R9llbnamfp8h82druozv

ファッション

CATEGORY | ファッション

この冬大注目のアウターは ?これでもう迷わないトレンドアウター完全ガイド

2020.07.27

この冬大注目のアウターは一体どれなのでしょうか?ガウンコートや短い丈のアウターがトレンドとして出てきています。この冬大注目のアウターをいろいろな角度から検証してみました。この冬のアウターのトレンドは、緩めシルエットです。

  1. 2018~2019年の冬人気のレディースアウターは?
  2. 冬のレディース人気のアウターの丈
  3. 冬のレディース人気のアウターダッフルコート
  4. 冬のレディース人気のアウターはライダージャケット
  5. 冬のレディース人気のアウターのガウンコート
  6. 冬のレディース人気のアウターのスエードコート
  7. 冬のレディース人気のアウターのトレンチコート
  8. 冬のレディース人気のアウターダウンコート
  9. 冬のレディース人気のアウターはフェイス周りにファーを取り付ける
  10. 冬のレディース人気のアウターのミリタリージャケット
Heszqwl4cwzdz7pcgi9h
引用: https://cdn.kaumo.jp/element/b7322c85-ac72-44ab-92b4-f458c21107aa.jpg?w=360&h=500&t=resize&q=90
今年の冬を先取りして見てみると、ゆったりとしたサイズやルーズな着こなし、チェック柄、ドロップショルダー、ミニ丈、ひざ丈などが登場してきています。ゆったりとしたサイズ感のある、タータンチェックなど、ひと昔前の懐かしさを思い出させるものもあって、ベルト付きのガウンコートなども登場し、ラフに羽織るアウターが今年は人気を集めそうな気配がします。
チェック柄にファーをつけて、また、ウエストを細くシェイプにして、メリハリのあるアウターが出ます。また、マンネリになったアウターコーデはベルトをプラスすることで、アレンジした今までと違ったアウターコーデができます。今年のチェック柄は豊富なチェック柄が彩をそえ、リバーシブルタイプも出てきます。また、グラフチェック柄のコートや、アレンジの仕方でファッションのイメージが変わって、着こなしの幅が広くなってきます。
アウターの丈はショートコートの丈が目立ち、定番になりそうなピーコートはスカートを組み合わせることで、よりスタイリッシュになります。ピーコートは、もともとイギリスの海軍が着ていたアウターです。英語ではピーコートですが、ドイツ語ではパイロットコートとも言います。ピーコートの丈などもあまり長くなく、短めがトレンドのようです。
このPコートは左右どちらでも合わせられるようになっていて、レディースファッションにも取り入れられています。今年のトレンドアウターとなっていて、レザー調のウエストをマークした、甘辛ミックススタイルも楽しむことができます。昨年から引き継がれたロングコートも人気があります。ロングコートはエレガントなロングドレスによく合うアウターです。また、今年はガウンアウターがトレンドとなっていて、ベルトで締めたり、締めなかったり、ベルトを垂らしたままなど様々な着こなしで、ドレスに合わせたコーデが見られます。
Nbyhhqq1wzggdjr1oz9j
引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/ryuryu-shop/cabinet/objm-ba/249803-6.jpg?_ex=350x350&s=0&r=1
フィッシュテールデザインなども、前が短く後ろの長いショート丈をオーバーサイズで着こなし、日常に取り入れるととてもおしゃれになります。ロング丈コートも引き続き安定的なトレンドとなってきています。また、緩めのシルエットが、トレンドアウターになっています。
冬の定番アウターとも言える、ダッフルコートはカジュアルなイメージのアウターですが、今年のトレンドカラーや、中に着ている色と合わせたりすると、ガーリーな女性に見え、ベージュ系にするとフェミニンな装いに見えます。
ダッフルコートもイギリス軍の防寒着として着用され、第二次世界大戦が終わるとともに、在庫が世に出回って一般人が着るようになりました。 白のウールダッフルコートにニットのアンサンブルで、ボトムの丈を合わせるとオシャレになります。
この時期にヘビーロテするアウターは、ライダージャケットが一番です。ライダージャケットと花柄のスカートやワンピースと合わせると、甘辛ミックスコーデが完成します。ヘビーロテとは使いまわすという意味で、アウターをヘビーロテするには、ライダージャケットが気軽に何でも合う冬のアウターで、ライダージャケットは丈が短いので、ボトムもパンツやスカートなどコーデするにはとても合わせやすいです。
引用: https://i.pinimg.com/originals/64/b9/b2/64b9b214fae2ad94ba86e87d1972ad19.jpg
ロングドレスに似合うガウンコートは、今年の人気商品となる予感です。ゆったりとしたガウンコートは、一つ間違えると着ぶくれした、ダサい感じになることがあります。ガウンコートを着こなすには、全体の感じが重くならないことです。適度に肌を見せ、中に着る服を色味の異なるものにすると良いでしょう。同色系にすると太った感じに見えます。そのため、中に着ている色をのぞかせるのがポイントとなります。
今年も海外セレブやモデルがスエードアイテムを取り入れ、スエードアウターを身に着けています。手入れをすれば長いこと着られ、今風にスエード素材のライダージャケットを着こなすには、薄手のスカーフのアニマル柄を取り入れてコーデすると、スエードジャケットと重い感じのバランスが取れます。
また、スエードコートのポンチョでトレンド感を出すには、ボトムをワイドパンツにするとトレンド感が増します。海外では、ポンチョがとても人気があります。スエードのロングコートは重くなりがちですが、白色をのぞかせるとおしゃれに着こなせます。
上の写真のようにスエードは少し重くなりますが、白をのぞかせることで、とても軽くなります。白のセーターとジーンズでコーデして、ジーンズの紺とスエードの紺で同系になっていますが、全体のコーデの抜け感としてオレンジ色のパンプスがとてもガーリーな雰囲気を出しています。
トレンチコートは冬用のオーバーコート及びレインコートの一種で、第一世界大戦のイギリス軍が防水型の運用コートが必要ということで開発されたものです。トレンチコートでも、デニム生地を用いると、おしゃれな感じが増してきます。

レザーのトレンチコートはシンプルに手を通すだけ

Vxw8y2hvv3pseebjzkpe
引用: https://tshop.r10s.jp/trendyme/cabinet/04149284/04149285/04632148/imgrc0072636309.jpg?fitin=198:198
レザーのトレンチコートは、シンプルに装うだけで、トレンドのアウターとなります。トレンチコートは冬の寒い日だけでなく、春先や秋口にも着られるアウターです。また、レザーも季節的には長く着ることができて、手入れをすれば毎年着ることもでき、今年のトレンドのファーをつけると一層豪華なコーデが出来上がります。
ダウンコートを取り入れるなら、プリント柄を取り入れるとトレンドになりますが、ダウンコートを着るときに肩みせで抜け感を出すことが今年のトレンドです。ダウンコートは冬のコートの定番になりつつありますが、着方によってことしのトレンドアウターとなります。
Fq1ouekktmj8nqwlf74x
引用: https://tshop.r10s.jp/glitter-dress/cabinet/03488339/03493108/imgrc0069980488.jpg?fitin=198:198
ダウンコートを今年のトレンド風に着こなすには、ゆるっと肩にルーズに羽織って抜け感を出すことが必要です。また、柄のダウンや色鮮やかな今年の色のダウンコートなども今年のトレンドダウンコートとしてのアウターがコーデされます。
冬のレディース人気のアウターは、フェイス周りにファーを取り付けることです。ファーを取り付けると、寒さ対策もありますが、とても、アウターが豪華になります。ポンチョアウターは外国ではとても人気があります。

ミリタリージャケットをミニ丈に合わせて

ミリタリージャケットは、もともと軍服で、どちらかというと男性ファッションとして根付いてきました。紳士服も、ミリタリー・ウエアのアイデアの積み重ねなのです。ミリタリーアウターとなったのは、アメリカ軍によって新しい流れができました。そして、今日にはレディースファッションに取り入れられるようになりました。ミニ丈に合わせて、ミリタリージャケットを着ると、今年のトレンドアウターファッションの、ガーリーな女性になります。

カジュアル派にはボアのミリタリーブルゾン

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51gRJHim0JL._UY445_.jpg
カジュアル派のミリタリージャケットにするには、ボアのついたミリタリーブルゾンなどをコーデすると、カジュアルなトレンドを着こなせ、ジーンズと組み合わせるとカジュアルな装いができます。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BgYdGdwjvgG/?tagged=%E3%82%AC%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%88