Qj1rhir4pttijwrevgxd

リラクゼーション

CATEGORY | リラクゼーション

マッサージオイルはアロマ入りがおすすめ!香り別の期待できる効果とは

2018.10.13

お風呂上がりや寝る前にマッサージを習慣的にしている方も多いと思いますが、マッサージのオイルは何を使っていますか?マッサージオイルにはアロマ入りがおすすめ!今回は、アロマオイルの香りによって期待できる効果などを詳しく紹介します。

  1. マッサージにはアロママッサージオイルがおすすめ!
  2. アロママッサージオイル
  3. アロママッサージオイルの作り方
  4. アロママッサージの方法
  5. アロマオイルのマッサージで期待できる効果
  6. イランイランの香り
  7. ティーツリーの香り
  8. ユーカリの香り
  9. レモングラスの香り
  10. アロママッサージオイル・まとめ
Ovklxhp8cdjtgaovypqs
最近話題を集めているアロマオイルですが、アロマオイルとは一体何なのでしょう?アロマオイルは、自然の植物や花などから抽出したオイルで抽出植物の香りを楽しめるものを指します。
Oexaxbzlwlaja6febbkc
例えば、バラのアロマオイルの場合バラの香りが楽しめますし、中にはグレープフルーツなどのフルーツのアロマオイルもあります。実に様々な種類のあるアロマオイル、用途も数多くありますが、マッサージを行う際もアロマオイルは非常におすすめです!
Vypgatsv05modkglqnq9
マッサージに使うアロマオイルは注意が必要です。なぜなら、通常マッサージ用のアロマオイルはエッセンシャルオイルという100%天然抽出成分が配合されたものを使うのですが、これは直接肌に着けたりしてはいけないためです。そのためマッサージオイルはエッセンシャルアロマオイルを薄く希釈したものを使う必要があります。それでは、自分でも簡単に作れるマッサージオイルの作り方を紹介します。
マッサージオイルの適切なエッセンシャルオイル濃度は1%以下です。そのため、エッセンシャルオイル(精油)をキャリアオイルと呼ばれる希釈用オイルと混ぜることによって作ります。通常エッセンシャルオイルのボトルドロッパーは1滴垂らすと0.05mlが滴下されるようになっています。ですので、2滴のエッセンシャルオイルにキャリアオイルを10ml混ぜれば適切な1%以下のオイルが出来上がります。
2種類以上のアロマオイルでブレンドする際は、例えば1滴ずつのアロマオイルに10mlのキャリアオイルを混ぜるといいですね。ここでキャリアオイルについても学んでみましょう!

キャリアオイルとは

キャリアオイルとは、植物油のマッサージ用オイルを指し、エッセンシャルオイルを効率よく体に浸透させたり、マッサージの滑りを滑らかにしてくれる働きがあります。ホホバオイルやスイートアーモンドオイルなどを使っている人が多いようですあ、100%天然成分のマッサージ用オイルであれば基本的に大丈夫です。自分の香りの好みなどでお気に入りのオイルを使用しましょう。
Nlld1bm4d032opjgwq4y
ここからは、アロママッサージの方法を見ていきましょう。正しい方法を習得することで、より効果を実感できるようになりますよ!まずは、マッサージオイルを手に取ります。すぐにマッサージの部位に付けるのではなく、体温でオイルを温めましょう。オイルが温まったら、脚、お腹周り、肩など気になるところに塗布し、オイルを肌に塗りこむようにしながらマッサージを行います。
オイルが薄くなってきて摩擦を感じる場合は、オイルを適宜追加するようにしましょう。肌に直接触れるマッサージなので、強い刺激を加え続けると、炎症の原因になることもあります。

おすすめのタイミング

Lyatgp1r0lldvgdnenes
アロママッサージのおすすめのタイミングは、お風呂上がりの体が温まっている時が良いでしょう。アロマオイルやマッサージ自体にリラックス効果がありますが、お風呂上がりに行うことで、より気分を落ち着かせ質の良い睡眠へスムーズに移行しやすくなります。また、お風呂上がりから就寝前に行うことで、部屋にアロマの香りを拡散し、ベッドに入ってからもリラックスした状態を維持することができます。
Loi4n3cqd67tadspunxh
アロマオイルマッサージでは、マッサージ効果により浮腫の解消、血行改善による冷え性緩和、便秘解消など嬉しい効果が盛りだくさんです。さらにアロマの香りによるリラックス効果に加え、実際にアロマ成分を肌から浸透させることによって美容効果、保湿効果など非常に様々な効果に期待することができます。
Bczb7oiiwhoabrqtqzjb
どのアロマオイルでも一様に同じ効果を得られるのではなく、実は香りの種類によって効果も変わってきます。そこで、ここからは香りの種類別の効果について紹介します。
イランイランの香りのマッサージアロマオイルは、気分が落ちているときに使うと良いでしょう。イランイランはフィリピンなどの熱帯地方の樹木で、南国にいるような柔らかでリラックスできる香りを特徴としています。このイランイランの香りでは、リラックス効果はもちろん、睡眠促進効果によって質の良い眠りを誘ってくれる効果にも期待が寄せられています。
Oppckh7c35f6e9had6gv
また、女性ホルモンの分泌を調整する効果もあるようで、落ち込んでいる時などでも気分を高めやすいと言われているのです。さらにマッサージで直接肌に取り込ませることで皮脂のバランスを保ち肌のトラブルを落ち着かせてくれる作用もあります。
ティーツリーは、オーストラリアの常緑樹で、やわらかさを持ちながらも爽やかでリフレッシュしやすい香りが特徴のアロマオイルです。バラやラベンダーのようなふわっとした香りではなく、薬品に近い香りと例えられることもありますが、マッサージオイルとして希釈したり、ブレンドオイルにすることによって一気に爽やかさの際立った香りに変身します。
ティーツリーのマッサージアロマオイルでは、疲れやストレスからの疲労回復効果が期待されます。さらに、特徴的なのが、抗感染効果。ティーツリーの成分には、免疫力を高めウイルスなどから体を守ってくれる作用があります。薬品っぽい匂いと例えられるのも納得です。さらに、優れた抗菌効果もあるため、肌に取り込ませることによってニキビの改善や肌荒れ防止といった美容効果にも期待ができますよ。
ユーカリもオーストラリア原産の樹木で、コアラが食べる植物として有名ですね。ユーカリのアロマオイルは、シャープな香りが印象的です。植物独特の鼻をツンと刺激するような香りで、落ちた気分を一気に一掃してくれる効果があります。疲れてだらけてしまう時や、何かやらなければならないことがある時などに使用することで、やる気をアップさせ効率化を図ってくれそうですね。
さらにユーカリの成分には、風邪や花粉症を予防・緩和してくれる効果があると言われており、免疫力をグッとアップしてくれます。さらに、不規則な生活などで起こりやすい肌のトラブルなどにも有効に働いてくれるようです。また、空気清浄効果もあるようですので、マッサージをしながらクリアな空気で、快適な睡眠へと導いてくれそうです。
レモングラスは熱帯地方を原産とする植物で、その名のとおりレモンのようなさっぱりとした香りが特徴絵的です。この爽快感のあるクリーンな香りで、気分転換効果や不安の解消効果、集中力を高める効果などが期待できます。また、消臭効果や匂いの防止効果もあるため、マッサージをしながら部屋の消臭作用にも効果的に働いてくれそうですね!
さらに、レモングラスのアロマオイルには、滞った血流を改善したり、筋肉のコリをほぐし痛みを緩和させる効果もあるため、日頃から肩こりや冷え性に悩んでいる人にもおすすめです。マッサージによる血行改善効果への相乗効果によって、より効果を実感する人が多いようです。
Dooua0yee7gacnmhmjm7
今回は、アロママッサージについてマッサージオイルの作り方、方法、さらにアロマの種類別の効能を紹介しました。アロマオイルの濃度は1%以下にすることに充分注意し、ぜひお風呂上がりのタイミングでマッサージを習慣付けましょう。その日の気分に合わせた香りをチョイスすることで、毎日を快適にすごせるヒントにしてみましょう!