Igvgq8ci9okpeli4tpqb

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

雪肌精の日焼け止めで肌に優しく紫外線をカット!化粧下地にも

2018.03.27

毎日の肌のケアの中でも日中特に気になるのが紫外線対策ですよね。様々なメーカーから日焼け止めが販売されていますが今回はその中でも「雪肌精」の商品についてご紹介したいと思います。ではさっそく雪肌精の日焼け止めについて見ていきましょう。

  1. 雪肌精とは
  2. そもそも日焼け止めはなぜ必要なの?
  3. 雪肌精の日焼け止めの特徴
  4. 雪肌精の日焼け止め「ジェルタイプ」の評価や口コミ!
  5. 雪肌精の日焼け止め「ミルクタイプ」の口コミ
  6. 雪肌精の日焼け止めのSNSでの評価は?
  7. 雪肌精の日焼け止めの使い方
  8. 雪肌精の日焼け止めはジェルとミルクどっちがおすすめ?
  9. 雪肌精の日焼け止めの価格は?
  10. まとめ
雪肌精は「雪のようにみずみずしく、透明感あふれる美しい肌の女性を増やしたい」というコンセプトのもと1985年にKOSEから生まれた化粧品ブランドです。漢方の考えを取り入れた商品開発がされており、和漢植物エキスが配合されているのが特徴です。

和漢植物エキスとは

雪肌精に使用されている和漢植物エキスとはなんなのでしょうか。和漢植物とは漢方薬に使う生薬のことで、日本に伝わる生薬のことを和薬、中国に伝わる生薬を漢薬と呼ぶことからそれらを合わせた生薬のことを和漢植物と呼んでいます。雪肌精では40種類以上にのぼる和漢植物エキスやオイルの中からそれぞれの用途によって選択し組み合わせて商品に配合しています。
何故美肌のために日焼け止めが必要なのでしょうか。それは紫外線を浴びることによって肌が老化してしまうのでそれを防ぐためです。

紫外線による肌ダメージ

紫外線にはUV-A波とUV-B波がありますが、まずUV-A波は肌の奥深くまで浸透してコラーゲンなどを破壊し「しわ」や「たるみ」を引き起こす原因となります。次にUV-B波ですが、こちらは肌の表皮を刺激することによってメラニンを活性化させるため「日焼け」や「シミ」の原因となってしまいます。
引用: https://rebihada.jp/spf-hiyakedome
肌を紫外線による老化から守るにはこの2種類のUV波をどちらもしっかり防ぐことが必要になってきます。日焼け止め商品のパッケージには必ずSPFやPAなどといった表示がされていますがPAがUV-A波を防ぐ力を、SPFがUV-B波を防ぐ力をそれぞれ示しています。
では雪肌精の日焼け止めの特徴はどうなっているのでしょうか。雪肌精の日焼け止めにはジェルタイプのものとミルクタイプのものの2種類ありますので、それぞれについて見ていきますね。

ジェルタイプの特徴

雪肌精ホワイトUVジェルはみずみずしくすっと伸びるテクスチャが特徴です。ハトムギエキスをふんだんに取り入れているので肌を整える効果があり、肌を潤わせて肌荒れを防ぎながら肌を紫外線から守ってくれます。紫外線を防ぐ力もSPF50+PA + + + +とかなりしっかりしているのでとても安心できますね。

ミルクタイプの特徴

雪肌精ホワイトUVミルクは乳液ベースの優しい使い心地です。植物由来のスキンケアオイルやハトムギエキスを取り入れることによってベタつきがなく肌馴染みの良いテクスチャを実現。SPF50+PA + + + +と紫外線対策も申し分ないうえ、ミルクタイプはウォータープルーフとなっているのでアウトドアで水場に行くときも使用することができます。

配合されている和漢植物エキス

この2つに含まれている和漢植物エキスの種類は同じものになっており、
・トウキエキス…保湿効果
・ハトムギエキス…保湿効果、肌荒れ防止
・メロスリアエキス…保湿効果
・桃葉エキス…美肌効果
・ハトムギオイル…乾燥によるくすみのケア
の5種類になっています。
そんな雪肌精の評価や口コミはどうなっているのでしょうか。商品を2018年の2月にリニューアルしたばかりなのでランキングサイトなどでの評価はまだあまり集まってませんが、リニューアル前の商品は高評価でしたので期待できると思います。口コミでもあまり批判の声は無いようでした。

ジェルタイプの悪い口コミ

「期待して購入してみたけど外で運動するときに使っていたら汗で流れていってしまったのか結局焼けました/26歳女性」
「こちらの日焼け止めからも雪肌精の商品独特の匂いがします。またアルコールのようなスッとする匂いもするのでそれが気になります/32歳女性」

ジェルタイプのいい口コミ

「雪肌精のこの香りが大好きです!肌に塗るとすっと吸収されて潤う感じがします/29歳女性」
「強い日焼け止めだと重いものも多いと思うのですが、こちらはべとつきがないのが良いですね。塗った後にファンデーションを塗っても綺麗に塗ることができます/43歳女性」
「今まで使っていた日焼け止めでは肌荒れを起こすことがあったけど、雪肌精に変えてから荒れなくなったので助かります!/34歳女性」
こちらも同じくリニューアルされたばかりなので評価が少ないので旧タイプのものも合わせて参考にしていますが、やはり低評価な口コミは少ないようでした。

ミルクタイプの悪い口コミ

「ボトルから手に取った時はしっとりとしていい感じかな?と思ったんですが、塗ると少しパサつく気がします/36歳女性」
「顔や首筋などに塗るとピリピリとした刺激がありました。ただ手や足に使う分には問題なかったです/31歳女性」

ミルクタイプのいい口コミ

「日焼け止めって結構白くなるものが多いと思うんですけど、これは白浮きしないしお肌もすごく潤います!/34歳女性」
「スキンケアの後にこちらを顔に塗るととても仕上がりがしっとりしていて化粧ノリもいいです/40歳女性」
「ウォータープルーフタイプということでアウトドアの時に使用しました。汗をかいたり少し濡れたりといったこともありましたが数時間おきに塗り直していたぐらいでも焼けなかったので助かりました/27歳女性」
雪肌精の日焼け止めはSNSでも話題になっているようです。紫外線は年中降り続いているのでやっぱり紫外線対策の話題は年中尽きることがないですね。
紫外線対策のための日焼け止め、正しい使い方をしてしっかり肌を守るようにしましょう。では雪肌精の日焼け止めはどのタイミングで使用すればよいのでしょうか。

顔に塗る場合

顔に塗る場合は朝基礎化粧品で顔を整えてから化粧をする前に塗るようにしてください。どちらの日焼け止めにも化粧下地の効果がありますので、日焼け止めを塗った後はそのままメイクをして大丈夫です。

体に使用する場合

体に塗る場合は外出前にしっかり全身に塗るようにしてください。また肌をこすったりタオルで拭いた後などはこまめに塗り直すようにしてください。

日焼け止めを使用する際の注意点

日焼け止めは塗る量が少ないとうまく効果を発揮してくれません。なのでもったいないなどとは考えずにきちんと十分な量を使用するようにしてください。またミルクタイプのものは2層タイプになっているので使う前によく振ってから塗布してくださいね。

日焼け止めを落とす時は

雪肌精の日焼け止めはどちらも普段使っているボディーソープや洗顔料で落とすことができますので強力なクレンジング剤などを使う必要はありません。
ジェルタイプとミルクタイプはどちらも紫外線を防ぐ力が同じです。どちらもそれぞれにいい点があるので自分の好みのものを選ぶのが良いでしょう。しいてあげるならば
・水のようなすっと伸びるテクスチャが好み
・外にいる時間はそこまで長くない
このような方はジェルタイプの日焼け止めがオススメです。
・しっとりと肌を保湿してほしい
・汗っかきなのでウォータープルーフでないと不安
・アウトドアに行くときに使用する
という方にはミルクタイプの日焼け止めをオススメさせていただきます。
ここまで紹介してきた雪肌精の日焼け止めですが、販売価格はいくらぐらいなのでしょうか。比べて見るとウォータープルーフ機能が付いている分ミルクタイプの方が若干高値のようです。

雪肌精ホワイトUVジェル

「雪肌精ホワイトUVジェル」SPF50+PA + + + +
・80g 2,800円(税抜)
・35gミニタイプ 1,400円

雪肌精ホワイトUVミルク

「雪肌精ホワイトUVミルク」SPF50+PA++++ ウォータープルーフ
・60g 3,000円
・25gミニタイプ 1,500円
今回は雪肌精の日焼け止め
「雪肌精ホワイトUVジェル」
「雪肌精ホワイトUVミルク」
について紹介させていただきました。どちらもUVカット効果は同じですが、それぞれテクスチャやウォータープルーフ機能の有無などに違いがありました。しかしどちらの商品にも違った良さがあるので、まずは試して見てから自分の肌に合った日焼け止めを選んで見てはいかがでしょうか。
紫外線は夏場だけでなく年中肌にダメージを蓄積させてきます。肌の老化を防ぐためにもぜひ自分の肌に合った日焼け止めを見つけて毎日のケアを徹底してくださいね。