Mydxscw9snwpkxbwrwcd

ライフ

CATEGORY | ライフ

市販のホワイトニングのポイントまとめ!おすすめのやり方や注意点!

2018.08.01

市販もたくさんのホワイトニング商品があるのをご存知でしょうか?歯磨き粉タイプや、ジェル、スティックタイプなど種類は様々ですが、自宅で市販のホワイトニングをするときのおすすめのやり方や注意点・ポイントをご紹介させていただきます。参考にしてみてください。

  1. 市販のホワイトニングをする前に
  2. 市販のホワイトニングで気を付けること
  3. 【おすすめのやり方や注意点・ポイント】14歳以下はやってはいけない 市販のホワイトニング
  4. 【おすすめのやり方や注意点・ポイント】虫歯や歯に異常がある方は控える 市販のホワイトニング
  5. 【おすすめのやり方や注意点・ポイント】無カタラーゼ症はホワイトニングができない 市販のホワイトニング
  6. 【おすすめのやり方や注意点・ポイント】アメリカなど欧米輸入品は危険 市販のホワイトニング
  7. 【おすすめのやり方や注意点・ポイント】食事 市販のホワイトニング
  8. 【おすすめのやり方や注意点・ポイント】妊娠中は避ける 市販のホワイトニング
  9. 【おすすめのやり方や注意点・ポイント】定期的に行う 市販のホワイトニング
  10. 市販のホワイトニングまとめ
引用: https://i.pinimg.com/564x/71/ef/82/71ef8202a4e149235b2014bf62be7348.jpg
自宅で市販のホワイトニングをするからといって、自己判断で行ってはいけないのがホワイトニングです。ホワイトニングは主に過酸化水素が主成分で、基本的には安全なものですが、安全といわれているのはホワイトニングをすることに適した健康な歯に対して言っているだけなので、歯医者さんで健康な状態かを診てもらう必要があります。
Rq4j43mmli9qf2glol3f
ホームホワイトニングや市販のホワイトニングなどを自己流で行っていませんか。やり方を無視して自己流でホワイトニングすると歯や歯茎に痛みがでる知覚過敏になりやすいです。歯を白くしたいという気持ちがあり焦ってしまうのは分かりますが、必ずホームホワイトニングや市販ホワイトニングの使用頻度ややり方を守って施術してくださいね。 もし痛みを感じたときは少し期間をおいてホワイトニングをすることをおすすめします。

引用: https://i.pinimg.com/564x/ce/6b/82/ce6b82f13581bc7149a63da0dec02cdd.jpg
市販のホワイトニングでホームケアをするにあたって気を付けたほうがいいことがあるのでご紹介していきます。
引用: https://i.pinimg.com/564x/33/3f/84/333f843d2c7301e01e9be2c871bedabc.jpg
まりさんご使用ありがとうございます。Repost from @mmari7_23 自宅で愛用してるのは薬用プロトゥースクレンザー🕺🏼@protoothcleanser . これ使い始めたら更に歯が白くなってきたー🤓 ハーブが入ってるからスッキリしててオススメ🌿💟 このまま使い続けてみるー!!!

引用: https://i.pinimg.com/564x/eb/80/4d/eb804d5de0b98dc16435986d77067da6.jpg
14歳以下は基本的に、市販のホワイトニングでも使用が禁止されているものがほとんどです。歯の成長を妨げる恐れがあるのです。14歳以下のお子様がホワイトニングしたいなどということはなかなかないと思いますが、大人が14歳以下のお子様についでにホワイトニングしてあげようなどとやってあげるのは絶対にやめましょう。
Ch9sn4zr8g1vev3kqb2r
引用: https://i.pinimg.com/564x/52/66/ff/5266ff7145c33438dd2c0bd1407e807e.jpg
知覚過敏、虫歯、歯周病、ヒビのある歯など、歯にトラブルがある場合はホワイトニングは控えましょう。歯医者さんへかかればホワイトニングを控えるように言われると思います。ホワイトニングに使用する薬剤がしみてしまったり、知覚過敏になってしまう恐れがあるので気を付けましょう。
Ja9b4yimdr6tl6p2u32r
【プラークコントロール】 ・ プラークコントロールというと、毎日の歯磨きを想像する方がいると思いますが、 実際は歯磨きだけを指すのではなく、口内にプラーク(歯垢)がない清潔な状態を常に保つことをいいます。 ・ プラークコントロールには、毎日自分で行うセルフケアと歯科医院で行うプロフェッショナルコントロールがあり、 毎日のセルフケアは歯ブラシとあわせて歯間ブラシやデンタルフロスを使用し、 しっかりと歯垢を除去することが重要で、プラークコントロールの基本となります。 ・ プロフェッショナルコントロールでは、セルフケアだけでは対応しきれない箇所のプラークの除去や歯石取りなどを行い、 プラークが付きにくく手入れのしやすい状態にします。 ・ 虫歯や歯周病のリスクを避けるためには、プラークコントロールは必要不可欠なので、 セルフケアとプロフェッショナルコントロールのどちらもしっかり行い、プラークフリーな口内環境を保ちましょう♪ ・ 普段の歯磨きと同時に自宅でホワイトニング出来る 薬用プロトゥースクレンザーで白く輝く健康な口元へ♪

Ibenfjrpqsaeat9bhjda
無カタラーゼ症とは、過酸化水素の分解ができない体質のことをいいます。過酸化水素はホワイトニングの主成分なので、ホワイトニングをしてしまうと分解できずに、口腔壊死などを引き起こす恐れがありますので絶対にやってはいけません。歯周ポケット内にオキシドールを1滴たらして、泡立つならば大丈夫なんですが、泡立たない場合は無カタラーゼ症です。自己判断するのは不安がある場合は歯医者さんに診てもらうのが一番無難です。
Rgbgfje03cagvdxfev4j
引用: https://i.pinimg.com/564x/b3/e7/22/b3e7220dceeb7ec98998dc71f09275b1.jpg
現代は、なんでもネットで購入できるので手に入ってしまいますが、アメリカなどの海外輸入品は危険な場合があります。いくらランキングが高くてもその国によって認可の基準が違うので、例えばアメリカで認可がおりていても、日本では認可がおりていない可能性があるのです。特に高い濃度の過酸化尿素を使用している場合は気を付けましょう。また、アメリカなどの欧米人に比べて日本人の歯はエナメル質が薄いです。なので、ランキングの高い同じものを使ってしまうと知覚過敏などを起こしてしまう可能性があります。
引用: https://i.pinimg.com/564x/8b/53/8a/8b538a58cbf18cfddf49d44ef61177d2.jpg
個人輸入などで手に入れることのできる海外のホワイトニング剤は危険性があります。過酸化尿素や過酸化水素の濃度が35%までであれば日本のものと変わりないと思われがちですが、薬剤の中にはアメリカのFDA、また日本の厚生労働省、どちらにも認可されていない製品があります。 「歯医者さんでホワイトニングするより安い!」と安易な気持ちで使用すると歯や歯茎にダメージを与えますので気をつけなければいけません。また欧米人に比べて日本人は一般的にエナメル質が薄いという傾向があります。同じ製品を使うのは歯にダメージを与える可能性があります。 基本的に個人輸入製品はおすすめできませんが、もし取り寄せるのであれば認可製品か確認することを怠らないようにしてくださいね。よく分からないような薬剤であれば手を出さないのが賢明です。

引用: https://i.pinimg.com/564x/73/68/f4/7368f4c90897be0509a7461bca2b6289.jpg
自宅でのホワイトニング後は30分で飲食は可能になりますが、24時間以内の食事は色が付きやすいものを口にしてしまうとせっかくのホワイトニングが無駄になってしまいます。具体的に、タンニンを含む、赤ワインや紅茶、緑茶などのお茶類。バナナ、リンゴ、柿のフルーツ。ターメリックを含むカレー、アントシアニンを含むブルーベリーなどです。24時間たてば、何を食べても大丈夫なんですが、白い歯を保つために食事後は早めに歯磨きをするのをお勧めします。
引用: https://i.pinimg.com/564x/13/6d/27/136d27965d1c2c7300c6c9eecf2b4a07.jpg
歯のホワイトニングにはかなり興味があり、歯磨き粉タイプ、シートタイプ、ホームホワイトニング、オフィスホワイトニングなど、たくさん試してきました。 こちらはかなり本格的に自宅でケアができます! 1液、2液をつけて磨き落とすだけでとても簡単♬ 歯茎にしみたりもありません。 ・ ボディマジック ホワイトニングペン ・

Jxefmhj2efhcwpeb93y1
自宅での市販のホワイトニングは、妊娠中に影響があるともいわれていませんが、安全が保障されているわけでもありませんので妊娠中はホワイトニングを避けるのが一番かと思います。
Loquseo3ebwbdyanm7d7
引用: https://i.pinimg.com/564x/e1/f5/39/e1f53984d6fc4f5010d548eaae98d343.jpg
ホワイトニングは、もちろん時間がたつと効果は失われてくるので、自宅で定期的にホワイトニングを行うのが持続させる方法です。食事のあとにすぐ歯磨きをするのも効果的です。
引用: https://i.pinimg.com/236x/9c/ff/0b/9cff0b6614ffd0e76e18ed5a08d39540.jpg
Uvha7ykevzwuipsv4gys
自宅でできる市販のホワイトニングについてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?間違えると危険なこともありますので、歯医者さんに診てもらってから行うようにしましょう。また、ホームホワイトニングのランキングで人気だったのはジェルタイプの物です。効果と手軽さが人気です。あまり効果は期待できませんが手軽さで歯磨き粉タイプのホワイトニングもランキングで人気でした。ぜひ、正しくホワイトニングをして綺麗な白い歯を手に入れましょう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/2a/7c/18/2a7c18a375c2a6cef32aae53cac85a39.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/564x/bf/23/bd/bf23bdf13d20d983aa29350521432827.jpg