Scrkjxejt6onjxodh5vl

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

脂性肌向けファンデーションの選び方|ヨレないベースメイクのコツも

2018.03.13

脂性肌の方は、特に冬の時期の乾燥による化粧崩れやファンデーションのよれを経験されているのではないでしょうか。 長時間メイクをしていても、化粧のヨレが出ないためには、メイク前の基礎化粧品によるスキンケアや化粧下地が大切になってきます。脂性肌向けファンデーションの選び方と共にご紹介致します。

  1. 脂性肌向けのファンデーションの選び方とは
  2. 脂性肌とは  ~脂性肌向けのファンデーション~
  3. ヨレないベースメイクのコツ  ~脂性肌向けファンデーションの前に~
  4. ヨレないベースメイクのコツ まぶた用化粧下地   ~脂性肌向けファンデーションの前に~
  5. 脂性肌向けにはパウダータイプファンデーションがベスト
  6. 保湿がされている ~脂性肌向けファンデーション~
  7. ルース・ミネラルファンデーション ~脂性肌向けファンデーション~
  8. オイル成分の少ないリキッドファンデ―ション  ~脂性肌向けファンデーション~
  9. 首の色より明るめの色を選ぶ
  10. まとめ
Tfoqjsx3byu0rj9ccl5a
引用: https://www.getthegloss.com/gallery/the-gloss-report-finishing-powders
脂性肌とは、肌の皮脂の分泌量が多い肌質のことを指します。皮脂には紫外線や外的刺激からお肌を守る役割があり、本来はとても大切な皮膚組織です。しかし、皮脂の分泌が過剰になってしまうとファンデーションが浮いて化粧崩れの原因となります。また、毛穴が開きやすく目立つ、余分な皮脂が毛穴に詰まり炎症を起こしニキビができるなど、肌トラブルの原因になるケースは多いです。 ホルモンバランスや日々の食生活、ストレス過多は脂性肌になる原因として挙げられますが、根本的に治すのはなかなか難しいのが、現代社会です。しかし、化粧品の開発技術の進歩により、適正なスキンケアした上で脂性肌に適したファンデーションの使用は、サラサラのお肌を長時間維持することが可能な時代に入ってきました。
Ccqz0wblzusizdkipjy8
引用: https://kenko-jouhou.com/pimple/hadashitu.html
化粧下地の前に、油分の成分が少ない化粧水を肌へ浸透させます。顔全体に化粧水が浸透するように優しくマッサージします。化粧水を使用すると肌の水分とオイルのバランスを整え、メークアップを滑りやすくします。化粧下地を使用するには、少なくとも10分間待ってから始めましょう。現在、市場にはさまざまな肌の問題をターゲットにした多種多様な化粧下地があります。あなたはオイリー肌(脂性肌)専用の化粧下地を選択する必要があります。オイリー肌の場合、メイクアップ前に化粧下地を使用することは、余分なオイルを吸収し、あなたの化粧が退色または融解するのを防ぎます。なので、良い化粧水であなたの肌を水分補給し、オイリー肌専用のオイルコントロール作用のある化粧下地を使用してください。この方法で、お肌の基礎は準備が整います。
S5e95abu4rrjr136dg0z
引用: https://www.xojane.com/beauty/best-makeup-products-for-oily-skin
アイメイクの際、目元のしわを隠すために油分が多く含まれているコンシーラーを使用するのは避けましょう。 目のクマなど疲れたような目元を避けるために、艶感のある目元専用の化粧下地を使用する方法もあります。 まぶた用に特別に開発された化粧下地は、アイシャドウとアイライナーのための完璧な肌の基礎を作り、1日中しわの原因となる皮脂を吸収します。まぶたや目元の周りにコンシーラーを使用すると、コンシーラーは目元のシワをより強調させてしまい、目の下に薄い線や折り目をつけてしまいます。明るい色の目元にしたい場合でも、目元専用の化粧下地を使用する必要があります。
Jy2z75ay9a6o09lgyris
引用: http://www.beasecret.com/2016/02/chubby-in-nude-foundation-stick-clinique.html
オイリー肌タイプの方の皮膚には、肌の質感にざらつきやニキビや炎症などの傷跡があります。良いコンシーラーで覆うことをお勧めします。皮膚の上に特定の箇所にコンシーラーを塗布すると皮脂層が厚くなりますので、油分の成分が少ないコンシーラーを選んでください。あなたの指先や綿棒で特定の箇所にコンシーラーを塗布すると良いでしょう。あなたの指先や綿棒で適量のコンシーラーをとり、ニキビや肌の傷跡に優しく付けてください。
Yowmbfucicn1ysvxrenk
引用: https://www.harpersbazaar.com/beauty/makeup/g9874643/best-powder-foundation/
油分の成分が含まれているクリームタイプのファンデーションやマット系の重厚感のあるリキッドタイプは、脂性肌タイプの肌には相性があまり良くありません。脂性肌の方にはパウダータイプのファンデーションかルースパウダー(粉タイプのおしろい)に留めた方が、脂性肌を悪化させることは少ないでしょう。しかし、赤みの箇所やシミ、傷跡、ニキビ跡などの部分をカバーしたい場合は、その箇所にのみ薄くコンシーラーを使用するのをおすすめします。パウダーのみでは、化粧が浮く場合は保湿成分が配合されているパウダーファンデーションを選ぶなど、しっとり系のパウダーファンデーションを選びましょう。
Kcpgbbpqgyip7zotcfb4
引用: http://www.targatocn.it/2016/08/04/leggi-notizia/argomenti/attualita/articolo/villanova-mondovi-lacqua-non-e-potabile.html
パウダーファンデーションの使用の際には2種類の方法、水を使用しない塗り方と水を使用する塗り方があります。水を使用する場合は、スポンジに水を含ませ固く絞り、ファンデーションを少しずつスポンジに取り、優しく塗ります。水分を含んだファンデーションはリキッドのように肌に馴染み、その後水分の蒸発によりわずかに固形状になります。そのため、お肌への密着度が高くなり化粧の持ちが良くなります。リキッドファンデーションを使用した場合に比べるとオイル成分の量が少ないので、脂性肌の方には最適の方法です。特に汗・皮脂の分泌が激しくなる夏の季節にはお勧めの方法です。 もちろん、乾燥した状態で使用するパウダーファンデーションにも肌への馴染みが良いものもあります。しかし、肌への密着度・崩れ・ヨレにくさの点においては、リキッドタイプが上と思われがちですが、水を使用した場合が最も良いです。
Rjbxq8w69jppivifs3xq
引用: http://hudabeauty.com/tag/best-setting-powder-for-oily-skin/
パウダータイプと似た、ルースファンデーションを使用してみても良いでしょう。その中の、ミネラル100%のルースファンデは“ミネラルファンデーション”として販売されています。どちらも粉末を固形状にしたタイプではなく、パウダー状のタイプで、スポンジで塗るのではなく、ブラシかパフを使用します。 ルースファンデーションも、サラッとしたつけ心地はとても軽量感のあります。けれども、パウダータイプに比べて密着度は低いので、皮脂をコントロールする作用はあまり強くありません。そのため、脂性肌の方の使用には、化粧崩れ・ヨレ・を引き起こしやすいでしょう。休日ご自宅で過ごされる場合や、短時間の外出の軽いメイクの場合、また外出先での化粧直しに使用など、工夫をして使い分けるといいですね。
E8ztjlcsw9j2rzbrs5ss
引用: http://www.independent.co.uk/extras/indybest/fashion-beauty/best-foundations-for-combination-skin-type-coverage-uk-reviews-a7404371.html
脂性肌タイプの方のお肌が皆さんすべて同じ肌質とは限りません。思春期のお肌の傾向としてよくある、皮脂分泌の活発化。10代~20代前半の年齢ならば、皮脂コントロール機能のみに注目してファンデーションを選ぶ方法を選択すれば良いのですが、それ以降の年代の場合、エイジングケアとして保湿も大事になります。 実際、20代後半以降の脂性肌タイプのお肌は、高い割合の方に「乾燥性脂性肌(インナードライ・タイプ)」がの傾向が見られます。乾燥性脂性肌(インナードライ)は、皮膚内部の乾燥の原因により水分不足を補給するため過剰な皮脂が分泌されている状態のお肌のことを指します。皮脂により肌さわりはべたつくるのに、皮膚の表面は乾燥している状態のお肌は保湿成分の配合された、美容液タイプのリキッドファンデ―ションが良いです。 また、Tゾーンに皮脂が多く分泌される混合肌の方も、美容液タイプのリキッドファンデでベースで使用し、最後におでこと鼻筋だけパウダータイプで押さえることで、お化粧の崩れ・ヨレが防げます。
Vhnrlhcnp5xon0vedque
引用: https://patarimai.vestuviupadejejas.lt/vestuvine-katastrofa-nuotraukose-blizgantis-veidas/
Nh5jvuz4o0gzyf4qqdek
引用: http://www.bloggerissa.com/revlon-colorstay-review-oily-skin-drugstore-foundation/
ファンデーションは自分の素肌の色との相性が大切ですね。特に皮脂の分泌が過剰な脂性肌の場合、ファンデーションの製品の違いで、時間の経過と共にお肌の色調が暗くなり、くすみがちですので、色の変化には気を付けましょう。脂性肌タイプの方は、ファンデーションの色選びには、お肌のくすみを予測して首の色よりワントーン明るめの色を選ぶのとお肌の色調の変化が起きても、お肌にくすんだ印象を与えるのを防げるでしょう。kれども、あまり明るすぎるトーンのファンデーションを使用するとお化粧が浮いて不自然な印象を与えてしまうので注意しましょう。ピンク系・オークル系・ベージュ系など、カラーのトーンを一致させるのも大切です。首につけて色馴染みの良い色は、そのワンランク明るめの色のファンデーションを試し付けしてみると、お肌に最適のファンデーションの色が分かります。
Ijm7zon7ufbwslxfumfj
引用: https://www.beautyheaven.com.au/makeup/foundation-primer/best-make-up-products-oily-skin
脂性肌向けファンデーションの選び方|ヨレないベースメイクのコツものテーマでお伝えしましたが、脂性肌の方のお悩みにお応えできましたか? 脂性肌の方のお肌は夏の時期と冬の時期では、スキンケアの方法も対処法も異なると言われています。 少しでも健やかなお肌の状態で過ごせるように、保湿性のあるパウダータイプや美容液成分が含まれているリキッドタイプなど、ちょっとしたコツで改善してみて下さい。