Jebhi0sytlkmwtvrpvuq

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

クレンジングオイルの効果的な使い方とは?肌負担を最小限に抑えるポイント

2018.10.13

クレンジングオイルは洗浄力が強く、その分肌への刺激も高くなる傾向にあります。クレンジングオイルは落ちないメイクなどを素早く落とせる特徴があります。クレンジングオイルの正しい使い方を、このサイトを読むことで、肌負担を最小限に抑えるポイントが分るでしょう。

  1. クレンジングオイルのメリットとデメリットを知ること
  2. クレンジングオイルの成分について
  3. クレンジングオイルの正しい使い方
  4. クレンジングオイルの使い方の要点
  5. クレンジングオイルの乳化の目的とメリット
  6. クレンジングオイルの注意点
  7. クレンジングオイルの肌負担を最小限に抑えるポイント
  8. クレンジングオイルをオススメの理由とオススメの人
  9. クレンジングオイルのオススメの選び方
  10. まとめ

クレンジングオイルの必要性

クレンジングオイルがなぜ必要なのでしょう。メイクや大気中の汚れや、一日の汚れが顔に付着していると、水では落としきれない、油の汚れを落とす力があるからです。クレンジングオイルについてのメリットと、デメリットを見てみました。

メリット

クレンジングオイルは摩擦を少なくして、メイク落としができる商品です。また、使用後のさっぱりしたなめらかな肌触りもとても気持ち良いです。現在は風呂場で使え、お肌に優しい成分が使われたのがあり、いろいろなタイプがあるので使い勝手の良さから人気があります。クレンジングオイルのオススメできる理由として、正しく使えば汚れを素早く落とせて、美肌を保つことができるのです。

デメリット

クレンジングオイルをオススメできない理由として、肌に必要な皮脂や天然保湿まで奪い取る洗浄力があるため、肌が乾燥してカサカサになります。また、オイルが残るとニキビ菌の餌となることがあります。ですから、正しい使い方を必要とするのです。例えば、油汚れのひどいときとか、メイクの濃いお化粧をしたときなどの、油汚れが落ちにくいときにだけ、使用する使い方をするとよいでしょう。

界面活性剤

クレンジングオイルの成分の内訳は、オイル成分が70~80%となっています。オイル成分には鉱油・エステル油・シリコーン油・油脂などがあります。そして、最もクレンジングオイルの基本となるものに、界面活性剤が使われています。
界面活性剤はお肌によくないということで敬遠されますが、界面活性剤でもいろいろあり、化粧品には非イオン性界面活性剤が主に使われ、イオン性界面活性剤よりお肌に優しいです。
界面活性剤は15~20%使われ、これが油汚れを浮き上がらせ、毛穴の汚れを綺麗に取り除くのです。そのほかに、酸化防止剤・防腐剤・香料・エキスなどが配合されています。 これらのクレンジングオイルは良く落ちる特徴があります。肌につけたときは、ヌルっとした肌ざわりですが、洗い流すとすっきりさっぱりします。

正しい使い方

クレンジングオイルの正しい使い方は、時間をかけないでやることが大切です。顔につけ乳化させ洗い流すまで1分ぐらいで行うのが理想的です。先に落ちにくい目元のメイクや、唇などのポイントメイクの汚れを、専門のリムーバーで落とします。そしてクレンジングの量をケチらないことです。

そのほかの注意点

肌に優しい植物系の界面活性剤がでているので、できるだけ肌に優しいクレンジングオイルを選びます。洗い流すときは水ではなく、32度ぐらいのぬるま湯で洗い流します。そして、濃いメイクや、アイメイク、落としにくいメイクをしたときのみ使うようすると良いでしょう。また、W洗顔は敏感肌の人は、W洗顔不要なものを選びます。

乳化させる

クレンジングオイルの使い方のポイントで、一番大事なことは、乳化させることです。乳化させることで、油と水が混じりあい、毛穴の汚れを落とすことができるのです。本来水と油は混ざり合いませんが、界面活性剤が入っているので水と油を混ぜ合わせることができるのです。

クレンジングオイルの乳化方法を知る

クレンジングオイルの乳化させる方法を見てみましょう。 1.最初は乾いた顔にクレンジングオイルを顔全体に塗ります。メイク汚れを浮かせます。 2.手に残ったクレンジングを水でよく混ぜ、白くなると乳化したことになります。 3.乳化させたものを、顔全体に乳化させ、顔のオイルがサラサラになるまで優しく乳化させます。 4.ぬるま湯の32度ぐらいのお湯ですすぎます。 5.油汚れが落ちたら洗顔を普通にします。

乳化の目的

クレンジングオイルの乳化の目的は、毛穴の中の汚い汚れを乳化させながら取り除くことです。毛穴の奥の汚れをスッキリさせることで、クレンジングオイルを使う理由がここにあるのです。

メリット

1.メリットには毛穴の汚れのつまりを防ぎ、毛穴の引き締め効果が得られます。2.毛穴の汚れが綺麗に落とせればニキビも少なくなります。3.人間は寝ている間に新しい細胞が作られ、垢として古い細胞が剥がれていきます。ですから、乳化することで汚れが除去できターンオーバーを正常化させてくれます。4.汚れが綺麗に落とされると、化粧品の浸透率もよくなり、肌の保湿にも効果を増してくれます。

注意点

クレンジングオイルの使い方の注意点として、使用後に念入りに保湿することが大切です。また、クレンジングオイルを乳化させるときに、指に力を入れ過ぎてかえってオイルをつまらせることがあります。乳化させ浮かせて取るやり方をマスターし、正しいクレンジングオイルの使い方を、実行することが必要です。また、洗い流すときは32度くらいのお湯で洗い流し、あまり肌を刺激しないことがポイントとなります。

肌負担を最小限に抑えるポイント

クレンジングオイルの肌負担を最小限に抑えるポイントは、乳化させることです。そして、濃いメイクや汚れのひどい落としにくいメイクのときのみ使います。また、クレンジングオイルの量をケチらないで、500円玉大の大きさの十分な量で行うことです。そして素早く行うことが大切で、1分以内ですすぎまで行いましょう!

成分表示をよく見て選ぶ

落としにくいメイクは専用のアイメイクで落としてから、クレンジングオイルを使用します。また、肌に優しい植物系のクレンジングオイルがでているので、肌に優しい成分のものをなるべく選ぶようにします。

クレンジングオイル以外のオイルでは、汚れが落とせても洗い流せない!

クレンジングオイルのオススメの理由は、他のホホバオイル・ベビーオイル・オリーブオイル・アルガンオイル・椿オイルなどでは、メイクの汚れが落とせません。
その理由は、界面活性剤が入っていないので、油と水の乳化ができないため、メイクの油汚れを落とせたとしても、水と油を中和させられないので、洗い流すことができないのです。反対にそのようなオイルを使ってメイク落としをすると、毛穴にオイルが残ってしまうことが多いのです。

オススメの人

クレンジングオイルのオススメの人は、混合肌や脂性の人に良く、乾燥肌や敏感肌の人は、オイルの摩擦の負担があります。しかし、どのような肌の人でも、汚れをしっかり落とした方が良いので、メイクが濃い場合は、素早く落とすクレンジングオイルをオススメします。そして、使った後は保湿を十分にすることを心がけることです。

非イオン系のクレンジングオイルをオススメ

クレンジングオイルの選び方でオススメは、非イオン系のもので、あまり泡立たなくて、メイクなどの洗浄が強いもの、肌に負担を最小限にとどめるものを選びます。肌に負担をかけるものはなるべく避ける方がよいでしょう。ミネラルオイルやエステル系クレンジングオイルは、なるべく避けるようにします。

ミネラルオイル・エステル系クレンジングオイルは刺激が強い

ミネラルオイルは鉱物油で、酸化安定性の高い油脂が含まれています。エステル系クレンジングオイルは、脂肪酸+アルコール+酸性物質を合体させたもので、敏感肌の人には刺激がきつすぎます。クレンジングオイルの選び方として、オススメのクレンジングオイルは、天然油脂を使った非イオン系界面活性剤をオススメします。
いかがでしたでしょうか?クレンジングオイルの使い方のオススメ理由がお分りいただけたと思います。クレンジングオイルを効果的に使って、肌負担を最小限に抑えることが大切です。そのポイントをまとめてみます。

クレンジングオイルのまとめのポイント

1.クレンジングオイルを使うときは、素早く使用することが大切です。 2.クレンジングオイルを乳化させることが必要です。 3.植物系の油脂の非界面活性剤を選びます。 4.クレンジングオイルの使い方として、ケチらないで500円玉大の量を使います。 5.濃いメイクや汚れの激しいときのみに使います。 6.洗い流すときは32度ぐらいのぬるま湯で行います。 7.W洗顔は自分の肌質によって行うことです。 8.目元や唇などの汚れのひどい場所の汚れを先に取ってからクレンジングオイルで落とします。 9.ミネラルオイルやエステル系クレンジングオイルは、なるべく避けます。 10.クレンジングオイル以外のオイルは汚れが落とせても、洗い流し汚れを取り去ることができません。
これらのポイントを踏まえれば、肌負担を最小限に抑えて、クレンジングオイルの選び方や、効果的な使い方も分るのではないでしょうか?美肌を保つためにポイントを押さえて使いましょう!