Acayfyzs1theveej7egm

ライフ

CATEGORY | ライフ

手作りスカートの作り方は?簡単なデザインや生地などをご紹介!

2020.07.27

自分の好きなショップや通販でスカートを購入するのも良いですが、自分好みのスカートを手作りしてみませんか?この記事では、初心者さんに向けて手作りスカートの作り方をレクチャー!簡単なデザインや生地などもご紹介するので、ぜひお役立てください!

  1. 手作りスカートについて
  2. 手作りスカートの良いところ
  3. 手作りスカートの作り方【生地編】
  4. 手作りスカートの作り方【デザイン編】
  5. 手作りスカートの作り方【道具・材料編】
  6. 手作りスカートの作り方【手順編】
  7. 手作りスカートにおいて便利な道具
  8. 手作りスカートのアレンジ①
  9. 手作りスカートのアレンジ②
  10. 手作りスカートのアレンジ③
  11. 手作りスカートのコツ
  12. 手作りスカートは○○がコツ?初心者向け作り方ガイド!のまとめ
スカートをいつも履いている人はたくさんいます。ビジネス用やプライベート用などさまざまなスカートを持っていますよね。トレンドやシーズンに合わせて使い分けるものですので、枚数が少ないと困ってしまいます。もちろん、ショップや通販で購入することができますが、この機会にスカートを自分で作ってみませんか?お子さまがいる人は、手作りスカートを履かせたいと思う人もいらっしゃるかもしれません。ミシンなどを使った手作りであれば、意外と簡単に自分の好きなデザインなどを実現できますので、オシャレ度もアップしますよね。
手作りスカートは一種類ではありません。タイトスカート・ぺプラムスカート・ギャザースカート・ラップスカート・マーメイドスカート・フレアスカート・サーキュラースカート・プリースカートなど、さまざまな型や種類がありますので、自分好みのデザインを選んで作ってみましょう!
既存のスカートには手作りスカートの良いところは、自分次第でさまざまなアレンジができるところです。型にこだわってみたり、ロングスカートにしてみたり、ポケットをつけたりなど、世界で一つだけのスカートを作ることができますよね。もちろんはじめから型や機能性をオリジナルで思いつくことは難しいので、今持っているスカートを参考にしてみてください。ファッションデザイナーであればすぐにスカートのアイデアが出るかもしれませんが、自分使いであるならば、既存のスカートの型をみてみましょう。
スカートを買った際、「プラスアルファでデザインが欲しかった」「もう少しロングスカートの方がよかった」など思ったことはありませんか?自分好みのスカートがお店で販売されているとは限りません。もちろん手作りであれば、こうした悩みもなくなりますよね。
さまざまな生地があります。ロングスカートが作りたいなど、自分が作りたいスカートに合わせて、綿・麻・化繊などを選びましょう。寒い時期であれば、ウールもいいですよね!綿麻であれば、一年中使える生地です。おりめの細かいタイプは、ほつれにくいのでオススメですよ。粗い生地であれば、扱いづらいので注意しましょう。
買った生地は、水通し・地直しする必要があります。これらをしなければ、型が崩れたスカートになってしまうでしょう。最初の生地は、歪みやスキマがあるものですので、型を崩さないためにも下準備を忘れないようにしてください。
生地の次は、デザインを決める作業ですね。ミディスカート・フレアスカート・コクーンスカート・サーキュラースカート・ミモレ丈スカートなどさまざまな種類のスカートがありますので、自分のはきたいタイプを選んでください。
フレアスカートであれば、オトナっぽい自分を演出してくれます。光沢のある素材でシルエットが美しく、上品な感じができますよ。サーキュラースカートは、キュートなデザインなので、お子さんにぴったりですね。このようにスカートの種類によっていつもとは違う自分を演出してくれますので、スカートのタイプについて見識を深めておきましょう!
スカートは手縫いよりもミシンを使ったほうが良いですね。手縫いであれば、ゆるゆるになってしまう可能性があり、綺麗な縫い目を実現できるとは言い切れません。もちろん、裁縫セットも必要になりますが、ミシンの方がキレイにかつ簡単にできます。
スカートに飾りをつける際、レースやリボンなどがあるとより一層オシャレに仕上がりますよ。もちろん布と合わなければ、おかしくなってしまいますよね。ボタンにもさまざまな種類がありますので、自分の好みやスカートのデザインに合わせて選ぶようにしましょう!
作り方として、ギャザースカートを見ていきましょう。型紙は入りませんので、作りやすいと思います。材料は、布とゴムです。布を裁って、ほつれがちな端っこの部分にミシンをかけましょう。そして、ミシンでたった布たちを合わせて縫い、ウエスト・裾なども縫っていきます。
最後はゴムを通すのですが、ウエストサイズ7〜8割ぐらいが良いですね。事前にゴムの長さを確認しておいてください。ゴムは、「ゴム通し」を使ってくださいね。ゴムがすべてなかに入らないように気を配ってください。
自分好みのスカートによって使用する布が異なりますよね。日頃から布の扱いに慣れている人であれば別ですが、そうでない人は、チャコを使用するようにしましょう。線と縫い代をひいて、裁つようにしてください。
100円ショップでも購入できるひも通しでは便利ですよね。一度買えばずっと使用できるので良いですよ。なければ安全ピンでもオッケーです。
ワイシャツを使用してスカートを作ることができます。まずは袖をとってくだ歳。そのあと、ウエスト部分になるところをぬい合わせてゴムを通しましょう。ワイシャツのデザインによっては、シックな雰囲気のスカートになりますよね。
ジーンズを活用してデニムスカートを作ることもできます。もうはかなくなった、あるいはボロボロで履けなくなったものが良いでしょう。ジーンズの場合、いつも使っている針などでは折れてしまうかもしれませんので、専用のものを使いましょう。ミシンを使った方が簡単にできます。
作ったスカートにTシャツなどを縫い合わせれば、ワンピースも作ることができますよね。ゴムを通さなくても良いので、ワンピースの方が簡単に作れるかもしれません!
買ってきた生地をアレンジすることなく使用してももちろん良いですが、少しでもアレンジするだけでオシャレさがアップしますよ。生地に装飾品をつけても良いですよね。オリジナリティを出すために、さまざまな工夫を凝らしてみてください!
手作りスカートの良いところは、すべてを自分で決められるところですよね。ビジネスで使用するのか、プライベートなのかなど、目的に合わせて自由に作ってください。もちろんはじめは、凝ったデザインなどはできないので、簡単なものから作るようにしましょう。簡単な作り方をマスターした後、アレンジにチャレンジしてくださいね!
ミシンなどの道具は、できるだけ高性能のタイプが良いでしょう。高い機能性のミシンであれば、簡単に自分の作りたいスカートを実現することができますよね。また、デザインなどはブログなどで他の人が作っているスカートを参考にしてみてください。目を見張るようなキョートなスカートがたくさんありますよ!
手作りスカートの方法をご紹介してきました。ロングスカートを作りたいなど、自分好みのスカートを作りたい人は、ぜひチャレンジしてみてください。生地やデザインひとつで、驚くほど可愛いスカートを作ることができますよ。もちろん、はじめのうちは上手に作れないかもしれませんが、慣れてきたらさまざまなアレンジができますよね。リボンやボタンなどでオリジナリティを出してみてください。お子様がいれば、作ってあげるととても喜ぶでしょう。親子でお揃いのスカートをはくのもオシャレですよね!簡単なスカートであれば、型紙などが必要ありませんので、ぜひチャレンジしてみてください。