Lofcfbqcc2fhatflylo3

ヘアケア

CATEGORY | ヘアケア

市販の髪染め傷まない方法は?お家ヘアカラーでムラにならないコツ!

2018.10.05

美容院に行く時間もお金もないけど、ヘアカラーはしたい。でも市販の髪染めは傷むってよく聞きますよね。実は自宅で市販の髪染めを使ってもダメージを押える方法があるんです。今回はそんな市販の髪染めを傷まないように使うコツをご紹介していきます。ムラにならない方法も!

  1. 市販の髪染めを使うコツ ヘアカラー剤はたっぷりつかう
  2. 市販の髪染めを使うコツ 髪をブロッキングしてから塗る
  3. 市販の髪染めを使うコツ 放置する時間を守る
  4. 市販の髪染めを使うコツ 乳化させる
  5. 市販の髪染めを使うコツ ラップを使う
  6. 市販の髪染めを使うコツ 入浴と同時にはしない
  7. 市販の髪染めで傷まないようにするコツ トリートメント
  8. 市販の髪染めで傷まないようにするコツ シャンプーを控える
  9. 市販の髪染めで傷まないようにするコツ ヘアアイロンは使わない
  10. 市販で明るめの色にしたい場合
  11. 市販の髪染めまとめ
O7hcmhcbml0ivqxtieit
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1520908750/o7hcmhcbml0ivqxtieit.jpg
市販のヘアカラー剤を選ぶときに、箱などに書いてある髪の長さでヘアカラー剤をどのくらい使うかの目安量が書いてあるかと思いますが、あれはメーカーによっても量が全然違います。目安量よりも余裕をもって多めに買うのがいいです。実際に髪につけていくときはたっぷりと液を置くように惜しみなく使うのがポイントです。また、評判で聞いたことがあると思いますが、塗るのは染まりにくい襟足や耳の後ろ、後頭部から先に塗っていきます。そうすることで染まりやすいところとの色むらがなくなります。
Egof4fyfaqt48gk8ltqz
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1520908946/egof4fyfaqt48gk8ltqz.jpg
Ryx2srdrswcif7cqlje2
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1520909016/ryx2srdrswcif7cqlje2.jpg
ブロッキングとは、髪を小分けに束にしておくことをいいます。ヘアカラーを始める前に髪を、5個以上くらいに分けてゴムや、ピンでとめてブロッキングしてからヘアカラーをしましょう。最初にブロッキングしておくことで、塗るときに手際よく簡単に塗れるのでムラなく仕上がります。
Cdnmxxsac6p1mqvgeyqe
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1520909327/cdnmxxsac6p1mqvgeyqe.jpg
Qnwbd8c6noogzffxaixt
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1520909528/qnwbd8c6noogzffxaixt.jpg
放置する時間で、仕上がりは大きく変わります。短すぎてもムラができてしまい、長すぎても色が抜けてきてムラになります。一番は、ヘアカラー剤に書いてある時間を守るのがいいのですが、髪質や、室温などでも仕上がりは変わります。髪の太い方は長めに、髪の細い方は、短めにと工夫をしたり、室内が20度以下の寒い時期は放置時間を5~10分くらい長めにするのも効果的です。
Z8ndnlt9ky5dem2ukdz5
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1520909793/z8ndnlt9ky5dem2ukdz5.jpg
Otxbvzu1btylg7ylalyo
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1520909904/otxbvzu1btylg7ylalyo.jpg
ヘアカラーを髪に付けた後に、少量のぬるま湯で頭皮をマッサージするとヘアカラー剤が乳化します。髪全体を泡立つくらいまで乳化が出来たら、すすぎます。ヘアカラーを乳化させることで、全体にカラーを行き届かせることも出来ますし、カラーの持ちがよくなります。意外と知られていない評判のいい情報だと思います。
Q5v7f7jlbnjshnl4xr9e
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1520910204/q5v7f7jlbnjshnl4xr9e.jpg
Uruz5vgializkni9nodl
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1520910340/uruz5vgializkni9nodl.jpg
ヘアカラー剤を塗って、放置するときに、ラップを巻いて放置しましょう。美容室でもヘアカラーするとき頭を温める機械のようなものを使ったりすると思いますがその働きをラップがしてくれます。保温効果で、全体的にヘアカラー剤をいきわたらせることができたり、待っている間、液が飛び散ったりするのを防ぎますので評判がいいです。
D2vwnrynngeys4pspjwl
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1520910717/d2vwnrynngeys4pspjwl.jpg
R6vn9obndltlcxxu470x
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1520910697/r6vn9obndltlcxxu470x.jpg
よく、ヘアカラーの放置中に入浴する方がいますが、これはムラになってしまう原因なのでやめましょう。お風呂は蒸気が凄いので、ヘアカラー剤が薄まってしまったり、汗で流れ落ちてしまいます。ムラになるなどのヘアカラーの失敗だけでなく、液が目に入ってしまう恐れもあります。
Oporikwbhhpmpraamwd7
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1520910742/oporikwbhhpmpraamwd7.jpg
カラーリングを長持ちさせる方法 ①まず、カラーリングを長持ちさせる事ができない原因を紹介します。 例えば、スタイリング剤を多く付けていることが原因になっている場合があります。その為、スタイリング剤の使用は、ほどほどに行うのが大切です。また、ドライヤーの使いすぎもカラーリングの持ちを悪くする原因になる為、注意が必要です。 ②次に、どのようにすれば、カラーリングを長持ちさせる事ができるのか? まず、シャンプーやリンスは、酸性や弱酸性のものを選ぶようにします。またカラーリングをしたときは、その後、1日2日はシャンプーやリンスを我慢するといった事も大切です。 その他、カラーリングの後は、髪が傷んでいる可能性が高い為、1週間を目途にトリートメントを行い十分なケアを行っていきます。また、ドライヤーを使用する際は、髪からできるだけ離して使用する事も大切です。 カラーリングを長持ちさせるポイントとしては、とにかく、髪を大切にする事です。カラーリングした髪は、とても、傷んだ状態になっています。その為、そのまま放置してしまうと髪の傷みは激しくなり、また、カラーリングを長持ちさせる事も出来ません。その為、カラーリングを行った後は、出来るだけ髪に優しい扱いを心掛ける事が大切なポイントとなります。 以上がカラーリングを長持ちさせる方法となります。カラーリングを長持ちさせる事で費用を抑える事ができるほか、髪へのダメージも最小限に抑えることができるため、是非、お勧めしたいと思います。

Ke0hlqagqiii9hlkbloz
市販のヘアカラーはアフターケアが何よりも大事なんです。いくら美容院でヘアカラーをやってもしっかり自宅でケアしないと傷んでしまいます。市販のヘアカラーをした後は、お風呂の中で使うインバストリートメントと、タオルドライ後のアウトバストリートメントを必ずやりましょう。これだけで、ヘアカラーで失われた水分などがよみがえってきます。
引用: https://i.pinimg.com/564x/f3/26/9c/f3269c75aead1c6e7616db086b553574.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/32/6c/58/326c58307a2b8bf524b771d8693c96ee.jpg
ヘアカラーは時間がたつと髪に定着してくるので次の日には少し色が濃くなっているなど、そんな経験はありませんか?なので、ヘアカラーをしたその日のうちにシャンプーをしてしまうと、色が落ちてしまいムラになったりしま す。また、一般的なシャンプーには界面活性剤が使われているので、髪を痛めることになってしまうんです。髪が、傷まないようにするには、最低でも48時間はヘアカラーをしてからシャンプーはしない。シャンプーは髪に優しいものを使うといいです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/2a/47/2d/2a472db16adc316631960aa055847e6a.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/c0/f4/5d/c0f45deb3af7a4721af8e5cdd183d4f1.jpg
ヘアカラー後の髪はとても弱っていてもちろん熱にもすごく弱いです。高温を髪にあてることになるヘアアイロンは、ヘアカラー後3日間くらいは使わないほうが髪が傷まないです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/6a/41/0e/6a410e1d60cd119ba29ed680ec46a10c.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/64/4d/f9/644df9fd05c0667ad91a6944f13892c8.jpg
市販で明るめのカラーにしたいというときはブリーチ剤を使いますよね。ブリーチというのは脱色のことで、髪の色を抜くので明るめの色になります。このブリーチは髪のキューティクルを開かせて脱色する仕組みなので髪にものすごい負担がかかります。明るめのブリーチをした場合は、よりアフターケアをしっかりして髪にダメージを与えないようにして最小限に抑えましょう。
カラーリングした時の毛髪は かなりアルカリ性になっています。 髪は弱酸性なので アルカリ性になっていると やはり傷みの原因になります。 だから髪を弱酸性に戻さなければ なりません。 通常、美容室ではこの工程が 必ず入っています。 なので傷みの原因を取り除く アルカリオフがホームカラーには 必要です。 やり方は簡単、2リットルくらいのお湯 (タライに半分くらい)に10cc程度の アルカリオフを入れて髪にかけるだけ、 タライがない場合はアルカリオフを 霧吹きに入れて全体にかけてから シャワーして流して下さい。 その後トリートメントして下さい。

Y5s9nbhihuckynguv12d
市販のヘアカラーをするコツや、傷まないようにするコツをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?ヘアカラーは市販でも、美容院でやってもアフターケアをしっかりすれば傷まないのは同じだということが分かったと思います。ヘアカラーは、髪の水分が失われてダメージを受けやすくなります。まずは、トリートメントでしっかり保護してあげること。熱などの負担をかけないことがとても大切です。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/564x/dd/06/24/dd062467e99dfbb9bcc7bbfa4f54e848.jpg