Dgz9ahevd2cds32qnbu0

暮らし

CATEGORY | 暮らし

手作りリボンの作り方のおすすめ!必要な材料や種類もご紹介します!

2020.07.27

お店に行けばリボンがモチーフのかわいいアイテムがたくさん販売されていますよね。そんなかわいいリボンを手作りすることができます。今回は、色々なパターンのリボンの作り方のおすすめを紹介します。必要な材料やリボンの種類を知って、楽しく手作りしましょう!

  1. 手作りリボンに必要な材料
  2. 手作りリボンに使えるリボンの種類
  3. シンプルな手作りリボン
  4. 手作りダブルリボン
  5. 手作り立体的リボン
  6. ラッピングにも使える手作りリボン
  7. 手作りリボンを使っておしゃれアイテムに
  8. 手作りリボンでヘアアクセサリー
  9. 手作りリボンでコサージュ
  10. 手作りリボンでアクセサリー
  11. まとめ
Bqebx514mtl7k70r6gbx
リボンを作るのに必要な材料は、リボン・両面テープ・グルーガン・糸・ライターです。リボンは好きなものを選んでください。リボンにも種類があり、太さもバラバラです。作りたいリボンのデザインに合う柄や、太さで選びましょう。初心者向けのリボンの作り方なので、材料をリボンにしましたが、裁縫が得意な方は好きな生地を選んで、リボンの形に塗ったりして作るのもいいでしょう。生地から作ることができれば、デニムのリボンや柄のパターンも増やすことができ、大きいリボンも作れます。
Hf1ejtx2ljxf0fnhjsrq
グルーガンは接着させるための材料です。100円均一でも売っているのでそれで大丈夫です。上記の材料には書きませんでしたが、作ったリボンをアイテムにしたい場合は、作りたいアイテムの材料も必要になります。例えばリボンのヘアゴムならゴム。リボンのバレッタならバレッタ。カチューシャなどです。
Ngt8enwfanwkykbkrzzw
リボンにもたくさんの種類のリボンがありますが、ハンドメイドによく使われるリボンの種類を紹介します。リボンの種類により、ハリがあるものとない柔らかいものなど使用感が違うので、作りたいリボンのデザインに合うものを選んでください。
Vajl2shzga0tsnszxpfy

グログランリボン

平織りで 横うねがあるのが特徴で一番定番のリボンです。細い縦糸に太い横糸を織りこんで作られているので、横うねができます。横糸を細くするとうねを目立たないようにでき表面がなめらかになるので、柄がプリントされているリボンなどにもよく使用されています。 サテンリボンに比べ、固めでハリがあるので、しっかりとしたリボンを作りたいときにおすすめです。ヘアゴムやカチューシャなどのヘアアクセサリーに使用されているリボンもグログランリボンが多く使われています。

サテンリボン

なめらかな肌触りと光沢に特徴のある定番のリボンです。片面光沢と両面光沢の2種類があり、グログランリボンに比べて柔らかいリボンになっています。柔らかい素材なのでギャザーデザインなどにおすすめです。サテンリボンは、幅広い用途で使用されていて 服飾やアクセサリー、ラッピングなどによく使われています。

オーガンジーリボン

薄地で軽く透けた平織りのリボンです。ザラザラとした肌触りで上品な光沢が特徴。適度な透け感なので他のリボンと比べ、軽やかな印象があります。柔らかいのでサテンと同時ようにギャザーデザインにもおすすめで、アクセサリーやジュエリーやウェディング系にも使用されています。

シルクリボン

シルクのリボンです。光沢はサテンリボンに比べて柔らかく、オーガンジーリボンのように軽いのが特徴です。肌触りも柔らかく、 シフォンリボンのようにふわりとした印象があります。

ベルベットリボン

平織か綾織で縦糸にパイルを使ったパイル織物のリボンです。パイルなので表面が柔らかく手触りもとてもよく、深い光沢があります。ベロアリボンと区別しにくいため間違われることが多いですが、ストレッチのあるものがベロアリボンといわれています。サテンリボンと同様に、片面・両面があり厚みがあるリボンです。厚みがあるのでギャザー仕様には不向きなので、リボンの形に仕上げるのに多く使用されています。

タフタリボン

平織で生地の薄いリボンですが、薄いのにハリがありシワ感と硬い光沢が特徴です。薄くパリっと感があるので簡単に結ぶことができ、一度結ぶと解けにくくなっています。ウエディングドレスなどにも利用されることがあるようです。

ストレッチリボン

ストレッチといわれているように、伸縮性のあるリボンです。柔らかい素材で、リボンそのものが伸び縮みするため、ヘアゴムやヘアバンド、ブレスレットなどによく使用されています。平織のリボンが一般的ですが、レースタイプのリボンなどもあります。

レースリボン

糸を編んで布状にしたのがレースリボンです。レースリボンにも、定番のケミカルレース・ラッセルレースからリバーレースやオーガンジーレースなどの種類があります。平織りや柄リボンなどの、他のリボンにはない柄が特徴で、華やかな印象を与えることができます。レースリボンはそのままの柄を楽しむのがおすすめです。
Ggn3le9ownmtcn0da5yv
一番シンプルで基本のリボンの作り方です。簡単に作ることができ、基本のリボンの作り方を覚えれば、バリエーションを増やすことができます。動画でわかりやすく説明してくれているので、参考にしてください。
ダブルリボンの作り方です。ダブルリボンはシンプルリボンを二つくっつけたようなリボンなので、シンプルリボンを作ることができれば、簡単に作ることができます。リボンがダブルになるだけで、ボリュームが出てサイズも大きくなるので、華やかになりますね。
シンプルリボンとダブルリボンより、ふんわりとした立体的なリボンの作り方です。立体的なリボンは作り方でいろいろな形のリボンを作ることができます。立体的なリボンは、好みのサイズにでき小さいものから大きいものまで作ることができます。ボリューム感もでるので、ふんわりしてかわいらしさや華やかさが増しますね。
同じ素材のリボンだけを使うのでなく、違う素材と組み合わせるのもいいですね。こちらの動画は、シンプルなリボンとレース素材のドット柄リボンを組み合わせています。レースのリボンだけではハリがなくボリュームを出すのが難しくなるので、ハリのあるリボンと組み合わせると、ボリュームが出てかわいらしさも出すことができます。
2トーンカラーのリボン。シンプルな大きいリボンと作ってからポイントにちょうちょ結びのリボンをセンターにつけています。違う素材の組み合わせと、リボンの種類も違うものを組み合わせていておしゃれですね。他の人とかぶることがないオリジナルなリボンを作れます。
今まで紹介してきたリボンの作り方は、主にアイテムに使えるようなリボンでした。もちろんラッピングなどの飾りとして使用してもかわいいですが、次はプレゼントのラッピングに使うことが出来るリボンの結び方を紹介したいと思います。自分で ラッピングするときのリボンの結び方って、靴紐を結ぶときと同じようなちょうちょ結びになってしまうことがありますよね。お店でラッピングしてもらった時のように大きいリボンやデザイン性のあるリボンならもっと華やかになるのに..と思う方も多いと思います!そんな時に自分で出来るリボンの作り方です!
指だけで作れるリボンの作り方です。細いリボンでの作り方ですが、太いリボンで大きいものを作ったり、麻紐やリボンではない紐を使ってリボン飾りを作ったりしてもいいですね。
作ったリボンをおしゃれアイテムに変えてみましょう!大人のものだけでなく、リボンがモチーフのアイテムは小さな女の子も喜ぶでしょう。自分だけのかわいいアイテムを身につけると、お友達にも自慢したくなりますね。
手作りリボンでヘアゴム。チュールで作くられたリボンの中に、お花などが入ったデザインになっていておしゃれで可愛らしさがありますね。
ブランドのリボンを再利用してヘアゴムにされています。生地を使って作ったのでしょうか。大きいリボンのヘアゴムも存在感があり、アップヘアーにした時などにいいですね。ゴムに紐結びをしているだけのようなので、ブランドリボンを捨てずにおいている方は真似してみてはどうでしょう。
ウェディング用に手作りされたカチューシャのようです。光沢感と大きいリボンが上品で華やかな印象ですね。思い出になるウェディングの時にハンドメイドしたアクセサリーを身につけるのもおすすめです。
ドット柄と無地のリボンで作られたコサージュ。派手すぎないカラーにセンターのパールがポイントになっていて、ドットの可愛さと上品さが兼ね備えられたコサージュになっていますね。このままのデザインでヘアバレッタにしても良さそうです。
リボンをギャザーにして丸いデザインにされています。センターポイントにボタンと使用したり、ちょうちょ結びリボンをつけたりと華やかなコサージュに出来上がっています。
パールとリボンを使ってハンドメイドされたピアス。パールにリボンをつけるだけで印象が変わりかわいらしさが出ますね。
Curnsq73upmfnhjpo5xm
手作りリボンについて説明してきました。簡単に作ることができ、作ったリボンをいろいろなアイテムにすることができるので、自分だけのオリジナルリボンを楽しんでみてください。プレゼントなどにもおすすめです。
Dzyzgoln3ax7dbor0f30