、冷えは大敵です。身体の新陳代謝を高めて、体温を上げる必要があり、そのためには適度な運動やエクササイズも良い効果があります。規則正しい生活と、バランスの取れた食事、正しいスキンケアで透明感のある肌を内側から作る基本となります。
Xjcw6qngvxi8zrhzoauv
引用: http://www.charismaskin.com/end-of-summer-skincare-tips
お肌も健康的にはぐくむ為には、お肌へ栄養素や酸素を運ぶことが必要です。この栄養素や酸素をお肌へ補給することで、美肌と透明感のある肌を作り出すことができます。顔のお肌にも当然ながら、網の目状に毛細血管が張り巡らされています。血管は角層・表皮層の下にある真皮層に位置しており、深部が太い血管が通っており、表皮層に近づくにつれて血管が細くなります。この細い血管の毛細血管の役割が重要となります。栄養と酸素を運ぶ役割を担っており、次に酸化炭素と肌組織に蓄積された老廃物を回収する作用があります。皮膚細胞は栄養と酸素の供給により、新しい皮膚細胞が生まれます。しかし、この栄養と酸素が運ばれなくなると、老廃物が溜まり、肌の色調が暗くなり、くすみの原因となります。老廃物の築盛が透明感のあるお肌の生成を阻害していたという事になります。
Hra7b94kouro3supeqdi
引用: http://www.vegalife.co.jp/sp14/
老廃物を含むリンパ液は、リンパ管から吸収されて、毎日新しく新鮮な状態にされています。リンパの流れを良くすることで老廃物を除していく最も有効な方法は、運動です。現代人は仕事のストレスや疲れ、睡眠不足や喫煙により顔の肌だけでなく、身体の血のめぐりを悪化させる環境にいます。血行が悪くなる環境要因により、老廃物を溜め易くなり、肌の透明感だけでなく身体の健康も害してしまいます。その悪循環を改善するために、意識的に血行を良くする生活習慣や自身に合ったケア方法を身に付ける必要があります。運動やエクササイズは過度なレベルでなくとも、適度に身体を動かす習慣を身に付けるだけでも、肌の生成の促進に繋がります。 お肌の生命線である毛細血管とリンパ管の力を維持することで、美肌や透明感につながります。
U4p8jhgqk33trkcazn5a
引用: https://tv-dmenu.jp/latest_news_rss/8493/
毛細血管を通してお肌に運ばれてくる栄養素ですが、栄養バランスの良い食事を摂取することがスタートとなります。透明感のある肌生成で共有させる栄養素が不足していては、健康的な肌の維持もできません。本当のスキンケア、スキンケアの本質は、優れた化粧品や高価な化粧品ではなく、毎日の「食事」にあります。 普段の食事を見直すことで透明感のあるお肌つくるため、肌の内側から改善することができます。
Dswm8r7e2iej1v11ytms
引用: https://a-ranking.com/1808
美肌のための食事といういうと、多くの方がイメージされるのがビタミンが豊富なサラダなどの野菜や果物が中心の食事や野菜や果物のスムージーでしょう。しかし、肌へ供給させる栄養素はビタミンの栄養素だけで作用することはありません。ビタミン以外の「たんぱく質」こそが、美肌を作る主な栄養素ですので、このたんぱく質不足になると、肌の生成サイクルの乱れによる不調や疲れ、体力の減少など、肌トラブルだけではなく、様々な形で身体に弊害をもたらします。透明感のあるお肌を作るためにも、食事でたんぱく質とビタミンをバランスよく摂取して、内側から綺麗になりましょう。