Nxjcyk2vy5geu7uc5sgz

プレゼント

CATEGORY | プレゼント

フォトアルバム?それとも手作り?大切なあの人に思い出をプレゼントしよう!

2018.03.22

春の時期は卒業や進学、就職や転勤などそれぞれの進路に向かうための、別れの時期でもあります。 大切なあの人との思い出を写真にして残し、アルバムとしてプレゼントしたいと考える方も多いでしょう。 写真を入れたアルバムとして、最近はフォトブックとしてプレゼントされるケースも増えてきています。

  1. フォトブックとは ~写真をアルバムにしてプレゼント~
  2. フォトブックの動向 ~写真をアルバムにしてプレゼント~
  3. デジタルフォトアルバムとは ~写真をアルバムにしてプレゼント~
  4. デジタルフォトフレームとは ~写真をアルバムにしてプレゼント~
  5. デジタルフォトフレームの動向  ~写真をアルバムにしてプレゼント~
  6. 人気のフォトブック ~写真をアルバムにしてプレゼント~
  7. Photoback ~写真をアルバムにしてプレゼント~
  8. まとめ
Cpwzjjw816xhni7yg6gn
引用: http://maihama-surprise.com/surprise.html
写真フィルム時代の写真の保存方法として、プリントしたものをアルバムへ貼る方法がほとんどであったが、デジタル化に伴いパソコン等でレイアウト編集したものを写真集のような形で受け取るアルバムがフォトブックです。写真自体もネガフィルムから現像した印画紙から、デジタルカメラによる撮影にて撮られた画像データへと保存方法の変化によるものです。オンデマンド印刷機器やそれらをコントロールするカラーマネージメント技術などデジタル化に伴う印刷技術の向上により、質的には出版社が発行するレベルと同等の写真集に近いものとななりました。このデジタル技術による印刷は、従前の印刷によるものよりコストを抑えられ、個人が一冊で注文をすることが可能となりました。
Wdsa0t6rwnjbiiztknfa
引用: http://blog.re-kurasu.com/?p=1646
W2viajfkioodbmrez0cy
引用: https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000030174.html
2000年12月に株式会社アスカネットがフォトブック事業をマイブックとして開始してから、現在ではフジフォトブックやキヤノンフォトブックなど様々なメーカーがサービスを行っています。 デジタルカメラの普及と画像データを保存するメモリーカードの大容量化に伴い、容易に写真撮影を行うことができるため、これらを紙ベースのアルバムで楽しみたいという人々のニーズに合わせて製品化されたのがフォトブックです。製作方法や受け付け方法は製品ごとに異なるものの、パソコンに編集ソフトをダウンロードして手作りの自分で編集するタイプ、事前に写真をアップロードしておきWEBにて編集するフエルフォトブックのようなタイプ、スマートフォン、もしくはタブレットに専用アプリをインストールし編集するタイプ、FacebookやInstagramなどのSNSにアップロードした画像を使用して編集するタイプ、店頭にメディアを持ち込んで編集する方法など多岐に渡ります。どれも自分で編集に携われる点より、手作り感があります。
Ozkykjd7gyeafvfalqlv
引用: http://photobook.ikuji-park.com/135_1.html
デジタルフォトアルバムをご存知の方は多いのではないでしょうか。デジタル写真が自動で整理され、テレビやスマートフォン、パソコンなど様々な画面で写真を見ることが可能になります。 使い方は、テレビやパソコンモニターにHDMIケーブルでつなぎ、電源をコンセントにつなぐのみ。あとは専用リモコンで操作すると、家族や友達みんなで写真を見ることが可能です。紙の写真アルバムでは大人数で一緒に見るのは窮屈なので、その点大画面テレビですと解消してくれます。少し、フォトブックに比べると手作り感は劣るかもしれませんが、それぞれの特徴を活かして使い分けるのも一つです。 デジタルフォトアルバムはデジタル写真、もしくはデジタル化された写真をハードディスクやメモリに保存します。外付ハードディスクやクラウドストレージなどへの自動のバックアップは可能で、写真を誤って消去するリスクも防ぐことができます。
Eyy0riehoimir7ariv9g
引用: http://photo-studio9.com/digital-photoalbum-2016/
また、すべてのデジタルフォトアルバムにスマホやタブレット用の専用アプリがあり、各社ごとに特色と特徴が異なります。この専用アプリのおげで、スマートフォンやタブレットでも思い出の写真を見ることが可能です。 この専用アプリは別々の人が同じ写真や同じアルバムを別々の場所で同時に見ることができ、大切な方との思い出の共有に適しています。これはデジタルならではのメリットで、手作り感とはまた違った想いを届けることができるでしょう。最近のデジタルカメラは動画を撮影することができ、機種や商品によっては動画にも対応しているので、写真と同様に保存・表示の機能が可能です。これもデジタルならではのメリットと特徴の一つです。 思い出の写真と共に、動画で想いを共有してみても良いでしょう。
R1cwh6holchy8d1n8wql
引用: http://toremolos.seesaa.net/archives/20180208-1.html
Kbxmmz7gvbntczpfasvd
引用: http://camera.na-watashi.com/frame/
デジタルフォトフレームとは、デジタル写真の表示に特化したディスプレイのことで、フォトプレーヤー、デジタル写真立てと言われています。デジタルフォトフレームは、デジタルカメラや携帯電話にて撮影された画像データ(デジタル写真)を表示する専用の情報機器の一種で、基本的にはそれ単体に完結した製品なのですが、前提として内蔵された記憶装置(概ねフラッシュメモリ)かメモリカードなどへ画像データを記録する機能が必要で、その点、他の情報機器と共に連携して使用することになります。液晶ディスプレイに画像データを表示し、 JPEG画像などパーソナルコンピュータで扱える画像データ形式(コンテナフォーマット)にも対応できるので、撮影機器からのみというよりも、インターネット経由でパソコンに取り込み、その画像データを使用するこおもできます。基本的には複数の画像データをスライドショーのような形で一定時間ごとに切り替える機能も搭載されていることから、従来のフォトフレーム(写真立て)にはない利便性があります。デジタルフォトブックと同様に、フォトブックと比較すると手作り感には劣るかもしれませんが、別のメリットと特徴があります。
Kie5wmfagc5jcdoucfaz
引用: https://www.tomsreviews.co.uk/living-room/best-digital-photo-frame-for-use-in-your-living-room/
これらの機器は「デジタル写真用のフォトフレーム」という分類をされ、写真立てのような外観の製品が一般的とされています。しかし、現在は携帯機器としての製品も販売されており、内部的には情報処理機能を持つコンピュータとしての機能があり、これを駆動させる電源は多くの据え置き型製品においてはACアダプターから、携帯型タイプですと、充電式内蔵電源や乾電池にて電源を得ています。 画像データを保存している内部記憶装置、メモリーカードからのデータの呼び出し、それから前面の表示装置に写真が映しだされます。メモリカードを使用する機種では、その機種ごとに対応したメモリーカードスロットが必要ですし、別のケースでもUSBソケットが必要で、USBメモリなど他の形態の記憶媒体に対応可能な製品も販売され始めています。またBluetoothに対応して無線通信でデータを映し出せる製品や、無線LANでコンピュータネットワークに対応したデジタルフォトフレームもあり、さらには移動体通信端末(主に携帯電話用無線回線を利用する)の機能を搭載された製品など様々な製品が出回っています。多機能化も目覚しいジャンルですが、手作り感満載のフォトブックでは満足しない!という方にはオススメのデジタルフォトフレームです。
Ubrsd6c7x88iq1hvs3tn
引用: http://uk.businessinsider.com/electric-objects-digital-frame-2016-10

MYBOOK ~写真をアルバムにしてプレゼント~

V5btx5qpsygcxhkrokym
引用: http://blog.chiitsumo.com/photo/my_book.html
綺麗でしっかりとした写真集が手作り感を感じながら作成できます。 格安フォトブックですと表現出来ない青空のグラデーションなど、細かい部分がマイブックですとしっかり表現することができます。最初の一冊として失敗がないためにも、フォトブック初心者の方には、マイブックを選ぶのも良いでしょう。 MYBOOKの特徴として、老舗フォトブック作成サイトならではの安心感と、 初心者でも解説ページ(マイブックの作り方)が付いていて、作成時丁寧で分かりやすく、手作りで写真の編集ができます。また、Macユーザー向けの専用ソフトが用意されており、年間40万冊の利用実績があるため、安心感があります。書店の写真集と同等の仕上がりでテンプレートが豊富。イベントに合わせて作成可能なので、大切なあの方に手作りのプレゼントとしても最適です。簡単に作りたい方もこだわって作りたい方も老舗の「MyBook」を活用して、いつまでもデジカメ写真をパソコンの中で保存するよりも、フォトブックに仕上げておくとパソコンデータを無くしても思い出をフォトブックで保存できます。大切なあの方へ、しっかりとした手作りフォトブックを作ってみるのをおすすめします。
Djmaz0vyorqmmibfo6bm
引用: https://greenfreak.exblog.jp/14409230/
オシャレなフォトブックを作りたい方におすすめなのが「Photoback(フォトバック)」となります。マイブックと同じくらい歴史があるフォトブック作成サービスです。 オシャレで印刷が綺麗、製本もしっかりしているというのが最大の魅力。Photobackの特徴としては、 豊富なフォトブックサイズ(7種類)で、作成したいブックサイズに合わせてオリジナルの手作りアルバムができる。Photobackには様々な形のフォトブックが用意されており、手の平サイズで手頃なタイプも選ぶことができ、 小さなものから迫力のあるB5判まで7種類のフォトブックが選べるのがPhotobackの特徴です。
フォトアルバム?それとも手作り?大切なあの人に思い出をプレゼントしよう!フォトブック、デジタルフォトブック、デジタルフォトフレームの3つのタイプを比較しながらご紹介を致しましたが、どのタイプもそれぞれの特徴やメリットがあります。あなたがイメージする思い出のかたちを大切な方へ贈れるといいですね。