Z9l67nfmhzwhlgbfgl63

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

クレンジング商品のおすすめまとめ!アイテム選びのコツと使い方を知りたい!

2019.02.07

「クレンジング商品は種類が多すぎて、どれを選べばいいか分からない」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。この記事では、クレンジングの選び方と使い方、おすすめのクレンジングを9種類ご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

  1. クレンジングの選び方
  2. クレンジングの種類
  3. クレンジングの使い方
  4. おすすめのクレンジング①シュウウエムラ
  5. おすすめのクレンジング②ファンケル
  6. おすすめのクレンジング③オルビス
  7. おすすめのクレンジング④アルファピニ28
  8. おすすめのクレンジング⑤マナラ
  9. おすすめのクレンジング⑥フルリ
  10. おすすめのクレンジング⑦エリクシール
  11. おすすめのクレンジング⑧モイスティシモ
  12. おすすめのクレンジング⑨アルジェラン
  13. まとめ
Ivwpzmesj95obaexfino
皆さんはどのような基準でクレンジングを選んでいますか?コスパが良い、人気があるなど理由は様々だと思います。しかし、クレンジングを選ぶときは「メイクの濃さに合った洗浄力」を意識することが大切です。クレンジングには数種類のタイプがあり、洗浄力もタイプによって異なります。まずは、どんなタイプがあるのかをチェックしていきましょう。
Qnowe1724pa7hb7ut8jk
クレンジングには、オイルタイプ・リキッドタイプ・ジェルタイプ・クリームタイプ・ミルクタイプの5つの種類があります。タイプによって、洗浄力や使用されている成分が違うため、自分のメイクの濃さに合ったものを使用することが大切です。
Fsjwocxl4ff5obqeblax
メイクが濃いときは洗浄力が高いクレンジングを、メイクが薄いときには洗浄力が弱いクレンジングを使用しましょう。それでは、タイプによってどのような特徴があるのかをご紹介します。

オイルタイプ

B2s9bzil3aic6lxsbsay
オイルタイプは、他のクレンジングと比べて、とても洗浄力が高いクレンジングです。メイクと同じ油性のため、馴染がも良く、しっかりメイクを落とすことができます。しかし、肌への負担も大きいため、肌が弱い方にはあまりおすすめできません。

リキッドタイプ

Wuf1v55yvwp4ypivu2cd
引用: https://wing-auctions.c.yimg.jp/sim?furl=auctions.c.yimg.jp/images.auctions.yahoo.co.jp/image/dr173/auc0304/users/0/7/7/6/mahimahi8484-img600x450-14455740654mro6j5412.jpg&dc=1&sr.fs=20000
リキッドタイプは、オイルクレンジングの次に洗浄力が高いクレンジングです。水分がベースになっているため、さらっとしたテクスチャーでさっぱりとした使用感があります。オイリー肌でしっかりメイクを落としたい方におすすめです。

ジェルタイプ

引用: http://livedoor.blogimg.jp/chikuwabu1027/imgs/6/e/6e22e079.jpg
ジェルタイプは、弾力のあるテクスチャーが特徴のクレンジングです。ジェルクレンジングはさらに、油性ジェル・オイルインジェル・オイルフリー水性ジェルと3つのタイプに分かれています。洗浄力はリキッドクレンジングよりやや劣り気味ですが、様々なタイプがあるため、自分の肌質に合ったものから選ぶことができます。

クリームタイプ

Jl1rbjiupsflzuitunue
クリームタイプは、クリームでしっかりと肌を保護するため、クレンジング時の摩擦が起きにくいことが特徴です。また、油分が含まれているため、洗い上がりの肌はしっとりとしています。洗浄力はそれほど高くありませんが、クレンジングで肌がつっぱるのを避けたいという方におすすめです。

ミルクタイプ

K0uvwg9tnhyzaesccodt
ミルクタイプは、他のクレンジングと比べて洗浄力が弱く、肌への負担が少ないことが特徴です。テクスチャーはなめらかで、敏感肌やアトピー肌の方でも比較的使用しやすいクレンジングと言えます。乾燥肌の方にもおすすめのクレンジングです。
Pirytuxfy4bfv0tpibye
次に、クレンジングの基本的な使い方をご紹介します。ポイントは強く擦らないこと、クレンジングをしっかり洗い流すことです。
Af3tmr0qot4byz7azwpp
まずは、乾いた手のひらにクレンジングを適量出して、手の体温でクレンジングをとろけさせます。次に、両手のひらで顔全体にクレンジングをまんべんなく伸ばします。最後に、ぬるま湯でしっかりクレンジングを落としましょう。
【アルティム8∞ スブリム ビューティ クレンジング オイル】こちらはシュウウエムラから発売されているオイルタイプのクレンジングです。価格は150mlのタイプで4,400円(税抜)になります。8種類の植物オイルが配合されており、洗い上がりはしっとりとしたなめらかさのある肌になります。「マスカラもアイライナーもスルッと落ちて、洗い上がりのツッパリ感もない」と口コミでも評判です。
【マイルド クレンジングオイル】こちらはファンケルから発売されているオイルタイプのクレンジングです。価格は120mlのタイプで1,700円(税抜)になります。肌が本来持っているうるおいを残したまま、メイクをしっかり落とすことができるクレンジングです。また、オイルが角栓を溶かすことにより、ザラつきのないつるっとした肌に仕上がります。クレンジングを行いながら毛穴ケアもできる便利なアイテムです。
【クレンジング リキッド】こちらはオルビスから発売されているリキッドタイプのクレンジングです。価格は1,334円(税抜)になります。濡れた手でも使用できる利便性の高さが特徴のクレンジングです。とろっとしたテクスチャ―で、肌によく馴染みます。成分の30%以上が保湿成分でできているため、洗い上がりの乾燥が気になる方にもおすすめです。
【セラム クレンジング】こちらはアルファピニ28から発売されているリキッドタイプのクレンジングです。価格は3,100円(税抜)になります。98%が天然由来成分でできているため、肌にやさしいことが特徴です。メイク・毛穴汚れ・くすみを落とし、キメの細かい肌に仕上げてくれます。また、マツエクをしている方でも使用できるクレンジングです。
【マナラ ホット クレンジングゲル】こちらはマナラから発売されているジェルタイプのクレンジングです。価格は3,800円(税抜)になります。91.4%が美容液成分でできているため、美容効果が高いクレンジングです。配合されている温感ゲルがメイクだけでなく、毛穴の汚れまでやさしく洗い落とします。保湿成分にヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなどが配合されているため、うるおいのある肌に仕上がります。
【クリアゲルクレンズ】こちたはフルリから発売されているジェルタイプのクレンジングです。価格は3,500円(税抜)になります。美容皮膚科クリニックとエステティシャンによって共同開発された美肌に導くクレンジングです。メイクを落としながら、素肌の調子を整えることができます。また、12種類の無添加によって、肌への刺激が最小限に抑えてあります。
引用: https://askul.c.yimg.jp/img/product/3L1/2735513_3L1.jpg
【エリクシール シュペリエル メーククレンジングクリーム N】こちらはエリクシールから発売されているクリームタイプのクレンジングです。価格は2,500円(税抜)になります。肌表面を柔らかくほぐしながら、メイク汚れを落とすエラスチンエキスGLが配合されています。拭き取るタイプのクレンジングですが、水で洗い流すことも可能です。「乾燥することがなく、メイクもきちんと落ちている」と口コミでも評判です。
【クレンジングクリーム】こちらはモイスティシモから発売されているクリームタイプのクレンジングです。価格は3,500円(税抜)になります。汚れをしっかり洗い落としながら、肌の角層も整えてくれます。肌にのせると、なめらかなクリームがオイルに変化するクレンジングです。
【モイスト クレンジングミルク】こちらはアルジェランから発売されているミルクタイプのクレンジングです。価格は950円(税抜)になります。肌にやさしいオーガニック製品で、濃いメイクでもしっかりと洗い落とすことができます。メイクを落とした後は、スイートアーモンドオイルによって、ツッパリのないしっとりとした肌に仕上がります。
Rkokhavqn7nglmrutgfi
引用: keitaryouri.com › 飲食店開業 › トイレとパウダールーム
いかがだったでしょうか。クレンジングはメイクの濃さに合ったものを使用することが大切です。気になるアイテムがあったら、ぜひ試してみてください。自分にぴったりのアイテムを見つけて、賢く美肌を手に入れましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BgflPSnlYyH/?tagged=%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%82%B0