Zile5em2ud0dgbjq0nkl

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

脱毛テープが気になる!正しい処理法・注意点&オススメアイテム

2018.03.13

肌の露出が多くなる季節になると気になってしまう、わきや手脚などの身体のむだ毛。 伸ばしたまま放置するのはやむを得ないので、むだ毛の処理はどうしてもお肌へ負担をかけてしまします。 そのむだ毛の処理に脱毛テープという商品が出回っているようです。 脱毛テープとは何でしょうか?その適切な使用方法や注意点はどのような点なのでしょうか?

  1. むだ毛を抜くは皮膚の一部をちぎること ~脱毛テープとは~
  2. 脱毛テープの特徴 ~脱毛テープとは~
  3. ワックスの特徴
  4. 脱毛テープの正しい使用方法と注意点
  5. 脱毛テープの使用後のスキンケア
  6. 脱毛テープを使用した日は控える行為
  7. 脱毛テープの使用は体調が悪い時は控える
  8. 脱毛テープに向いている箇所
  9. SURGI BRAZILIAN WAX KIT ~脱毛テープとは~
  10. まとめ
Aifw2j2iy8glcvssqnfo
家庭でのむだ毛の処理というと、「剃る」方法が主流でしょう。とくに、カミソリ等で「剃る」方法を経験されている方は多いのではないでしょうか。実際、「剃る」方法と毛抜きや脱毛テープなどで「抜く」方法を比較すると、「抜く」方法の方が肌へのダメージは大きくなります。抜く方法は肌の皮膚の一部を剥ぎ取ることになるからです。 毛は、毛根にある毛母細胞の分裂により成長してゆきます。毛母細胞は、その周辺の毛細血管から酸素や栄養を補給して、細胞分裂を繰り返してゆきます。つまり、毛根のそのものの組織は生きており、毛を抜く方法はこの生きた毛母細胞を引き抜くことになります。ですので、毛を抜くときは、当然ですが痛みを感じるのです。
T8py7axwantp6rjtahp6
引用: https://www.reve21.co.jp/tips/knowledge/
眼には見えないのですが、毛を抜いた後は毛穴の奥深くで多少の出血をしています。この抜く方法を頻繁に繰り返していると、毛穴が炎症を起こして赤みが出たり、悪化すると膿んだりしてゆきます。その炎症の箇所はシミとなり、なかなかそのシミは消すことが難しくなるでしょう。様々な肌トラブルを引き起こす要因となるのが、抜く方法です。
除毛したい身体の部位に粘着力のある除毛専用のテープを貼り、剥がし取る方法です。一度の使用で沢山の毛を抜くことが可能で、その手軽さから家庭でも簡単に使用が可能です。しかし、その分お肌や孟母細胞へのダメージは大きくなります。皮膚が硬くなったり、つれたようになることもあるでしょう。また、皮膚の下に埋もれた「埋没毛」ができそこから毛嚢炎という症状も起きることがありますので、使用の際にはご自身のお肌への影響を確認する必要があり、注意が必要です。
Ofdi2zrwht5vylvrrriq
引用: http://gidbaby.ru/?p=9026
また、同じ抜くという方法での除毛のワックスと異なり、お肌の古い皮膚細胞である角質も一緒に剥がしてしまうことが多く、肌の弱い敏感肌タイプの方やアレルギー性のお肌をお持ちの方は、使用は避けた方が良いでしょう。
P1jcgchsemf27tqb8jet
引用: https://midica.co/?p=91607
脱毛テープと比較される事の多い、ワックスによる脱毛方法とは温めたワックス(ハチミツや松ヤニ、ミツロウやパラフィンなどの固形油)を皮膚に塗布し、冷えて固まったら剥がすという方法です。皮膚が温められるので、毛抜きや脱毛テープに比べると若干お肌への負担は少ないです。また、パラフィンパックと同様の原理で、除毛後に肌がしっとりする効果もあり、ワックス自体にはお肌に優しい成分を使用しており、問題はありません。そのワックスの問題は毛を抜くという行為そのものです。脱毛テープと同様にお肌のトラブルを引き起こす可能性もあり、特に敏感肌タイプの方やアレルギー性のお肌の方は使用の際には注意が必要です。
脱毛テープを使用するにあたり、必要な毛の長さは約5mm程度といわれています。これ以上のときは毛が上手く脱毛テープに貼りつかないので、綺麗に脱毛できない可能性があります。また、毛が長いほど綺麗に抜けやすいため、できるだけ毛がしっかり生えている状態の時に使用しましょう。 脱毛テープを使用する前後は、お肌のセルフケアをすることでお肌への負担が少なくなります。使用前は、お風呂に入って体を温めるか、蒸しタオルでお肌を温め毛穴が開いた状態で使用するようにしましょう。ワックスの場合も同様です。また、脱毛個所を清潔にした後、脱毛をしてください。そのため、お風呂で体を洗い清潔な湯船に入浴した後の使用がおすすめとなります。脱毛可能なお肌の準備が整ったら、脱毛テープを貼り、むだ毛を一気に抜きます。空気が入りづらいワックスと違い、テープを貼る際は、空気が入らないよう注意しましょう。
Clyicynbbczmbnstpb1w
引用: https://datsumo-salon.co/?p=59485
Zszcinjpogeapy9yxz1k
引用: https://www.liveabout.com/types-of-wax-for-hair-removal-1717182
脱毛テープだけでなく、ワックスも同様で、脱毛処理後はクールダウンさせてあげましょう。除毛した部位に水で冷やしたタオルなどをあてて、できるだけ肌を冷やし毛穴を引き締めましょう。その状態でしばらく置きます。これは除毛による炎症を抑えて、肌トラブルを避けるために行います。その後は保湿成分が含まれたクリームや化粧水などでお肌を整えましょう。 脱毛テープの使用頻度は月1回程度の使用がお肌への負担も少なく、効果が実感できるでしょう。ワックスの場合は約2~3ヵ月に一度の頻度のようです。毛根から毛母細胞の毛を抜いてしまうので、カミソリでの自己脱毛処理と比較すると新しい毛の生成までの期間は長くなります。施術後1~2週間のサイクルでは、毛が生え揃わないため十分な効果を得ることができない可能性も考えられます。約1カ月を目安にしてお肌を休めてあげましょう。
毛根と共に皮膚の古い皮膚組織の角質も剥がれているので、脱毛当日の皮膚はとても敏感になっており、デリケートな状態です​。皮膚の状態は毛根の内部に雑菌や細菌が入りやすくなっているためとても敏感となります。体全体の血流を促進する行為の一つの入浴や激しい運動、飲酒などの身体全体の体温を上げる行為は、肌の炎症を悪化させてしまうので避けましょう。もし、万が一脱毛テープの使用により皮膚が荒れたり痛みや赤みがひどい炎症時の対応方法として、脱毛テープにより肌荒れした部分は炎症が起きている状態です。冷たいタオルで脱毛箇所の皮膚を冷やす対処をします。かゆみや痛みがひどい場合は、冷やし過ぎると余計に症状を悪化させてしまうケースもあり、自己判断で皮膚専用の薬を使用するのではなく、皮膚科の専門医に相談し、医薬品を処方してもらいましょう。
Tyli2srn1qavnbad1y4h
引用: http://www.dailymail.co.uk/femail/article-3203833/Finally-wines-won-t-pile-pounds-new-fizz-boasts-fewer-calories-BOTTLE-single-glass-house-red.html
体調の優れない際は、脱毛テープの実施を延期しましょう。風邪気味や生理痛、寝不足など、体調が悪い身体の状態では、皮膚の免疫力が低下しています。こうした状態の体調の時に、脱毛テープを使用すると肌への炎症やトラブルが引き起こされる確率が高くなります。毛嚢炎のような炎症や血が出たり、傷の治りも悪くなります。体調がすぐれない場合は、使用を控えましょう。
Ugcjy95rjaremzyc82oq
引用: https://www.freepik.com/premium-photo/sick-woman-with-headache-lying-on-the-sofa-in-the-living-room_1651137.htm
B5sbugctvqv2lxbla0wu
引用: http://netshop.create-sd.co.jp/shop/g/g4901417840974/
脱毛テープでは毛を物理的に抜き取るという方法ですので、毛が濃くて太い部分には使用をおすすめしません。VIOゾーンに使用すると、とても非常に強い痛みを感じます。ですので、脱毛テープは毛が薄くて細い部分、例えば産毛の箇所などへ使用すると良いでしょう。特に体質的に毛深くない人の腕や指、脚の部位などへは脱毛テープを使用するのをおすすめします。また、商品によっては注意書きの表記に使用可能の箇所が明記されている商品もあります。明記されている商品の場合、その他の部位に使用することは想定して開発されていないため、誤って違う部位に使用した場合、肌トラブルが起きた、脱毛効果があまり無かったという事になりかねません。 製品の使用方法をよく読んでから、脱毛をするように注意しましょう。
Fq07bo8msakghivf7ffe
引用: http://shopping.rediff.com/product/surgi-wax-brazilian-waxing-kit-for-private-parts/12271710
付属のエピレーションオイルをしっかり塗布する事により、肌を傷めることなくハードワックスがむだ毛を毛根の根元からしっかりとらえ除去できます。カミソリ負けで肌へ負荷がかかったり、脱毛テープで皮膚表面が腫れたり、脱毛の際に生じやすい肌への大きな負担も軽減します。むだ毛だけをしっかり掴み取り、抜き残しや肌へのダメージを最小限にしてくれる優れた脱毛商品です。電子レンジで温めて、脱毛の箇所に塗ります。 141g・1,600円 
S1grtti8bx7cn07l7vdk
脱毛テープや脱毛ワックスの正しい処理法・注意点をご紹介させていただきました。 家庭で手軽に簡単に使用できる脱毛テープは商品の種類に関して、化粧品の種類と比較すると少ないという実感があります。ですので、まだまだ脱毛テープ派の方が少ないという印象を受けました。ブラジリアンワックスのサロンや専用エステも増えており、脱毛ワックスの需要が今後伸びるのではないでしょうか。