Fuqycwfbyad3xrdnek74

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

クマをメイクで隠したい!【タイプ別】メイク法&おすすめアイテム

2020.07.27

メイクでクマを隠したい時、どんなアイテムを使ってどのように隠していますか?メイクでクマを隠すのも意外と難しいもので、隠したいのになかなか消えない、かえって目立ってしまった…なんて事も。今回はクマのタイプ別にオススメのメイク法とアイテムをご紹介します。

  1. あなたのクマはどのタイプ?
  2. 青クマ隠しのメイクアイテム
  3. 青クマをうまく隠すメイク法
  4. 茶クマ隠しのメイクアイテム
  5. 茶クマを上手く隠すメイク法
  6. 黒クマ隠しのメイクアイテム
  7. 黒クマを上手く隠すメイク法
  8. ポイントメイクを上手に使いましょう
  9. メイク落としも丁寧に
  10. まとめ
老けて見えたり疲れて見えたりと女性にとってはクマはかなり厄介な存在です。一度出来るとなかなか消えず、どうして出来たのかも分からない…たった一つクマのクマでも悩みは無限大です。でも一体クマって何なのでしょうか?なんとなく寝不足が続くとクマができるというイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。
Tdvbqnpnp9idqnu89sta
クマには大きく分けて青クマ、茶クマ、黒クマの3つの種類があるのをご存知ですか?それぞれ原因や症状が違うのはもちろんですが、クマの種類によってメイクでの隠し方や綺麗に隠せるアイテムが変わってきます。今までに、なかなか上手くクマが消せなかったり悪目立ちさせてしまったなんて経験のある方はメイク方法が間違っていたのかもしれません。上手にクマが隠せるよう、自分のクマが何クマなのかをまずは確認しておきましょう。

青クマの確認方法

青クマは睡眠不足や疲れ、血行不良によって出来るクマです。目の下の皮膚をあっかんべーをするような感じで軽く引っ張ってみてください。引っ張ってみてクマの色が薄くなれば青クマの可能性が高いです。

茶クマの確認方法

茶クマは目を擦ったり紫外線から受けるダメージによるメラニン色素が沈着することによって発生します。青クマのように目の下の皮膚を引っ張ってみて色が薄くならなければ茶クマです。

黒クマの確認方法

黒クマは加齢やむくみによって皮膚がたるみ、たるんだ部分からできる影が黒クマです。光を当てた時にクマが消えたら黒クマであると考えられます。
コンシーラーでクマを隠す場合、青クマにお悩みの方はオレンジ系のカラーを選びましょう。
しかし、朝起きたらクマができていたけれど突然の事でコンシーラーなんて持っていないなんて事もありますよね。そんな時はオレンジ系のリップやチークでも代用出来ます。
リップやチークなら手持ちでまかなえる方も多いのではないでしょうか?チークはパウダーチークよりもクリームチークの方が使いやすいです。
ベースメイクは液状の物からパウダー状の物へと仕上げて行きます。コンシーラーは(リップやチークも同様)リキッドファンデーションを使用する場合にはファンデーション後、パウダーファンデーションを使用する場合はファンデーションの前に使います。
コンシーラーは直接顔に乗せるのではなく一度手の甲にとってから少量ずつクマの部分に乗せていきましょう。クマ一帯に塗るのではなく、クマの上にちょんちょんとピンポイントで置いて指の腹で優しく叩き込むように馴染ませます。
W8irohvbidlmkia4ohi4
リキッドファンデーションを使っている方はフェイスパウダーで仕上げるとさらに肌馴染みが良く綺麗に見えます。ベースメイクが完成したら下まぶた全体にシャイニー系のアイシャドウを乗せると、光の反射で目元を明るく見せてくれます。
茶クマを綺麗に隠してくれるカラーはベージュ系です。肌色よりもやや暗めのベージュを選びましょう。しかしここで注意したいのはコンシーラーの選び方です。元々肌にかかるダメージからできてしまった茶クマには更なるダメージは御法度です。ペンシル、スティック、クリーム、リキッドと4種類のコンシーラーがありますが伸びがよく、緩めのテクスチャであるクリームかリキッドタイプのコンシーラーを選びましょう。
また、合わせて使いたいのがハイライトです。ではどのように隠せば良いのでしょうか?メイク法を見てみましょう。
茶クマができやすい人はベースメイクにはUVカット効果のある物を取り入れなるべくダメージを受けないようにしましょう。また、メイクがよく馴染む、シワまで綺麗にカバーが出来るといった効果でブラシやスポンジを使う人も多いと思いますが、目元のカバーは指の腹を使って行ってください。スポンジによる摩擦は肌への負担が大きくなります。
青クマと同様にベースメイク、コンシーラーまで仕上げたら頬にチークを入れます。肌への密着度が高いクリームタイプのハイライトはクマを隠したコンシーラーの下に入れましょう。チークとコンシーラーの境目をハイライトでぼかすように馴染ませる事で自然なグラデーションが生まれクマが目立たなくなります。
パウダータイプのハイライトは、粗めのパールが入った物を選びましょう。ラメが光に反射して明るい場所ではクマがある事が分からなくなるほど効果があります。
黒クマにはイエロー系のカラーもしくは、パールの入ったコンシーラーがオススメですが、さらに試してみたいのが口紅です。使わなくなって余っている口紅や赤リップでも大丈夫です。
黒クマを隠すメイクもまずはベースメイクを仕上げ、コンシーラーを入れる前に目元に大きく赤い口紅を入れましょう。
Zxpbk7cxs8jchmgaptu4
口紅の上から通常通りコンシーラーを乗せてコンシーラーと口紅を馴染ませ、更に肌と馴染ませるように段階的に馴染ませましょう。伸ばすように塗ると口紅が広がってしまいますので叩き込むように馴染ませます。
ある程度馴染んだらファンデーションで仕上げてください。それでもまだ薄っすらクマが残るようでしたら目元にパールカラーを入れます。パールが光を集めて明るさをプラスしてくれるので影が薄くなります。
口紅をプラスする事で血色のいい肌色を作り出し、暗い目元のカバー力を高めてくれます。コンシーラーやファンデーションはあくまでも馴染むようにカバーする事が目的なので濃いクマを完全にカバーしようと思うとなかなか困難です。それに比べて口紅は元々色を付ける事が目的なのでクマを確実に隠し高い効果を得られるのです。
目元にも使った口紅やチークを使って印象的なポイントメイクを取り入れてみるのもオススメです。
口元や頬に注目を集める事でクマへの視線が向かなくなります。また、しっかりとアイラインを引いてはっきりとしたまつ毛を仕上げる事でクマよりも目元そのものの印象の方が強くなりクマが目立ちにくくもなります。
完璧に隠したクマのメイクは完璧に落としましょう。しっかりと落としきれず顔に残った化粧品は洗顔後の化粧水や美容液と共に徐々に皮膚の中へと染み込んで色素が沈着し、シミやクマの原因となります。簡単にメイクを落としてパックをしたりなんて行為は絶対にNGですよ。
Vr2vmnmuit3bfpjwquf5
また、強く押さえたり擦ってしまいがちな拭き取りクレンジングは肌へのダメージが増えてしまうので特に茶クマに悩んでいる人にはオススメしません。ジェルやオイルのクレンジングを手のひらで温めて溶かすように丁寧にメイクを落としてあげてください。
今まで上手くクマを消す事が出来なかった方はメイク方が正しくなかったのかもしれませんね。コンシーラーも正しく使えるようになると厚塗り感が出ず自然な肌に仕上げる事が出来るようになります。なにかとマイナスな印象を出してしまうクマですが綺麗に消して肌の若返りを実現しましょう。
E015mz65sqqbwq193tk6
綺麗に隠せるのもいい事ですが、いつまでも隠し続けるのではなく、クマを解消する事も心がけてみませんか?
Ifbbkp7az2jty4flilnk
食生活や生活習慣の見直しやちょっとの時間で出来る簡単なマッサージでクマの解消ができます。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bf095PIB2HV/?tagged=%E3%83%89%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B5%E3%83%BC