Nh5h4ra4dz3pqvrzj8wl

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

【カバー力の高いコンシーラーまとめ】肌悩み別!アイテム選びのポイント

2020.07.13

コンシーラーはひとつあると悩んでいる部分を隠せたりメイク直しにも便利ですよね。最近ではプチプラでカバー力の高いアイテムもたくさん販売されています。そこで今回はカバー力の高いコンシーラーの選び方のポイントをお肌の悩み別に紹介しちゃいます。

  1. そもそもコンシーラーって何?
  2. コンシーラーの種類
  3. コンシーラーで隠したい悩み
  4. クマを隠したい
  5. ニキビ・ニキビ跡を隠したい
  6. シミ・そばかすを隠したい
  7. ほうれい線を隠したい
  8. カバー力を引き出すコンシーラー選びのポイント
  9. コンシーラーの使い方
  10. カバー力を高めるメイク術
  11. カバー力の高いオススメコンシーラー
  12. カバー力の高いコンシーラーまとめ
X6thrtkdzxmvfonuhxyg
コンシーラーは部分用ファンデーションとも呼ばれていて、ある一部分だけをピンポイントにカバーするためのファンデーションです。通常のファンデーションでは隠しきれない部分を補うのにとっても便利なアイテムです。通常のファンデーションだけで隠そうとするとどうしても重ねて塗る事になってしまい、厚化粧に見えてしまうのです。そこでコンシーラーで部分的に塗ることで隠してくれるのです。
U6lfkpu7uoaltg33lshh
でもひとくちにコンシーラーといっても実は種類があるんです。大まかに分けるとコンシーラーには全部で4種類になります。それぞれどんな性質なのでしょうか?まずはそこから順を追って種類別にご紹介していきます。

1.リキッドタイプ

Oyrccjpi2bj7gmvy4lxp
リキッドタイプのコンシーラーは筆やチップで直接塗るタイプのものが多いので、肌に優しいのが特徴です。皮膚が薄くて敏感な目元や、広範囲に塗りたい場合などに便利です。また伸びが良く薄く塗りたい場合にも向いています。

2.クリームタイプ

P56tlkxs8foz4tyga7e5
クリームタイプのコンシーラーは伸びがよくカバー力も抜群です。パレットに複数色ある場合もあり、自分の肌に合った色に調節したり、場所によって色を使い分けるなども可能です。クリームにも柔らかいものや固いものなどの種類があることもあり、用途によって使い分けることができます。

3.スティックタイプ

O4mwb17oavsfuyaldyh0
トントンと直接肌に乗せていくのがスティックタイプのコンシーラーです。伸びはあまりよくありませんが、肌に密着しやすいため、カバー力が高いアイテムです。

4.ペンシルタイプ

Gn3zripkx7klrhqsmy3v
ペンシルタイプのコンシーラーは伸びはよくありませんが、小さなシミや線をなぞる場合にとても便利なアイテムです。肌荒れの原因にもなりますので、乗せる時にガシガシ強く書かないようにしましょう。
Aouk82zwwkj7t1n6x86u
毎日鏡を見てメイクしているとコンプレックスが見つかることもあると思います。でもそのコンプレックスが部分的なものならコンシーラーで簡単に隠す事ができます。悩みによって使用するコンシーラーの種類やカラーもも違ってきます。ここからはお悩み別にぴったりのコンシーラーとカラー選びについて紹介していきます。
Fkowopiuxjxyjryawsyi
クマを隠す場合にはリキッドタイプ、またはクリームタイプのコンシーラーがおすすめです。目元は皮膚が薄いので筆やチップなどで優しく載せられるものが肌への負担が少なくオススメです。青っぽいクマにはオレンジ色かピンクのコンシーラーを、黒いクマにはベージュ系、茶色いクマにはイエロー系のコンシーラーがオススメです。
Nakwxcvpyfgbtyybt9ur
ニキビやニキビ跡を隠す場合はクリームタイプやスティックタイプのコンシーラーが密着度が高いのでオススメします。また注意点なのですが、ニキビを隠す場合は油分の多いコンシーラーを使用しないようにしましょう。コンシーラーの油分によってニキビに悪さをし、炎症を起こす可能性があるためです。心配な場合は薬用のコンシーラーを使用する事をオススメします。またカラーはイエローやベージュ系がうまく隠すことができます。
Sf5n7cwzii8exhf6ah3n
シミ・そばかすを隠す場合はスティックタイプ、クリームタイプ、ペンシルタイプのコンシーラーがオススメです。小さくて薄いシミ・そばかすにはスティックタイプ、ペンシルタイプ、大きくて濃いシミ・そばかすにはスティックタイプ、クリームタイプとコンシーラーの種類を使い分けるのがいいでしょう。カラーはファンデーションと同じ色か、または少し暗めの色を選ぶと綺麗に仕上がります。
Vgsxkf7bzh8eb9x8pnm8
ほうれい線を隠す場合にはペンシルタイプかリキッドタイプをオススメします。シワも皮膚の薄い箇所にできることが多いので優しく付けられるものがいいですね。カラーはイエローかオレンジ系のものがほうれい線の影を消してくれますのでオススメです。
Arbrdmed8sz1m7mbacy1
このようにコンシーラーにはたくさんの種類があります。その中でもちゃんと本来のカバー力を発揮させるためには自分の肌に合ったコンシーラーを選ぶのが最も重要になります。大事なのは自分の悩みを解決してくれるタイプに合ったコンシーラーを選ぶことです。どんなにいい商品でも用途に合っていないとかえって悩みが目立つ事になってしまいます。またカラー選びも重要になってきます。変に白浮きさせたりしないためにもきちんと自分の肌の色を確認して選ぶ事がポイントです。
Abqj0yaavq0lktcngqzc
では実際にコンシーラーはどのように使ったら良いのでしょうか?用途によって使い方も少しずつ違ってきます。では実際の使い方をお悩み別にご紹介します。

クマを隠す場合の使い方

Niuv2yogzb0euzmhflkj
クマを隠すには、コンシーラーは塗るというよりトントンと乗せる感じで使用しましょう。頬側から目に向かってつけていきます。クマの部分とそうでない部分はぼかすようになじませましょう。こうすることでクマを隠すためのコンシーラーが変に浮いて目立つ事がなくなり、自然な仕上がりになります。

ニキビ・ニキビ跡を隠す場合の使い方

Jlmsg6wsolshqz3pysgy
ニキビを上手に隠すコツは、コンシーラーをニキビの周りからトントンと乗せていくことです。クリームタイプのコンシーラーを使用する場合はチップなどを使うと塗りやすいですよ。コンシーラーを塗った部分と他の部分をなじませるのも忘れないようにしましょう。ニキビの部分が白浮きして、かえって目立つ結果になってしまいますので気を付けましょう。

シミ・そばかすを隠す場合の使い方

Rfckfviomtbea6zdnvcu
シミ・そばかすを隠す場合は広範囲にコンシーラーをトントンと乗せ、だんだんぼかすようにつけていくのがコツです。小さなシミ・そばかすならペンシルでトントンと乗せるようにしましょう。その後チップや綿棒などでぼかすと目立たずに綺麗に仕上がります。

ほうれい線を隠す場合の使い方

Zhgfb3gap0jqnmbb7rgk
ほうれい線に沿ってトントンとコンシーラーを乗せていくのがポイントです。その後はコンシーラーを薄く伸ばしぼかすと綺麗に仕上がります。厚く塗りすぎるとメイクがよれた時に余計にほうれい線が目立つ結果になってしまいますので、重ね塗りすぎないように注意しましょう。
Hz33sf1yy1iz5xkwrmmw
では実際にコンシーラーを含めたメイクの手順をご紹介いたします。1.まずは洗顔後にきちんとスキンケアしてうるおいをを閉じ込めてくださいね。2.次に下地を塗ります。3.次に通常使用しているファンデーションを塗ります。4.ここでコンシーラーを乗せます。用途別の使い方に沿って丁寧に塗ってくださいね。5.最後にフェイスパウダー等で仕上げをします。きちんと順を追ってメイクすることで長時間でも崩れにくくなりますの参考にしてみてくださいね。
Grw9tcunzugbtfwrmhpd
ではここからは実際にどんな商品があるのか見ていきましょう。コンシーラーだけでもたくさん種類があってわからない、選べないという方のためにオススメのアイテムを厳選しました。プチプラアイテムから定番アイテムまでタイプ別に分けてご紹介しますので、自分の肌の用途に合ったアイテムを探してみてくださいね。

リキッドタイプ

ブリリアージュ リキッドコンシーラー アイスポットレスポンサー EX02
価格 ¥ 2,613
こちらのブリリアージュ リキッドコンシーラー アイスポットレスポンサーは日本人の肌の色に合わせて作られたコンシーラーで、様々な肌の色に対応しているようです。また伸びもよくうるおいもあります。とても綺麗にカバーできる上、ハイライトのように使うこともできるようです。
メイベリン SP ミネラル コンシーラー ロングキープ 02 ナチュラル
価格 ¥ 958
こちらのメイベリン SP ミネラル コンシーラー ロングキープはリキッドタイプのペンシル型コンシーラーです。伸びがよくまたリキッドタイプながらカバー力もあって長時間崩れにくい優秀アイテムです。1,000円以下というプチプラながらコスパの良い商品だと思います。

クリームタイプ

インテグレート パーフェクトカバー アイベース クリーム 2.6g パウダー 1.3g
価格 ¥ 1,200
こちらのインテグレート パーフェクトカバー アイベース クリームはクリームタイプのコンシーラーです。またパウダーも付属しているので、仕上がりをよりナチュラルにすることができます。目元に特化したコンシーラーなのでクマを隠すのに最適なアイテムです。
セザンヌ パレットコンシーラー 4.5g
価格 ¥ 734
こちらのセザンヌ パレットコンシーラーはクリームタイプのコンシーラーです。3色あるのでそのままでも混ぜて使うこともできます。プチプラで使い勝手のいいコンシーラーです。

スティックタイプ

インテグレート グレイシィ コンシーラー (シミ・ソバカス用) ライトベージュ (SPF26・PA++) 3g
価格 ¥ 972
こちらのインテグレート グレイシィはシミ・そばかすに特化したプチプラスティックコンシーラーです。しっとりしていてカバー力もあります。紫外線対策もできるのが特徴です。
マキアージュ コンシーラースティック EX 1 (ライト) 3g
価格 ¥ 2,700
こちらのマキアージュ コンシーラースティックは、肌によくなじむカバー力抜群のコンシーラーです。お肌をきれいに仕上げてくれるようです。

ペンシルタイプ

(マステブ) MustaeV スポットイレイサーコンシーラーペンシル しっとり保湿 しっかりカバー(01.ナチュラルカバー) [並行輸入品]
価格 ¥ 1,300
こちらのマステブ スポットイレイサーコンシーラーペンシルは細かいところまでしっかりとカバーするペンシルタイプのコンシーラーです。肌に乗りやすく、ペンシルタイプなので輪郭を取ったりするのにも大変重宝するアイテムです。
Lnqrquk2u86rf0mbomeo
いかがでしたでしょうか?コンシーラーにはいろいろな種類がありましたが、お肌の色や悩みの合わせて使うことできれいに見せてくれるアイテムです。また肌しいメイク方法にコンシーラーを加えることによって、カバー力も上がります。オススメのアイテムを参考にして、自分にあったコンシーラーを見つけてみてくださいね。それではまたお会いしましょう。