Otyafwdb0tuc96s4cpic

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

化粧直しパウダーは何が使える?おすすめプチプラコスメで綺麗肌へ!

2018.05.20

化粧直しのパウダー選びって悩みますよね。化粧直しの仕上げとしてきれいに仕上がるものが良いですし、気軽に使えるおすすめパウダーは何かないかな?と気になっている人も多いでしょう。そこで今回は化粧直しに使えるおすすめプチプラパウダーを紹介!綺麗肌の仕上げにどうぞ!

  1. 化粧直しにはパウダーは必須アイテム
  2. 化粧直しに使うパウダーの種類
  3. おすすめのパウダーを使った化粧直し方法
  4. プチプラパウダーとデパコスパウダー、どちらが化粧直しにおすすめ?
  5. 化粧直しで使うパウダーの選び方
  6. 化粧直しで使えるおすすめパウダー:UVファンデーションEXプレミアム/セザンヌ
  7. 化粧直しで使えるおすすめパウダー:プロフィニッシュファンデーション/インテグレート
  8. 化粧直しで使えるおすすめパウダー:フェイスパウダー/クリアラスト
  9. 化粧直しで使えるおすすめパウダー:UVクリアフェイスパウダー/セザンヌ
  10. 化粧直しで使えるおすすめパウダー:マシュマロフィニッシュパウダー/キャンメイク
  11. 化粧直しで使えるおすすめパウダー:フィニッシングパウダー/チャコットフォープロフェッショナルズ
  12. まとめ
Xpkm38twlbzrfilgeyoc
化粧直しをする際、パウダーは必須アイテムです。ベースメイクを化粧直しする際、ファンデーションや下地はなくてもコンシーラーだけで十分と聞きますが、そんな場合もフェイスパウダーのような仕上げに使うパウダーは必須なのです。
Yrxkeydueiobqlmnvrrx
何故パウダーが必須なのかと言うと、化粧直しをした部分、しなかった部分の統一感を出し、上手く馴染ませるため。どうしても化粧直しをした部分としなかった部分は境目が出来てしまい、上手くボヤかさないと肌に一体感や統一感が生まれません。
Rsrmpd9cbsneb5lhlsol
パウダーを使うことによって肌全体がまとまるため、化粧直しの仕上げとしてパウダーは必要不可欠な存在なのです。またパウダーによっては毛穴やくすみ、色ムラをカバーしてくれます。透明感を引き出すことや、テカリや化粧崩れ防止効果のあるパウダーもあるので、目的に合わせてパウダーを使うことが出来るのです。
K9fx4ykznwc65knsshyz
化粧直しに使うパウダーの種類は大きく分けて2つあります。ベースメイクで使うパウダーから仕上げのために使うフェイスパウダーまで、とにかく種類が豊富なので、どういった目的でパウダーを使ったほうが良いのか種類を見て、把握していきましょう。

パウダーファンデーション

ベースメイクで使うことの多いパウダーファンデーション。パウダータイプのファンデーションは、肌をさらさらとした仕上がりに仕立ててくれます。化粧直しの際、サラサラとした肌にしたい場合にはパウダーファンデーションがおすすめです。

フェイスパウダー

化粧直しの仕上げとして使うことの多いのがフェイスパウダー。フェイスパウダーはルースパウダー、プレストパウダーとありますが、化粧直しの際はプレストパウダーがおすすめです。粉状のルースパウダーと比べてプレストパウダーは固形なので持ち運びに便利であり、化粧直しに最適だと言えるのです。
また、フェイスパウダーは肌のトーンを調整する際にも便利です。ピンク系のフェイスパウダーならば血色良く、陶器肌や透明感ならばラベンダー系、ファンデーションの色を自然に出したいならば透明のフェイスパウダーを選ぶと良いでしょう。
Nyj0svggq2kcmmex7ov1
パウダーを使った化粧直しはどうすればいいのか、やり方がイマイチよくわからないという人もいますよね。特にフェイスパウダーの使い所がわからないという人もいるので、基本的な使い方をチェックしていきましょう。

パウダーファンデーション

パウダーファンデーションの使い方はそこまで難しくありません。化粧直しが必要な部分を保湿した後、下地を塗った後から優しく叩き込むようにパウダーファンデーションを塗っていきましょう。この時化粧直しをした部分、していない部分との境目を上手くぼかすことがコツです。

フェイスパウダー

パウダーファンデーションとは違い、フェイスパウダーは化粧直しの仕上げに使います。顔全体に使うというのがパウダーファンデーションとの大きな違いだと言えますね。パウダーファンデーションは顔全体に統一感を出すためのものなので、化粧直しの際に生まれてしまったムラも綺麗に隠すように軽く付けていきましょう。
L1jfknm0hnsvpwrmjhmw
パウダーを選ぶ際、プチプラパウダーとデコパスパウダーどちらのほうが良いのか、と気になる人もいるでしょう。特に化粧直しについては初心者、または化粧自体あまり得意ではない人にとって、プチプラとデパコスの違いは何なのか気になるものです。
Mi8ckdds23tlvcv8gjll
デパコスの場合、使われている成分が良いもので高性能ということもありますが、一番の魅力はそのブランドであるということです。プチプラでも使われる成分が良く高性能なものもいいので、物だけみればデパコスもプチプラも大差ないことも少なくないのです。
Crdhyfj5qhulb5qvmr7y
そのため、プチプラとデパコスどちらが良いのか悩んだら、自分の好きな方を選ぶのが良いでしょう。自分が満足し、相性が良いものならばプチプラとデパコスどちらでも良いので、そこまで悩まずに決めてみましょう。
Poktndcdhyp3ots95xqp
プチプラとデパコスのパウダーの違いがわかったところで、化粧直しで使うパウダーの選び方について見ていきましょう。様々な種類があるので悩んでしまうものですが、どういった目的で使いたいかがハッキリすればパウダー選びもそこまで難しくありません。

肌に対して低刺激なもの

パウダーファンデーションもフェイスパウダーも肌に対して低刺激なものを選ぶようにしましょう。化粧直しのタイミング、肌は朝よりも弱っている状態です。乾燥し、肌にダメージを受けやすい状態なので、肌に出来るだけ負担をかけない優しい成分で作られたパウダーを選びましょう。

仕上がり

パウダーは化粧直しの仕上がりに大きな影響を及ぼすものです。パウダーによって、マットでサラサラな仕上がりになるパウダーもあれば、ツヤが出るつるんとした仕上がりになるパウダーがあります。パウダーを選ぶ際は自分がなりたい仕上がりを意識して選んでみると良いでしょう。

パウダーに含まれる成分

パウダーに含まれる成分は様々です。美容液成分が含まれているものもありますし、保湿成分が含まれているものもあります。乾燥が気になる人は保湿成分が含まれているパウダーを、美肌ケアをしていきたいのであれば美容液成分が含まれているパウダーを選ぶ、という感じでパウダーを選んでいきましょう。
セザンヌのパウダーファンデーションであるUVファンデーションEXプレミアムは、カバー力に優れていて、プチプラコスメの中でも特に高性能です。毛穴やくすみをカバーしてくれるため、化粧直し後の肌を滑らかに整えてくれます。
見た目も可愛く綺麗なので化粧直しの際に化粧ポーチから出すのも楽しくなります。紫外線対策も出来るファンデーションなので、化粧直しの時に紫外線対策も同時にしたい人には特におすすめです。
セザンヌ UVファンデーション EXプラス EX2
価格 ¥ 540
赤いケースが可愛いインテグレートのプロフィニッシュファンデーション。軽くふんわりとした付け心地のパウダーファンデーションですね。厚塗り感がないため、化粧直しで気をつけたい厚塗りも気にせずに使うことが出来ます。
また塗ることによって毛穴やくすみをカバーしてくれるのも、プチプラとは思えない魅力の1つ。毛穴レスの肌を自然に仕上げてくれる持っていて損はないパウダーファンデーションです。
インテグレート プロフィニッシュファンデーション オークル10 (レフィル) やや明るめの肌色 (SPF16・PA++) 10g
価格 ¥ 1,404
肌に潤いを与え、毛穴の凹凸を目立たなくし、滑らかな肌にしてくれるのがクリアラストの出しているフェイスパウダーです。軽やかな付け心地とは思えないほどのカバー力はフェイスパウダーの中でも周りと大きな差を付けているほどの効果だと言えます。
また、このフェイスパウダーは実はベースメイクもこれ1つで出来てしまう時短を可能にする便利アイテムでもあるのです。パウダーファンデーションとしても使っていけるので、時間で化粧直しをしたい人は是非使ってみてください。
クリアラスト フェイスパウダー 薬用オークル a 12g
価格 ¥ 1,036
セザンヌのUVクリアフェイスパウダーは4色のカラーから選べるフェイスパウダーです。付け心地はどれも軽やかですが、カラーによって仕上がりが違ってくるので自分の目的に沿ったフェイスパウダーを選ぶことが出来るのです。
自然な色合いやカバー力を求めるのであれば肌色のパウダーを、透明感や美白効果を高めたいのであればラベンダーのパウダーを…というように使えますし、プチプラなので好きなカラーをいくつか持ち、その日の気分によって使い分ける使い方もおすすめです。
セザンヌ UVクリアフェイスパウダー 01
価格 ¥ 734
おそらくプチプラのフェイスパウダーの中で最も人気なのではないかと言えるのが、キャンメイクのマシュマロフィニッシュパウダーです。軽い付け心地のパウダーを肌につければ、マシュマロのような質感になり、思わず触りたくなる肌に仕上げてくれます。
3色というバリエーションもあるので、自分のなりたい肌に合わせたパウダーを選ぶことも出来ます。また、細かい微粒子のパウダーは毛穴の目立ちやテカリを予防してくれるので、化粧崩れをせず、きれいな肌をキープし続けます。
キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダーMO マットオークル 10g
価格 ¥ 1,015
様々なカラーバリエーションで化粧直しを仕上げることが出来るのが、フィニッシングパウダーです。化粧直しをしたベースメイクをさらに綺麗に整えてくれるため、化粧直し後の肌は滑らかな肌へと完成していきます。
毛穴の凹凸も隠してくれるため、毛穴が気になる人も安心して使えますし、化粧崩れも防いでくれます。質感はマットなものになるので、ツヤ肌よりも自然な肌になりたい人には特におすすめです。
チャコット フィニッシングパウダー 761 ナチュラル
価格 ¥ 1,296
Ezvzz5hl7nreossoyosh
化粧直しに使えるパウダーについて紹介をしてきました。パウダーファンデーションにしてもフェイスパウダーにしても、肌を整える大きな役割を持つ存在になるので、自分と相性が良いパウダーは何があるのか、じっくり考えて選ぶようにしましょう。