Ewg6a6nevku8ew914k57

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

赤ちゃん肌をつくるスキンケア&メイク術!透明感あふれる素肌に

2020.07.27

赤ちゃん肌って憧れちゃいますよね。すべすべなのにもっちりとしていて、あんなお肌になれたらって思っちゃいますが、難しかったりしますよね。そんな赤ちゃん肌をつくるスキンケアとメイク術についてご紹介して行きたいと思います!バッチリケアして赤ちゃん肌をゲットです!

  1. 赤ちゃん肌になりたーい!
  2. 赤ちゃん肌をつくるスキンケア
  3. 赤ちゃん肌をつくるスキンケア「正しい洗顔」
  4. 赤ちゃん肌をつくるスキンケア「正しい保湿」
  5. 保湿のために重要な成分とは?
  6. お肌トラブルが起きたら
  7. 赤ちゃん肌をつくるメイクとは?
  8. メイク前には必ず日焼け止めを
  9. メイク下地にこだわる
  10. メイク下地の正しい塗り方
  11. まとめ
Flzpwjbuulwhzhvatwi8
すべすべでもちもちのお肌・・・赤ちゃん肌は誰しもが憧れてしまうのではないでしょうか?ですが現実にはそうそうすぐにはなれないのが赤ちゃん肌ですよね。しっかりと水分で潤っていて、毛穴がどこにあるのか分からないそんなお肌を目指したいですよね!このページではそんな赤ちゃん肌をつくるスキンケアの方法、メイク術についてご紹介して行きたいと思います!では見て行きましょう!
Yjbqedtjububg47qybmb
ではまずは赤ちゃん肌をつくるスキンケアから見て行きましょう!様々なサイトを調べて見ましたが、やはり赤ちゃん肌をつくる上で重要な事は「洗顔」「保湿」「毛穴ケア」の基本をしっかり行う事にあるとの事。ですが、よく考えるとこの3つは繋がっているとも言えますね。特に毛穴ケアに関しては洗顔と保湿がしっかりできていれば、目立たないはずとも言えます。では洗顔と保湿、それぞれの正しい方法についてご紹介して行きたいと思います!
Qe23wi0un7nv1peesged
ではまずは正しい洗顔から見直して行きたいと思います!洗顔って毎日行いますし、今更感があるかも知れませんが人によっては癖ができてしまっていたり、何となくの自己流になっている事が多いのです。ぜひたまに正しい洗顔について見直してみるのも良いかも知れません!プラスで必要なのは泡立てネットのみです!

赤ちゃん肌をつくる「正しい洗顔 その1」

Apcnwib62baklwb5zbvk
まずは手を洗い、熱いとも冷たいとも思わないほどの湯温で予洗いして行きます!手を洗う事で余分な雑菌をお顔につかないようにする事ができますし、予洗いする事で水ですぐに落とせる汚れを先に落とす事ができます!いきなりちょっと面倒な点ですが、ぜひ行なってくださいね!

赤ちゃん肌をつくる「正しい洗顔 その2」

Nkrpz2k6lls6odymznc0
あわ立てネットで洗顔料を泡立てて行きます!しっかりキメの細かい角が立つくらいの泡に仕上げるのがポイントです。キメの細かい泡だと毛穴の奥の汚れまでゴシゴシせずとも落とす事ができます。しっかり泡立てられたら、Tゾーンから乗せて行き、Uゾーン、全体へと伸ばして行きます。指の腹でゴシゴシせずにクルクルと洗い上げて行きます。泡がお顔に乗っている時間はトータルで2から3分以内になるようにしましょう!

赤ちゃん肌を作る「正しい洗顔 その3」

Er56gauki69y6rstea7t
洗い終わったら、予洗いの時と同じ湯温のお湯で流して行きます。泡が見えなくなっても洗顔料が残っている場合もありますのでしっかり流して行きます。流し終えたら清潔なタオルでポンポンとこすらないように拭いて行きます。これで正しい洗顔は完了です!
Bvd8u0vwylonwzkmrh4g
では正しい保湿についてご紹介して行きたいと思います!保湿の方法も毎日行う事なので、洗顔と同じく自己流になりやすいところでもありますので、注意しましょう。また大まかな点についてご紹介しますので、商品によっては使用方法が異なる場合もあります!気をつけてくださいね!保湿をしっかり行なって、毛穴の開きの原因である皮脂の分泌も抑えて行っちゃいましょう!
Fxamyermrccuieonkaqg
高保湿成分と言われているのは、コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどが良いと言われています。それらが配合されている物を選ぶと良いでしょう。特に乳液やクリームなどに重きを置くと、化粧水で補給した水分を逃さないようにしてくれます!せっかく使うなら効果や成分にもこだわって行きたいですよね!

正しい保湿方法 その1

Dmn3ar8dbzhzkddjcbbo
洗顔後遅くとも5分以内に保湿ケアを始め、化粧水を適量の半分取り出します。そして手を合わせて化粧水を温めてお顔に馴染ませて行きます。この時にこすらないようにしつつ優しくハンドプレスしながら全体に馴染ませて行きます。1回目が完了したら同じ手順でもう1度行います。そうする事でムラなくしっかり馴染ませる事ができます!

正しい保湿方法 その2

N10cw9o46orovegkbans
化粧水が完了したら、乳液に進んで行きます!乳液を適量手のひらに取り出して、化粧水と同じように温めてからお顔へ馴染ませて行きます。こちらもハンドプレスでしっかりとお肌の奥へと馴染ませます。馴染ませられたら、余分な油分をてシッシュオフして完了です!
Qzvgkkozgbjulx5kyo4p
毎日お肌の状態を観察して、なるべく早めに対処するようにしましょう。どの程度お肌が良い状態なのかも把握できるようにして、少し乾燥してるなと感じたりしたら、すぐに使えるシートパックなどを準備して置くと気になった時に速攻集中ケアができるので良いですね!
またニキビなどができてしまった時には、オロナインなどの応急処置できる物があると良いですね。備えをしっかりして置く事も重要です!
Ifvyscoqitvsijlqzi8n
では次にスキンケアから赤ちゃん肌にしていくのを待ってられない!という方にベースメイクで差がつくメイク術についてご紹介して行きたいと思います。ポイントを押さえて赤ちゃん肌になっちゃいましょう!ではさっそく見て行きましょう。
E9hjkcckc1vilthzo3fx
赤ちゃん肌だけではありませんが、紫外線はとってもお肌にとってダメージを与えてしまいます。しかも年間通して降り注いでいるので、常に紫外線のケアはつきまといます。ですが「少しだからいいや」と思ってすっぴんのまま外出してしまうと、少しが積み重なって数年後に大きなダメージともなりかねません。しっかりとメイク前に紫外線のケアも忘れずに行いましょう!
Lqzqnscqszguxisrogkz
ベースメイクの基本であるメイク下地は特に重要となりますので、しっかり選ぶ必要があります!まずは自分の理想のお肌に近くために必要な物はどんな物なのかを見直しましょう。しっかりその用途に合っている物を選んで行くと、ぐっとベースメイクが変わってきます。

乾燥肌の方・・・美容液配合の物で、保湿しながら使えるものがオススメです

油性肌の方・・・皮脂吸収パウダーなどの、皮脂対策されているものがオススメです

凸凹が気になる方・・・シリコンが入っているタイプで、お肌の表面を滑らかに見せちゃいましょう

敏感肌の方・・・成分に気をつけて選びましょう。以前の記事で注意したい成分についてご紹介しています↓ぜひご参考にしてくださいね

S4kv3adl7lfdoelmtps7
では下地の正しい塗り方もご紹介して行きましょう!せっかく良い下地を選んでもムラになったりヨレやすくなってしまったりしたら勿体無いですね!プラスで必要なのはスポンジのみです。では見て行きましょう!

正しい下地の塗り方 その1

下地の適量は商品によっても違ってきますが、だいたいパール粒大と言われています。その適量を手の甲に取り出して両頬・額・鼻・顎に分けて行きます。そして中指と薬指の第二関節ほどまで使って、下地をそれぞれ塗り伸ばして行きます。中心から外側へと向かって行くように伸ばすとムラになりにくくなります。目元・口元は最後に薄めに塗るようにするとヨレにくいです。

正しい下地の塗り方 その2

全体に伸ばす事ができたら、スポンジで細かい部分を調節して行きます。特に小鼻の部分や額の生え際などはスポンジで丁寧に仕上げて行きます。細かい部分ができたら、全体もスポンジで余分な油分などを取りつつ整えて行き完成です!その後はパウダーファンデーション、もしくはコンシーラーなどに進んでくださいね!
Nvvaa8op6nfnwo4jtxqj
最後まで読んでくださってありがとうございます!ここまで赤ちゃん肌を目指すためのスキンケアやメイク術についてご紹介させていただきました!赤ちゃん肌になるためにはそうそう生易しい道のりではありませんが、地道に近づいて行きたいですね!基本的なケアはとっても重要ですね。少しずつ積み重ねて赤ちゃん肌になっちゃいましょう!