Zdj5d2bzdpdargoz7mji

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

人気の酵素洗顔ランキング|毛穴の角栓・黒ずみもスッキリ除去!

2018.03.20

洗顔では落としきれない毛穴の汚れや顔のくすみ。こんな悩みにおすすめなのが酵素洗顔です。毛穴に詰まった古い角質や皮脂を取り除くことができると人気でランキングなどもいろいろあります。この記事では、酵素洗顔についてやおすすめランキングをご紹介します。

  1. 酵素洗顔って何がいいの?
  2. 酵素洗顔のメリットとデメリット
  3. 酵素洗顔の使い方
  4. 酵素洗顔ランキング 1 オバジC 酵素洗顔パウダー
  5. 酵素洗顔ランキング 2 suisai ビューティクリアパウダーウォッシュ
  6. 酵素洗顔ランキング 3 ミノン アミノモイストクリアウォッシュ パウダー
  7. 酵素洗顔ランキング 4 オルビス パウダーウォッシュプラス
  8. 酵素洗顔ランキング 5 シーボン化粧品 フェイシャリスト ファーメントパウダー
  9. 酵素洗顔ランキング 6 パパウォッシュ(papawash)
  10. 酵素洗顔ランキング 7 ナールスフォーム
  11. 酵素洗顔ランキング 8 スノーパウダーウォッシュ / クレソワン
  12. 酵素洗顔ランキング 9 アスティ 桃潤肌 酵素洗顔パウダー
  13. 酵素洗顔ランキング 10 カネボウ リサージ クリアフォーミュラ<ディープクリーンパウダー>
  14. 酵素洗顔のおすすめが知りたい!まとめ
Wezknaov17ydx2b0jwmw
クレンジングや洗顔をしても残ってしまう毛穴の汚れや肌のくすみ。そんなお悩みを解決してくれるかもしれないのが酵素洗顔です。酵素は毛穴の詰まりや古い角質を分解して取り除いてくれますが洗浄力が強いので肌を痛めてしまうこともありますので注意が必要です。

酵素を利用して角質や皮脂を洗い流す洗顔方法

K2il0pxx8aea1xky5lkb
タンパク質の一種である酵素のタンパク質や脂肪を分解するという効果を利用して、古い角質や皮脂、毛穴の詰まりを分解して洗い流してくれるのが酵素洗顔です。酵素洗顔を試してみるなら、自分の肌に合っているかをチェックして選ぶようにしましょう。

タンパク質分解酵素と皮脂分解酵素

Ilu7asiwvqg852lbtxme
タンパク質分解酵素というのは主にプロテアーゼ・パパイン酵素で、普段の洗顔では取り切れない古い角質を分解する働きをもっています。皮脂分解酵素リパーゼには皮脂を分解する働きがあります。タンパク質分解酵素と皮脂分解酵素の働きを利用することで、毛穴に詰まった皮脂や古い角質まで取り除いてくれます。
X9ayqzjltrc0iaoyj0ej
どんなに効果のある酵素洗顔料でも、メリットもあればデメリットもあります。デメリットをちゃんと知って、正しく使うようにしましょう。洗浄力の強さで古い角質を落としてくれる酵素洗顔料には、保湿成分を配合しているものもあります。

古い角質や角栓を取る

Mo5andmyeq7j6564uvdg
酵素洗顔料に使う酵素にはたんぱく質と脂肪を分解する働きが期待されていて、その酵素の力で古い角質や毛穴の詰まり、黒ずみを分解して落としやすくします。くすみの原因となる溜まった古い角質を分解する酵素や、毛穴の詰まりの原因である皮脂を分解する酵素の働きはゆるやかかもしれませんが、使い続けることで毛穴の詰まりや黒ずみを取り除く効果が期待できます。

ターンオーバーを正常にする

Ejcx89taw1536synb8kj
酵素洗顔の効果として遅くなったターンオーバーを正常化したり、古い角質・角栓を取り除いたりする働きがあります。古い角質や皮脂が分解されると、新しい角質を作ろうする皮膚が本来もっている力の正常化が期待できるんです。

酵素洗顔のデメリット

Fmhn7awjtuo7haabryjz
酵素洗顔料も間違った使い方をすると逆に肌トラブルの原因になってしまう場合があります。まだ分解する必要のない角質を分解して落とすことで、ターンオーバーが乱れてしまいます。また皮脂を取り過ぎることで、肌のバリア機能が低下し、お肌を守ろうと皮脂が過剰に分泌されることにもなってしまいます。

毎日使う必要はない

Uue7pnafknlo7e3lnmgk
酵素洗顔料は毎日使う必要はありません。使用頻度について酵素洗顔料にも記載がありますが、週に1回程度から始めましょう。早く効果をだすために洗顔の度に使うというのは、肌トラブルの元です。
洗顔料はしっかり泡立てて使うのが正しい洗顔の基本です。酵素洗顔料もしっかり泡立ててやさしく洗います。手で泡立てるのが上手くいかない場合は、泡立てネットを使ってみるのもいいですね。酵素洗顔に限らず、ゴシゴシと擦っ手洗顔するのはNGです。しっかり泡立てて使うためにも、泡立ちの良い酵素洗顔料を選びましょう。

週1回でお肌の様子をみる

Qyr12nblemgzrlapak4o
お肌は寝ている間に修復されます。ですから酵素洗顔はまず夜に週1回から始めましょう。酵素洗顔を行ってみて赤みが出たりヒリヒリしたりということがなければ回数を増やしてみてもいいかもしれません。

洗顔後はしっかり保湿

Rkjfv5t501a9sdh72n4d
酵素洗顔後は古い角質や皮脂が取り除かれ、水分が蒸発しやすくなっています。しっかりと保湿を行わないと乾燥肌になってしまいます。
引用: http://www.obagi.co.jp/~/media/com/obagi/c-powder-wash/img_149445_01.jpg
タンパク分解酵素(プロテアーゼ)と皮脂分解酵素(リパーゼ)を配合。うるおいを守りながら毛穴の汚れや古い角質を取り除いてくれます。
Nz1pdmd6tsdsqelfjync
引用: http://kao-h.assetsadobe3.com/is/image/content/dam/sites/kanebo/www-kanebo-cosmetics-jp/suisai/products/ferment/bcp/bcp-article-a-img-main-s.png?fmt=png-alpha&wid=640
タンパク分解酵素(プロテアーゼ)と皮脂分解酵素(リパーゼ)を配合。毛穴の詰まりや黒ずみ、古い角質を取り除いてくれます。
引用: https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_minon-aminomoist/products/img/product_ph006.png
タンパク分解酵素(プロテアーゼ)配合。古い角質を取り除いてくれる、敏感肌でも使える優しい処方になっている。
引用: https://www.orbis.co.jp/cms/small/1155020/images/1155020_800_4.jpg
タンパク分解酵素と皮脂分解酵素を配合。普通の洗顔では落としきれない毛穴に詰まった古い角質と皮脂の汚れを分解して取り除いてくれます。
引用: http://www.cbon.co.jp/img/goods/L/A1100712.jpg
バイオテクノロジーを応用してつくられたタンパク質分解酵素を配合。くすみの原因になる古い角質を取り除いてくれます。
引用: https://www.papawash.co.jp/upload/save_image/06021320_556d2f1847788.jpg
タンパク質分解酵素(天然パパイン酵素)配合。うるおいを残しつつ古い角質や毛穴汚れを分解して取り除いてくれます。
Mzxy8x8jsgfmyxf4t8ul
引用: https://image1.shopserve.jp/nahls.co.jp/pic-labo/foam_n.jpg?t=20170627164450
タンパク質分解酵素(天然パパイン酵素)配合。たっぷりの泡立ちで毛穴の黒ずみや古い角質を取り除いてくれます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/21MxEAQB7WL.jpg
タンパク質分解酵素(プロテアーゼ)配合。肌に溜まった古い角質を取り除いてくれます。
引用: http://www.asty-cosme.com/wp-content/uploads/2017/11/momopwd_eye.jpg
タンパク質分解酵素(プロアテーゼ)配合。肌に負担をかけずに古い角質を分解して取り除き、保湿成分が肌のうるおいを守ってくれます。
引用: https://www.kanebo-cosmetics.co.jp/products/img/thumb/l/2014835.jpg
タンパク分解酵素(プロテアーゼ)と皮脂分解酵素(リパーゼ)を配合。毛穴に詰まった古い角質や皮脂、くすみの原因の溜まった角質を分解して取り除いてくれます。
L1xkx9flkk3pkentukky
酵素洗顔のメリット・デメリットや酵素洗顔ランキングをご紹介しましたがいかがでしたか?酵素洗顔料は普段の洗顔では落としきれない毛穴の詰まりや古い角質を取り除いてくれますが、誤った使い方をすると肌トラブルの原因となってしまいます。正しい使い方や使用頻度を心がけて、自分の肌に合った酵素洗顔料を見つけましょう。敏感肌には不向きな洗顔ですし、効果がでるまでにも時間がかかりますが、焦らず使うことが大切です。