Kjqwbzhaoctdyakpyn4s

インナーケア

CATEGORY | インナーケア

豆乳で便秘を解消する!腸内環境を整える簡単&美味しいレシピまとめ

2018.03.08

腸内環境について最近注目が集まっていますが、豆乳で便秘解消に効果が期待できるって知っていましたか?美肌の大敵でもある便秘。早く改善してスッキリしちゃいたいですよね!そんな豆乳の簡単に作れる美味しいレシピをまとめてみました!必見です!

  1. 豆乳で便秘を改善?
  2. 豆乳って何から作られているの?
  3. 豆乳には種類があります!
  4. 豆乳が便秘を改善してくれるのはどうして?
  5. 豆乳には注意点もあります!
  6. 豆乳で便秘改善!簡単&美味しいレシピ集ご紹介♪
  7. 豆乳で便秘改善!簡単&美味しいレシピ「ぽかぽか豚キムチ豆乳うどん」
  8. 豆乳で便秘改善!簡単&美味しいレシピ「チキンとおじゃがのホワイト豆乳シチュー」
  9. 豆乳で便秘改善!簡単&美味しいレシピ「ほうれん草と明太子の和風豆乳クリームパスタ」
  10. 豆乳で便秘改善!簡単&美味しいレシピ「オレンジとカカオのおからケーキ」
  11. 豆乳で便秘改善!簡単&美味しいレシピ「温活・腸活におすすめ!カボチャ&ジンジャードリンク」
  12. まとめ
Fye06dqz4bup9q8x2d42
豆乳ってよくデザートなどに使われていたり、鍋料理に使われる事が多いですが、自分で料理するときに使ったことはありますか?そのままで飲んでも良いですし、以外に使い方が多いのが特徴なんです!そんな豆乳ですが、実は 便秘の解消にもとっても向いているんです。そして美肌や女性にとっても嬉しい成分がたくさん入っています!このページでは、豆乳の凄さの秘密や簡単にできる美味しいレシピまとめなどをご紹介させていただきたいと思います!では見て行きましょう!
Nzr37ytuamijcbnw2jap
豆乳は大豆から作られているんです!大豆を蒸したり絞ったりして作られるのが豆乳なんです。歴史は古いですが、広く飲まれるようになったのは戦後の事だそう。それより前は豆臭さを取る方法が無く、あまり広まらなかったそうです。今では約3割の女性が定期的に豆乳を飲み続けているそうですよ!3割と聞くと結構多い感じがしますよね。私も豆乳は大好きですが、そこまで多いとは思いませんでした。
Oxojuwlnqvay08rwwdnp
スーパーでもコンビニでも売っている豆乳ですが、実は豆乳にはJAS規格によって成分によって種類が分けられています。その種類によって栄養価も変わります。まずはその種類を知ってから購入したいですよね!豆乳の種類は大きく分けて3つです!
Hlrhznkihbqtpww4zrii

無調整豆乳

無調整豆乳とは飲み口としては1番豆くさい感じがします。ですがそれは大豆を絞ったそのままだからこそなんです!栄養も高く、料理に使うにしても砂糖などが入っていないので使いやすいです。そのまま飲んだ時にも好きなアレンジをする事ができます。豆乳(無調整豆乳)は大豆固形分8%以上(大豆たんぱく質換算3.8%以上)となっている物が無調整豆乳となります。

調製豆乳

調整豆乳は無調整豆乳に砂糖や塩などを追加して、豆独特の青臭さを減らし飲みやすいようにしてある物の事を指します。基本的には甘くなっている物が多いですね!調製豆乳は大豆固形分6%以上(大豆たんぱく質換算3.0%以上)となっているものが調製豆乳となります。

豆乳飲料

豆乳飲料の場合は、果汁入りで大豆固形分2%以上(大豆たんぱく質換算0.9%以上)、その他で大豆固形分4%以上(大豆たんぱく質換算1.8%以上)となっています。ほぼジュースに近い物になります。料理には不向きですが、いろんな味が出ているので、気軽に豆乳を楽しみたい時にはとっても良いです!
Fckjc4bovkjmk5rdw5vv
豆乳には女性に優しい成分がたくさん入っています!その主なものをご紹介して行きます!便秘も美肌も、健康も!これを読んだらきっと飲みたくなっちゃいます!
Nygbyt6yxaecfrgk2gj2

オリゴ糖

今回は特に注目したいオリゴ糖は便秘対策にとっても良いです!
豆乳に含まれる大豆由来のオリゴ糖は、腸内環境を整えてくれるビフィズス菌や乳酸菌の栄養源となります。善玉菌を増やし、免疫力を高めて腸壁を刺激し便通をよくする働きとなります。

不飽和脂肪酸

生活活性物質の材料となる物質でコレステロール代謝を調節してくれます!
脂肪酸は、脂肪を構成する物質で「不飽和脂肪酸」と「飽和脂肪酸」に分けられます。 一般的には、大豆をはじめとした植物性脂肪には不飽和脂肪酸が、動物性脂肪には飽和脂肪酸が多く含まれています。 大豆の脂肪酸の約80%は、リノール酸やリノレン酸などの不飽和脂肪酸です。リノール酸に代表されるオメガ6(n-6系)脂肪酸と、α-リノレン酸に代表されるオメガ3(n-3系)脂肪酸の2系統の多価不飽和脂肪酸は、人の体で合成できない必須脂肪酸と言われています。

ビタミンE

血行を促進してくれます!抗酸化作用もあるので美容にも◎
脂肪の過酸化を防ぎ、細胞膜を強化し、呼吸器や内臓を丈夫にします。 血行をよくする作用もあり、美肌づくり、肩こりに効果があるほか、ホルモンの分泌を盛んにして若返りを促進するといわれています。

大豆イソフラボン

女性らしい体づくりや、美肌を左右する女性ホルモン、エストロゲンに似た働きをします!
大豆イソフラボンは、大豆の胚芽に含まれている植物性化合物でポリフェノールの一種で、女性ホルモン(エストロゲン)に似た構造をしています。乳がんは、エストロゲンの過剰分泌が原因のひとつと考えられています。大豆イソフラボンは、エストロゲンが足りなければ補い、多すぎるときには減少させようと働くため、乳がんなどのホルモン依存型のがん予防にも効果が期待されています。 また、女性は閉経後、それまで骨を丈夫にするのに役立っていた女性ホルモンのエストロゲンが不足することによって骨にカルシウムが届けられにくくなり骨粗鬆症になりやすくなります。イソフラボンの代替ホルモンとしての働きは、骨粗鬆症予防にも役立ちます。

他にもたくさんの良い成分がありますが、主な物を上記の通りです!特に便秘と美肌に良い点は嬉しいですね!しかもコスパ的には高い化粧品やサプリを購入するより断然お得と言うところも良いですね!
Oept9dj1g1g2hlsidzlk
そんな女性の美と健康にとっても良い豆乳ですが、大豆イソフラボンには1日の摂取上限があります!豆乳以外からも大豆イソフラボンを摂る可能性も考えると、1日で豆乳約200mlほどが上限とされていますので、料理の時には注意しましょう!
Zliui7lfu9jaovgj6n3a
ではここからは簡単に作れて、美味しい豆乳レシピについてご紹介して行きたいと思います!豆乳の効果を知ってしまったら、毎日摂りたくなってしまいますよね!そのまま飲むのも良いけど、せっかくだったら色んな料理に入れて、味を楽しみたいですね!では見て行きましょう!
Xxkeqjfowvvsmfs2pkmo
豚キムチ豆乳って意外にお家で作るのが難しかったりしますよね!でもこちらならシンプルなので、簡単に作れちゃいます!
アレンジして好きな野菜をプラスしても美味しそうですね!調理時間も20分と手早く作れるレシピとなっています !
クリーム系の物は時間がかかるイメージですが、こちらは材料さえ揃えてしまえば、パパッと作れてしまうので楽チンですね!
基本的にどんどん混ぜて焼くだけと言うシンプルな物ですが、オレンジとカカオと言うのがおしゃれで素敵ですね!
豆乳をベースに、ヨーグルトやはちみつ、ショウガ、かぼちゃなど温まる上に美肌になれちゃう食材がたっぷり入ったドリンクです!
R851rjmpj4fwmde1keaz
最後まで読んでいただいてありがとうございます!ここまで豆乳で便秘を改善するメカニズムや、簡単に作れる美味しいレシピなどについてご紹介させていただきました!そのままの味が苦手な方も多いですが、料理するとその味が活かせる物が多くて良いですね!ぜひ試してみてくださいね!冷え性対策のレシピに関する記事も発見しましたので、ぜひ併せて読んで見てくださいね!↓