Wrnbxnwylnf7osngpen6

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

化粧直しを簡単に出来る方法は?基本&時短テクニックをご紹介!

2018.05.19

化粧直しは出来るだけ簡単にやりたいですよね。時短で済ますことが出来れば余裕を持って化粧直しが出来ますし、時間を有効に使うことも出来ます。そこで今回は化粧直しを簡単に出来るテクニックを紹介!知ってて損は絶対にしない、化粧直しテクニックをチェックしていきましょう!

  1. 化粧直しをするメリット
  2. 化粧直しが必要になる理由
  3. 化粧直しに必要なアイテムは?
  4. 化粧直しであると便利なもの
  5. ベースメイクの基本化粧直し方法
  6. ベースメイク直しの時短化粧直しテクニック
  7. アイメイクの基本化粧直し方法
  8. アイメイクの時短化粧直しテクニック
  9. チーク、リップの時短化粧直しテクニック
  10. 化粧崩れは朝のメイクの一工夫で防げる
  11. まとめ
Zcoroteijshtaxbywcxd
化粧直しは必須ではあるものの、実際化粧直しってそこまで必要なの?と思っている人もいるでしょう。確かにあまり化粧直しをする必要がない人っていますし、多少崩れてもまあいいやって考えている人がいるのも事実です。そこでまずは化粧直しの方法や時短テクニックを紹介していく前に、化粧直しをするメリットについて紹介していきます!

崩れた化粧を綺麗に直せる

化粧直しの最大のメリットと言えば、崩れてしまった化粧を綺麗な状態に戻すことが出来るってことでしょう。慣れないうちは、化粧直しは面倒くさい、時間がかかると思って怠りがちになってしまいますが、崩れた化粧は自分が思ったよりも周りに与えるイメージはマイナス。出来れば時間をかかっても化粧直しをしたほうが自分の印象を無駄に下げることを防げるため、化粧直しはしたほうが良いのです。今回は化粧直しの時短テクニックを紹介してくので、時間がかかって化粧直しは面倒くさい…という人もこれで短い時間で簡単な化粧直しテクニックを覚えていきましょう!

肌の乾燥を潤すことが出来る

化粧直しをするメリットとして、肌の乾燥を潤すことが出来るというものがあります。化粧をはじめ日中冷房や暖房、また季節によって肌は急激に乾燥をしていきます。乾燥をすれば肌へのダメージが受けやすくなってしまうため、出来るだけ乾燥しないように肌を守ったほうが良いのです。化粧直しの段階というのはだいたい肌が乾燥をしてきて悲鳴をあげているタイミングでもあるので、その期間でミストや乳液を使うことによって肌の乾燥を潤すことが出来るということなのです。

テカリを防ぐことが出来る

化粧直しをするとテカリを防ぐことが出来るってご存知ですか?何故テカリが発生してしまうかというと、時間が経つにつれて皮脂が分泌されてしまったり、乾燥により皮脂過剰分泌が起こったりしているからなのです。テカリはより化粧崩れを悪化させてしまいますし、見た目も不潔感が漂うので出来れば防いでおきたいもの。化粧直しをすればテカリを取り除き、そしてテカリを防ぐことが出来るようになるので、化粧直しをしたほうが良いのです。
Eatiqog2jboxnmwdyp6v
そもそも何故化粧は崩れてしまうのか、化粧崩れの理由についても知っておいたほうが良いですよね。化粧直しが必要になる理由は、化粧をした瞬間は肌にフィットしていたものが、時間が経過するにつれ、皮脂や汗、毛穴の開きなどによって剥がれてきてしまうからなのです。また空気中の汚れも肌につけばそれだけ化粧崩れの原因になるため、化粧崩れはどうしても起きてしまうものなのです。
Gi8ws3n4o3xocjud8mcc
化粧直しの方法や時短テクニックを紹介していく前に、化粧直しに必要なアイテムについても見ていきましょう。必要なアイテムの使い方についても振り返っていきます。

綿棒

化粧直しに綿棒は必須アイテムの中の超必須アイテムです。綿棒はアイメイクなど細かい部分を化粧直しする際に使用するもので、より的確に化粧崩れによる汚れを取り除くことが出来ます。中には指やティッシュで十分なのでは?と思う人もいますが、指やティッシュではピンポイントに汚れを取り除けないというだけでなく、肌への負担も大きくなります。最悪綺麗に化粧が出来ていた部分にまで指やティッシュが触れるとより化粧崩れが酷くなる場合もあるので、ピンポイントで化粧直しが出来る綿棒が最適なのです。

スポンジ

化粧直しにあると便利なのがスポンジ。スポンジは化粧崩れでヨレてしまった肌を整えること、ベースメイクの化粧直しを均等にすることが出来るアイテムです。この時注意をしたいのが、化粧直しでは汚れていない綺麗なスポンジを使うということ。汚れがついているスポンジを使ってしまえば、より化粧崩れが酷くなることや、化粧直しをしてもイマイチ綺麗に直せない場合もあるので、綺麗なスポンジを使って化粧直しをするようにしましょう。

あぶらとり紙

化粧直しにはあぶらとり紙があると便利であり、綺麗に化粧直しをすることが出来ます。化粧崩れの原因でもある皮脂をあぶらとり紙で取り除いてから化粧直しをしたほうが、時短にも繋がりますし、綺麗に化粧直しが出来るようにもなります。皮脂が肌に残っている状態で化粧直しをしたとしても上手く化粧直しが出来ないということの他に、化粧崩れの時間が早まってしまい、結果的に何度も化粧直しをする手間が出来てしまうのです。

それぞれ化粧直しをするためのメイク道具

化粧直しで欠かせないのは、それぞれの化粧直しをするためのメイク道具です。ベースメイクならばファンデーションやパウダー、アイメイクならばアイライナーやマスカラ、アイシャドウ、チークやリップなど…それらがないと化粧直しが出来ません。特に化粧崩れで最も影響を受けるベースメイクに関しては絶対に欠かせないアイテムなので、必ず用意をしておきましょう。
Extl7o8cj1fhqosqsotg
化粧直しであると便利なものもあります。人によってはこれがないと化粧直しが出来ないというアイテムでもあるため、必須アイテムと言っても間違いではありません。化粧直しをより便利に、そして肌への負担や化粧崩れ防止のためにも一役買ってくれる心強い存在なので、出来れば持ち歩いておくのがおすすめです。

乳液

化粧直しであると便利なのが乳液です。乳液によって肌の乾燥を防ぐことが出来るだけでなく、化粧品の肌への密着度を上げることが出来るので持っていたほうが良いでしょう。また化粧直しの時に乳液を使うと肌への摩擦を防ぐことも出来るため、肌への負担が気になる人も安心して化粧直しすることが出来ます。

ミスト化粧水

化粧直しにミスト化粧水を使うのもおすすめです。ミスト化粧水は肌へ潤いを与え、時間が経って乾燥してしまった肌を生き返らせることが出来るため、特に肌への乾燥が気になる人は持っておいたほうが良いでしょう。さらにミスト化粧水を化粧直しの時に使えば、化粧崩れによって崩れた部分が浮き出て、まだ肌にフィットしている部分はより密着するようになります。化粧直しをする部分も肌への密着度が上がるため、その後の化粧崩れの心配も少なくなるのです。
Zcgqimhxloq16wb2ytpg
ベースメイクの基本的な化粧直しの方法を早速見ていきましょう。ベースメイクが化粧崩れをしてしまえば、どんなに他の部分が化粧崩れしていなかったとしても全体が化粧崩れしているように見えてしまいます。基本的なベースメイクの化粧直し方法をマスターとして、一日中綺麗なメイクを保っていきましょう。

その1:ヨレた部分をあぶらとり紙やスポンジで整える

ベースメイクはまずヨレた部分やテカリが気になる部分を取り除くところからスタートしなければなりません。ヨレやテカリがある状態で化粧直しをしてしまえばさらなるヨレを生み出すことや、化粧崩れの原因になります。まずはヨレた部分をスポンジで綺麗に整え、皮脂が気になる部分、特にTゾーンあたりはあぶらとり紙で優しく取り除くようにしましょう。この時乳液がある場合は、乳液を使ってヨレや皮脂を取り除くと肌への負担を和らげ、同時に保湿も出来るのでおすすめです。

その2:スポンジにファンデーションを馴染ませ、肌にとんとん、という感じで乗せていく

ヨレや皮脂を取り除いたら、スポンジにファンデーションを馴染ませ、肌にとんとん、という感じで乗せていきましょう。優しく乗せるようなイメージでやるのが綺麗に肌に馴染んでいくテクニックになるので意識してみるようにしましょう。

その3:ハイライトを乗せ、パウダーをして完成

ファンデーションが肌に馴染んできたら、ハイライトを乗せ、そのあとはパウダーをして完成です。最初の化粧崩れのヨレや皮脂を取り除くことが出来た時点でベースメイクの化粧直しはほぼ完成と言えるので、ハイライトやパウラ-は厚塗りにならないように意識をするだけで十分事足ります。
Ryc56jnct8rnnlmcflbf
ベースメイクの基本的な化粧直し方法の次は、時短テクニックについても注目をしていきましょう。基本さえわかっていれば時短テクニックも使えますし、必要であればベースメイクの基本化粧直しをせずとも、時短テクニックだけでベースメイクの化粧直しを終えることが出来ます。

その1:スポンジやあぶらとり紙でヨレや皮脂を取り除く

時短テクニックでも重要なのがスポンジやあぶらとり紙で化粧崩れのヨレや皮脂を取り除くことが大切です。どんなに焦っていたとしてもこの段階をしっかりとやらなければ、化粧直しをすることは難しくなります。最も重要な部分なので、ヨレや皮脂を綺麗に取り除きましょう。この時乳液を使うと保湿を兼ねられるので是非使っていきたいところです。

その2:ヨレや皮脂を取り除いた部分を、コンシーラーを使って埋めていく

実はベースメイクの化粧直しはファンデーションを使うほうが綺麗に仕上がるものの、コンシーラーでも十分に化粧直しすることが出来るのです。普段使っているコンシーラーを使い、その1で取り除いた部分にコンシーラーを乗せていきましょう。この時さりげなくというよりかは大胆に塗るのがポイントです。その後はすでに付いているファンデーションとの境目を指でぼやかしていき、肌に馴染ませればほぼ完成です。

その3:ハイライト、パウダーで完成

基本的なベースメイクの化粧直し通り、最後はハイライトとパウダーを乗せればベースメイクの化粧直しは終了です。最後にミスト化粧水や化粧崩れ防止スプレーなどを使うと保湿効果や化粧崩れ防止に繋がるので、ある場合は使っていきましょう。
Yd1unb8t8jqcncl1wt4p
アイメイクは化粧崩れをするとインパクトが強いため、化粧崩れしてきたかも…と感じた段階から出来るだけ早く直しておきたい部分でもあります。出来るだけ早く化粧直しをしたほうが化粧直しの手間も省けていくので、こまめにアイメイクが崩れていないかチェックしておくのがオススメです。

その1:アイメイクの汚れは綿棒で落とす

アイメイクの化粧崩れは原則として綿棒で落とすのが基本です。先程も紹介した通り、指やティッシュで汚れを落とすのは逆効果に繋がるため出来るだけやめたほうが良いでしょう。この時乳液を綿棒につけてアイメイクの化粧崩れ部分を綺麗にするのが、肌へ負担をかけず、綺麗にアイメイクの汚れを取り除くことが出来るので是非使っていきましょう。

その2:アイラインやアイシャドウ、マスカラで整えていく

落ちてしまった部分のアイラインやアイシャドウを整えていきましょう。もし上瞼の化粧崩れはそこまで酷くなく、下瞼が酷い場合には下だけアイシャドウやアイライン、マスカラなどを直すだけでもOKです。ただし発色が時間経過によって異なるため、時間がある場合にはアイシャドウは塗り直したほうが、綺麗に化粧直しが出来ます。
Zkqmqqvttgud64bpspff
アイメイクは時短テクニックを覚えていないと余計に時間がかかってしまう部分でもあります。アイメイクは失敗をすれば1からやり直しということも多いため、出来れば時間をかけず、そして簡単に化粧直しをしておきたい場所ですよね。

その1:アイメイクの化粧崩れは綿棒で取り除く

時短テクニックを使うとしても、アイメイクの化粧崩れはしっかりと綿棒で落としておきましょう。化粧崩れが残ったままアイメイクをすれば濁ったアイメイクになることや、パンダ目の原因になることもあります。アイメイクが崩れると顔の印象は一気にマイナスにもなってしまうため、化粧崩れを取り除く作業はしっかりと行いましょう。

その2:アイシャドウ、アイライン、アイシャドウで綺麗なアイメイクに

化粧直しをするとアイメイクが上手く出来ない、アイラインが滲んでしまうという人も多いでしょう。そんな場合はまずアイシャドウをつけ、その上からアイライン、そしてさらにまたその上からアイシャドウをすると、アイラインのにじみを誤魔化すことが出来るのです。
Plqbfnhmcpxozrsp6gcl
チークやリップも化粧直しは必要です。この2つが欠けてしまうと肌色が悪く見えてしまう原因に繋がります。他の化粧直しとは違ってそこまで手間がかからないので、化粧直しをするならばチークやリップもしっかりと直していきましょう。

使うとオススメなのはリップ&チーク

チークやリップでの化粧直しテクニックで使いたいのが、リップ&チークです。リップとチーク両方に使えるという一粒で二度美味しい便利アイテムですね。リップとチークの色が一緒だとメイクに統一感が生まれますし、何より一つのアイテムでリップとチークを直すことが出来るので時短に繋がります。ベースメイク完了後、リップとチークを塗れば化粧直しは完了です。

グロスなどを使う場合は筆があると便利

リップの化粧直しでグロスなどを使う場合は、筆があると便利です。細かいところまで綺麗に直すことが出来るので、唇全体が綺麗に仕上がります。また唇の乾燥が気になる場合には、リップの化粧直しをする前に保湿効果のあるリップクリームを下地として使うとグロスや口紅のノリも良くなり、同時に乾燥も防ぐことが出来ます。
Orzaak33pegu0nz43xkn
化粧直しは出来ればしたくないものですし、出来れば時短したいものです。実はそのためには朝のメイクに一工夫することによって、化粧崩れをある程度防ぐことが出来るのです!

皮脂予防や化粧崩れ防止のアイテムを使う

化粧崩れを最も防ぐことが出来るものといえば、皮脂予防や化粧崩れ防止の効果があるアイテムを使うということです。化粧下地などにも効果があるものがあるので、化粧崩れをとにかくなくしたい人はそういったアイテムを選んでみるだけでもOK。また朝のメイクが終わった後に、化粧崩れを防止するためのスプレーを使うと、バリア効果が働いて化粧崩れを防いでくれます。

メイク前には保湿を十分にする

化粧崩れの主な原因は乾燥です。乾燥によって皮脂が出るため、それが原因で化粧崩れが起こってしまうのです。そのためメイクの前にはしっかりと保湿をするのが最も化粧崩れには効果的です。時間がかかってもこの段階で保湿を徹底的にしておけば、化粧崩れを防ぐことが出来ますし、たとえ化粧崩れが起きてもそこまで酷い有様にはなりません。またベースメイク前に乳液を肌に馴染ませてからやると、肌への密着度も上がるため、化粧崩れを防ぐことが出来ます。
Dbpudojph5eacoeh8kmn
化粧直しの方法、そして時短テクニックを紹介してきました。化粧直しの基本的な方法、そして時短テクニックを覚えていれば、化粧崩れの様子を見るだけで何をすれば最も時短で済むのか見極めることが出来ます。時間に余裕があり、しっかりと化粧直しをしたい場合には基本的な化粧直し方法を、あまり化粧崩れが酷くない場合や時短で済ませたい場合には時短テクニックを使えば、しっかりと化粧直しをすることが出来ます。化粧直し方法は様々な方法やテクニックがあるので、それらを覚えておくと臨機応変に対応していけるので、是非覚えておきましょう。