Lrfbbqze7ow1epuz5xae

ファッション

CATEGORY | ファッション

夏のスキニーコーデ10選!暑い季節のトレンドカラーをご紹介!

2018.05.26

もう、いまや定番アイテムとなったスキニー。夏はどうしても肌を見せがちなコーディネートをしがちですが、肌を見せずに女性らしいラインが出せるのもスキニーの魅力。今年トレンドカラーを取り入れた、暑い夏を涼しげに見せるスキニーコーデをご紹介します。

  1. 2018年夏の流行は?
  2. 夏のスキニーコーデ10選
  3. 夏のスキニーコーデ10選 透け素材
  4. 夏のスキニーコーデ10選 ロングカーディガン
  5. 夏のスキニーコーデ10選 ウルトラバイオレット・ラベンダー
  6. 夏のスキニーコーデ10選 ピンク
  7. 夏のスキニーコーデ10選 イエロー
  8. 夏のスキニーコーデ10選 グリーン、ライトブルー
  9. 夏のスキニーコーデ10選 モノトーン
  10. 夏のスキニーコーデ10選 ストライプ
  11. 夏のスキニーコーデ10選 花柄
  12. 夏のスキニーコーデ10選 手持ちアイテム+α
  13. まとめ
引用: https://www.pantone.com/images/pages/21328/Pantone-Fashion-Color-Trend-Report-New-York-Spring-2018-Article.jpg
スキニーコーデに行く前に、まずはニューヨークファッションウィーク2018年春・夏に登場した今年トレンドをご紹介していきます。2018年春夏の特長はなんといってもパステルカラーと透け感のある素材。どの色も、透け感のある素材も、抵抗なく取り入れられそう!詳しく見ていきましょう。素材、カラー、柄の順にご紹介していきます。

トレンドの素材 トランスペアレント

引用: https://assets.vogue.com/photos/59bfa03d15054a57c0bc485b/master/pass/_LLL3023.jpg
チュールやシースルーといった透け感のある素材を重ねたもののことです。一枚だけだと透けすぎでも、何枚か重なることで肌が見えすぎず、優雅なシルエットに。

トレンドカラー ラベンダー

引用: https://www.pantone.com/images/pages/21328/Pantone-Fashion-Color-Trend-Report-New-York-Spring-2018-Swatch-Pink-Lavender.jpg
2018年春夏のトレンドカラーのパステルカラー。その中でも注目がラベンダーです。全体をラベンダーで統一したり、パステルの同系色でまとめるスタイルがファッションウィークでも多く見られました。清涼感の漂う色の中でも着る人を選ばないやさしい色合いは暑い夏にぴったり。

トレンドカラー ミレニアムピンク

引用: https://www.pantone.com/images/pages/21328/Pantone-Fashion-Color-Trend-Report-New-York-Spring-2018-Swatch-Blooming-Dahlia.jpg
ミレニアルピンクとは、サーモンピンクやピーチ、ローズクォーツなど淡いピンク色の総称です。2017年はピンクの色と言われましたが、2018年になってもその勢いは衰えるどころか加速の一途。アメリカではファッションだけでなく、雑貨やコスメ、スイーツまでもミレニアムピンクに染まりつつあります。誰でも取り入れやすい色味なのがうれしいところ。

トレンドカラー レモンイエロー

引用: https://www.pantone.com/images/pages/21328/Pantone-Fashion-Color-Trend-Report-New-York-Spring-2018-Swatch-Meadowlark.jpg
ファッションウィークでもレモンイエローのシフォンドレスやシフォンブラウスなどが沢山登場しました。黄色はハードルが高いですが、レモンイエローならオンでもオフでもいけそうですね。

トレンドカラー グリーン

引用: https://www.pantone.com/images/pages/21328/Pantone-Fashion-Color-Trend-Report-New-York-Spring-2018-Swatch-Arcadia.jpg
あまりトレンドカラーにはなってこなかったグリーン。今年の春夏は他のパステルカラーと違い、グリーンだけはダークグリーンから鮮やかなグリーン、淡いものまで登場してきました。スーパーモデルやセレブのように鮮やかなグリーンは無理でもダークグリーンなら黒とは違った雰囲気も出せて楽しめるカラーですね。

2018年のトレンドカラー

引用: https://www.pantone.com/images/pages/21328/Pantone-Fashion-Color-Trend-Report-New-York-Spring-2018-Swatch-UltraViolet.jpg
ラベンダーやピンクはパントン社が発表した2018年春夏のトレンドカラーです。これ以外にパントン社は2018年の課カラーも発表しています。それがウルトラバイオレットです。

トレンドの柄 ドット

引用: https://assets.vogue.com/photos/59b421f59291c61063cd73ce/master/pass/_JIL0094.jpg
今年の春夏コレクションではドット柄も登場。中でも注目は「ポルカドット」というもの。これはちょっとレトロな雰囲気のある、大きすぎず、小さすぎないサイズのドット柄です。ちなみに、ポルカドットより大きな水玉をコインドット、小さなものをピンドットといいます。今年のトレンドカラーはパステルカラーですが、ドット柄はモノトーン。つまり、パステルカラーとモノトーンが同時にトレンドに。

トレンドの柄 ストライプ

引用: https://cdn.glowsly.com/wp-content/uploads/2017/09/spring_summer_2018_fashion_trends_from_New_York_Fashion_Week_vertical_stripes.jpg
ぱっと思い浮かぶベーシックなマリン風のストライブではなく、色を組み合わせたハッキリしたストライプ柄が流行の兆し。コーディネートとしては、トップスもボトムスもパターンの違うストライプの組合せというものが多く見られました。

トレンドの柄 花柄

引用: https://fivmagazine.com/wp-content/uploads/2017/09/zimmermann-fashion-women-fashion-week-new-york-high-fashion-floral-dresses-ss18-diversity-print-chic-35.jpg
昨年のトレンドにもなった花柄。2018春夏もまだまだレディースファッションのトレンド柄として人気です。 2018夏の花柄は「中花柄」や「総花柄」です。レトロな色合いや、淡い色合いでバランスもとりやすく、フェミニンな雰囲気に。チェリートマト色やウルトラヴァイオレットをボトムスにもってくればエレガントな雰囲気も作れます。
さて、いよいよ夏のスキニーコーデです。スキニーってちょっと暑苦しくなりがちですが、インスタグラマー達は暑い夏向けスキニーコーデ、どんな着こなしをしているのでしょう?
こんなコーデなら年齢も体型も選ばず、誰でも楽しめますね。透け感のある素材は通気性も良いので、暑い夏にぴったり。バックやサンダルに挿し色を盛ってくればあなただけのコーデができあがるでしょう。
丁度良い透け感のレース×デザイン袖×ミントカラーのスキニー。今年のトレンド要素をすべて盛り込んであるコーデ。パステルカラーを重ねることでフェミニンに、サンダルなどにオレンジっぽいチェリートマトをもってくれば甘々にならずに着こなせます。
レースで透け感を出したロングカーディガンとのコーデ。今年の夏はロングカーディガンも流行の兆し。レース素材なら長袖でも通気性がよく、またお肌も直射日光にあたらないので暑い思いをせずに日焼けも防げますね。カゴのレモンイエローが涼しいアクセントに。
スキニーがウルトラヴァイオレット、トップスがラベンダーのコーデ。真夏になったらチェリートマト色のサンダルにしてもかわいいですね。パステルカラーは膨張色だからイヤ、という人もウルトラヴァイオレットなら大丈夫。ちょっと足が太めさんは黒を選びがちですが、はやり夏に黒は暑いですよね。この色ならすっきり着こなせます。
ピンクに花柄。トップスは短めドット。サンダルの色で個性を出して。腰周りが気になる日とは、透け素材のロングカーディガンをコーデすればフェミニンに。暑いようなら、トップスを少し丈が長めのトランスペアレントにすれば完璧。
Tシャツとスキニーというとってもシンプルなコーデですが、イエローで今年コーデになっています。
今までイエローに挑戦したことない人は、クリームイエローから始めては?このやさしい色合いなら人を選びません。トップスのシャツはストライプで。
明るめグリーンのコーデ。トップスに白×ピンクをもってくることですっきりと着こなせています。明るい色味は若い人向けと思い勝ちですが、こんなコーデなら挑戦できそう。ちょっとハードルが高いと感じがなら、トレンドアイテムの透け素材ロングカーディガンをプラスすれば解決です!
白と水色でまとめたコーデ。暑い夏には2色でまとめるのもすっきりします。
コレクションで発表されたドットがモノトーンだった影響で、ギンガムチェックが人気再沸騰の兆しです。モノトーンとはいえ、黒いスキニーは暑いですから、グレーやラベンダー色などを持ってくるのもよいでしょう。ギンガムチェックだから黒か白のスキニーじゃなきゃいけない!なんてことはありませんからね。
今年のストライプはハッキリした色合いのもの。同系色でまとめることでスッキリしたコーデに。もともとパステルカラーは膨張色と言われているので、ストライプもパステルカラーを選ぶのは危険。ハッキリくっきりしたストライプの方がすっきりします。
王道中の大道。スキニージーンズにシフォンの花柄ブラウス。さらに今年のトレンド、オフショルダー。肩出しに抵抗があるなら、透け素材のカーディガンをはおっても素敵。これなら誰でも今すぐ取り入れられるコーデですね。
誰でも1枚は持っている白いシャツに、黒いスキニー。これはもうみんなが持っている定番アイテムなのでは?これに今年のトレンドをプラスするには、ヒールやサンダルに明るめのパステルカラーを持ってくること。ウルトラバイオレットでもよし、明るいグリーン、レモンイエロー、チェリートマト。そんなトレンドカラーをサンダルでプラスするだけで今年コーデができちゃいますよ。
今年の夏のトレンドとインスタグラマー達のスキニーコーデをご紹介しました。今年のトレンドカラーは誰にでも取り入れやすい色ばかりですので、スキニーは黒しか持っていない、、、という方も是非試してみて下さい。暑い夏をさわやかカラーで乗り切りましょう!