Fq3cqnq4oygwnbk0zo6m

アイテム

CATEGORY | アイテム

ピンクリボンスニーカーのおすすめコーデ!おしゃれ印象間違いなし!

2018.05.25

スニーカーコーデは、オトナ女子のオシャレの定番と言っても過言ではありませんよね!今、流行りのピンクリボンスニーカーは、まさにオトナ女子におすすめのアイテム、今回は、ピンクリボンスニーカーを取り入れたおすすめコーデをご紹介します。おしゃれ印象間違いなしです!

  1. はじめに
  2. ピンクリボンスニーカー × 黒パンツ × パーカー
  3. ピンクリボンスニーカー × ボーイフレンドデニム × スポーティキャップ
  4. ピンクリボンスニーカー × ベージュのワントーンコーデ
  5. ピンクリボンスニーカー × ブルー系トップス × 白パンツ
  6. ピンクリボンスニーカー × ボーダーカットソー × ワイドデニム
  7. ピンクリボンスニーカー × ゆるブラウス × スキニーデニム
  8. ピンクリボンスニーカー × グレーのワントーコーデ
  9. ピンクリボンスニーカー × シフォンブラウス × デニム
  10. ピンクリボンスニーカー × ノースリーブワンピース
  11. 今流行りのピンクリボンスニーカー!おすすめコーデをご紹介!まとめ
引用: http://img.abc-mart.net/img/goods/C/56654700051.jpg
ピンクリボンスニーカーの代表ともいえる、PUMA(プーマ)の「バスケットハート」。発売直後から、品薄状態が続くほどの人気なんです。「バスケットハート」は、プーマのクラシックなデザインのスニーカーに、太めのリボンが可愛いアクセントになっています。フェミニンからカジュアルまで…その日の服装で雰囲気が変わります。
“リボンスニーカーが可愛い”と、TwitterやInstagramでも話題となっています。
そんなバスケットハートで大人気となった、プーマのリボンスニーカーの新作がリリースされています。「SUEDE HEART PAVEL(ペベル)」は、シューレースがリボンとなっています。女性に人気で、売れ筋No.1のリボンスニーカーになっているんです!可愛らしさはもちろんですが、スエード素材で履き心地もよいのが特徴です。
ピンクリボンのスニーカーは、Hawkins Sports(ホーキンススポーツ)のジュエリーシリーズなどもリリースされています。オトナ女子の間でも定番アイテムとなっているスニーカーですが、子供っぽく見えてしまうのではないか?カジュアルに見えすぎないか?と敬遠していた方もいるのではないでしょうか。コーデ次第で、大人可愛いスタイルになるスニーカーコーデ。今回は、その中でも人気がある「ピンクリボンスニーカー」にスポットを当てて、おすすめのコーデをご紹介していきます。
最初にご紹介するのは、黒パンツとパーカーにピンクスニーカーのコーデ。大人カジュアルなスタイルのこちらのコーデ。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/blbnkd/20180311204842856/20180311204842856_500.jpg
パーカーは、スニーカーと同じピンクを着用。黒パンツは細身のものを合わせています。ピンクに合う代表的なカラーなのが、黒。薄いピンクや濃いピンクなど…どんなピンクにも合う色で、ピンクのふんわりとした雰囲気を引き締めてくれる効果があります。そのため、ピンクのパーカーなど、子供っぽい印象を与えてしまいそうなトップスでも、大人っぽい印象になっています。ピンクのスニーカーが程よい甘さを与えてくれて、大人可愛いコーデとなっています。
ボーイフレンドデニムと、スポーティキャップ、そしてピンクスニーカーのコーデです。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/oluzhw/20170503192717642/20170503192717642_500.jpg
ボーイフレンドデニムは、裾を折って足首をチラ見せ。ベルトでウエストマークすることで、腰高効果と細見え効果が…。プラスワンのコーデに、スポーティキャップを合わせています。スポーティキャップは、カジュアルさんにはガッツリとロゴが入ったもの。キレイめさんには華奢なロゴのデザインが使いやすくておすすめです。トレンド小物がコーデのスパイスになっていますね!シンプルなコーデながら、こなれ感があり、参考にしやすいコーデではないでしょうか。
ベージュのワントーンコーデにピンクのスニーカーをコーデしています。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/i06skt/20170203082906240/20170203082906240_500.jpg
ベージュのワントーンコーデは、優しく柔らかな印象を与えてくれます。脚元に薄いピンクのスニーカーを合わせることで、自然なコーデが完成しています。同色のベージュはピンクとの相性が◎。大人っぽいコーデになります。
続いては、ブルー系のトップスに白パンツ、そしてピンクのスニーカーのコーデです。
引用: http://i7.wimg.jp/coordinate/pyif5y/20150622215230192/20150622215230192_500.jpg
ブルーのシャツに白のパンツのコーデは、シンプルで清潔感のあるコーデですが、無難に見えてしまうことも…。そこで脚元にピンクのスニーカーをコーデすることで、差し色となってこなれ感がアップします。ブラウンのベルトも、コーデの引き締めに一役買ってくれていますね!大人の休日コーデにおすすめのスタイルです。青もピンクに合うカラーなんですよ!原色であれば、カッコいい印象に…。パステルなら、ドーリーな印象になります。
ボーダカットソーとワイドデニム、そしてピンクスニーカーのコーデです。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/pfefpx/20170922160708288/20170922160708288_500.jpg
安定したオシャレ感が手に入るボーダーですが、着こなし次第で個性ゼロの地味コーデになってしまいます。大人な女性におすすめなのは、ベーシックカラーのボーダー。ワイドデニムとの相性は◎。そして、ピンクのスニーカーが差し色となってこなれ感を演出しています。ここでも、ガッツリロゴのスポーティーキャップをコーディネート。シンプルなコーデのアクセントになっています。
ゆるブラウスとスキニーデニム、ピンクのスニーカーのコーデです。
引用: http://i7.wimg.jp/coordinate/dafxir/20160719010107471/20160719010107471_500.jpg
こちらのブラウスは、やや透け感のあるもの。大人っぽさを感じさせ、着回しが利くアイテムです。スキニーデニムとの相性も◎。女性らしい印象に仕上げてくれます。さりげなく透けているブラウスが、ナチュラルでちょうどいい肌見せですね!そして、白は合わせるアイテムを選びません。キャップとスニーカーをピンクで統一することによって、コーデにまとまりが生まれています。バッグや時計などの小物で個性を出してもオシャレに決まりますね!
グレーのワントーンコーデとピンクスニーカーとのコーデです。
引用: http://i7.wimg.jp/coordinate/eikh2o/20160513160320666/20160513160320666_500.jpg
ピンクとグレーは、定番のコーデですよね!全身グレーでまとめたコーデに、ピンクのスニーカーがアクセントになっています。脚元にピンクがあるだけで、バランスが取れています。思わずピンクのスニーカーに目が行ってしまうような、コーデの主役になっています。
シフォンブラウスにデニム、ピンクのスニーカーのコーデです。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/bu8v59/20170308195854436/20170308195854436_500.jpg
袖にボリュームのあるシフォンブラウスは、春らしい雰囲気。デニムはショート丈のものを合わせています。脚元にシフォンブラウスの同色のピンクのスニーカーを合わせることで、まとまりのあるコーデになっています。ピンクをカジュアルに着こなしたいなら、断然デニムがおすすめです!
最後にご紹介するのは、ノースリーブワンピースとピンクスニーカーのコーデです。
引用: http://i7.wimg.jp/coordinate/tn92dk/20160513113537034/20160513113537034_500.jpg
色×色のコーデの中でも、可愛く着こなせるのが、ピンクとブルーの組み合わせ。キュートとクールが絶妙にマッチします。ブルー系のワンピースだけでは、無難な印象になってしまいますが、ピンクのスニーカーがアクセントになって、こなれ感のあるコーデになっています。シンプルなコーデですが、こだわりを感じさせますね!
いかがでしたか?今流行りのピンクリボンスニーカーを使ったおすすめコーデをご紹介しました。いつものスニーカーとは一味違った雰囲気を楽しめるリボンスニーカー。中でもピンクは、オトナ女子におすすめのアイテムです。シンプルなコーデのアクセントになったり、コーデにまとまりを与えてくれたり…。ピンクに合う色は、黒や白、ベージュやブルー、緑、グレーなどです。意外と合わせやすいので、ぜひファッションの一部にピンクリボンスニーカーを取り入れてみてくださいね!中には、自分で紐をリボンにアレンジしている人もいるようです。春はオーガンジー、冬はベルベットなど…。季節に合わせてリボンの素材を変えてみるなど、自分流のアレンジが楽しめますね!