H6ejqgctdcx7cmetlwy1

ファッション

CATEGORY | ファッション

夏に長袖は暑苦しい?涼しい着こなし方やレディーストレンドご紹介!

2018.05.26

皆さん、夏に長袖ってどう思いますか?暑苦しい!!夏は半袖でしょ?そんな意見が聞こえてきそうですが、夏にこそ長袖!という人が増えています。周りの人に暑苦しく感じさせないにはどうしたら良い?今日は夏の長袖の涼しい着こなし術をレディーストレンドと一緒に伝授します。

  1. 夏に長袖を着る理由とメリット
  2. 2018年夏のレディーストレンド
  3. 2018年夏のレディーストレンド カラー
  4. 2018年夏のレディーストレンド 素材
  5. 2018年夏のレディーストレンド 柄
  6. 2018年夏のレディーストレンド デザイン・アイテム
  7. 2018年夏のオススメ長袖 
  8. 2018年夏のオススメ長袖 ①フレアスリーブ
  9. 2018年夏のオススメ長袖 ②ボリューム袖
  10. 2018年夏のオススメ長袖 ③透け素材
  11. 2018年夏のオススメ長袖 ④柄
  12. 2018年夏のオススメ長袖 ⑤薄手カーディガン
  13. 夏の長袖着こなし方 まとめ
Mzpw8ypgdkkfjy77nqgs
引用: https://static.zara.net/photos///2018/V/0/1/p/7484/061/064/2/w/1024/7484061064_6_1_1.jpg?ts=1520965255619
夏に長袖を着る理由、これはもうなんと言っても、紫外線・日焼け対策でしょう。これは夏=半袖、長袖=暑苦しいの人には理解しがたいことのようですが、直接太陽が肌に当たらないので、かえって涼しいんです。それに真夏の直射日光ってかなり強い。肌が真っ赤になってしまったり、汗をかいたままで肌がかぶれてしまったり。それに夏用の長袖は通気性や速乾性のある生地を使用しているので、ムレることもなく涼しく過ごせます。
引用: https://www.pantone.com/images/pages/21328/Pantone-Fashion-Color-Trend-Report-New-York-Spring-2018-Article.jpg
夏の長袖って皆さんどんなアイテムをお持ちですか?とにかく日焼けが嫌だからUV加工のカーディガン、という人。でも夏用とはいえ、カーディガンってちょっと暑苦しい日もありますよね?たまには今年のトレンドを取り入れて、涼しい夏のおしゃれを楽しんでみませんか?まずは今年2018年夏のレディースファッションのトレンドを見て行きましょう。
引用: http://www.fashiontrendsetter.com/v2/wp-content/uploads/2017/09/PANTONE-SS18-Fashion-Color-Report-Feat.jpg
引用: https://www.jafca.org/global-image/units/img/9459-1-20180102170404_b5a4b3cf4ec077.jpg
今年の春夏のレディーストレンドカラーはパステルカラー。色の権威、アメリカのパントン社が発表した2018年春夏のトレンドカラーはパステルカラーとアースカラーでした。中でもラベンダーとピンク、また、日本のJAFCAが発表したビジョナリーミントは抑えておくべき。どの色もやさしく涼しい色合い。

ラベンダー

引用: https://www.pantone.com/images/pages/21328/Pantone-Fashion-Color-Trend-Report-New-York-Spring-2018-Swatch-Pink-Lavender.jpg
2018年春夏のトレンドカラーのパステルカラー。その中でも注目がラベンダーです。全体をラベンダーで統一したり、パステルの同系色でまとめるスタイルがファッションウィークでも多く見られました。清涼感の漂う色の中でも着る人を選ばないやさしい色合いは暑い夏にぴったり。

ミレニアムピンク

ミレニアルピンクとは、サーモンピンクやピーチ、ローズクォーツなど淡いピンク色の総称です。2017年はピンクの色と言われましたが、2018年になってもその勢いは衰えるどころか加速の一途。アメリカではファッションだけでなく、雑貨やコスメ、スイーツまでもミレニアムピンクに染まりつつあります。誰でも取り入れやすい色味なのがうれしいところ。

ビジョナリーミント

引用: https://assets.vogue.com/photos/59bec93cb943c74f7b69022d/master/pass/_EMP0971.jpg
JAFCA・日本流行色協会ってご存知ですか?アパレルファッション、プロダクツ&インテリア、化粧品、学校等多業種の会員により構成されたカラーデザインに関する様々な活動をしている団体です。そんなJAFCAが今年のトレンドとして発表したのが、ビジョナリーミント・明るいミントカラーです。さわやかな色合いはニューヨークコレクションとトレンドカラーと同列ですね。
引用: https://assets.vogue.com/photos/59bec489a5c8af4ee4c51f16/master/pass/_EMP0299.jpg
透け感のある素材を何枚か重ねるのが今年のレディースファッションのトレンド。やわらかいフォームで女性らしく、涼しい夏が過ごせます。暑苦しい素材ではないのもうれしいところ。
春夏のレディースファッションといえば、ほぼ定番となっているのが花柄です。でも今年は花柄とは違う柄がコレクションで発表されています。

ドット

引用: https://assets.vogue.com/photos/59b421f59291c61063cd73ce/master/pass/_JIL0094.jpg
コレクションで沢山登場したドット柄。ドット柄のなかでも「ポルカドット」という種類でしたら、ちょっとレトロな雰囲気のある、大きすぎず、小さすぎない大きさ。これならドット柄初心者でも取り入れやすいのでは?

ストライプ

引用: https://cdn.glowsly.com/wp-content/uploads/2017/09/spring_summer_2018_fashion_trends_from_New_York_Fashion_Week_vertical_stripes.jpg
今年のストライプはベーシックなマリン風のストライプではなく、沢山の色を組み合わせたものや、太いもの・細いものなどアクセントのあるストライプです。

花柄

引用: https://fivmagazine.com/wp-content/uploads/2017/09/zimmermann-fashion-women-fashion-week-new-york-high-fashion-floral-dresses-ss18-diversity-print-chic-35.jpg
昨年のトレンド最盛期を迎えたに花柄は、2018春夏もまだまだレディースファッションのトレンド柄として人気です。 2018夏の花柄の種類は「中花柄」や「総花柄」です。
引用: https://fivmagazine.com/wp-content/uploads/2017/09/zimmermann-fashion-women-fashion-week-new-york-high-fashion-floral-dresses-ss18-diversity-print-chic-14.jpg
フレアスリーブなどのボリューム袖は昨年に引き続き今年もトレンドになっています。ふんわりした袖ならシルエットにも抜け感があり、涼しげに。そして、2017に人気を博したベルスリーブやバルーンなどボリューム袖。2018年の春夏もトレンドとして引き続き出てくるものの、新しく台頭してきたのが、パフスリーブ。ややボリュームダウンし、フェミニンな雰囲気に。また、透け感のある素材のロングカーディガンもトレンド。
さて、今年夏のトレンドも分かったところで、涼しく過ごせるオススメの長袖を見ていきましょう。暑苦しいなんて言わせませんよ。
Ccnr6texavu0qq8u1b1e
引用: http://zozo.jp/shop/studious/goods/18034646/?did=37495385
袖口が開いてるので熱がこもらず、涼しい。フレアスリーブはしぐさのたびに動きがでるので女性らしい雰囲気に。ボトムスの色次第でフェミニンにもカッコよくも。
Ndmpjk1zbm8x7ex7p55t
引用: http://zozo.jp/shop/studious/goods/28232258/?did=50413377
モノトーンコーデも涼しい透け素材ですので、長袖でも暑苦しいとは感じさせません。
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/309/28951309/28951309B_100_D_500.jpg
今年のトレンドカラー、ラベンダー色のタックアシメブラウス。やさしい色味なので、これなら簡単にトレンドカラーを取り入れられますね。袖にボリュームがあるので熱がこもらず暑苦しくありません。
Uoy0sso1jobxextknhgp
引用: http://zozo.jp/shop/studious/goods/28620055/?did=51003232
袖口にゴムが入っているので邪魔にならずに今年顔に。ふんわりしたシルエットが軽やかで涼しい雰囲気に。
W5q6w9vdnks05qmy9cqo
引用: https://static.zara.net/photos///2018/V/0/1/p/2182/709/064/3/w/400/2182709064_2_1_1.jpg?ts=1520428015131
透け素材とはいっても、透けすぎないのでオンでもオフでも活躍してくれる1枚。透け素材で通気性もあり、見た目も暑苦しくありません。こんな長袖は持っていても着まわせるし便利。
引用: https://i.pinimg.com/564x/5b/fe/85/5bfe8589c0dadc35f0e9d53bd7002898.jpg
透け素材で花柄が今年流。パステルカラーとあわせて。インナーやボトムスで大人カッコよくもフェミニンにも。
Snvgjr3lc7yacbm0tjkg
引用: https://static.zara.net/photos///2018/V/0/1/p/5107/046/712/2/w/400/5107046712_2_5_1.jpg?ts=1518083846286
白地に黒、黒字に白のドットが苦手な人でも、これなら流行のドット柄を抵抗なく楽しめるはず。柄だけでなく、ボリューム袖というトレンドも取り入れられています。さらにメッシュでレースの長袖ブラウス。暑苦しくなく、涼しいのでこれは是非試してほしいアイテム。ボトムス次第で大人可愛くもフェミニンにもコーディネートできます。
Gva7xpszepncuun78fk3
引用: https://static.zara.net/photos///2018/V/0/1/p/2080/418/050/2/w/400/2080418050_2_1_1.jpg?ts=1520433642050
このストライプ、よく見ると赤だけではないんです。トレンド色のビジョナリーミントも入っています。ロング丈はざっくりきればムレないですし、着回しが効くので持っていて損はないアイテムです。
Lgfbyihhru5ixmt6qzf9
引用: https://static.zara.net/photos///2018/V/0/1/p/5039/075/020/2/w/1024/5039075020_6_1_1.jpg?ts=1516815081222
確かに今年の花柄は淡いパステルカラーのものばかりですが、逆にこんな花柄も楽しいのでは?レモンイエローもオレンジも淡いグリーンも今年のトレンドカラー。みんながフェミニンな花柄を着る中、こんな雰囲気も楽しいのでは?アフリカンテイストも今年の春夏コレクションでは発表されていましたし、ボトムスにシフォン素材のスカートをもってくれば暑苦しくはありません。
すぐに脱ぎ着できる薄手の長袖カーディガンは、やはり便利アイテム。折角だから今年のトレンドを取り入れて、パステルカラーと透け感のある素材で今年顔になりましょう。見た目の涼しいですし、透け感のある素材は通気性もよいので暑苦しくありません。
Ah4henk0h3sa5oejrkh6
引用: https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/o229126278
今年のカーディガンはロング丈。ラベンダー色やピンク、ミント色で、ちょっぴり透け感がまさに今年のトレンド。カーディガンが暑苦しくて抵抗のある人も、今年トレンドの透け感のある素材なら大丈夫。
引用: https://ic4-a.wowma.net/mis/gr/114/bcimg2-a.wowma.net/bc21/u3160035/ext_cabinet/reupload/lib/nikonikoshoes/17ssoutkr626p01.jpg
レース素材も涼しいですね。レースのブラウスに抵抗があっても、カーディガンなら甘くなり過ぎず、年齢を選ぶことなく透け感を楽しめます。ロング丈でも長袖でも暑苦しいなんて言わせません。
Mvc31t9nafovqinyck5y
引用: https://static.zara.net/photos///2018/V/0/1/p/2183/270/620/2/w/560/2183270620_9_1_1.jpg?ts=1520261783289
今年の春夏トレンドをもとに長袖の着こなしをお伝えしました。長袖は暑苦しいし、、、と敬遠していた方も、今年のトレンドである透け感素材なら見た目も着心地も暑苦しくないですよ。是非この機会にチャレンジしてみて下さいね。