W3srxxrw1oofglqwqxlz

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

アイメイクで奥二重の魅力をUP!ノーブルな瞳で二重瞼と差をつけて

2018.03.23

幅の広い二重瞼に比べて二重の幅が狭い奥二重だと、アイメイクを頑張ってもあまり良く見えないので、目が大きく見えない…とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか? そんなあなたに、奥二重さん用の春らしいピンクのアイメイクをご紹介します。

  1. 奥二重を欠点とはとらえないで
  2. 奥二重ならではの味を大切にしたアイメイクを
  3. 奥二重にピンクを使ったアイメイクは似合わない?
  4. 奥二重にもピンク系アイメイクは似合う!
  5. 奥二重アイメイク・幸せピンクメイク1
  6. 奥二重アイメイク・幸せピンクメイク2
  7. 奥二重アイメイク・幸せピンクメイク3
  8. 奥二重アイメイク・幸せピンクメイク4
  9. 奥二重アイメイク・幸せピンクメイク5
  10. 奥二重アイメイク・幸せピンクメイク6
  11. 奥二重アイメイク・幸せピンクメイク7
  12. 奥二重アイメイク・幸せピンクメイク8
  13. 奥二重アイメイク・幸せピンクメイク9
  14. 実は万能な奥二重の魅力
  15. まとめ
引用: https://cdn-origin.godmake.me/press/wp-content/uploads/2014/08/img08_trend.jpg
奥二重ははっきりした二重に比べて重く見えたりしがちですが、美人・もしくはかわいいと言われる芸能人などにも奥二重の人は多いのです。石原さとみさんや綾瀬はるかさん、宮崎あおいさんなど、女性からも支持される美しい・かわいい女優さん達も良く見ると奥二重だったりします。目は口ほどにものを言い…と言いますが、女優さんなどは目の印象がとても大切ですよね?きらきらと光り輝くような女優さん達の目が奥二重…ということは、奥二重というのはとても魅力的なものだとは思いませんか?
引用: https://pics.prcm.jp/ryosuke0224/17175214/jpeg/17175214.jpeg
引用: http://howcollect.jp/files/20130311063007-1232-13_raw.jpg
「奥二重なんだから、どうせアイシャドウやアイラインをいくら頑張っても見えないし、ピンクとかの膨張色のアイシャドウを使うと余計腫れぼったく見える」…などと思ってはいませんか?たしかに奥二重の人が、はっきりした二重の人と同じアイメイクをすると、塗ったアイシャドウやアイラインがほとんど見えなかったりします。それなら、はっきりした二重の人とは少し違ったメイク方法にすれば良いのです。はっきりした二重の人とは違った魅力ある目元を目指しましょう。
引用: https://gss0.baidu.com/-fo3dSag_xI4khGko9WTAnF6hhy/wenku/q%3D90%3Bw%3D500/sign=e1ad2eb4a8ec08fa20001fa762990058/38dbb6fd5266d0161f8a14239f2bd40735fa352d.jpg
Bjdutwps3ba04ffyfnsh
引用: https://2.bp.blogspot.com/-4b9HqXYoqeU/V92IPHrGxbI/AAAAAAAAOm0/m9w3BLMXJvEUMSzNuC0bfszT9-Fi2-3oACLcB/s640/Cargo%2BContour%2BEyeshadow%2BPalette%2BShade%2B01%2BReview%2BSwatches%2BCanada%2BWarm%2BMakeup%2BLook%2B.JPG
春らしいメイクといえばピンク系のメイク、桜の花を思わせて、とてもかわいいですよね。ピンクといえばまず「かわいい」という印象がありますが、奥二重さんの場合、かわいさだけではなく、上品な印象にもなります。なぜなら奥二重さんは生まれつきノーブルな印象があるからです。これは奥二重さんの大きな利点だと言えます。奥二重だからと、ピンク系を敬遠してませんか?ピンクだけを使えば腫れぼったく見えかねませんが、複数の色を少しずつ重ねて使えば、腫れぼったく見えず、軽く見せることができ、奥二重さんならではのノーブルな魅力がさらに引き立ちます。
引用: https://mir-s3-cdn-cf.behance.net/projects/202/af93c456116861.Y3JvcCw4MTAsNjM0LDAsMA.jpg
引用: http://www.sznews.com/fashion/images/attachement/jpg/site3/20130818/0050ba6b2e41137a766a07.jpg
プロのメイクアップアーティストさんにメイクしてもらえれば、奥二重の魅力を完璧に出してもらうことはできるでしょう。でも、それはちょっと無理ですよね。だったら素人なりに工夫して、そんなに難しくなく、あまり時間をかけずにできるアイメイク方法で毎日を幸せ気分で過ごしましょう。アイメイクがうまくいったら、幸せな気分になりませんか?自分の見た目がより魅力的になれば、誰だって幸せになれますよね。そこで、女性らしい気分を上げる力のあるピンクを使って、幸せ気分になりましょう。ピンク色は女性ホルモンの分泌を促すとも言われている、女性のためにあるような色なので、これで幸せになれないはずはありません。
引用: http://www.blue-hiroyan.com/wordpress/wp-content/gallery/rainbow/rainbow-018-fuusenasobi.jpg
引用: http://static.next.nextmedia.com/images/next-photos/NextMag/1399/640pixfolder/1399_Style_Guide_Beauty__LWC9300.jpg
春メイクの筆頭にあがるピンクは、白と並ぶ膨張色筆頭ですね。まぶたが重く見えがちの奥二重さんがこのピンク単色を上まぶた全体に塗ってしまうと、ちょっと重たい印象になってしまいます。だったらどうすればいいかというと、他の色を影役として使うのです。影が必要なのは目じりではなく、目頭部分になります。この部分から黒目の上あたりまでアイシャドウ(薄いブラウン)をふんわりと入れることで、彫りの深い印象になります。この下準備的なアイシャドウが生きて、ピンクを乗せても重くならなくなるのです。
引用: https://photo1.ganref.jp/photo/0/363c8290a872196695fa71e32d90c30b/thumb5.jpg
引用: http://img.mag2.com/o/bijin/2012/0801/make_photo02L.jpg
目頭から黒目の上あたりまで、薄いブラウンのアイシャドウを入れて、影の仕掛けはでき、彫りが深い印象になりました。そうしたら次は、ベージュのアイシャドウを乗せていきます。目頭から目じりまで、二重の幅よりもやや広いぐらいに入れて、さらに影を仕込みます。ブラウンやベージュなどで作る陰影が、ピンクのアイシャドウを膨張色に見せないための鍵になります。
引用: https://pbs.twimg.com/media/CCqp9RRVIAEOdsz.jpg
引用: http://obcdn2.obdesign.com.tw/_Blog/blogger/01113765/297717ee-89d4-4306-a80d-56a4b72644a1/9ad7c581-e3d5-45ff-b918-c64c1853f304.jpg
ここで引き締める色として、濃い目のブラウンのアイシャドウを入れていきます。アイラインを幅広に塗るよりナチュラルで軽い印象になりますので、奥二重さんのピンク系メイクにはぴったりです。目頭から目じりにかけて、細めに、チップを使って入れます。ここで、先に入れたベージュのアイシャドウと少し混ぜて、グラデーションを作っておくとより自然な印象になります。目元を引き締めることで、奥二重さんのノーブルな魅力を引き立ててくれる役割も果たします。
Wwthb3lxrkpnbc6nmswp
引用: http://1.bp.blogspot.com/-BZ_T3ZH0SXc/TrPbicK3EJI/AAAAAAAAAsM/_vA0MPZ8J24/s1600/SAM_0470.JPG
薄いブラウン、ベージュ、濃いブラウンのアイシャドウで下地を作ったところに、お待ちかねのピンク投入です。チップではなくブラシにつけて、アイホールの中央部、黒目上から目尻までの範囲にのせていきます。ブラシでまぶたの上を一往復すれば、華やかなピンク色がはっきりしてきます。
引用: http://www.innovnaturopathie.com/wp-content/uploads/2013/06/iris.png
ここでビューラーを使ってまつ毛を上げます。アイラインはあまり太描きしませんが、全体に細くアイラインを引いた後、ポイントアイラインを入れますので、まつ毛の根元が見えるようにしてラインを描きやすくするために、先にまつ毛を上げておきます。ビューラーにまつ毛を挟んで、根元からぐっと持ち上げるようにカールしておくと、この後アイラインが描きやすくなります。
Onnf1w5pnepsle9ewajz
引用: http://wol.nikkeibp.co.jp/article/special/20100909/108520/06.jpg?__scale=w:270,h:203&_sh=02d07d0760
ここで目をちょっと横長に見せるために、細くアイラインを入れます。その後、目を開けた状態で目尻に1~2mmぐらいのほんの短いラインを追加すると、ほとんど見えないのにもかかわらず、目が横長に見えるようになります。このアイラインが、奥二重さんのノーブルな魅力をさらに引き出してくれます。
引用: https://shigotonadeshiko.jp/wp-content/uploads/2017/05/1741.jpg
ここまで上まぶたをメイクしてきましたが、実は下まぶたも重要です。ベージュのアイシャドウを、目じりから黒目の下あたりまで乗せてください。チップに色を取り、強くこすらないようにそっと何往復かさせてください。これで目の下全体が明るく見えるようになります。
引用: http://saylady.ru/sites/default/files/bezymyannyy_290.png
ここで、アイラインのように使ったブラウンを、下まぶたの目じりから目の中央あたりまで、まつ毛の根元に優しく乗せていきましょう。まつ毛の影ができたように見えて、より立体的な見た目になります。
引用: http://www.beauty321.com/articleIMG/month_1501/201501121930283225.jpg
最後に、下まぶたの目頭のほうにもピンクを乗せておきましょう。目頭から目の真ん中あたりまでにふわっと乗せれば、流行の「描いて作る涙袋」のような雰囲気になります。「描いて作る涙袋」はややオーバーなほど塗りますが、これならより自然に見えますので、近くで見てもナチュラルです。
引用: https://cdn.kaumo.jp/element/4a70b4c5-8fe0-4278-a657-da36bdf30534.jpg
奥二重さん用のピンクメイク、如何でしたでしょうか?奥二重の人が敬遠するであろうピンク系のメイクをあえておすすめしてみましたが、その理由は「奥二重さんの鬼門は膨張色だけだから」なのです。奥二重さんのシャープな目元は本当に魅力的で、地味目に抑えなければならないオフィスメイクなどでも輝けるのです。涼やかな目元はまさに、クール・ビューティと呼ぶにふさわしいと思います。にもかかわらず、今回のようなふわっとメイクもかわいく決まるのですから、万能と呼ぶ他ないでしょう。
日本人には比較的多い奥二重。それがコンプレックスだ、もっと目を大きく見せたいと言う人は多いようですが、アイメイクの工夫次第で、単に目を大きく見せる以上の魅力の引き出し方もできるのです。はっきりした二重の人とは違った魅力を引き出すメイクをご紹介しました。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://spicomi.net/media/uploads/article/image/201/card______.jpg