Qpic8v8hwclhtvvppvet

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

アイラインで憧れのタレ目に!くどすぎないほの甘顔のつくり方

2018.10.06

アイラインはその方の眼差しを若々しく印象的に見せる効果があります。 特に、10代~20代の女性に人気のタレ目に見せるアイラインは、今流行りのナチュラルメイクに合わせるとどうなるでしょうか。手抜きでもやりすぎでもないちょうどよい味加減で、アイラインによるタレ目を作りましょう。

  1. アイラインもニュートラルメイクで ~アイラインでタレ目に~
  2. 目指すべきタレ目のメイク ~アイラインでタレ目に~
  3. やさしげな目元になれる垂れ目ライン ~アイラインでタレ目に~
  4. タレ目になれるアイラインの引き方
  5. 目の縦のボリューム ~アイラインでタレ目に~
  6. 下まぶたの目尻側にシャドウを乗せてたれ目を演出
  7. たれ目メイクの方法 <実践編> ~アイラインでタレ目に~
  8. 上まぶたにアイライナーを引いて目尻を下げる ~アイラインでタレ目に~
  9. アイラインは目のキワに細く書くこと ~アイラインでタレ目に~
  10. ブラウンのアイシャドウ ~アイラインでタレ目に~
  11. 目元の形別のタレ目を作る方法 ~アイラインでタレ目に~
  12. まとめ
Cgwur3pe9i7qospgfg9q
引用: https://www.boldsky.com/beauty/make-up-tips/2017/pencil-versus-liquid-eyeliner-which-is-better-116368.html
近年、女性の間でナチュラルメイクが流行しています。これまでの、メイク方法の中において新しいメイクポジションとなる「ニュートラルメイク」と言われています。ナチュラルメイクやパーティー用のしっかりとしたメイク方法など、メイク方法も色々な種類が存在しています。 アイラインにおいても、このニュートラルメイクに合わせた、薄すぎず、けれども頑張りすぎない程度のメイク方法を取り入れていくと良いでしょう。 ニュートラルメイクとは、メイクのプロのメイク哲学と技術をメソッド化した、究極の客観視メイク方法です。 自分のアイラインのメイクはちょうど良いと思っていたとしても、タレ目メイクは特にこの傾向が顕著に見られますが、意外と客観的に見るとそうでもないというケースがあります。
濃すぎず薄すぎず、ちょうどよいポジションのニュートラルメイクは、顔の隠したい場所はカバーして、魅力邸な部分はより強調して印象付ける、メリハリを付けたメイク方法です。 ですので、魅力的な部分を印象付けるタレ目メイクはニュートラルメイクにおいては、強弱の強の部分で、顔の表情を作るとても大切なパーツとなります。 誰からも見ても甘すぎず自然なタレ目は、目元のパーツをより魅力的に演出するだけでなく、自己流メイクでは見られなかった、自然な印象を与えてくれます。 季節ごとの流行を取り入れたメイク方法を取り入れたとしても、一度ナチュラルメイクに合わせた、アイラインによる自然なタレ目メイク方法を身に付ければ、失敗することは少なくなるでしょう。
Kitncndqfb2tsolh97mw
引用: http://wol.nikkeibp.co.jp/article/column/20141027/193423/?SS=zoom&FD=-1561760516
普段のメイクで引いているアイライン。タレ目を創る場合は目頭と目尻の高さを意識してアイラインを描くようにします。この高さのバランスでつり目の形でも目尻が下がるように印象付けるられます。 目頭側は自然なままの形にします。目が大きく見えるからと目頭の部分にアイラインを入れると逆効果になりますので注意しましょう。 この目頭のラインは目元をはっきりとキリッとした印象の目元になり、たれ目メイクとは逆路線の方向になります。目頭の高さはそのままの状態を生かして目尻側を少し下げてバランスをとります。
P7xcqsoius1f5ut0ks1d
引用: http://wol.nikkeibp.co.jp/article/column/20141027/193423/?SS=zoom&FD=-1541443054
目尻のラインを下げるタレ目は、基本のアイラインを描く際、目尻の箇所に少しアイラインを引き、線を足すだけで簡単にタレ目のような目元に仕上がります。一人ひとり目の形は違いますので、コツとしては、その方の目の形に合わせて、目元のラインに沿って5~7mmほどの長さの目尻ラインを伸ばすことにあります。ラインを描き終えた後、アイラインの線を綿棒でぼかして自然な目元にします。 基本のアイラインを描いた上で、目尻のアイラインを伸ばします。目の形に沿うよう形で、スッとペンシルを下げて、少しラインを伸ばします。目じりを上げてしまうと、きりっとした印象になるので、タレ目の場合は目じりを下げることがポイントになります。
Jvgtyy461yhxlup4km6u
引用: http://wol.nikkeibp.co.jp/article/column/20141027/193423/?SS=zoom&FD=-1541443054
Tb4cpemrgkoftgd060s2
引用: https://ourage.jp/column/otona_beauty/31637/
タレ目メイクを創るためには、目尻を下げすぎても逆効果です。むしろ下げすぎると不自然な目元になるので、ナチュラルな感じに仕上げるにはタレ目に見えるメイクを組み合わせることが大切になります。 タレ目を創るには目の縦のボリュームを作ることにあります。もともとキレ長の目の形の方でも、パッチリとした大きな目元の印象に仕上げることができます。 この縦のボリュームを作るためには、アイシャドウが必要となります。これを、メイクに取り入れることにより、目の縦のボリュームは上がるのでタレ目のメイクには欠かせないポイントになります。
生まれつきつり目の形の目元は、キツい、強いなどの印象を持たれがちです。下まぶたにも、上まぶた同様に目尻側を下に広げるようにアイシャドウを入れましょう。このアイシャドウの入れ方で、目尻側にボリュームが出て、よりタレ目の印象の目元に仕上げげることが可能になります。 ナチュラルなタレ目メイクには、3つのポイントを意識すると良いでしょう。 1.目尻と目頭の高さのバランスを意識して 2.目の縦のボリュームを作ること 3.下まぶたの目尻をアイシャドウで広げて
Ozgtiuhkxekuemm6yjzg
引用: https://www.cosme.net/biche/articles/EAoXV
いよいよ、タレ目メイクの実践編です。最初に、目を大きく上を見るようにして見開き、アイラインを入れる場所を確認します。 基本のアイラインの引き方の流れとして、 ①目頭から半分までの根元の粘膜をアイライナーで埋めてゆく ②半分から目尻5ミリ位までは細めの線で描く ③最後は流すようにナチュラルな印象に仕上げる為に、アイラインを引く 美しいラインを目指すために、全体のラインが均一に自然な印象になっているか、最終確認をしましょう。
Imw60viz2ygz3vod3sdl
引用: http://getbeauty.jp/archives/2478
①目頭から半分までの根元の粘膜をアイライナーで埋めてゆく の段階でタレ目を創る際に、まつ毛の下から隙間を埋めた後、次にまつ毛の上からアイラインを描きます。瞼の幅はボリュームを持たせるようにアイラインを引きます。目尻側へ2ミリ長く伸ばします。この時、アイラインは上まぶたの延長線上になだらかに下へ引きましょう。 アイライナーは目頭から目の中央(高い位置)箇所まで、目尻から目の中央まで、と分けて引くと必要以上にボリュームが出過ぎて、太くなるのを防いでくれます。また、自然なナチュラルな目元の印象に仕上がります。目尻から外に出すラインは、その後に描き上げましょう。
Qrt1x5p2lqh9ou0xpydb
引用: https://news.ameba.jp/entry/20160210-398
アイラインは基本的に、細い線の重なりで描くことがナチュラルメイクのポイントとなります。ペンシルタイプよりもリキッドアイライナーを使用し、筆先を柔軟に力の加減により、上手に扱うと細い線が上手に描けます。 目の形や一重、二重、億二重により目力の強さに差はありますが、、目元の印象を強くはっきり見せたい場合は出しブラックを。抑え気味で優しくナチュラルな印象の目元にしたい場合、ブラウンのアイライナーを使用すると良いでしょう。ブラックよりもブラウンのカラーの方が、目元の肌色との馴染みも良く、アイラインメイクの後のアイシャドウのカラーでブラウンカラーを選ぶと、より目元の一体感が生まれます。
Nvdapky2uirfefmqko5w
引用: https://www.pinterest.jp/pin/5066618314405567/
タレ目メイクに欠かせないのが、アイシャドウです。アイシャドウを入れる方法のコツとして、上まぶたにアイシャドウを入れる際は、目尻を自然にぼかします。 目尻を上まぶたの角度に沿って、きれいにぼかすことにより、より優しくナチュラルな印象になります。目尻の三角形にブラウンのアイシャドウで下に広げながらボリュームを入れることもタレ目メイクの方法の一つです。 アイメイクの段階で、上まぶたにアイシャドウを入れますが、タレ目を創るには下まぶた側のメイクも大切となります。アイラインで上まぶたの目尻を少し下げた後、ブラウンカラーのアイシャドウで影を付けていきます。 基本的なアイシャドウは上まぶたのアイメイクのラインが重要ですが、色々な方法があります。しかし、タレ目メイクのアイシャドウは下まぶたの目尻側にブラウンカラーをのせます。
Nycenjpe2md4cgqjwzeg
引用: https://laurier.press/i/E1464058219226
二重の方のタレ目メイクでのアイラインを引く方法は、ナチュラルな優しい印象のたれ目に仕上げるため、細い線で引くことがポイントとなります。 アイライナーの線にボリュームが出て太くなると、二重の幅がアイライナーで埋まり、自然な目元の印象が失われてしまいます。リキッドアイライナーを引く際、線を太く入れないように注意しましょう。カラーがブラウンカラーでも、線が太いとタレ目の目元には遠のいてしまいます。 一重の方のアイラインの引き方の方法は、二重の形の場合よりも、リキッドアイライナーの線を太めに引くことがポイントとなります。リキッドアイライナーでアイラインの線を太めに引くことにより、目を大きく見せ、タレ目の目元の印象を与えることができます。 次に、奥二重の方の方法は、アイラインを目尻だけ太く長く引くことにあります。目頭は一重で目尻は二重の特徴を持つ奥二重の形は、二重になる部分から少しずつ自然にアイラインを太く入れてゆき、若干長めにアイラインの線を引くことでタレ目の目元に仕上がります。
Bs3of0gehzhoz3uqanpx
引用: https://www.pinterest.jp/pin/622552348460070636/
Lhzoev8c1lhicu1rpadl
引用: https://www.dreamstime.com/stock-images-eye-shade-makeup-close-up-portrait-beautiful-young-woman-applying-shades-cosmetic-brush-image30916954
一人一人のめの形や特徴は異なりますので、タレ目を創る際には、自身の目元の形に沿ったアイラインの引き方が必要です。その形やコツをつかむためにも、試しにアイラインを描く練習が必要の様です。 自分の表情の一部となるアイメイクが、より自然に優しい目元のタレ目になることを目指して、Let's try!

関連記事