Q1ydklatbfykg9foowgo

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

アイメイクの正しい落とし方って?肌に優しいクレンジング法まとめ

2018.03.23

目元の印象は大切だとわかっているから、アイメイクはいつもしっかりばっちり! という女性も多いかと思いますが、そんなアイメイクの正しい落とし方、ご存知ですか?正しい落とし方で、目元のシワやシミの原因になることを防ぎましょう…というお話です。

  1. アイメイク、どうやって落としていますか?
  2. アイメイクの落とし方①ークレンジングにはどんな種類があるの?ー
  3. アイメイクの落とし方②ー優秀なアイメイク落としはどのクレンジング?ー
  4. アイメイクの落とし方③-どのタイプを選べばいいの?-
  5. アイメイクの落とし方④-どうやって使ったらいいの?-
  6. アイメイクの落とし方⑤ーオイルを含ませたコットンで拭けばいいの?-
  7. アイメイクの落とし方⑥-10秒待ったらごしごし拭いていい?-
  8. アイメイクの落とし方⑦-一回ではきれいに落とせなかったんだけどー
  9. アイメイクの落とし方⑧-マスカラが残っちゃうんだけどどうしたらいい?ー
  10. アイメイクの落とし方⑨-目じりとかにメイクが残ってるんだけど…-
  11. アイメイクの落とし方⑩-オイルでメイクオフできたらメイク落とし終わり?-
  12. アイメイクリムーバーの選び方
  13. まとめ
引用: http://free-photo.net/photo_img/0813030620.jpg
目元のシワやシミ、気になりますよね?その原因は、メイク落としにあるのかもしれません。メイク落としがシミやシワの原因になるのは、メイクの落とし方がよくないということが考えられます。 良くない落とし方の原因になりかねないのが、「落ちにくい」メイク用品です。 ウォータープルーフタイプのメイク用品を使う方も多いと思いますが、ウォータープルーフ=落ちにくい=落としにくい…にもつながって、誤ったメイク落としの原因にもなりかねないのです。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/NKJ56_kosumesets_TP_V2.jpg
目元の皮膚は、顔のそれ以外の箇所の皮膚よりずっと薄くデリケートなので、強い力を加えて引っ張ったりこすったりすることによって、傷められてしまいます。 が、しっかりアイメイクをする人も多いので、ごしごしと強くこすって落としたり、クレンジングを何度も使って洗顔することもあるのではないでしょうか。 また、クリームタイプなどのクレンジングを使っているときに、丹念にマッサージしてしまう人もいるのでは?このようなクレンジング方法は逆に、肌に負担をかけてしまいます。
引用: http://www.schaft.net/n00bs/diary_img2012/mofe_HANAMI_2012_9.jpg
間違ったアイメイクの落とし方はどのようなものなのか、それによってお肌にどんなデメリットがあるのか、おわかりいただけましたか? 早く落としたくて、ごしごしと力を入れてこすって落としていた方は結構多いのではないかと思います。 では一体、どのような落とし方が正しい落とし方なのでしょうか? どのようなタイプのメイク落としリムーバーを選び、どのように使えば肌に負担をかけず、ウォータープルーフなどの落としにくいメイクも落とせるのでしょうか? まずはクレンジングの種類から見ていきましょう。
引用: https://cdn.mdpr.jp/photo/images/b5/427/w700c-e_bb72adc01786c68151928e31eb1e9d5a4a3d0ff673ee5537.jpg
クレンジングには、大きく分けて ・乳液タイプ ・ジェルタイプ ・クリームタイプ ・オイルタイプ などのタイプがあります。 オイルタイプは、シートタイプにもなっていて手軽に使えるので、シートタイプをお使いの方も多いかもしれませんね。 乳液、ジェル、クリーム、オイル…どれもメイクとなじみやすく、扱いやすいよう工夫されていますが、最もメイクとなじみやすいオイルタイプが最近の主流になってきていますので、オイルタイプのメイク落としを使う方が増えているのではないでしょうか。
引用: http://www.tons-cafe.jp/almondmap/photo/full-91.jpg
引用: http://cleansing-ranking.jp/img/co2awa.jpg
色々な種類のあるクレンジングのうち、アイメイク専用リムーバーに多く使われるのは、オイルタイプです。その理由は、ウォータープルーフタイプのメイクでも落とせる、高い洗浄力にあるでしょう。汗や涙や水で崩れないウォータープルーフのマスカラやアイラインを、肌に負担をかけず落とすことができるのがオイルタイプの最大の長所と言えます。
引用: http://youthful-beauty.info/wp-content/uploads/2015/04/2015-04-18b.jpg
先にご説明したように、落ちにくい・落ちないのが売りのウォータープルーフタイプのメイクでも、肌に負担をかけずに優しく落とすことができる、使いやすく、洗浄力が高いオイルタイプのアイメイクリムーバーをお勧めします。そして、これをどのように使えば良いのかをご紹介します。
引用: http://fastsearchrapid.com/img/co2_water3.jpg
始めに、コットンにたっぷりとオイルを含ませ、まぶたの上にそっと乗せますが、コットンをオイルだけで湿らせるには、たくさんのオイルが必要です。 コットンを水で湿らせてから使うと、オイルの節約になります。 湿らせて両手で挟んで水気を絞ったコットンにオイルを1~2回プッシュすれば充分でしょう。 これでしっかりとまぶたを湿らせることができるようになります。
引用: http://t00.deviantart.net/-8eySLQTNKX5KTpyrj6o4p8ChPc=/300x200/filters:fixed_height(100,100):origin()/pre14/a8ed/th/pre/i/2009/156/0/5/my_world_by_br949805.jpg
引用: http://g-ecx.images-amazon.com/images/G/09/detail/review/hpc_Bifesta_sheet_ap03.jpg
コットンにオイルを含ませて、まぶたにそっと乗せたら、そのまま10秒ほど待ってください。 さっさと落としてしまいたいアイメイク、ごしごしと拭いて取ってしまいたいところですが、少しだけ我慢してください。 コットンを乗せて待っていると、マスカラやアイシャドウなどが浮いてきますので、そのタイミングをじっと待っていて下さいね。
引用: http://img.zhiribao.com/upload/images/201603/9/91a2d3f334e543b00c631d642f87a81c6717d121.jpg
コットンを乗せて10秒待って、アイメイクが充分に浮いてきたら、そっとなでるように拭き取ってください。 大切なのは10秒待つことと、メイクが浮いてきたからといって、けっしてごしごし強くこすらないことです。 強くこすることで、とてもとても薄い目元の皮膚を傷めてしまい、将来的にシワなどの原因になる場合もありますよ。
引用: https://i1.wp.com/i54.photobucket.com/albums/g92/jmurray15/100_8388.jpg
引用: http://www.apros.co.jp/beauty-column/wp-content/uploads/2015/04/b-44-1.jpg
10秒待たなかった場合はもちろん、ちゃんと待ってもきれいに落とし切れないこともあるでしょう。 そんな時は、もう一度同じ手順を繰り返してください。 湿らせたコットンにオイルをプッシュして、まぶたに乗せて、10秒じっと待ってください。 待つのを面倒がって強くこすったら、落とし切るまでにかかる時間は待つよりも長くなる上、皮膚を傷めてしまいますので、10秒我慢してくださいね。
Aemugiffulraaof7p8s3
引用: http://binkanhada-skincare.net/wp-content/uploads/2014/06/c46946612999b40e7a2a93f69a3af242.jpg?x78106
ウォータープルーフのマスカラは落ちにくいですよね。 マスカラが残ってしまったら、オイルを含ませたコットンでまつ毛を挟んで、力を入れないようにして、下へ滑らせるようにそっとぬぐってください。 このとき力を入れてしまうと、まつ毛が抜けたり痛んだりすることもありますので、気を付けてくださいね。 まつ毛アップのために使ったウォータープルーフマスカラのために、元のまつ毛が減ったり短くなったりしてしまったのでは、本末転倒ですからね。
引用: http://fb.ru/misc/i/gallery/14342/1477413.jpg
10秒置いて、そっとぬぐえばほとんどのメイクは落とせますが、目のきわや目尻にほんの少し残ってしまうこともあるでしょう。 そんな落としにくい所に残ったメイクは、コットンを折ってちょっと角を作り、その角を使って、強くこすらないように優しくぬぐい取ってください。
引用: https://www.ururu-shaving.com/contents/wp-content/uploads/2014/07/suhada.jpg
メイク落としオイルはオイルですので、メイクを落とした後にオイル成分が残っています。 オイル成分が残らないように、ぬるま湯などで優しく、でもしっかりと洗い流してください。
Kfcvxk7v0ncnadieza3a
引用: https://ind5.ccio.co/f8/R2/nD/f864d0801115da46132ddd5686696491.jpg?iw=300
引用: https://antiaging.akicomp.com/wp-content/uploads/2014/03/pixta_7056619_S.jpg
愛用のアイライナーやアイシャドウやマスカラがウォータープルーフタイプの場合、アイメイクリムーバーもウォータープルーフ対応のものを選びましょう。 特にマスカラは、製品により原材料もそれぞれ違ったりします。 おもに被膜材やワックス、ファイバーなどですが、その原材料に合ったリムーバーを使うのが良いでしょう。 お使いのマスカラと同じメーカーから出ているリムーバーがあればそれが最も相性が良いです。 まつげのエクステをしている場合にはオイルタイプのアイメイクアップリムーバーは使えません。 まつげエクステにも使えるリムーバーもたくさんありますので、そちらをお使いください。
引用: http://rojyonotabibito.world.coocan.jp/image10603.jpg
アイメイクの正しい落とし方、肌に優しいクレンジング法をご紹介してきましたが、ここで注意点がひとつあります。 それは、洗浄力の高いアイメイクリムーバーは刺激が強いということです。 なので、アイメイクが良く落ちるからと顔全体に使ったりすると、刺激が強すぎてお肌にかゆみが出たり…といったことになりかねません。 ポイントメイクリムーバーはあくまでもポイント用としてお使いくださいね。 そして、いつまでも若々しい目元を保てるように、優しく正しいメイクオフを心がけましょう。
引用: https://thumbs.dreamstime.com/t/manzano-de-las-flores-blancas-108974234.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://jjj-shop.com/wp-content/uploads/2016/10/ETUDE-HOUSE-Eyebrow-Contouring-Multi-Pencil-review9.jpg