Lnp1omgehok6enhqtqzd

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

クレンジングウォーターの選び方と使い方まとめ!正しいスキンケア方法をご紹介!

2018.03.22

皆さんは「クレンジングウォーター」をご存知ですか?クレンジングウォーターはメイク落としだけでなく、他にも幅広い使い方があります。この記事では、クレンジングウォーターの選び方や、様々な使い方をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

  1. クレンジングウォーターとは
  2. クレンジングウォーターの選び方
  3. クレンジングウォーターでメイクオフ①基本の方法
  4. クレンジングウォーターでメイクオフ②乳液
  5. クレンジングウォーターでメイクオフ③ウェットティッシュ
  6. クレンジングウォーターの使い方①拭き取り化粧水
  7. クレンジングウォーターの使い方②黒ずみケア
  8. クレンジングウォーターの使い方③洗顔
  9. おすすめのクレンジングウォーター
  10. まとめ
Lgl4dykziudtufbztghs
皆さんはクレンジングウォーターをご存知ですか?クレンジングウォーターとは、水分をベースに作られたクレンジングのことです。そのため、使い心地はさっぱりとしており、肌にも負担がかかりにくいと言われています。メイク落としとしての使い方だけでなく、様々な使い方があるため、大変便利なアイテムです。今回は、クレンジングウォーターの選び方や使い方をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。
Xlhayown29lf0jypegaq
クレンジングウォーターには、界面活性剤(乳化剤)と呼ばれる成分が含まれています。この成分がメイクなどの油性汚れを肌から浮かせることで、メイクを落とすことができるのです。しかし、界面活性剤は肌に良くないという意見もあり、どんな界面活性剤が使用されているかによって、クレンジング時の肌への負担が変わってきます。クレンジングウォーターを選ぶときは、パッケージや成分表を見て、どの界面活性剤が使用されているのかを確認することが大切です。

界面活性剤不使用

界面活性剤が使用されていないクレンジングウォーターには「界面活性剤不使用」という表記があります。肌にやさしい商品が多く、敏感肌やアトピー肌の方におすすめです。

天然界面活性剤使用

界面活性剤と同じ性質を持った植物成分が配合されているクレンジングウォーターには「天然界面活性剤使用」という表記があります。大豆に含まれるレシチンや植物に含まれるサポニンなどがこちらに該当します。

合成界面活性剤使用

人工的に合成された界面活性剤が配合されているクレンジングウォーターには「個々の成分名」が表記されています。人工的に作られたもののため、肌に良いとはあまり言われていません。

合成界面活性剤不使用

合成界面活性剤が配合されていないクレンジングウォーターには「合成界面活性剤不使用」という表記があります。中には、天然由来の界面活性剤が使用されていることもあります。
Tul0zr58ej1la9anrsff
クレンジングウォーターでメイクを落とすときは、コットンを使用します。コットンにクレンジングウォーターをたっぷり染み込ませて、拭き取るように使用しましょう。まずは、クレンジングウォーターを使った基本のメイクオフ方法をご紹介します。

①2枚のコットンにクレンジングウォーターを染み込ませる

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41%2B5n3jt3OL._SY355_.jpg
まず、2枚のコットンにクレンジングウォーターをたっぷり染み込ませます。裏面にも染み込ませて、コットンをひたひたにしましょう。

②1枚のコットンでメイクを落とす

Zr0uz6tw4stt8tsqwcyo
次に、1枚のコットンを使用して顔の右半分のメイクを落とします。コットンを肌にのせて3秒ほどキープさせてから、顔の中心から外側に向かってやさしくメイクを拭き取りましょう。同様に、顔の左半分のメイクも落とします。

③コットンを4つ折りにして目元のメイクを落とす

引用: https://beauty-plus.pink/wp-content/uploads/2016/07/Fotolia_81304291_S.jpg
目元のメイクは、コットンを4つ折りにして肌に負担がかからないように丁寧に落としましょう。肌のカーブに沿うように、やさしくコットンをすべらせます。

④もう1枚のコットンで顔全体を拭く

Zgipqnccysracxbtj0wx
最後に、もう1枚のコットンで顔全体を拭きます。まず、コットンの表面で全体を拭いてから、もう一度裏面で全体を拭きます。メイクが落ちにくい小鼻や口元は、コットンを4つ折りにしてしっかり拭き取りましょう。
U3w1k2se4q3bqggkgg0m
コットンとクレンジングウォーターを使用したメイクオフのアレンジとして、乳液を使用したメイクオフ方法があります。メイクオフする前の肌に乳液をつけることでコットンのすべりが良くなり、やさしくメイクオフすることができます。

①メイクの上から乳液をのせる

引用: https://dnavi.drwallet.jp/wp-content/uploads/2014/04/kea.jpg
メイクしたままの肌に乳液をつけて、円を描くようにくるくると乳液を馴染ませていきます。マッサージをするように、やさしく馴染ませましょう。

②コットンで乳液ごとメイクを拭き取る

引用: http://www.face-akabane-neo.com/img/%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%82%B9%E5%8C%96%E7%B2%A7%E5%93%81%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%82%B3%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%B3.jpg
コットンにクレンジングウォーターをたっぷり染み込ませて、乳液ごとメイクを拭き取ります。隅々までしっかり拭き取りましょう。
引用: http://uchida-co2.com/pc/imag/w/00016001.jpg
コットンがない場合は、ウェットティッシュにクレンジングウォーターを染み込ませてメイクオフすることもできます。ウェットティッシュは元から水分が含まれているため、コットンより滑りが良く、摩擦による肌への刺激を軽減することができます。

①ウェットティッシュを4つ折りにして、クレンジングウォーターを染み込ませる

Kqlia6vxpm4s2fhypanv
引用: https://i0.wp.com/bihadasennyo.com/wp-content/uploads/2016/08/shibotta.jpg?ssl=1
4つ折りにしたウェットティッシュに、クレンジングウォーターを染み込ませます。ウェットティッシュがひたひたになるまで染み込ませましょう。

②やさしくメイクを落とす

引用: http://www.miesc.ne.jp/wp/wp-content/uploads/2016/04/i-66.png
基本のメイクオフ方法と同じように、顔の中心から外側に向かってメイクを落としましょう。ゴシゴシ擦らず、3秒ほど肌にのせてから拭き取ります。
Gt5uqq6fcjvt6aenhv5w
クレンジングウォーターはメイクを落とすだけでなく、洗顔後の拭き取り化粧水としても使用できます。洗顔後にはタオルの繊維や古い角質など、様々な汚れが顔に付着しているため、クレンジングウォーターをコットンに染み込ませて、肌に残っている汚れを拭き取りましょう。また、クレンジングウォーターで顔の汚れを拭き取ることで、化粧水がより浸透しやすくなります。
Tehhmnzolfvyzwqfrbyh
鼻や耳などの黒ずみケアにもクレンジングウォーターが活躍します。綿棒にクレンジングウォーターを染み込ませて、黒ずみが気になる部分をやさしくケアしましょう。綿棒でくるくると円を描くように行うと、より効果的です。
Hsy4xsx7uwpvpx5zcgsy
忙しい朝に顔を洗うのが面倒だと感じた時は、クレンジングウォーターで拭き取り洗顔を行ってみてはいかがでしょうか。コットンにクレンジングウォーターを適量出して、顔全体を拭き取れば洗顔の代わりになります。朝の時短ケアとしておすすめです。
Qyusd08yfmgytlwkppy5

おすすめのクレンジングウォーター①ロゼット

【ロゼットスキンコンディショナー 水クレンジング】こちらはロゼットから発売されているクレンジングウォーターで、価格は900円(税抜)です。濃いメイクでもするっと落ち、配合されている化粧水成分で肌にみずみずしさを与えてくれます。また、角質ケア配合のため、毛穴づまりや古い角質を取り除く効果があり、ゴワつきのない美しい肌に仕上げてくれます。100%オイルフリーで、まつ毛エクステをしている方にもおすすめです。

おすすめのクレンジングウォーター②ビオデルマ

【サンシビオ エイチツーオー D】こちらはビオデルマから発売されているクレンジングウォーターで、価格は1,200円(税抜)です。拭き取りタイプのクレンジングウォーターで、汚れをしっかり落としながら肌のうるおいをキープさせます。やさしく拭くだけでメイクがしっかり落ちるため、肌への刺激が少ないのもポイントです。保湿成分には、ルクトオリゴ糖やキシリトールなどの4つの成分が配合されています。
Gkqabvoq0g3xba1wnmcd
いかがだったでしょうか。クレンジングウォーターを選ぶときは、どのような界面活性剤が使用されているかを確認して、肌に負担がかかりにくいものを選ぶように心がけましょう。また、クレンジングウォーターはメイク落としだけでなく、幅広い使い方ができる便利なアイテムです。ぜひ、日々のスキンケアアイテムにクレンジングウォーターを取り入れてみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://img.ci-labo.com/img/article/000160/img01.jpg