Ubal5ejtqwxrwgsamuem

マッサージ

CATEGORY | マッサージ

涙袋を鍛えるトレーニングが話題!愛らしい目元は毎日の習慣から

2018.03.12

最近、涙袋を鍛えるトレーニングが注目を集めています。この記事では、涙袋のトレーニング方法を6種類と、涙袋のマッサージ方法をご紹介します。涙袋がないと悩んでいる方も、涙袋を鍛えるトレーニングで愛らしい目元を手に入れましょう。

  1. 涙袋で愛らしい目元に
  2. 涙袋をトレーニングで鍛えよう
  3. 涙袋トレーニング①ピースサイン方法
  4. 涙袋トレーニング②ウィンク方法
  5. 涙袋トレーニング③細目方法
  6. 涙袋トレーニング④8の字方法
  7. 涙袋トレーニング⑤下まぶたでまばたきする方法
  8. 涙袋トレーニング⑥目を大きく開ける方法
  9. 涙袋のマッサージ方法
  10. まとめ
引用: https://i.ytimg.com/vi/LoZsZiBlBU8/hqdefault.jpg
ぷっくりとした涙袋は、愛らしい目元には欠かせません。上の画像を見ると分かるように、涙袋があるかないかで印象が大きく変わります。同じメイクでも涙袋があると、目が大きく見えて可愛らしい印象を受けますね。しかし、涙袋がないと、目が小さく見えて少し老けているような印象も受けます。このように涙袋があるだけで、顔の印象も変わってくるのです。
Hbey4gdtrrwim8l1zgz6
涙袋とは、「眼輪筋」と呼ばれる目の周りにある筋肉のことを指します。涙袋がある人とない人がいるのは、この筋肉の発達に個人差があるからです。つまり、筋トレなどで眼輪筋を発達させることができれば、ぷっくりとした涙袋を手に入れることができます。筋トレと言っても、汗を流しながら長時間行うものではなく、短時間で行える簡単なトレーニングばかりです。今回は、涙袋をつくるトレーニング方法を6つご紹介します。
引用: https://www.photolibrary.jp/mhd1/img377/450-20150112164653133199.jpg
ピースサイン方法とは、涙袋のトレーニング方法の中で最もポピュラーな方法です。トレーニングを行うときは、やさしい力加減で肌にダメージを与えないように注意しましょう。

①ピースサインを作る

まずは、左右の手でピースサインを作ります。この時、手のひらが顔に向くように作りましょう。

②力を加えて3秒間キープする

次に、目線を上にして、ピースサインの人差し指を目尻に、中指を目頭にあてます。そのまま指先に少しずつ力を加えていき、肌が軽く張ったらその状態を3秒間キープします。

③下まぶたを持ち上げる

最後に、視線を正面にして、目を細めるように下まぶたを上に持ち上げます。この時、眩しいときに目を細めるようなイメージで行うとやりやすいです。
Jisebkr1d0xlyhwrrraz
①から③までの流れを、続けて10回行います。10回を1セットとして、一日5セット程度を目安にトレーニングを行いましょう。
Br1jhswvkc75ga86pyeq
ウィンクも下まぶたを意識しながら行うことで、眼輪筋のトレーニングにつながります。ウィンクを行うときは、パチパチと軽いウィンクではなく、ギュッと力強く行いましょう。頬の筋肉をなるべく使わないように意識しながら行うと、眼輪筋がよく鍛えられます。

①両目を細めて上に動かす

まずは、目線を正面に向けて両目を細めます。次に、眉を上げるようなイメージで、目を上に動かします。

②ウィンクを行う

最後に、目を軽く開けて、下まぶたを意識しながらウィンクを行います。左目をウィンクしたら右目をウィンクという具合に、左右交代で行いましょう。
Ytfw5vpzil8lio4l96ps
ウィンク100回を1セットとして、一日1セット程度を目安にトレーニングを行いましょう。
Ziisybdkrkbnqt4exg19
ウィンクが苦手という方は、先ほどご紹介したウィンク方法の前半までを行いましょう。これだけでも、眼輪筋を鍛えることができます。目を細めるときは、上まぶたを下に下げるのではなく、下まぶたを上に持ち上げるようなイメージで行いましょう。

トレーニング方法

目線を正面に向けて両目を細めます。そのまま、眉を上げるようなイメージで、目を上に動かします。その状態を20秒間キープしましょう。
Fpgpmppoxrz4nlxunjny
20秒間キープして1セットです。一日5セット程度を目安に、トレーニングを行いましょう。
引用: https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/c/c8/Infinite.svg/200px-Infinite.svg.png
両方の目を使って、8の字を描くように目線を動かしていく方法です。一筆書きで8の字を描くように、両目を動かしましょう。

①目を見開いて目線で8の字を描く

まず、両方の目を大きく見開きます。次に、黒目で「横に倒した8の字」を描くように、目線を動かしていきます。右横から始めて、右下、真下、左横、左上、真上の順番で目線を動かしましょう。

②逆の流れで再度8の字を描く

5回程8の字を描いたら、最後に先ほどとは逆の流れで再度行います。左横から始めて、左下、真上、右横、右上、真下の順番で8の字を描くように目線を動かしましょう。
Pubyq1hv3ssfttz83biy
1日に行うトレーニング量の目安は特にありません。気が付いたときに、行うようにしましょう。
Caknhccapiss2iruyruc
下まぶたでまばたきを行うと、涙袋周辺の筋肉をトレーニングすることができます。このトレーニングを行う時は、下まぶたを思いっきり上に上げるように意識しながら行いましょう。

トレーニング方法

上まぶたをできる限り上へ持ち上げて、上まぶたが下がらない状態にします。そのまま、下まぶただけを使ってまばたきを行いましょう。
Bikfax375vdmaamja1nj
この方法を続けて10回行います。10回を1セットとして、一日3セット程度を目安にトレーニングを行いましょう。
引用: https://siwanavi.com/wp-content/uploads/2014/03/AG130_L.jpg
目を大きく開けるだけでも、涙袋を鍛えるトレーニングになります。トレーニングを行うときは、まぶただけでなく、目の周りの筋肉にも力を入れるように意識しましょう。

トレーニング方法

力を込めながら両目を5秒間閉じます。目線を正面にして、5秒間目を大きく見開きます。同じ方法で、上・下・左・右の目線でも行いましょう。
Kn9cexaqsoulcirudqne
1日に行うトレーニング量の目安は特にありません。気が付いたときに、行うようにしましょう。
Rg71yqnpvyuyhohfnppc
涙袋をつくるには、筋トレだけでなく、マッサージも効果的です。マッサージを行うことで目の周辺にある脂肪が燃焼し、涙袋の部分が盛り上がって見えるようになります。目の周辺の皮ふは薄く、ダメージを受けやすいため、やさしい力加減で行うように心がけましょう。

目の周辺のマッサージ方法

Nax5bf98xi2uync4mfi5
引用: http://i0.wp.com/girls-beauty-style.net/wp-content/uploads/2015/01/013.jpg?fit=500%2C308
指をアルコールなどで清潔にしてから、人差し指にアイクリームをのせます。目の周辺にあるくぼみに沿って円を描くように、軽くマッサージしましょう。

下まぶたのマッサージ方法

引用: https://spicomi.net/media/uploads/content/image/9303/__________.jpg
1:指をアルコールなどで清潔にしてから、人差し指・中指・薬指にアイクリームをのせます。
2:下まぶた周辺にある骨の目頭部分に、人差し指・中指・薬指をあて、軽く押し上げます。
3:下まぶたが涙袋のようにぷっくりとなったら、その状態を3秒間キープします。3秒経ったらゆっくり指を離します。
4:下まぶたの骨に沿って、同じように目の下と目尻部分もやさしくマッサージを行いましょう。少しずつ場所をずらしながら行うことがポイントです。

涙袋のマッサージ方法

引用: http://www.casaserrana.net/wp-content/uploads/2016/07/kansouhada62.jpg
1:指をアルコールなどで清潔にしてから、人差し指にアイクリームをのせます。
2:目頭の下に指先をやさしくあて、軽く押し上げます。
3:涙袋のラインができたら、その状態を5秒間キープします。5秒経ったらゆっくり指先を離します。
4:涙袋のラインに沿って、同じように目の下と目尻もマッサージを行います。
5:涙袋の部分を10秒程マッサージします。涙袋を押さえるようにして揉みほぐしましょう。この時、爪やアイクリームが目に入らいないように気をつけてください。

おすすめのアイクリーム

【ヴァセリン オリジナル ピュアスキンジェリー】肌への刺激が少ないため、マッサージを行うときのアイクリームとしてもおすすめです。無香料・無着色・防腐剤無添加の3つのフリーで肌が弱い方でも安心して使用できます。
Cyyumgblezvjc6wi5hkq
いかがだったでしょうか。涙袋の筋トレは一般的な筋トレと同じように、毎日継続して行うことが大切です。隙間時間や就寝前、気が付いたときなどにぜひ実践してみてください。また、マッサージでも涙袋を作ることができます。自分に合った方法で、素敵な涙袋を手に入れましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.knaf4.com/wp-content/uploads/2015/07/103.jpg